不可止 さん プロフィール

  •  
不可止さん: トメルコト アタワズ
ハンドル名不可止 さん
ブログタイトルトメルコト アタワズ
ブログURLhttp://fukasi.blog87.fc2.com/
サイト紹介文MTBで山を走るのが好きです!日帰りトレランで関東甲信越・アルプス等も走っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2008/12/08 18:47

不可止 さんのブログ記事

  • 3000m峰4座縦走→オサレカフェ
  • 今日、もともとの予定では北アルプスの3000m峰を日帰りで4座縦走するステキな山行のハズでした・・。でも雨。ずっと雨。山行は諦め、相方と茨城のカフェへガレットを食べに行きました。まずはニンジンのスープ。ニンジンって珍しいな、と思いつつ飲んで見ると・・美味しかった!そばガレット。キノコと秋ナスは相方が食べましたwガレットって多分初めて食べたんだと思います。美味しかったな。チーズオムレツもオーダー。野菜多い [続きを読む]
  • オスプレイ パックライナー
  • 先週の涸沢山行の際、新しいギアを使用しました。オスプレイのパックライナー。ザック用の防水袋ですな。30〜50リットル用(随分幅があるなw) 今まではポリ袋を使っていたのですが、ガサガサ音がうるさいので夜のテン場で迷惑になるんですよねwこれだと音はしないし、防水もしっかりしているしかっこいい! もっと早く買えばヨカッタ・・w以前から貴重品用に、3リットルの袋は使っていました。造りは同じ。ロールトップクロ [続きを読む]
  • 横尾でテン泊して紅葉の涸沢へ〜3 涸沢の混雑を見ずに渋滞を語るなかれ
  • 涸沢ヒュッテから涸沢小屋へ散策を開始。下山の人で、だいぶ混みあっている。近くでテン場を見て、「うわ!岩ばっかりで平らなトコないのに、みんな張ってる!」と驚くw テントの四隅が浮きまくっているテントもある・・。雪渓の上にもテント。フラットだけど冷たいだろうなあ・・。朝日が涸沢カールにも当たりだす。陽が当たると、とても暖かい。おひさまってすごいねえ。涸沢小屋も混雑していました。テン場を見下ろす。1400張 [続きを読む]
  • 横尾でテン泊して紅葉の涸沢へ〜2 星空を幾度も見る男。
  • いよいよ日没を迎え、テント泊開始。手前の緑が僕のドームシェルター。右の緑がN13さんで僕の奥の赤くて上に黒いシュラフが載っているのがオデさんのテント。二人は当然ダブルウォールの普通のテントで、しかも二人用なので室内もゆったりだ。僕はペラペラのシングルウォール。このテン場には50くらい張ってあったが、他にシングルウォールのテントは見つけられなかった・・。オデさんに「つららができるよ」と言われていたので、 [続きを読む]
  • 横尾でテン泊して紅葉の涸沢へ〜1 オプションで蝶ケ岳!
  • ずうっと以前、まだ山登りなんてしていなかったころに雑誌で涸沢の紅葉の写真を見た。目を奪われた。外国かと思ったら、日本の景色だった。テントのモザイク模様もキレイだった。山登りを初め、穂高&涸沢に行く機会があったが、紅葉の時期は大混雑とのこと。僕が行くことはないだろうと思っていたのだが、今回オデさんとN13さんに誘って頂き、紅葉の涸沢へ行く機会を得た。金曜夜発で沢渡へ。徹夜で車を走らせる。僕は前日も夜 [続きを読む]
  • OMMクラシック40
  • 今月の聖岳に続き、明日も幕営♪OMMのクラシック40に荷物をパッキング。サイドポケットが大きいので、ドームシェルターを入れてみました。見た目のバランスが悪いけれど、バッチリ入ります。でも聖岳テン泊で初めてこのザックを背負った初日は、猛烈な右肩の痛みに悩まされたんですよね。左右の重量バランスが悪かったのかな?やっぱりシェルターも荷室に詰め直しましたwパックウェイトは9.2キロ!僕にしては軽いっ!あとは水分と [続きを読む]
  • ブランキー火曜
  • 今日はあの「談合坂パス事件」以来、一か月振りのMTBライド!あの時はフルサスで下ったダケなので、アンカライトは約2か月振りw昨晩の雨のせいで、森はツルツル。ブランクありまくりの僕は、滑りそうな登りはパス・・担ぎましたw2〜3時間の短いライドなのに、後半はお尻が痛くなる始末・・。ブランク長いとこうなるんです。さらにもっと乗らないと、乗車姿勢をとるのが困難になるので気をつけないと!こんな調子ではバイクパッキ [続きを読む]
  • いろはに千鳥を辿る旅
