板原村の館長 さん プロフィール

  •  
板原村の館長さん: 板原村のだんじり会館
ハンドル名板原村の館長 さん
ブログタイトル板原村のだんじり会館
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/gkrgd678
サイト紹介文大阪・泉州の「だんじり祭」をあらゆる角度から、私(館長)の視線でご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2008/12/06 13:30

板原村の館長 さんのブログ記事

  • ミラクル エッシャー展 大阪 (あべのハルカス)
  • 先日の連休。天王寺はあべのハルカスにて開催中でした「ミラクル エッシャー展」に行ってまいりました。もともと、エッシャーには非常に興味があり、幼少の頃からその不思議な絵が大好きでした。。。11月中頃から大阪で開催されていましたが、仕事の都合やらで年末はなかなか訪問できず、気が付けば大阪展が終了間際。。。で、慌てて一人で向いましたが・・・(汗)先日の3連休中日。お察しの通り、この混雑ぶりでした。チケット購 [続きを読む]
  • 板原町 鏡開き
  • 1月13日(日)。平成最後となります鏡開きを、わが町で行いました♪だんじりは、おなじみの正月バージョンの化粧姿で。町内関係者のみならず、他地区のファンの方々も数名お見えになりました。だんじりと、お供えと、左右には本纏に常纏。午前9時、はじまりました♪お神酒で乾杯です。鳴物は法被着用で太鼓を披露♪公民館内では・・・世話人会さんのご尽力で、ぜんざいが用意されてます。旨いよ〜♪ぜんざい。そして・・・今年は、さらに [続きを読む]
  • 竹原ピストル ミニCD「オールドルーキー」
  • 竹原ピストルちゃんのミニCDを買った。聞き始めてから彼の過去の作品を遡ることで、以前にも増して彼の歌が好きになった。このCD、発売は2009年というから今から10年ほど前に遡る。でも、当ブログの開設は2006年なので、ちょっと勝った!(・・・ってなんのこっちゃ!?)ピストルちゃんのブログによると、スタッフ宅のパソコンで手焼きし、歌詞カードを手折りし、自分の手でパッケージしてという行程で生産し、ライブ会場限定と [続きを読む]
  • 彫陽で見る「山崎の合戦」
  • 天下分け目の戦い、山崎の合戦。1582年(天正10年)6月2日の「本能寺の変」を受け、備中高松城の攻城戦から引き返してきた羽柴秀吉の軍勢(約4万0000)が、6月13日に摂津国と山城国の境に位置する山崎の地(現在の京都府乙訓郡大山崎町付近)において、明智光秀の軍勢(約1万6000)と激突した戦いを言う。。。彫陽・山本陽介師の新作「豊臣秀吉」に、2年前の作「明智光秀」。この2作品で再現した山崎の合戦。。この写真は、かつて [続きを読む]
  • 名越町新調地車記念誌
  • 先日、貝塚・名越町の元大工方・Nくんから、嬉しいプレゼントをいただきました。名越町新調地車記念誌!!Nくんとは、ちょっとした親戚関係でもあり、気の合う仲間でもあり、大変お世話になってます。岸田一門の片山師が責任者として彫った傑作。ボリュームもあり、満足の一冊です。記念誌の内容はここでは掲載できませんので、過去の撮影会にお邪魔させていただいたときのものをご覧頂いてます。Nくんありがとうね。※その撮影 [続きを読む]
  • 50万部越えの大ヒット『日本国紀』(幻冬舎・百田尚樹 著)
  • 2019年がスタートした。我々は「平成」という時代の終わりと、新しい元号の始まりに立ち会うことになる。そんな時代の節目に、1冊の歴史書が50万部の大ヒットとなっている。『日本国紀』(幻冬舎)。著者は、あの『永遠の0』で特攻隊を、そして『海賊とよばれた男』で戦後の復興と高度経済成長を描いた、ベストセラー作家の百田尚樹氏だ。古代から平成までの通史を、500ページを超える大著にものした百田氏は、時代の変わり目をど [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • ご来館のみなさま新年あけましておめでとうございます旧年中は多くの方にご来館いただきまして誠にありがとうございました本年もかわらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます2019年は、いよいよ新元号ですねみなさまにとって、より良い年になりますように・・・板原村のだんじり会館 謹啓館長 山口和彰 [続きを読む]
