本城沙衣 さん プロフィール

  •  
本城沙衣さん: 本城ブログ
ハンドル名本城沙衣 さん
ブログタイトル本城ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/honjosae/
サイト紹介文ふと思ったことや感じたことを綴っています。日常、思い、恋愛、風景
自由文心に描く風景はたくさんあり、時に優しく、時に厳しく……そんな日常で生きている私たち。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/12/05 02:06

本城沙衣 さんのブログ記事

  • 不謹慎と言うなら不謹慎と騒ぐ人です。
  • facebookで、毎度のW杯サッカーひとり実況で、今回はTwitterからリンク投稿をさせていただいていたのですが、以下のような旨を書いて下さっている方がいらっしゃいました。「不謹慎とか言わないで、どんどんツイートしてください。その方が癒されます。お願いします。大阪より」私が癒されました。先程、facebookで山田優さんのインスタが炎上していることについて書かせていただいたのですが、他にも特に芸能人の方のインスタやTw [続きを読む]
  • 神様の自叙伝
  • 古事記や日本書紀は、それぞれ作風は違いますが、“神様の自叙伝”と思いながら解釈するとなかなか興味深いものです。 『日本神話』なのですが、そこに登場いただく神様は、時に嫉妬し、時にすねたり、時に激怒したり、時に嘆き悲しんだり。すねて引きこもってしまった神様を笑わせようと知恵をしぼったり。 神様なのですが、なんだか、現代に生きている私たちのような感情をお持ちなのです。どこか謎に包まれ、どこか親しげで、壮 [続きを読む]
  • 神様の自叙伝
  • 古事記や日本書紀は、それぞれ作風は違いますが、“神様の自叙伝”と思いながら解釈するとなかなか興味深いものです。 『日本神話』なのですが、そこに登場いただく神様は、時に嫉妬し、時にすねたり、時に激怒したり、時に嘆き悲しんだり。すねて引きこもってしまった神様を笑わせようと知恵をしぼったり。 神様なのですが、なんだか、現代に生きている私たちのような感情をお持ちなのです。どこか謎に包まれ、どこか親しげで、 [続きを読む]
  • 雪解けあと
  • 今日は、スノーボードの平野選手なカーリングのチームが地元で祝賀パレードがあるそうで、『ノンストップ』にもパラリンピックの成田選手が兄弟で出演していて、五輪期間中やその他の種目のアスリートことをいろいろ思い出していました。公の舞台に立てる人は一握りですが、その一握りのアスリートも選考から外れたアスリートも“これから”のアスリートも、みんな、身体的痛みやメンタル的痛みを必死で堪え、克服しながら闘ってい [続きを読む]
  • 25番目から繋いだ想い
  • 長野で冬季オリンピックが開催されたのは、もう20年も前になるんですね。あの大会でのジャンプ団体で金メダルを手にした日本チームの原田選手が「ふなき〜〜」と発したあの言葉は印象に残っている方も多いと思います。その時、「俺じゃない、みんなだよ、みんなだよ」「みんな、カッコよかったでしょ」とも仰っていらっしゃいましたが、その「みんな」に込められた想いがありました。原田選手の2回目のジャンプの直前にかなり強い [続きを読む]
  • 美しい文化継承について考えてみた
  • 『かぐや姫』の幼少期を演じたれいかちゃん、可愛かったなぁ??˘?˘??なんて思っていたら改めて思いました。 《日本古来から受け継がれている伝統》ということ。“変えない”という観念は必要不可欠だとは思います。ただ、めくるめく時代の変化が背景にあった時、伝統基礎はしっかり残すことは必須としながら、その時その時のニーズに合わせることも、伝統を守り継承するひとつの美しい手段であると思います。歌舞伎伝統がユ [続きを読む]
  • 明日へ
  • Photo by Yuichi Takemura このお写真を観た時に頭に浮かんだ言葉が『道程』。過去を振り返るなと言われる時もありますけれど、 過去があるから“今”があり、“今”があるから“未来”があるんですよね。当たり前のことだけれど、つい、忘れてちゃっていることかもしれませんね。時には立ち止まって、過去を振り返るのも悪くないかも。楽しいことばかりじゃなかったけれど、思えば、その後、笑っていたっけ......。笑える時がやっ [続きを読む]
  • Merry Christmas゚*???˚
  • 最近はクリスマスもお仕事だったり、何となく季節感が薄かったりしているけれど、フランスにいた頃はクリスマスツリーをワクワクしながら飾ったり、シャンゼリゼ通りのイルミネーション点灯の瞬間にキラキラした気持ちでいたり、お父さんがケーキを買ってきたり、お母さんがお料理を頑張っていたり。日本に来てからは 街が煌びやかになって行くのが楽しかったり、彼氏がいるだけで嬉しかったり、お友達とお洒落するのが楽しみだっ [続きを読む]
  • 行ってみようか!
  • お仕事やその他で、今までは「待ち」だったことを、「攻め」に行こうと思った時。 きっとそれが絶好のタイミングなんだと思う。 もし、「攻め」の姿勢で向かったことが自分にとって良い結果でなかったとしても、その「攻め」は必ず活きる時が来るんだよ。 これ、自然の摂理。 勇気を出したことへのご褒美と思ってもいいかも。 だから 思い切って 行ってみよう! [続きを読む]