  • 今日は予報よりも早めに雨が上がった。何も予定がなかったので、以前から「ヒマな時に行こう」と思っていたプランを実行しました。それは「いろはに千鳥」という番組のロケ地を巡る旅・・。「いろはに千鳥」とは、千鳥の二人が主に埼玉をブラブラする番組なのです。テレビ埼玉で絶賛放映中!!wまず向かったのはココ。分かる人が何人いるのか・・wあの滑り台ですw続いてココ。オートレストランです。チーズバーガーか・・ハムサ [続きを読む]
  • グラナイトギア eVent シルコンプレッサー
  • 先日の聖岳テン泊を終えて、僕は思ったのです。めっちゃかさばるダウンシュラフ&ダウンジャケット、何とかならないかな?と。左の黒いのがジャケット。オレンジの6リットルの袋がシュラフ。圧縮して収納するコンプレッションバッグを買えば、容積が小さくなるので物色開始。ダウンは濡らしたくないので、防水も兼ねた入れ物が良い、と考えて「グラナイトギア eVent シルコンプレッサー 」を購入しました。とりあえずシルコンプレ [続きを読む]
  • どきどき二度めのテント泊
  • 先日の聖岳では、自身二度めのテント泊でした。聖平小屋の標高は2260m。以前泊まった将監小屋は1800m。6月だったのですが寒かったんですよね・・。何度かビバーク山行をしたこともあるのですが、いつも寒い思いをしているので今回は防寒に力を入れましたっ!それぞれスタッフサックに入れているので中身がわからないとは思いますが・・。左上が「トラ山さんにあったほうがいい」と言われた結露拭きタオル。黒いのがダウンジャケッ [続きを読む]
  • 二度めのテン泊は聖岳! #2
  • 思ったより早く聖平小屋に着いたので、聖岳に登ることにした僕。午後二時、小屋をスタート。4時間あれば往復できるだろう。ちょうどアーペントロートも見られるかもしれない。シェルター・シュラフ・インフレータブルマット・ダウンジャケット・クッカー等を置いてきたので、ザックがだいぶ軽い。さっきまで肩が痛かったけれど、これなら大丈夫そうだ。お昼前に登頂した上河内岳がキレイに見える。今あの山頂にいれば、絶景が見え [続きを読む]
  • 二度めのテン泊は聖岳! #1
  • 10,11日と南アルプス、聖岳に行ってきました♪ 6月の光岳と同じく片道6時間かけて北沢渡に駐車。遠い・・。でもホンダセンシングのおかげで、高速の運転はだいぶ楽なのが救い。前回紹介したオレンジ色のぶかっこうなアイツ、OMMクラシック40に14キロの装備を詰め込み出発。3か月振りの芝沢ゲート、時刻は午前4時過ぎ。この先は6月の光岳と同じルートで登山口から易老岳へ。縞枯れ&ガスのせつない景色w 胃をやられないようにゆ [続きを読む]
  • 大きめザックを買ったよ!
  • のんびりテン泊用に、大き目なザックを物色していた僕。現在持っているザックで一番大きいのは、UDのFP30。30リットルです。しかし10キロ超の荷物を入れているうちに、ショルダーハーネスとザック本体の縫い目が解れてきました・・。40リットルくらいのザックに、快適装備を詰め込んでテン泊したい!いつもみんなに「せっかち」だと思われている節があるので、ゆったりテン泊に連れて行ってもらいたい!いろいろ考えて候補に挙がっ [続きを読む]
  • 御嶽山で経験を積んだ #2
  • 賽の河原避難小屋で風雨を凌いだ僕。しかし荒天は収まりそうにない・・。現在の最高峰である「摩利支天」に登ることは諦めて、下山を決意しました。視界数メートルの中出発。なかなか分岐がないな〜と思いつつ進むと「摩利支天乗越」に到着。あれ?摩利支天に向かっちゃってるw トラバース道の分岐を見逃したみたいだ。稜線から東側に降りるハズなんだけどな・・。すると少し稜線を巻いているトレイル発見。これを進んで見る。す [続きを読む]
  • 御嶽山で経験を積んだ #1
  • 10日前の8月25日、木曽御嶽山に行ってきました。この日は気温35度の予報!どこか涼しいところに行きたい!でもハードな登山は胃の調子が悪いので無理!3000m級&未踏でショートコースな山を考え・・8月21日に警戒レベルが2から1に引き下げられた御嶽山にしました。片道300キロ車を走らせ、中の湯駐車場に到着!小雨降ってるけど出発!午後には回復の予報なのです。噴火警戒レベル1。噴火から3年。途中の山小屋は閉鎖されたままで [続きを読む]
  • 火曜ふじてんは、談合なんてしないのだ!
  • 昨日は初めて「ふじてん」に行って来ました♪僕はうーさんを、N13さんはわーさんをピックアップして談合坂で合流してふじてんへ行く作戦。しかしうーさんとのおしゃべりに夢中になり、気が付くと談合坂SAを通りすぎていましたw 何やってんだかねえ・・。「ごめん、談合坂通りすぎちゃった。現地のガスト集合でいいですか?」とN13車にメール。いやあ、笑われるだろうなあ、と思っていたら・・あっちは一枚上手だった!!返信に驚 [続きを読む]
  • NO BRAKE!
