開運クラニオセラピスト さん プロフィール

  •  
開運クラニオセラピストさん: クラニオセイクラルな日々
ハンドル名開運クラニオセラピスト さん
ブログタイトルクラニオセイクラルな日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/kaiuncraniosacral/
サイト紹介文大阪市西淀川区にあるクラニオ専門の整骨院院長の独り言。
自由文クラニオセイクラルの視点から日々のあれこれを語ったり治療院業界の内幕をバクロしたり自分で簡単にできる手当法を解説したりとにかくいろいろお役にたちます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2008/12/07 01:52

開運クラニオセラピスト さんのブログ記事

  • 胸鎖関節の動きが良くないと肩が挙がらなくなる
  • コンニチハ。かなや整骨院です。家人が「肩が痛くて挙がらん」と言います。買い物に行って大量の荷物を運んだのが原因なのかな?クライアントでも家人でもやることは同じで、肩周りの筋肉の圧痛点を探して調整していきます。肩関節は大きな可動域を有するぶん、関節の固定は筋肉に依存しているところが大きいです。だから年齢とともに筋肉が変性してきて痛みの原因になったり肩が挙がらなくなったりします。石灰が溜まったりする [続きを読む]
  • ジェネラル・クラニオの凱旋?
  • コンニチハ。かなや整骨院です。関西医療学園専門学校さまでセミナーをしてきました。ワタシはこの学校が、関西鍼灸柔整専門学校だった平成2年に卒業しました。今は大学も専門学校もなんだけど、学校がキレイ。関西医療学園さまも例外ではありませんでした。ワタシが通ってた頃は校舎も教室もキレイでなかったです。図書館にも鍼灸の典籍なんかは所蔵されていたけれど柔道整復学科の学生が読むような本はあんまりありませんでし [続きを読む]
  • 鼻血を止める方法(手当て療法)
  • コンニチハ。かなや整骨院です。最近「手当て療法」に関する書籍を引っ張り出してきて読み返してます。レイキをやってるせいか昔の手当て療法の関連書籍の復刻版とか何冊か持っています。オリジナル?のレイキのテキストは日本では手に入りませんが、英訳したものがアマゾンで普通に売ってます。そういう本をあれこれ読み散らしていると、それこそ汎ゆる傷病に対する手当ての処方が記載されています。今現在、臨床で抱えている問 [続きを読む]
  • 仙骨は「神聖な骨」
  • コンニチハ。骨盤の真ん中の骨を仙骨と呼びます。普通、骨盤矯正といえば仙腸関節を調整します。ところが仙骨はきちんと調整できていないことも多いです。せっかく骨盤を調整しても仙骨の傾きがうまく改善していないとすぐに症状が戻ります。夜尿とか排泄の問題でも仙骨が関係してきますし、仙骨の捻れが脊髄硬膜を介して頭蓋に及ぶと、頭痛のときにいくら頭蓋骨や頚椎を調整しても楽にならないケースもあります。仙骨は英語でSac [続きを読む]
  • 「手当て」か「矯正」か?
