開運クラニオセラピスト さん プロフィール

  •  
開運クラニオセラピストさん: クラニオセイクラルな日々
ハンドル名開運クラニオセラピスト さん
ブログタイトルクラニオセイクラルな日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/kaiuncraniosacral/
サイト紹介文大阪市西淀川区にあるクラニオ専門の整骨院院長の独り言。
自由文クラニオセイクラルの視点から日々のあれこれを語ったり治療院業界の内幕をバクロしたり自分で簡単にできる手当法を解説したりとにかくいろいろお役にたちます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供222回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2008/12/07 01:52

開運クラニオセラピスト さんのブログ記事

  • 歯科治療中にうつらうつらするなんてオレには到底信じられん
  • コンニチハ。かなや整骨院です。ワタシは結構ビビりで、特に注射とか歯科治療とかが怖くて仕方ありません。いい歳してみっともないのですがずっと緊張しっぱなし。だからとある仏文学者のエッセイを読んでいて、「歯科治療の最中にうとうと居眠りしかけて、自分のイビキで目が覚める」みたいなことが書かれていたのを読んだときは心底びっくりしました。でもね、頭蓋仙骨療法でゴム手袋をはめて口の中を治療することがあるのです [続きを読む]
  • アタマとカラダをつなぐ
  • コンニチハ。かなや整骨院です。頭蓋仙骨療法ではクライアントの頭部に手を当てることが多いですけど、頭と胴体?とに手当てをして、両者のバランスを整えることもあります。横を向いていただいて、クライアントの後頭部と仙骨に術者は手を当てます。右手を後頭部、左手を仙骨。そのまま意識を集中していると、はじめバラバラに動いていた両者の動きがシンクロしはじめます。胸・腰椎の間を骨折してからずっと腰の痛みに困ってお [続きを読む]
  • 顎関節の調整
  • コンニチハ。かなや整骨院です。顎の軟部組織損傷を顎関節症と総称することがあります。顎が痛くて開けられないとか、顎の開閉時に雑音がするとか、そういう症状があります。柔道整復学の教科書には咀嚼筋の障害とか関節包や靭帯の障害とか、変形性関節症とかいった分類が載っています。関節円板の障害は顎内障と呼ばれ、顎の開閉時に雑音を感じます。教科書には「その他」に分類されているものの中にはストレスが原因のものがあ [続きを読む]
  • 動きと位置関係
  • コンニチハ。かなや整骨院です。昨日は神戸で頭蓋仙骨療法のセミナーをやってきました。普通は軽く手を当てるだけ、の治療法なのですが外傷などで頭蓋骨の動きが妨げられたときは通常とは別のパターンの手技を処方する必要があります。頭蓋骨の緊張が強いときも同じ。カラダは許容範囲が広いので、多少の位置関係のズレは自分で補正するのですが、それを越えたときにどうするか、という話をしてきました。大雨の中、和歌山とか名 [続きを読む]
  • 感覚の共有(セミナーするときの目標設定)
  • コンニチハ。かなや整骨院です。明後日のセミナーの準備中です。何度も話してきたテーマであっても切り口は毎回ビミョーに変化します。同じテーマでセミナーをするときでも、その都度新品のテキストを用意して、切り口を考えながら書き込みを行います。手技療法を勉強するときは見ているだけでは絶対にダメで、言葉とかイメージを頭のなかにこしらえておいてから、実際に手技をやってみて、それから同じ手技を受けてみて、術者と [続きを読む]
  • 文科相が受けた指圧が無資格施術だった件
  • コンニチハ。かなや整骨院です。キャバクラヨガ、に通っておられた文科相がレッスン後に受けていたマッサージ?が無資格施術であったことが週間文春の取材で明らかになりました。って、それで?先日記事に書いた通り、厚生労働大臣免許を受けた「按摩マッサージ指圧師」でない人間がマッサージとか指圧とかの看板をあげても、そのことだけでは罪になりません。按摩マッサージ指圧師は名称を独占していない、ていうのがその根拠に [続きを読む]
  • 治療法、どう組み立てる?
