板原村の館長 さん プロフィール

  •  
板原村の館長さん: 板原村のだんじり会館
ハンドル名板原村の館長 さん
ブログタイトル板原村のだんじり会館
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/gkrgd678
サイト紹介文大阪・泉州の「だんじり祭」をあらゆる角度から、私(館長)の視線でご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2008/12/06 13:30

板原村の館長 さんのブログ記事

  • 明智光秀〈上・中・下〉 桜田 晋也【著】
  • タイトル「明智光秀」。もう、どんだけ好きやねん!?と、自分自身でさえもそう思ってしまうほど、戦国武将のでは、最も好きな光秀公。。またまた明智さんの歴史小説を買ってしまいました。。今回は、ネットの口コミなどで非常に評価の高かった桜田 晋也【著】の作品で、ご覧のように3部作です。明智さんの話を3冊も通しで読めるなんて幸せ〜♪内容説明水色桔梗の旗印を押し立てて、下剋上の世を駆け抜けた戦国武将明智光秀。そ [続きを読む]
  • 若頭会長日記 その2 (H29 穴師連合若頭会落索)
  • 11月18日(土)泉大津十二町コース内にあります与助さんにて、穴師連合若頭会の落索が行なわれました☆平成29年度の祭礼行事のうち、この落索を以って全行程が終了となりました。顔なじみの、いつものメンバー。先輩、後輩、同級生、とにかくいつもなんですが、えらい盛り上がります(笑)♪このあとコンパニオンのおねいさんたちが登場。どんな感じの酒宴になったかはご想像の通りです(汗)。そして、そのまま泉大津中央線 [続きを読む]
  • 国立 神戸大学
  • 国立 神戸大学。体育学部卒の私には、かつては全くの無縁の場所でありました(汗)。先日、ここに通う息子から「学園祭がありサークル仲間でLIVEを行なう」との話を聞き、神戸に行って参りました。。この日は、泉州ではいくつかの町会でだんじり見学会(撮影会)が催されてましたが、今回は息子のイベント優先ということで、家内と一緒に神戸入りです。。。自身、初めての神戸大学のキャンパスへ。二十歳前後の若者のパワーに圧倒 [続きを読む]
  • 上市地車大修理 新調彫刻(正面車板と主屋根虹梁平左右) 
  • 11月12日(日)みなさんこんばんは。11月も早や中盤にさしかかりました。個人的には、仕事柄だんだん気忙しい日々に入ろうとしています。来週はボジョレーヌーヴォの解禁に加え、祭礼関係では穴師連合若頭会の落索など、公私共々予定がいっぱいです。。さて、そんな中ではありますが・・・本年、めでたく大修理が完成されました泉大津濱八町の上市地車の新調彫刻を手がけた彫師の一人、我らが「彫陽(HORIYO)」山本陽介師の最新 [続きを読む]
  • 飯之山神事のDVD
  • 親父の知人を通じて素晴らしいDVDをいただきました。泉穴師神社 飯之山神事。ふだん、祭礼当日の「渡御」のときに飯之山地車を拝見するだけですが、このDVDには豊中町の「頭家(当家)」の方が毎年交代で、世話をされてる風景が収録されていて、非常に勉強になりました。本宮の早朝、まだ暗いうちから飯之山地車だけがたった1台で宮入する風景など、個人的には今まで全く知らない事実でした。いつかは、その風景もカメラに [続きを読む]
  • 父と子
  • 父と子。昭和51年の祭礼。父33歳。子 3歳。父はもっぱら前梃子持ち。子は右手に溶けたアイスクリーム、左手はお口。。平成29年の祭礼。父74歳。子44歳。いつしか二人とも前梃子持ちを引退していた。でも、こうして祭りの日に2人で写真に納まることの楽しみ。伝統や継承って、こういうことだと思う。少し幸せなひとときであった。・ [続きを読む]
  • 大阪城 in だんじり 2017
  • 11月5日(日)、3連休の最終日。絵に描いたようなキレイな青空の下、前夜からの二日酔いにも負けず、朝から自町の地車庫掃除に参加し、続いて自治会・世話人会・青年団の各幹部さんとの話し合いも済ませ、お昼前に板原をあとにしました。向かった先は、そう、大阪城。いつも親しくいしていただいております國津社さんの車に乗せてもらい、相方と3人で大阪城へ向かうのでした。。比較的スムーズに付近まで着いたものの、駐車場 [続きを読む]
  • 若頭会長日記 その1
  • 11月4日(土)。泉大津市内 サンルート関空さんにて。平成29年度、泉大津十二町連合若頭会の落索。本年の幹部さん(ひとつ上のセンパイ3名)とともに、板原町からは私も含め4名で参加。それにしても、板原から臨海線を越えて自転車でのサンルートは遠い(汗)。二次会は板原の4名に加えて、北曽根のセンパイの2名さんと、そして池浦の幹部さんたちも合流、深夜にまで焼鳥パーティに。。翌5日(今日)は、朝から地車庫掃除やのに [続きを読む]
  • 泉大津の隠れ家的名店 「鮨 一二郎」
