ボンシェフ さん プロフィール

  •  
ボンシェフさん: シェフの独り言
ハンドル名ボンシェフ さん
ブログタイトルシェフの独り言
ブログURLhttp://bonchef.blog86.fc2.com/
サイト紹介文初めましてこのブログは小さな洋菓子店を営む親子のブログです。宜しくお願い致します。
自由文お店は有名ではないのですが、
バースデイケーキが評判で毎回楽しく
勉強させて頂いております。

毎回ご注文頂いたバースデイケーキの
写真をアップしていきますので、
是非ご覧になって下さいね。

ご来店お待ちしております♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/12/05 21:06

ボンシェフ さんのブログ記事

  • 腸内細菌って大事ですね
  • 本日のランチメニューほうれん草のキッシュ野菜のコンカッセを飾りほうれん草のソースの作り方は裏ごしした汁を煮詰めます。チョコレートケーキはムースを流し込んでますバナナは甘さを増すためバーナーで焼いてから冷やしますアイスクリームにはイチゴソースいずれも自家製です。フルーツは香料と一緒に煮てコンポートにします。自然の味を邪魔しないように甘みは砂糖でなくオリゴ糖です。乳酸菌のエサになることでオリゴ糖の効果 [続きを読む]
  • フルーツといえば
  • フルーツと言えばイチゴ、とちおとめの地元です。イチゴタルトのリクエスト久しぶりで作りました。クレームパティシエールはゼラチンを使わずやわらかくテイクアウトの心配がないデザート用の菓子の強みですフルーツの果糖を取り過ぎるとブドウ糖とは違い体内でエネルギーになりにくく中性脂肪として取り込まれやすいとかダイエットでフルーツの摂り過ぎちょっと考えた方がいいかも?果糖の少なめのイチゴ牛乳を加えるのがおすすめ [続きを読む]
  • もっと簡単に美味しく出来たら
  • オムライスのニワトリと卵の話ちょっと長くなりますが飽きずにご覧ください。ふわトロッのオムライスはご飯が先か、ケチャップが先か野菜を炒めてご飯を加えてケチャップを絡ませると混ぜるのに時間はかかるし出来上がりはべちゃべちゃだし手早く作りたいんですこんな質問を戴きました。「やったろうじゃん シェフのコツ」ソースを作ります。量はお任せ多めに作って冷凍保存すると便利。①鶏のひき肉、玉ねぎみじん切りを炒め ケ [続きを読む]
  • 準備が大切なことは分かっているが
  • 面倒なことも苦にならないメリット材料全部入れて煮てから味噌を溶きいれれば出来上がり簡単にできるのに手をかけるなんて無駄。その無駄をすることにより効果がでることもあります。これから面倒な豚汁の作り方ご披露します。     豚肉を取り出し、強火で沸騰して出たアクの塊材料、調味料の種類や量は好みにお任せで省略します。下準備①肉は多めの水から弱火で温めます。 45℃(5〜6分)になったら肉を取り出し沸騰させ [続きを読む]
  • お肉料理をお菓子仕立てにしては?
  • 豚バラ肉をいかにさっぱりさせるか煮込んだ豚バラ肉の脂を除いて細かくほぐしてマンケ型に詰め上の段にはポテトの粉ふき芋を2400円ランチなのでトリュフの代わりに椎茸を名前がオシャレなので好きです「パルマンティエ」豚肉のビタミンB1は疲労回復やダイエットに効果があるそうです。ポークペプチドは血栓を溶かし血小板の固まるのを抑えるとかビタミンB1を効率よく吸収するにはマグネシュウム(味噌)と取るといいらしい野 [続きを読む]
  • 行く春を惜しんで
  • 早いものでもう立夏ですって寒さに解放された春も今では暦で夏、春への未練ですか鯛のプランタニエ(春)、バターソース野菜を小花に見立てました鯛の蒸し汁にレモン汁を加えバターでつないだソース暑さに負けてデザートも冷たい物にイチゴを軽く煮て加え自家製ストロベリー・アイスクリームに湯煎で温めたソースをかけるのなら簡単ですがとろみをつけるのにバターを使う方法(バターモンテ)煮汁の濃さと温度バターの溶け具合が決 [続きを読む]
  • お魚でモザイク模様
  • 出来上って初めて分かるモザイク模様スズキ、平目、エビ、サーモンすり身にクレソンでアクセントソースはマヨネーズに洋わさび(レホール)辛みと香りを加えます付け合せは自家製のピクルス海の幸のモザイク・テリーヌです。チョコレートのムースとバニラムースのケーキフルーツのコンポートは洋梨、パイン、オレンジ、キウイ一品で済むようなメニュー少し大きめのテリーヌなどがそれです食が細くなった昔からのお客様、軽いランチ [続きを読む]
  • ヒントはおばあちゃんのあんこでした