  • コンニチハ。かなや整骨院です。先輩に聞いた話。高名な治療家のところに見学に行くと、治療技術は気前よく見せてくださるんですって。でも、腰痛の患者さんにもむち打ちの患者さんにも、眩暈の患者さんにもみんなおんなじ治療するらしいです。個々のテクニックは見せても症状別の治療法の組み立て方は見せてくれない、ていうことです。いろんな治療法を知ってるのにうまく治せないセラピストは、多分この組み立てが出来ていない [続きを読む]
  • ストレスケアにも手技療法
  • コンニチハ。かなや整骨院です。首でも腰でも同じなのですけど、衝突とか落下とか必要以上のストレスがかかると付近の軟部組織は緊張します。カラダを固くすることでダメージを減殺するための生理的な反応です。物理的なストレスでなくても精神的なストレスが過多だとやっぱりカラダは緊張します。ウチにおいでのクライアントでも、主訴が身体的な問題であっても原因が精神的なストレス、ていうことはかなりの頻度であります。忙 [続きを読む]
  • むち打ち観音像
  • コンニチハ。かなや整骨院です。昨日は次男が車で淡路島まで連れて行ってくれました。ぜひ行きたかったのが「淡路島世界平和大観音」像。高さ100メートルの観音様です。1977年建立。像の中は博物館のようになっていたそうなのですが現在は閉鎖、ていうか周辺を含めて廃墟になってしまっています。それでこの観音様、別名を「むち打ち観音像」と言うそうです。理由はご覧の通り、首まわりを固定しているように見えるからだそうです [続きを読む]
  • カウザルギー?
  • コンニチハ。かなや整骨院です。家人が手をついて転んでから「手が痛くて動かせない」て言います。手首の骨、尺骨頭の辺りが痛いらしいのですが特に骨折とかは無さそうです。湿布(糾励根ていう漢方の外用薬)して包帯固定、いつもならこれで治まるのですが、翌日更に痛いと言います。仕事も手伝ってもらわないといけませんから家にある市販の鎮痛剤を飲んだのですけどまだ痛い。こういうときは脳が誤作動して、痛みを感じ続けてい [続きを読む]
  • オレは腰が痛いんや(全体と局所と)
  • コンニチハ。かなや整骨院です。ウチに限らないですけど治療院においでのクライアントは何らかの症状をお持ちです。もちろん施術の前にはお話を伺いますけど、ウチでは大抵のケースで頭の触診から施術はスタートします。頭蓋仙骨療法、と標榜はしているのですけど腰とか膝とかあんまり頭と関係無さそうな部位に主訴(お困りの症状)をお持ちの場合は、患部に眼もくれず頭に手を当てる手技に怪訝な表情をされることもあります。なん [続きを読む]
  • 眼がひくひくする
  • コンニチハ。かなや整骨院です。昨日は広島市のF医院さまで頭蓋仙骨療法の施術をしてきました。眼がひくひくする、ていう主訴のクライアントを数ヶ月前に拝見しました。環椎と頭蓋底の間の緊張が強かったので、そこを緩めたら簡単に治るわ、と思ったのですがさにあらず。なかなか改善してくれません。眼の疲れが原因か、とも思い眼玉のワークていう手技もやってみたのですけど効果なし。どうしたものか思案しているとそのクライア [続きを読む]
  • キャバクラヨガ?
  • コンニチハ。かなや整骨院です。大臣が公用車を使ってヨガ教室に通っていた、ていう話が話題になってます。公用車を使うことの可否も、件のヨガ教室が普通のヨガ教室なのかどうかもあんまり気にはなりません。それよりヨガのレッスン後に「マッサージ」を受けていた、ていう話に食いついてしまうのは商売柄なのでしょうか。ヨガのレッスン後にマッサージ、ていうのが一般的なことかどうかは知りませんが、おそらくは記事になって [続きを読む]
  • マエニナラエ、と内反肘
  • コンニチハ。かなや整骨院です。人間の腕はまっすぐではなく、上腕に対して前腕が少し外反しています。この角度をキャリングアングルとか運搬角とかいいます。ところが、肘の上のところで骨折すると(上腕骨顆上骨折)、このキャリングアングルが減少することがあります。骨片の回旋転位が十分に整復できなかったのが原因とされます。この変形を「内反肘」と言います。上腕骨は変形していますけど、肘関節そのものは無傷ですから機 [続きを読む]
  • 頬骨はホホボネではなくキョウコツ
  • コンニチハ。かなや整骨院です。ガンバ大阪のゴールキーパー、東口選手が試合中に相手チームの選手と衝突、骨折しました。折れたのは頬骨。ここは頭蓋骨のうちで鼻骨の次に骨折しやすい骨です。顔面頭蓋(顔の骨)が骨折するときは外からの力によります。1つの骨が骨折して終わり、ではなくパズルのように組み合わさった頭蓋骨全体が歪みます。それから脛椎を歪ませ、その歪みは腰椎や骨盤に及ぶこともあります。顔をぶつけて腰痛 [続きを読む]
  • 憂鬱、と漢字で書けないけれど(施術所内で助手が手技を行うこと)
  • コンニチハ。かなや整骨院です。整骨院には「助手」と呼ばれる人たちが働いていることがあります。見習い、ともいいます。要は柔道整復師の学校に通っている学生が施術の補助をしているていう建前です。でも多分彼らの大多数は患者さんに施術を行っているはずです。もちろん無資格で。電療とか罨法とかも柔道整復師が行わなければなりませんし、手技を行うことも柔道整復師しか許されていません。診療の補助が業務に含まれる看護 [続きを読む]
  • 快方向(キモチイイのはどっち?)
