古裂会 さん プロフィール

  •  
古裂会さん: 古美術オークション古裂会
ハンドル名古裂会 さん
ブログタイトル古美術オークション古裂会
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kogire_kai/
サイト紹介文骨董・古美術専門オークションの出品作品情報や開催案内
自由文古美術、骨董品が紹介しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2008/12/09 14:54

古裂会 さんのブログ記事

  • 古裂会101回骨董オークションのご案内
  • 101回オークションの案内<特集> 佛教美術 漆工 屏風 涼の器出品締切日  3月10日(土)カタログ発行 7月2日(月)下見会    7月28日(土)29日(日)会場 京都美術倶楽部(京都市東山区)入札締切   8月2日(木)※美の本質や楽しみが金額の多寡に左右されないことは十分に熟知しておりますが会社の運営上、5万円未満の作品は辞退させていただく方針となりました。予めご理解とご了承をお願い申し上げます。 [続きを読む]
  • コレクションの始まり
  • 思い返せば・・ポケット入れ、持ち帰ったあんなもの、こんなもの次回オークション案内できるまで「骨董写真遊び」ブログを公開中株式会社 古裂會〒600-8357京都府京都市下京区五条通黒門東入柿本町596TEL:075-371-0094 FAX:075-371-0093http://www.kogire-kai.co.jpE-mail office@kogire-kai.co.jp [続きを読む]
  • 骨董 写真あそび
  • (スタッフ私物)座辺で楽しむ小さな道具写真撮影してみました。次回オークションの出品作品が紹介出来るようになるまで、、ご了承下さい (^_^;)株式会社 古裂會〒600-8357京都府京都市下京区五条通黒門東入柿本町596TEL:075-371-0094 FAX:075-371-0093http://www.kogire-kai.co.jpE-mail office@kogire-kai.co.jp [続きを読む]
  • 余談:骨董品の魅力を伝える撮影について
  • (スタッフ私物)(スタッフ私物)一眼レフ×マクロレンズで撮影iPhoneで撮影オークションカタログでは、できるだけユガミもなく全体がわかるようにボケもなく色もできるだけ正確にを心がけてます。しかし、作品の魅力、空気感を伝えるような写真も必要ではと思います。現在もしているInstagram、Facebook、TwitterなどSNSの活用LINEによるコンレポ依頼や注目作品の4K動画配信・・より魅力的に伝えることをしたい再開時にはいろい [続きを読む]
  • 鉄黒漆塗十六間総覆輪阿古陀形筋兜
  • 入札締切:  平成30年1月11日(木)必着鉄黒漆塗十六間総覆輪阿古陀形筋兜 重要文化資料(日本甲冑武具研究保存会・平成入)に認定 され、『近畿の名甲』(日本甲冑武具研究保存会・平成十)に 所載される。 銘は、前正中板の鉢裏に、比較的大きめに「春田光●●」の 銘を切る。室町後期の阿古陀兜ながら、 威毛はじめ当初の姿形をよくとどめており、極めて貴重な 一頭であることは言をまたない。早くに神社などに奉献された兜 [続きを読む]
  • 木彫地蔵菩薩立像 オークション出品作品
  • No.010 木彫地蔵菩薩立像 付木箱(桐 貼札) 像高45.5 総高53 両手左足先補修 長い額、直線的に鈎形を呈す鼻筋、泥鰌口、厚みというか奥行きのある顔部。加えて衣紋の一部に確かめられる翻波式(ほんぱしき)の刻文。地方作の可能性を含みながら、それらが教えるのは貞観時代(平安初期859〜876)に盛行をみる晩唐様式である。<オークション案内>入札締切:  平成30年1月11日(木)必着カタログはこちら株式会社 古裂會〒600-8 [続きを読む]