  • コンニチハ。かなや整骨院です。臨床の柱にしている頭蓋仙骨療法。頭蓋骨の歪みを矯正して脳脊髄液の循環を促進して自律神経を副交感神経優位に導く、て言われてるんだけど、実際のところ骨の歪みの矯正なのかリラクゼーションなのかよくわからんことがあります。ワタシ自身が習ったときには、初級クラスのときはまず頭蓋骨に動きをつけることを習いました。それから個々の骨の位置関係を矯正する方法。都合3人のそれぞれ個性的 [続きを読む]
  • 大半のセラピストはカリスマにはなれない
  • コンニチハ。かなや整骨院です。 柔道整復師ギョーカイに入って28年、いろんなセラピストを見てきました。天狗の多い世界ですから自称?カリスマもたくさん居ますし、何でもかんでも治せてしまう「神の手」を持っているセラピストも主にネット世界で跋扈しています。それだけカリスマがたくさんいて、腰痛やら肩こりやらのクライアントが絶滅しないのは不思議なのですけど。ただ、ワタシの知る限りでは機嫌よく日々を送っているセ [続きを読む]
  • 直接法(ポキッと鳴らすほうの整体)
  • コンニチハ。かなや整骨院です。最近は臨床で使うことは殆どありませんが、直接法とかスラストとかHVLA(高速度低振幅)とか呼ばれる手技、もっと簡単に言っちまえば背骨をポキッと鳴らす手技をずっと使ってました。背骨をポキポキ鳴らすことでどうして色んな症状が改善するのかについては諸説あります。手技療法を習っていると「骨を鳴らすことが目的ではない」とよく言われます。確かに現在使っている間接法(ポキポキしない方 [続きを読む]
  • 脳の誤作動(理屈に合わない症状)
  • コンニチハ。かなや整骨院です。クライアントを拝見するときには主訴を聴き、医療機関での診断名を聴き、必要に応じて検査を行います。それらの結果を踏まえて、「こういう状況だろうな」という見当をつけて施術します。ところが医療機関で原因不明(異常ないです、と言われること多し)のケースでは症状とか所見に整合性のないことがあります。そういうときになんかクライアントのほうが間違っているような印象を受けたりするこ [続きを読む]
  • 顎関節症と上顎骨
  • コンニチハ。かなや整骨院です。顎関節症というのは顎の問題の総称みたいなもんで、痛くて顎が開けられないとか、口を開けるときに顎のところで雑音がする、といった症状があります。原因は様々で、顎関節脱臼や咬合の異常、変形性関節症の他にストレスによるものもあります。顎の雑音は関節円板(顎関節のベアリングていうかクッション)の異常によります。治療法としてはいろいろあるのですけど、歯を削って噛み合わせを調整す [続きを読む]
  • 猿手(手根管症候群)
  • コンニチハ。かなや整骨院です。月に一度の広島市、F医院さまでの施術の日でした。以前にも記事にした手根管症候群のクライアントを今回も拝見しました。手を過度に使う人に好発する傷病で、手首のところで正中神経が絞扼されて手のひらの親指側にしびれ感を生じます。ひどくなると母指球(手のひらの膨らみ)が萎縮してしまいます。猿の手に似ているそうでこういう状態を「猿手」と呼びます。手首を調整すると正中神経の絞扼が [続きを読む]
  • 顔の歪みは緊張のサイン
  • コンニチハ。かなや整骨院です。次男が、「アタマ痛い」と言います。なんか覇気のない感じ。パソコン仕事に飽きてきたのでちょっと診てみることにしました。仰向けになった次男の顔を見ると面白いくらい歪んでます。目の高さとか顎とかが一目見て非対称。頭蓋骨左側の動きが感じられない。頭蓋仙骨療法の基本手技、CV4。後頭骨を特殊な方法で圧迫して脳脊髄液の循環を促進します。それから頭蓋底の解放。ここがカッチカチになって [続きを読む]
  • メッセージボード
  • コンニチハ。健康保険の取り扱いをやめて自費治療だけにしたときは、看板の類いを一切出しませんでした。それでは治療院として認識されない、ということに気付いて、院の前にメッセージボードを置くことにしました。よく店の前に小さい黒板に「本日の昼定食」とか書いて置いてあるでしょう?あれです。頭蓋仙骨療法という治療法は、どんなことをして何に効くのか。限られた面積に分かりやすく書くことは案外難しいです。でも、絵 [続きを読む]
  • MEG ザ・モンスター、観てきました