  • 昨日は久しぶりに里山ライド♪乗るのがいつ以来、もう全くわからないFOESを引っ張りだしてきました。フリードプラスの後部のバスケット外しました。あれがないと自転車積みやすかったデス。でもハンドルバーが天井付近で当たる・・。フリードプラスは荷台が嵩上げされているぶん、荷室高がない。モビリオスパイクの方が、断然積みやすかったなあ・・。里山の駐車場に着くと、雨降ってました・・。そんな予報なかったのに・・。日頃 [続きを読む]
  • 水晶岳は最も遠く、そして厳しい山行だった #2
  • 念願だった水晶岳に登頂!アップダウンはあるものの、あとは下り基調で帰るだけだ。混雑している水晶小屋に寄り、飲み物を買う。ペットボトルはポカリかほうじ茶しかなく、悩んだ末にほうじ茶ゲット・・。炭酸欲しかったw 缶のサイダーはあったんですけどね・・。あとは9時間ほどで下山の予定。胃の調子は悪いが、9時間くらいならごまかしごまかし、何とかなるだろう・・と思っていたのですが・・。下り基調なのでペースが上がる [続きを読む]
  • 水晶岳は最も遠く、そして厳しい山行だった #1
  • ずっと分水嶺のブログを書いていたので、書いていませんでしたが、少し前の8月5日の北アルプス・水晶岳の山行について書きたいと思います。日帰り百名山最奥ともいわれる水晶岳。数年前から考えていましたが、コースタイム24時間がネックになり、なかなか実行できませんでした。しかし分水嶺120キロを踏破した今こそ!と思ってチャレンジ。去年分水嶺80キロ踏破のあとに剣岳・早月尾根にアタックしたのと同じパターンw前日夜に到 [続きを読む]
  • 分水嶺トレイル 2017Bの旅〜15 単独行者のゴール!
  • 飯盛山を肉眼で確認。Bソロの二人とも別れ、ただ己の欲望のままに走る僕。午後2時に間に合うとは思っていませんでしたが、「諦めない」ことを続けていました。「あきらめないこと。どんな事態に直面してもあきらめないこと。結局、私のしたことは、それだけのことだったのかもしれない」こういう時、いつも思いだす言葉です。Aのチームの人達を、何組も追い抜いた。みんな「Bがんばれ〜」と言ってくれる。みんなキツイ、同志だ。ど [続きを読む]
  • 分水嶺トレイル 2017Bの旅〜14 走れメロスのように
  • コーラで元気になった僕。信州峠をBソロ3人で午前10時に出発!みんなの待つゴールへ向かいます♪横尾山までは登り。でも距離は短くて基本は横移動です。先頭のU野さんに「登りのペースアップは無理だけど、平地と下りはペース上げましょう」と僕は言う。コレ、去年のチームの時も言ったなあw横尾山まではコースタイム90分を60分で到着!終盤でCT66%で進めるとは!しかし時間は午前11時。午後2時まであと3時間しかない!なのにゴー [続きを読む]
  • 分水嶺トレイル 2017Bの旅〜13 僕はコーラに救われる
  • 信州峠への下りを小走りしつつ先を急ぐBソロ3人。完走は時間的に大丈夫なのですが、僕が午後2時までのシンデレラなので、二人が合わせてくれているのです。多少急いだつもりですが、信州峠到着は午前9時半・・。峠からゴールまでは約6時間かかる。となるとゴールは午後3時半・・。さすがにみんな待っててくれないよなあ・・。去年は信州峠で朝ごはんを3人で食べたなあ。今年はなんと、私設エイドが!友人がそろそろ通過するはずな [続きを読む]
  • 分水嶺トレイル 2017Bの旅〜12 ミスターショートカット
  • 林道区間を抜け、新規地図読み区間へ。10日前に試走している僕が、柄にもなく先頭に出ますwまず取り付きを忘れていましたが、何とか見つけて急登を登る。稜線に出るまで50分。、1〜2回道を探すが、ロスは5分もない。試走して良かった。稜線にでて少し尾根を外してしまいますが、U野さんの地図読みと僕のふんわり記憶でコース復帰。これも5分くらいしかロスしていない。これで去年の地図読み区間に出た。この先はトラ山さん直伝の [続きを読む]
  • 分水嶺トレイル 2017Bの旅〜11 永久機関を手に入れる
  • 富士見平小屋の水場に寄り、2:20にBソロ3人で出発!富山から来たI崎さんは瑞牆山に登ったことがない、とのことだったので、山頂に寄り道。去年は「行かない」という意見で3人一致したので行かなかったのだw瑞牆山頂には4:20に到着。CT100%・・。日の出を待つ登山者が数名いましたが、僕らにはそんな時間の余裕はないっ!U野さんは「富士見平からこのペースなら13〜14時間くらいでゴールかなあ。」とのこと。ゴール関門は16:30なの [続きを読む]