  • 野菜のピューレは使いません鯛とサーモンをワインで蒸しほうれん草ジュースとオリーブ油適度に煮詰めて緑色のきれいなソースにしました。粉などのつなぎは使わずオリーブ油でとろみをつけますほうれん草の香りを感じ魚を味わってほしいから。おばあちゃん子だった幼い頃好物のおはぎを作ってくれたあんこ作りを見ていた時煮て漉した小豆の煮汁を煮詰めていたのを思い出しほうれん草を漉してジュースを煮詰める方法。ピューレよりサ [続きを読む]
  • 始まりは試食から
  • 今日の準備ができましたプチ・バゲットとブドウ入りのブリオッシュランチ用のパンが焼けてメニューの仕込の前にまずは試食のコーヒーブレイクオードブルは海の幸のサラダブロッコリーのプリンを添えました。ソースは身体にやさしいえごま油を使っています。静かな雰囲気と栄養を考えてもらえるからとオードブルとパンで軽くランチお年寄りのお客様が増えています。でもデザートは外せないそれが「馬車道」だそうです。自分の健康を [続きを読む]
  • 若者の希望を踏みにじることは許されない
  • 幼い子たちの純粋な心に桜、満開の喜びに新しい門出をお祝いして桜の香り満載のアニバサリ―ケーキ立派に巣立つ姿に感激した先月の卒業式に続いて上戸祭小学校の入学式今年も参加してきました。愛くるしい胸を張った幼い姿自然と顔がほころびました。期待と不安の小さな心に日頃から大切に接している上戸祭小学校の先生方の素晴らしい姿を見るにつけ私の居た某短大の某女性講師との違いを実感しています。「澪標」の精神など皆無の [続きを読む]
  • 美味しく食べて栄養も取れたら
  • 予約なしでも対応して豚ヒレ肉と野菜を煮込みマスタードソースを添えました。予約なしでいらしたお年寄りコースでは量が多いとの事一品だけとのご希望せっかくなのでお相手しました。要予約でお任せコースを基本に営業してきましたが近年、フリーでいらしたりデザートだけの方も増えました。生野菜が食事には大切分かっていても量は食べられません煮るとビタミンCは減りますが食物繊維は多く摂取可能肉を加えて煮込んで煮汁をスー [続きを読む]
  • ちょいとひと手間かけてみて
  • 料理教室の生徒さんからの質問に答えてシニアの料理教室で孫に作ってあげたいひと味違うホットケーキをというご希望に応えました。ホットケーキのミックス粉  200g卵(M)・・・別立て       1個砂糖(別立て用)    ひとつまみ牛乳              140gマヨネーズ        大匙 1①卵白は泡立て砂糖を加えさらに泡立てる。②卵黄、牛乳、マヨネーズをよ〜く混ぜる。③粉を加えてよく混ぜ [続きを読む]
  • 定点観測の魅力
  • 年ごとに立派になって毎年撮り続けてきた上戸祭小の桜と馬車道近隣の風景は変わってもこの桜は年々立派になって上戸祭小を元気に巣立ち成長している子供達のよういつまでも見守っていられたら幸せだと思っています。可愛らしい「ポワッソン・ダブリル」四月と言えばこのお菓子文字通り「四月の魚」魚の形のパイケースにクリームを詰めてフルーツをたっぷり飾りメレンゲの大きな目見るからに可愛らしいお菓子フランスでのあま〜い思 [続きを読む]
  • 黄色い花は「秘密の恋」
  • ミモザの花に魅せられて春の花と言えば桜日本中がお花見の賑わい黄色が好きな私にとって春はミモザ・アカシアの季節です。やわらかな黄色に秘密の恋を感じます。春のメニューにはカニとキャベツのサラダ・ミモザデザートにも黄色のムースでミモザをイメージしたケーキミモザ・アカシアを知ったのはフランス料理に出会った頃イタリアには「ミモザの日」がありミモザがアカシア属だと知ったのもこの頃。それまでは西田佐知子さんの「 [続きを読む]
  • 元気に育ってくれればいい
  • こんなに立派になるなんてほんの小さなポット一株だったビオラ植木鉢いっぱいに広がって元気。不安だったが思い切って切り戻ししたのは二ヶ月前寒さを避けて室内に温かい日は外に出して見守っていたことはまるで子供(生徒)を見てるよう時には厳しくゲキを飛ばし時にはいっしょに悩み、喜び教えていた短大の生徒受持ちが終わり手が離れた二年生これから講義を受けるのは99.9%嫌われ者で有名な現場経験のない??おばちゃん先 [続きを読む]
  • これも悪戯心かも知れません
  • ガブリとひとくちカジれたらと思って大きいことはいいことだこんなコピーがありました。メレンゲと言うと小さくてかわいいのが多いです筒状の器に入ってたり袋入れがあります子供の握りこぶし大のがあったら面白いと思ってこんなのができました卵白と砂糖をを泡立てるメレンゲの方法はいろいろありますスイスメレンゲ、イタリアンメレンゲなど砂糖をシロップ状にしたり水分や油分が入らなければほとんど失敗はありません。ただひた [続きを読む]
  • 悪戯心でいろいろやってみることが
