北の旅びと さん プロフィール

  •  
北の旅びとさん: 旅の途中にて
ハンドル名北の旅びと さん
ブログタイトル旅の途中にて
ブログURLhttp://snfkn77.blog.fc2.com/
サイト紹介文しばらくここで
自由文思い通りには生きていけないのなら 心だけは自由にしていたいものです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供180回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2008/12/01 17:59

北の旅びと さんのブログ記事

  • キセキ
  • 偶然は運命とは別のもので神様のキマグレなのでしょう無欲で純粋になれば近づけるというものでもなくただひたすら前向きに頑張って無我夢中の頂点で半か丁かのオオバクチそんなもんではないのかな今日もなんとなくだけどそれなりに生きて来たね! [続きを読む]
  • 新しい朝
  • いろんなことがある良いことも 悪いことも嬉しいことも 悲しいことも全部ヒックルめて夜のうちに闇に紛れて詰め込んだらそのまま眠ってしまえばいい酒の力を借りるのもいいさ眠れなければそのままじっと明けてくるのを待てばいい運が良ければ朝陽の前の澄んだ透明に包まれて懐かしいような瞬間に恵まれるその時しっかり本音を吐けたら素直な笑顔が取り戻せるのさ [続きを読む]
  • たんたんと
  • 淡々坦々耽々単々漢字にしないほうがいいタンタンというのは音として感じればそれが一番いいと思います真面目に仕事をしていると心地よいリズムが聞こえてくるのです                以上 [続きを読む]
  • 足音が...
  • 自分の状態がイマイチな時にはその音に不安が共鳴してしまうめっちゃ躁状態でイケイケならば舞上がり宙にも浮いてしまうほどそれはそれでも良かったけれどあれこれめんどくさくなってきた時に身体全部でドッシリ座ってみればいい地球の裏側まで突き抜けるほどの重力を感じてなんにも影響を受けない状態を瞑想するのです! [続きを読む]
  • それぞれに唄がある
  • 誰にもそれぞれリズムがある音痴も何も関係ない心臓の鼓動のように魂の響きが伝わっているその波長に合わせていればいい変えることが出来ないならばそのまま自然に振舞って落ち着くところにトドまるのさ [続きを読む]
  • 集中すると
  • 全神経を集中して夢中になって頑張る時まったく無防備になってしまうコンピューターと同じなのだ自分の能力以上はやってはいけないしたとえ一瞬でもタブーなのだダメージが重なると壊れてしまうでも 男は大事なときに頑張らないといけませんここ一番にすべてを賭けて黙って勝負をするのです [続きを読む]
  • 表と裏と
  • 平面の状態だけで考えればキチンと白黒つけられるけれど現実の問題はそう簡単にはいかないのだ3次元四次元...もっとたくさんかもしれない上か下か?そんなことは無駄なアガキ大事なことはしっかり五感を研ぎ澄ませて自分の時間を燃焼すること 生きること何かに頼ってもいいけれど 前進あるのみ! [続きを読む]
  • 三角形
  • 一番強い基本形なのだがっちり踏ん張って壊れ難い頂点からは他の二点がはっきり見える社会の原点はこの形から始まる疎かにしてはいけない初心は決して忘れてはいけませんちょっと遅れてもフォローを忘れずに今日の問題は本日中に片付けましょう明日は今日よりも良い日にしたいものです [続きを読む]
  • こだわりをすてること
  • 繰り返しの人生に気がついたときため息をついてガッカリしてはいけません誰でも階段をノボルことが大切だと思っている...それが最初の間違いなのでしょうがない自分が主役の映画なら監督兼任でやり通せばいいちょっとしんどいけれど疲れた後はやさしくクツログ時間もとれるよ [続きを読む]
  • 人のこころ
  • 思い出せない人は 水平線の向こう思い出せる人は   地平線の向こう忘れてしまった人は 過去の忘れられない人は  今の会いたい人は     すぐに会いたくもない人は  ずっと先に自分の心なのに 自由にならないまして 人の心なんかわかる訳がない [続きを読む]
  • 水面のさざめき
  • ほんのわずかに揺れている空を映した青が深く澄んでいる笑われたのかも知れないけれどこのままずっと見ていようと思う時間なんて気にしてもしょうがない今はこうしていることが本当だから [続きを読む]
  • じっとして
  • 動くものを見るときはじっと止まっていなければ正確に判断できないのだ今までの経験だけではつい見逃してしまうことがあるいつも新鮮な気持ちが必要だそれには充分落ち着いてゆっくりと一呼吸してから腰をオロシて待つことですね [続きを読む]
  • 緊張のち完調
  • 生きているうちには何度も緊張を経験して焦ってみたりヒガンでみたりそのたび自分のウツワのあわれに気づく叩かれて潰されて許されず惨めにサラサれてそのまま消えて無くなりたいのにそのたびに耳元に悪魔が降りてくるのだ「人生はいいもんだ!」     ...なんてね [続きを読む]
  • わずかな時間を大切に
  • 忙しいとか暇が無いとか言うまえにもう一度ゆっくり考えてみる人生は一回限りの真剣勝負自分の自由にできるものはこれしかないということが何で気付かないのだろう短かった春を過ごし...いい加減に夏を失って※ここからが本番なのだ! [続きを読む]
  • 雨の音
  • 外は雨の音がしている屋根に落ちるのと地面に落ちて跳ねる音壁を伝う滴が流れて真面目に下に向かう勢いをつけて全部落ちろ !その調子で行けばいい濡れ落ち葉は土に還るのだ [続きを読む]
  • 一途にがんばる
  • 見返りなどは思いもしない引き受けたからにはただひたすらにやり遂げるそれが男の心意気荷物を背負って歩いて行けば知らない間に力がついて降ろした時には寂しいものだ背中の温もりが欲しい大体わかってきた男は女を背負って歩くそれが生きることのようにだからたくさんは背負えないのだ [続きを読む]
  • 暮れる
  • これから寒くなるね風邪ひきそうな季節だこのくらい寂しいほうがいい人のヤサシサがしみてくるからね日の暮れる時刻が早くなって闇の空が深くなるにつれフルサトに近づいていく [続きを読む]
  • 雨の後に
  • 大粒の雨が落ちた後地面は一様に均されて僅かに残る流れの跡が確かな始まりを表わす人生流転は承知のこといたずらに惑う事も無しとは言うものの...浮世の常はことのほか無手勝流を許してはくれず思い悩みに明けては暮れる男はみんな悲しいものなのです [続きを読む]
  • 階段をのぼる
  • 前に向かって進むというのは進歩するのに準じて理想的ですねそれと同様 階段を上に行くのはレベルUPに通じて一般的にほめられますしかし天国に向かって無心に生きるのはイマイチ納得できない今日この頃ですドンマイドンマイ リスクをクスリにしてみよう! [続きを読む]
  • いろんな人が居る
  • みんなそれぞれの色を持っているきれいな色もモノクロもそれなりに生まれた時から様々に発展している今日まで出会えた人達は一握りこれからもまた沢山の人に出会う自分の色も磨き続けていかなくちゃ俺はどんな色に見えるのかそっと教えてほしいのだけれどなかなか教えてくれないですね! [続きを読む]