  • 今日は地元、泉大津の隠れ家的名店をご紹介いたします。板原町から濱方向へ自転車で下ることおよそ10分、南海本線の少し山側に昭和町という町があります。「鮨 一二郎(いちじろう)」さん。外には看板なんてものはなく、白塗りの洒落たマンションの一階にあります。強いて言えば、この小さな徳利に書かれた「いちじろう」というのが、表札代わりとも言えましょう。。泉大津に店を構えておよそ20年という一二郎さん。泉州随一の高 [続きを読む]
  • 山本陽介
  • 大阪府富田林市。ここにひとりの不器用な男がいる。山本陽介。木彫の職人でもあり、芸術家でもある。彼のその細い指先からは、考えもできないような力強い魂と、勢いと、熱い思いがひしひしと伝わってくる。彫師として、芸術家として、彼は卓越した腕・・・「神の手」を持っている。つまりは人並みはずれた器用さの持ち主なのだ。しかし、その思いを広く世間に伝えるということが苦手であり、下手なのだ。山本陽介の作品を目の当たり [続きを読む]
  • よう降りますね。。。
  • 10月29日(日)10月も最後の日曜日なりました。しかしまぁ、よう降りますね。今朝はゆっくり寝まして、朝から散髪と自分の部屋の掃除。お昼を挟んで、午後からは来月に予定しております板原町若頭会・第一回定例会の資料に目を通しております。あらかじめ大まかな予定と、定例会の日程、さらには新年会のお店の予約など今年の祭りが終ったところなのですが、やることがいっぱいです(汗)。ひと段落ついたら、コーヒーでも飲みなが [続きを読む]
  • 11月4日(土)・5日(日)は
  • 11月は最初の週から三連休がありますね。その11月4日(土)と5日(日)は、今年も大阪城で大イベントが開催されます。もう数年前から行なわれ、毎年恒例になりつつあるこの行事。今年は29台のだんじりが広大な大阪城公園(太陽の広場)に集結!注目すべきは、泉大津の濱八町より下之町と宮本の2台のだんじりが初参加。昨年の堺市宮山地車の泉州式の鳴物や曳行風景も好評でしたが、さらに今年は大津名物「かちあい」が見れそうです [続きを読む]
  • 穴師四町と飯之山地車
  • まだ記憶に新しい今年の記念行事。我が地区では、泉穴師神社社殿大修理記念としまして、平成に新調した4台の地車と、泉州でも特殊な形態としても有名な飯之山地車の計5台が一同に揃いました。当日、自分ではスマホ片手に何十枚も撮影したのですが、当ブログをご愛読いただいてる方からステキな写真を頂戴することが出来ましたので、ここで紹介させていただきます♪左から 板原町 我孫子 池浦町 豊中町  最後はやっぱり飯之 [続きを読む]
  • 板原町若頭会幹部様への記念品と大雨と。
  • 10月21日(土)。我が板原町若頭会では、平成29年度・祭礼関連の全行程が昨日の落索を以って終了いたしました。昨日は台風接近の中ではありましたが、泉大津市内にありますサンルート関空さんにて、板原町若頭会の落索が行なわれました。その中で、1年間頑張っていただきました幹部のみなさんへ、若頭会員一同から記念品を贈呈させていただきました。今回、岸和田市並松町にあります「おとま屋」さんにて製作を依頼しており [続きを読む]
  • 郷荘地区 試験曳き(和泉市)
  • みなさんご無沙汰です。自町の祭が終えてからというもの、溜まってた仕事の処理や、友人知人の突発的な用事や、連合の寄り合いや、落索の準備やらで、なかなか時間がとれず当館ブログを更新できずにいました(汗)。。その間、毎日1000件ものアクセスをいただき、ほんまに感謝です。。さて。9月24日といいますと、もう一月ほど前になってしましますが、我が家から自転車で10分あまりのところにあります和泉市の西部・郷荘地区の試 [続きを読む]
  • 伝説の鉄テコ(池浦町)
  • 私の地元・穴師ネタが続きますが・・・。当ブログご愛読の方から、先日、貴重な写真を頂戴しました。現在44歳の私ですが、かろうじて記憶に残るあの前梃子。そう、池浦町さんの伝説の“鉄テコ”を装備していた頃の写真です。写真の欄外に記載されていた数字で1976年(昭和51年)のものと判明。かつて、昭和五十年代前半の穴師の祭礼スタイルとしましては、化粧(交差旗)は「日の丸」と、新装開店などに見られる「造花の花飾り」を桝 [続きを読む]
  • インスタ映え
  • 「インスタ映え」。最近よく耳にします。先日書いたブログの記事に、そんなインスタ映えしそうな画像がありまして。。泉穴師神社恒例の渡御のシーン、青空のもとで並んだ5台のだんじりもいいのですが、当館ブログ愛読者の方からも評価の高かった写真が、板原町内で豊中・池浦・我孫子・板原の4台が揃い鏡開きを行なったあのシーン。これです。穴師各町の若頭・青年団の責任者が集い、木槌を手に大きく振りかぶります。祭りらしい [続きを読む]
  • 平成29年 泉大津市板原町祭礼風景
  • 10月7日(土)、8日(日)。たった二日間の本祭り。あっという間に、それはまるで夢でも見ていたかのように、過ぎてゆきました。6日の前夜祭が終ってからわずか数時間で起床。いつものように集合時間よりも早く起きて、まだ真っ暗な穴師神社へ相方の房吉くんと参拝。曳きだし前の独特の緊張感ただよう空気を噛みしめながら、それはスタートしました。前梃子持ちは去年で引退し、今年は若頭の幹部としていろいろ経験させていただき [続きを読む]
  • さぁ、祭!