  • コンニチハ。かなや整骨院です。頭蓋仙骨療法の施術をしていて頭蓋骨の動きがひどく制限されていることがあります。症状が古いケースとか外傷の既往のあるときが多いです。ルーティンの手技は5グラム圧というごく軽い力を頭蓋骨にかけるのですがそれではうまく緩まないこともあります。そういうケースでは頭蓋を圧縮したり捻転したりする方向に力をかけます。矯正のために力をかける方向は、基本的にクライアントに「キモチイイ方 [続きを読む]
  • 痩せる兆しはないけれど
  • コンニチハ。かなや整骨院です。ちょっと以前に報告した、ハチミツとシナモンを朝夕摂る健康法、まだ続いてます。もともとダイエットに有効ていうことで始めたのですけどこちらは変化なし。ただ、花粉症には効くみたいで、「少し目がゴロゴロするな」くらいの感じで過ごせています。家人とか次男とかは結構鼻詰まって苦しそうだったんですけど。やり方はハチミツ大さじ1とシナモン小さじ1を混ぜ合わせて、熱湯でとかして飲んだり [続きを読む]
  • そもそも新学期は疲れる、のはなぜか
  • コンニチハ。かなや整骨院です。新学期の疲れが出てくる頃でしょうか。子供さんが「なんかしんどそうにしている」ていうご相談を受けるのもこれからです。まず、気候の変化。春から夏になるときには気温も気圧も湿度も変化します。それから学習環境。クラス替えはもちろんのこと科目担当の先生が変わります。それに伴って細かいローカルルールとでもいったものが変化します。変化に適応するのにはただでさえエネルギーを使います [続きを読む]
  • 新学期はじまる
  • コンニチハ。かなや整骨院です。非常勤で講師をしている専門学校の講義が始まりました。多分、「教える」ことはワタシの人生のテーマなのだと思います。教育がどうとかいう話ではなく、成績がちょっと上がるだけで見える世界がぜんぜん違ってくることをワタシ自身が経験しているからです。だから中学校とか高校の教員になるつもりは端からなくて、ずっと受験産業に籍を置いてました。ワタシを底辺の成績からから救ってくれた先生 [続きを読む]
  • 白衣は着ません→着てます
  • コンニチハ。かなや整骨院です。現在地で開業してから白衣を着るのをやめてました。もともと好きでなかったところへもってきて、昨今資格もなんにもない人がケーシーを着て腕組みしてなんちゃって医療人になってるのが気に食わなかったからです。今時分はトレーナー、夏場はポロシャツで下はジーパンがワタシの制服でした。それで10年間通してきたのですが院内の模様替えと同時に白衣を着ることにしました。今時分はスクラブが流 [続きを読む]
  • 肩の痛みの原因は肩だけではない
  • コンニチハ。かなや整骨院です。家人が重いものを持ってから肩が痛い、と言います。まずは肩回りの筋肉をあれこれ調べて圧痛のあるところは処置していきます。上腕三頭筋とか広背筋とか肩甲下筋とか。それから胸鎖関節。鎖骨のいちばん内側で胸骨とつながっているところを緩めます。鎖骨に触りながら肩を動かすと鎖骨も一緒に動いているのがわかります。だから胸鎖関節は上肢のいちばん近位です。ここの動きが悪くなると肩の動き [続きを読む]
  • gに二種類あったほうが驚き
  • コンニチハ。かなや整骨院です。アメリカ人で小文字のgを正確に書ける人がものすごく少ない、ていう記事がネットニュースに出てました。昔、英語を教えていたときにアルファベットのbとd、pとqの区別がつきにくいケースは散々見てきましたからそういうのかな、と思ってたらそうではなくて、小文字のgに二種類あってループテールていうのがちゃんと書けない人が多いのだそうです。ループテール?どんなものかていうと、グラムを表 [続きを読む]