  • こんなケーキもありでしょうか香料のサフランと言えば魚のソースやパエリヤ、サフランライスなど上品な色と味が好きです。これを使ってスイーツを作るちょっとした悪戯心でしたスポンジ生地もクリームもサフランの黄色レモンでアクセントをつけると軽い感じに仕上がりました。料理に使われる材料だってお菓子に使ってみます赤ピーマンのムースや黒胡椒のアイスはお馴染み好物の小豆代わりにレンズ豆を甘煮にして山芋のケーキのソー [続きを読む]
  • 天ぷらだけじゃありません
  • 春の七草、セリをタルトにしました鯛のレモンバターソース付け合せはセリのタルト香草のタルトはいろいろ作りましたが和物の野菜を使って以前は三つ葉も使いました。セリの香りは魚にピッタリ後味がさっぱりします。何も手を加えず生が最良なのはご存知手をかけて味や個性を消しては何の意味もなくなります。邪魔にならない程度の味に対するアプローチ材料に強制せずに少しだけ手を貸す程度にそれは学生や子供に対する付き合い方と [続きを読む]
  • 三欲(食欲、金欲、性欲)の内であなたの一番は何ですか
  • ポリフェノールの大切さ知りました。 ご存知の通りワインやチョコレートに含まれるポリフェノールが認知症予防になるなんて近年,皮つきのピーナツに多く含まれることが分かったとかそうかと言って年取ると歯が悪くて硬いピーナツは苦手そんな方のためにピーナツの炊き込みご飯作りました。米 2合、水 定量、コンソメ小匙2、酒大匙1、皮つきピーナツ 50g、材料をすべて入れ1時間置いて炊飯。参考にどうぞ認知症は脳に溜まる [続きを読む]
  • 分かれて判る大切な事
  • いろいろな「つながり」で生きていること料理用語でリエゾンとはつなぎの事でとろみをつける事とろみはスープやソースの味にも影響する大切な部分です。ルーに代表される小麦粉片栗粉や葛もそのために使われます。 少し難しくなりますが卵黄やバター、生クリームも使います。煮詰め具合や火加減すべてが瞬間芸の境地視覚、聴覚、触覚など五感を駆使して作ります。               つなぎは卵黄とバター、舌平目のグ [続きを読む]
  • こんなに長く続いて居られるなんて
  • 見守ってくれてありがとうこの地、上戸祭町に移って32年目の春毎年、飾ってきた雛人形は今年も定位置に収まりました。不動前に、伝馬町にそしてこの地、上戸祭町に開店した約50年前のコピー「フランス菓子と料理の店」デザートとワインを強調するバカなコックの店が出来ました。ご来店の際はお子様連れの方ジーパン、スニーカ―の方はご遠慮ください。ご予約の上、ご来店をお願い申し上げます。フリーのご来店を断ると生意気な [続きを読む]
  • 作る側も健康を考えて
  • 認知症予防の効果を期待してお魚の地中海風オリーブ油煮込みオシャレに「アクアパッツァ」です。オリーブ油でニンニクを炒め魚貝類、トマトを並べ入れて白ワインを加えて蒸したらイタリアン・パセリを散らすだけ手軽で簡単にできて健康にもいいランチです。栄養士の作るフレンチだからオリーブ油のオレイン酸と魚のDHAの効果を考えて脳の血流を促し、認知症予防に繋がる期待。1000人を5年間調査した2015.04アメリカの報告ですって [続きを読む]
  • なぜそこまでするのか、好きだから
  • タルトタタンに対する愛着               タルト・タタンは開店以来のメニューデザートメニューの常設タルトタタンの一品リンゴを型に並べ、整えてあめ色になるまで焼いてパイをかぶせて焼き上げタルトに仕上げるまで五日。開店以来作り続ける魅力は手間がかかるから?美味しいから。                    リンゴの皮むき器所説はあるがご存知のようにタタン姉妹の失敗作失敗作がいまだに残るお [続きを読む]
  • 仕込は体調管理のバロメーター
  • ランチは何にしましょうか豚肉の詰め物と豆の煮込み粒マスタードが効いてます。ブロッコリーは蒸かしてポテトのフランと付け合せパンはプチバゲットとブリオッシュ今日はぶどうパンを添えて3種類朝一で仕込むパンは生地の具合と同様、体調のバロメーター今日も元気に捏ねて、発酵を待って焼成。焼き上がりのひとくちが楽しみ誰よりも早く、いただきま〜す。                    グランパでした。 [続きを読む]
  • 思い出は美しすぎて
  • 初午は過ぎましたが「しもつかれ}          細かく切った鮭の頭は形がなくなるまで煮ます鮭の頭を店頭に並べるのは魚屋の長男だった私の仕事お客さんに頼まれ細かく切るのが、イヤで、iイヤで七輪の上には母の煮る鮭の頭がコトコト音を立てる東京育ちの母が姑から受け継いだ「しもつかれ」鬼おろしで大根と人参この季節の定番でした。          魚の臭みはなく、大根の甘さを出して今は居なくても私の大切な [続きを読む]