  • もう時刻は午前零時を過ぎました。あと数時間もすれば、いよいよ曳きだしです。お天気もなんとか回復傾向。若干道路が湿ってるかもしれませんが、最悪の天候だけは免れそうですね。参加される多くのみなさん、どうぞご安全に。怪我なく、事故なく、喧嘩なく。みなさまが楽しい祭りになりますように。。。もう寝ます。おやすみなさい・・・。 [続きを読む]
  • 祭礼3日前。
  • 10月4日(水)。祭礼3日前。文字通り秒読み段階です。そんな中・・・今日はちょういとした用事がございまして、板原町からすぐ近くにあります田治米町さんにお邪魔してました。車でおよそ10分、田治米町に到着。板原からは、ほんまに近いものです。田治米町内にあります田治米神社の敷地内には、大きなテントが建てられ若頭のみなさんが作業されてました。もちろん淡路彫・萬屋さんの最高傑作と名高い銘地車も鎮座し、青年団は元気に [続きを読む]
  • 泉穴師神社社殿修復完成記念&試験曳行
  • 10月1日(日)。待ちに待った今日は試験曳きの日。でも今年の試験曳きは、例年とはひと味違います。。泉穴師神社社殿修復完成記念と題しまして、勢ぞろいした穴師四町によります平成の新調地車と、穴師が誇る明治期製作の古参だんじり「飯之山」の合計5台が一同に集い、記念撮影を行なうというもの。私自身、祭礼に参加していますので、いつもの一眼レフ持参で・・・とはなりませんでしたが、それでも実にいい光景を拝むことが出来ま [続きを読む]
  • 三重県の老舗太鼓製造元 三崎屋さん
  • 三重県いなべ市。太鼓製造元の老舗として名高い三崎屋さんの太鼓をわが町・板原町は使用しています。四年前に皮を張り替えたのですが、高音が続き、上質な皮は稀になかなか伸びにくい場合もあるとのことで、今回、わざわざお越し頂いて音の調整をしていただきました。元鳴物経験者でもある私ですが、そうでなくても、やっぱり腹に響く太鼓に憧れます。今回、見事に調整していただき、めちゃくちゃいい音が出るようになりました。音 [続きを読む]
  • 御花
  • 板原町の若頭会さんに、板原村のだんじり会館から、ほんの気持ちだけ御花をさせていただきました??試験曳きまであとわずか。日に日にトレーニングに熱の入る参拾人組のメンバー。頼んどきますよ〜?😁さぁ、今夜もボチボチ寄り合いに行きましょか。 [続きを読む]
  • 平成29年 岸和田祭(本祭/午後曳行)
  • 少し日が経ってしまいましたが・・・岸和田祭・宮入後の午後曳行の風景をご覧頂きます。この時間帯は、アルコール片手にS字、疎開道、紀州街道など、自由気ままにぶらぶら歩きながら撮影を楽しむという、私にとってはカメラ撮影を存分に楽しめるひと時でもあります。この日、数百枚の画像データから何枚か抜粋しましたので、ご覧頂きたいと思います。では、早速どうぞ。。感無量。充実感。そして祭りが終わる寂しさ。友との感動の涙 [続きを読む]
  • 今日のこと
  • 9月23日(秋分の日)。昨日は某町の若頭幹部のみなさんと懇親会で、深夜に帰宅(汗)。今朝は8時に起床で9時に地車庫へ。いつもお世話になってます世話人会のNさんと、鳴物のメンバーらとともに、皮の張りが過ぎが気になる大太鼓を地車から一旦降ろし、伸ばす作業(汗)。昼食を挟み、今日試験曳きを行なっている鳳方面へ。上(かみ)交差点からライフ方向には、上のだんじりを先頭に草部方面のだんじりなどたくさん並んでました [続きを読む]