  • コンニチハ。かなや整骨院です。金曜日は本来専門学校の講義の日なのですが今日は前期末試験でお休み。それで家人と映画を観てきました。「MEG ザ・モンスター」、巨大なサメが出てくる映画と言えば「ジョーズ」が本家なのですが、まあストーリーはそれと同じ。米中共同制作とは言ってるものの、中国資本による「ジョーズ」のリメイクですよ。ところがね、これが面白いんだ。ワタシが高校生の頃に、「北京原人の逆襲」ていう「キ [続きを読む]
  • 樹にエネルギーをもらう
  • コンニチハ。かなや整骨院です。ちょっとこの頃心身の調子がどことなくよろしくないです。以前占いでみてもらったときにそういうときは樹に触れるといいよ、ていうことを教わりました。樹からエネルギーをもらうのだそうです。似たような話は時々SNSでも目にします。近くの公園で大きな楠に両手を当ててみました。ワタシの印象ではエネルギーをもらう、ていうより手のひらから何かが出ていって樹の幹のなかにはいって地面に流れて [続きを読む]
  • 足の裏の痛み
  • コンニチハ。かなや整骨院です。足の裏が痛い、ていうのはなかなか不便なものです。よくあるのが足底腱膜炎。踵の辺りを中心に痛みが出現します。ワタシも何度か経験があります。他の愁訴でおいでのクライアントが足底腱膜炎で困っておられるケースも割に普通にあって、そういうときは大抵側頭骨に強い制限があります。足底腱膜炎そのものはカウンターストレインていう手技で割合簡単に楽になります。先日拝見したクライアントも [続きを読む]
  • 大腿骨頚部骨折したオバチャンの見舞いに行ってきた
  • コンニチハ。かなや整骨院です。身内のオバチャンが先日大腿骨頚部を骨折した話の続きです。大腿骨頚部、ていうのは太股の骨の付け根、股関節のところです。二本足歩行をすると体重が かかる部位ですから特別頑丈な構造になっています。だから若者にはほとんどこの骨折は発生しません。骨折が起きるのは高齢になり、骨粗鬆症で骨が脆弱になるからと説明されています。オバチャンにしてみれば災難そのものですが、臨床で関わること [続きを読む]
  • セミナー終了
  • コンニチハ。かなや整骨院です。神戸で頭蓋仙骨療法のセミナーやってきました。いつもより参加人数は少なかったのですけど、そのぶん時間に余裕があって、はじめて頭蓋仙骨療法に接する先生には良かったと思います。せっかくセミナーを受講しても臨床で効果が出せなければつまらないです。難しい理論は苦手なのですけど、多少長いこと頭蓋を触っていることと、定期的に施術に伺うクリニックで医師の指導のもと難しい症状のクライ [続きを読む]
  • ぎっくり腰治療の無料静止画?
  • コンニチハ。 かなや整骨院です。 ぎっくり腰のクライアントがおいでになったら、痛みが左右どちらにあるかを聞きます。 痛みのある側の骨盤を45度くらいに持ち上げます。写真を参考にしてくださいね。 痛みはなくなりました?そうしたらそのまま90秒じっとその姿勢を保ちます。 90秒経ったら、そっと持ち上げた骨盤をもとに戻します。 どうでしょうか、痛みは減ったでしょうか。 だいたい7割方のぎっくり腰はこれで改善すると思 [続きを読む]
  • 姑息的治療は「ごまかし」ていう意味じゃない
  • コンニチハ。かなや整骨院です。補完医療の世界では局所療法が軽く見られる傾向があります。「根本療法」をうたい文句にしている治療院はそれこそ星の数ほど存在します。万病の原因は〇〇だった、みたいな書籍だってあっちこっちで出版されています。ようはどんな症状にもオールマイティーで有効な治療法というものをセラピストもクライアントも求めているのでしょう。でも、そんな奇跡みたいな治療法は存在しないことは、ちょっ [続きを読む]
  • 大腿骨頚部骨折
  • コンニチハ。かなや整骨院です。私事なのですが、ちょっと前に親戚のオバチャンが転んで大腿骨頚部を骨折しました。ちょうど脚の付け根、股関節の辺りです。ワタシが柔道整復師の専門学校に通っていた昭和の終わり頃は、まだこの骨折を徒手整復して保存的に治療することがあったそうです。ホイットマンの外転整復法とか、実技の時間に習いましたもん。今は早期離床を目的として観血療法が行われます。オバチャンも手術してもらっ [続きを読む]
  • 冷えと水分
  • コンニチハ。かなや整骨院です。離れて住む母から電話です。「ずっとオシッコが止まらんのやけど膀胱炎やろか?」泌尿器科のことはわかりませんので知人の医師に相談してみました。そうしたら「冷え」が原因と違うかな、ていう話です。ちょっと気温が低くなってカラダが冷えを感じるようになると、冷えの元になる水分をカラダの外に出そうとする働きが盛んになるそうです。鼻水も同じ理屈だそうです。水分補給には温かいものを飲 [続きを読む]