  • 本年最後の日曜日
  • 12月30日(日)。今日は本年最後の日曜日。朝から自分の部屋を掃除し、お昼に少しゆっくり。午後からは、ホームセンターへ妻と買い物に行き、そして、二階と一階の網戸と窓ガラスの掃除。玄関先の彫刻作品も少し配置換えしました♪「二重見送り」ならぬ「二重ガラスケース」仕様(笑)♪上段:あわじ美彫刻家・木下舜次郎 師 作の“木村長門守重成”。下段:(左)明智日向守光秀   (右)名もなき雑兵過“叶” いずれも彫陽 [続きを読む]
  • 長滝中之番 〜幻の四ツ屋根だんじり〜 (記念誌)
  • 先日、長滝中之番 〜幻の四ツ屋根だんじり〜という記念誌を入手しました。いつか出されたら欲しいなぁ〜って思っていた一冊。四ツ屋根、カラクリ、明治期製作・・・。これは岸和田型だんじりの長い歴史を知る上でも、非常に貴重な参考書的資料と思います。裏表紙のモノクロ写真。これだけでも購入した甲斐があります。それにしても“吹きちり”が極端に長い!!記念誌の中身はあまり載せれませんので、過去に撮影させていただいたも [続きを読む]
  • 彫陽 独創会 七 (岸和田だんじり会館)
  • 平成30年師走。今年も盛大に開催されました年末の大イベント「彫陽 独創会 七」。もうすっかり定着した感のありますこの催しは、おかげさまで7回目を迎えました。今年は例年とは異なり展示方法にもこだわりを感じました。気合の入った山本陽介師の「独創会」。それは、だんじり彫刻の域を超え、まさに芸術作品の個展。奈良や宝塚に淡路島、さらに遠くは岐阜県など、大阪府外からも多数ご来場者いただき、絶賛の声が多く聞かれまし [続きを読む]
  • 旨し!そば。
  • 旨し!!そば。おいしいですよね。私は麺類の中でも、日本のそばが大好きです。ダントツです。出張に行っては、ランチはご当地のそば。旅行に行っても、ランチはそば。地元にいても、やっぱりそば。。もうすぐ年越しですので、今日は私が食べ歩いたそば屋さんの中から、オススメのお店をご紹介します♪まずはこちら。奈良県は山之辺の道沿いにあります「そば処千古(ちこ)」さん。ロケーションのいい場所にあり、ゆっくり、ほっこ [続きを読む]
  • 山本陽介師と。
  • 彫陽 山本陽介師。先日、彼と毎年恒例になっている「2人忘年会」で難波へ。だんじり話はもちろん、いろいろ話したなぁ。。酒を酌み交わしながら・・・。将来のこと、彫物のこと、作風、一門、想い、願い、信念、男気、新調・・・。馴染みの店で飲んだ後は、これまた馴染みの店で〆のざるぞば。親方はあの岸田恭司師。言わずと知れただんじり彫刻界の巨匠、名作と呼ばれる作品は数知れず。山本陽介師の作品も師匠譲りの絶妙の空間、バラ [続きを読む]
  • 地車彫刻 彫陽 最新作 「叶」
  • 12月15日(土)先勝今日は朝から地車彫刻彫陽へ。かねてから彫陽・山本陽介師にお願いして進めておりました地車彫刻の最新作が完成、その引渡しにお邪魔しました。ご覧のとおり、作品のタイトルは一文字で「叶」。これには私と陽介師との様々な想いが込められています。夏の初め、陽介師の仕事場にて。実は、このとき撮影したこの写真こそ作品のモデルになってます。良質のケヤキと、六分厚のものは左手に持つ幟用。仕事を終え [続きを読む]
  • 平成30年を振り返って・・・
  • 12月12日(水)急に寒さが厳しくなったかと思うと、もう12月も半ばですね。早いですね〜。。今年も残すところ半月余りです。ご来館のみなさんにとって、どんなだんじりライフでしたか?私はと言いますと、自町・板原町の若頭会長をさせていただいたこともあり、今年は例年よりもだんじり見物は比較的少なかったように思います。その分、自町の祭りに集中できたともいえます。。。さて、この時期になりますと、毎年恒例の1年 [続きを読む]
  • 綾辻行人「 十角館の殺人」・「 水車館の殺人」
  • 12月10日(月)。ここ数日は寒い日が続いてますね。。くれぐれも風邪などひかないよう注意したいものです。。。さて、今日は久しぶりの推理小説の紹介です。綾辻行人さん著の人気シリーズを2冊♪「十角館の殺人」と「水車館の殺人」。少し前から気になっていた推理小説で、綾辻さんといえば「○○館」シリーズで傑作を多数飛ばしている方でもあります。もう何年か前からシリーズ化しており、ご存知の方も多いとは思いますが、 [続きを読む]
  • 来年のカレンダー