  • 溶けあうこと
  • 凍てつく氷の中だとしても揺れる灯はその氷さえも暖かさを感じさせる。 暖かい灯が揺れることで凍てつく氷の透明感が際立つ。 “寒”と“暖” 正反対の温度だとしてもお互いがお互いを引き立てることがある。 ずっと見つめていたいのはそういったコラボレーション。 人間も同じ。一見正反対と思われる者同士も溶けあってみたらきっとそこには素敵なコラボレーションがある気がする。 一見で決めずに歩み寄り心が解け合 [続きを読む]
  • 「いろいろあるさ」
  • 日本に拠点を移してすぐくらいに仲良くなって、いつも笑い合っていた隣に住んでいた同い年の子がいました。そのご主人様がまたイケメンさんで(´0ノ`*)よく、そのご夫婦やそのお友達と一緒に遊んでもらっていたっけ≧(´▽`)≦ まだ日本に知り合いが少なかったから本当に楽しかったし嬉しかったなぁ。 そのような環境の中、私のお仕事柄で出張が多かったり、時に自国へ戻ったりしていてもいつも全然変わりなく接してくれていた人 [続きを読む]
  • 幸せとは
  • ありきたりのタイトルかもしれませんが、私のフィルターで思ったことを綴らせていただきます。「ワクワクする」とか「ポジティヴになる」とか、「前向き」とか「いつも笑って」とか……。そういう気持だったり環境でいられたらそれはもちろん“幸せ”です。私のフィルターですと、 「凹んでいる」とか「ネガティブになっちゃった」とか、「過去を気にしちゃった」とか「怒るっちゃった、泣いちゃった」――そいういうことも“幸せ [続きを読む]
  • 沈みゆく太陽に見た光景
  • Photo by Yuichi Takemuraここはタイランド。沈む夕陽に見た光景に思うのは、「仲良くしようよ」簡単な言葉だけれど、大人になればなるほど難しくなる言葉。無邪気に笑っていられる時ばかりではないけれど、一日の終わりに沈みゆく太陽を見ることができた時に、「良い一日だったね」そう思える日が多いといいよね。沈みゆく太陽もこれから見えるお月様やお星様は地球の何処にいても同じものなのだから、「みんな仲良く」これが一番 [続きを読む]
  • 品格とは 上品なマナーを知っているとか高価なものに囲まれるとか 有識とか有識者を知っているとか裕福な環境で育つとか見た目が美しいとかそういうものからは生まれず、そういうものからは感じられないもの。 一点を曇りなく見つめることができ、礼節を重んじる心を持ち、自らの否を否と認めることができ、驕らず出すぎず、守ると決めたら我を捨てても守る意思を持て、いざという時に力をだせる......。 一言で言えば「凛」 こ [続きを読む]
  • 融合美 ?
  • “自然美”は計算されない美しさ。“人工美”にも計算されない美しさがある。それは“ふと見えた景色”の中にあった。いつも見慣れているはずの景色の中にふと映った光加減。対色が相互を活かし、鮮明な光とほんのりとした光が溶け合いアートにも映る。計算された曲線もその光によってアートに変わる。自然美ともいえるアートになる。自然と溶け合う人工物。人工物と溶け合う自然。壊してはならない融合美。Photo by Yuichi Takemu [続きを読む]
  • 悪しき習慣崩壊の前兆か否か……
  • 今、世間でかなりの騒ぎになっている角界の問題。ヤフーニュースなどのコメント欄を観ると、「マスコミが騒ぎすぎ」との書き込みが多く、角界の在り方とかそいいうことに触れているコメントが少ないです。 マスコミの報道は時に、人の人生まで狂わせることもありますので、「やり過ぎ」ということも多くありますが、今回の暴行事件に関しては、私は「過熱報道」とは思いません。 警察が絡むような報道があり、それが角界のことで [続きを読む]
  • 深夜の都心にて
  • 「深夜までご苦労様でした」終電近くのお時間。車も人通りも少なくなる都心に街灯に照らされながら歩く人たちがいた。夏の終わりに出逢った光景だけれど、冬間近かの今もこうして歩いているのかな......。 世界や世間がどんなに動いても、日々を懸命に生きる人たちは変わりなくいて、その人たちが支えているたくさんのものがある。だから皆に言いたいの。「明日もお健やかに、笑い合える、笑えるお時間がたくさんありますように」 [続きを読む]
  • 無言歌
  • 音なき音が聴こえる。ただ深々と降る雪の中に聴こえる音。それはアナタのココロの中にある音。少し息を潜めて少し目を閉じて小さく息を吐いた時に聴こえた音があったら......それがアナタだけの音。特別なたったひとつのアナタだけのもの。雪からの贈り物。舞う雪が奏でるアナタだけの無言歌。 [続きを読む]
  • ≪静なる流れ深く≫
  • 初対面でいきなり上から目線の方ってお目にかかったことありませんか? 私、あります。 最近もありましたし、まだ日本に来て間もない頃もありましたね。 専門用語羅列も時々は話題に上りますけれど、普段、お仕事で使っているので出てしまうというのはある程度が仕方ないかなとは思いますけれど、上から目線はね……(ーー゛)その専門用語羅列で判らないから訊くと、鼻で笑われたり。「そんなことも知らないの?」的な目線で言わ [続きを読む]