  • 12月8日(土)。寒いですね。。昨日から急に冬らしくなった気がします。早いもので、今年も残すところあと3週間となりました。この時期、いつもお世話になってます方々から来年のカレンダーをたくさんいただきます。今日はだんじり関連のカレンダー3作をご紹介いたします。。。まずは、おなじみ「彫陽」のポスターカレンダー♪しかも出来たてホヤホヤのを昨日いただきました♪昨日、テレビ岸和田さんで生放送されたご本人登場の番 [続きを読む]
  • ある日の彫陽
  • ある日の彫陽、その仕事場。時々お邪魔するが、そこには黙々とノミを叩く彼の姿がある。挨拶もそこそこに、いつもの缶コーヒーをお弟子さんの中村くんが出してくれて、再びノミを叩く。。。訪問する私としては、それで十分なのだ。手を止めてまで余計なことを喋る必要も無い。なぜなら彼の作品と同じくらい、彼の仕事に向き合う真剣さが好きだから。この日も、その空気感というか、リズミカルな乾いた音に心地よさを覚えた。そして [続きを読む]
  • 平成30年 板原町御祭禮DVD “快晴”
  • 平成30年 板原町の祭礼DVDがようやく完成しました。明日12月2日(日)の地車庫掃除の際に配布し、これを以って30年度の若頭会幹部としての仕事は終了となります。町内のSくんの渾身の作です。今回は、パッケージや挿入歌など、こちらの要望をいくつか盛り込んでいただき、素晴らしい作品が出来上がりました。非常に見応えがある力作!板原の長い長い歴史の中で「平成」をしめくくる祭にふさわしい、記憶に残る祭。週末はこれを [続きを読む]
  • 短歌2 お題「鶏鳴」
  • 曳き出しの腹に響きし大太鼓遠鳴り残し負けじ鶏鳴秋、祭りの朝一番に鳴く鶏。それをかき消すかのように腹に響く重低音。佳村のだんじりの大太鼓に負けじと懸命に鳴くのです。画像提供:空手バカさん次回をお楽しみに。。。・ [続きを読む]
  • 山陰 落索旅行
  • 3連休もあっという間におしまい。みなさんはいかがお過ごしでしたか?私はといいますと、幼なじみの相方・房吉くんと一緒に、若頭幹部として迎えた平成30年の祭が無事に済んだことを祝して“落索旅行”に行って参りました♪向った先は、山陰・大山のふもと。。。今回は金曜・土曜の一泊で、いつもながら記憶に残る珍道中になりました。では、そんな旅の様子をご覧ください♪和泉府中、6時37分発の「くろしお」に乗っていざ出発!と [続きを読む]
  • (開催予告)地車彫刻 彫陽 独創会 七
  • みなさんこんばんは。急に冷え込んできましたね。風邪などお召しにならないよう注意してください。さて。。寒くなるこの季節、すでに恒例行事となりましたあのイベントが今年も岸和田にやってきます♪地車彫刻 彫陽 独創会 七精巧な造形美。今にも動き出しそうな躍動感。匠の技により欅に魂が吹きこまれる「木彫刻」・「だんじり彫刻」の世界!歴史と伝統に育まれてきた木彫刻の技を受け継ぐ、「彫陽」山本陽介師が創りだす、欅の [続きを読む]
  • 愛車の駒換え
  • 愛車・エスティマ。早くも新調から7年が経とうとしています。でも走行距離はまだ4万kmそこそこなのでエンジンも絶好調です。先日、初めての「駒換え」ならぬ「タイヤ交換」を行いました。。。油圧式の専用ジャッキで軽々と上がるエスティマ。良質の生駒4本新調(笑)。よう転がってくれて、後梃子もよう切れます。(=ハンドルも軽くなり上々の走り♪)今回は彫刻の欠損がなく修理箇所はありません。。。安く購入できて良かっ [続きを読む]
  • 槇尾山の紅葉と春木川のランチ
  • 11月17日(土)今日は久しぶりに奥様と二人で少し出かけました。。「紅葉を見て軽くランチでも・・・」と誘った私。向ったのは泉州の紅葉の名所として知られる槇尾山。。。車を止めてしばらく進むと、坂・坂・坂。そして階段・階段・階段。「こんな坂登り、聞いてない」と少々ご機嫌ナナメの奥様をなだめながら、なんとか山頂に到着。以前、といいましても2009年にまだ小学生の娘を連れてきて以来ですが、今年はまだ紅葉が始まったば [続きを読む]
  • 今日はボジョパ♬
  • 11月16日金曜日。“解禁日”から1日が過ぎた今日、我が家では盛大にボジョパを行いました?奥さま自慢の手料理の数々。彩りも鮮やかで美味‼私は、世界の帝王ジョルジュデュブッフのボジョレーヌーヴォを用意。サーモンとホタテのカルパッチョチキンの塩焼きマッシュルームとパプリカのソテージャーマンポテトトマトとチーズとアボカドラザニアパンってな感じでどんどんワインも進み…みるみるうちに、空いちゃいました💦。 [続きを読む]