  • オークション 入札締切1月11日(木)
  • オンラインカタログはこちら6日(土)、7日(日)下見会のご参加ありがとうございました。とても寒い中でしたがお陰さまで過去最大の来場者数となりました。感謝。遠方で下見会に参加出来なかった方、また初めてご参加をご検討の方入札は、ご来社で・郵送・メール・FAXで承ります。1月11日(木)必着ご検討宜しくお願いします。 [続きを読む]
  • 伝大内義弘所用鹿角切張鞍
  • 伝大内義弘所用鹿角切張鞍付溜塗時代箱(桐 貼札)42×40×28 前輪巾5センチ小剥離 虫喰 「元中二年六月一日」銘 鹿角を輪切りして螺鈿のごとく加飾したもの、幾何学的文様で意匠として新鮮、中世の鞍をはじめ近世の鞍にも類をみない。鞍骨に「元中二年(1358)六月一日」の年銘。元中の年号は南北時代の南朝の年号。大内義弘(正平十一(1356)〜応永六(1399))山名氏清が室町幕府に対して反乱した明徳の乱(1391)を鎮圧 [続きを読む]
  • 銅造被帽地蔵菩薩座像
  • 銅造被帽地蔵菩薩座像 総高22 被帽地蔵は唐代の敦煌画に先例をみるが、高麗佛画のなかで独自の美的展開を遂げた。対して同代の銅佛は前代(新羅)に比べ低調を歴然する。 そのような高麗時代の銅佛にあって、新出の掲出には注目されねばならない特徴が少なくない。 最も評価すべきは、正面の丁寧な工作だけでなく、背部を覆う布帛の巧みな表現である。 高麗佛画は布帛を通して透け見える表現で新境地を開いたが、掲出では絶対 [続きを読む]
  • 尾形乾山 歌切幅
  • D-074 尾形乾山 歌切幅付二重箱(内識桐 外溜塗) 紙本 潤塗軸端 36×20 表具48×125 ヤケ 本紙ヤブレを表具で押 昭和五十(1975)年堀江知彦箱識 三十六歌仙のうち兼盛、貫之、伊勢 尾形乾山(寛文三・1663〜寛保三・1743)は江戸中期の陶工、画家。光琳の弟。軟質の雅味あふれる作風で、阿蘭陀焼の影響が窺える。二代伊八、三代呉介といった風に代々乾山を名乗ったが、弟子師匠というより、私淑するような形が多かったよ [続きを読む]
  • 山水花鳥蒔絵野弁当
  • 山水花鳥蒔絵野弁当  付時代黒塗箱(杉)33×21×31<オークション案内>下見会:   平成30年1月6日(土)7日(日)入札締切:  平成30年1月11日(木)必着カタログ請求はこちら→オンラインカタログ株式会社 古裂會〒600-8357京都府京都市下京区五条通黒門東入柿本町596TEL:075-371-0094 FAX:075-371-0093http://www.kogire-kai.co.jp  スマホ https://www.pr-kogire-kai.com/ E-mail office@kogire-kai.co.jp [続きを読む]
  • 沃懸地菊紋龍田川蒔絵手箱
  • 沃懸地菊紋龍田川蒔絵手箱26×31×17.5蓋裏青貝梨子地蝶鳥菊折枝蒔絵 銀縁 梨子地底<オークション案内>下見会:   平成30年1月6日(土)7日(日)入札締切:  平成30年1月11日(木)必着カタログ請求はこちら株式会社 古裂會〒600-8357京都府京都市下京区五条通黒門東入柿本町596TEL:075-371-0094 FAX:075-371-0093http://www.kogire-kai.co.jp  スマホ https://www.pr-kogire-kai.com/ E-mail office@kogire-kai.co [続きを読む]
  • 丸平 五月飾 一口
  • 丸平 五月飾 一口 付時代識箱(杉 貼札) 具足櫃 24×24×28.5 具足 太刀 扇 采配 太鼓 大正五(1916)年五月新調箱書 四箱 有職人形司「丸平」は創業安永八年(1779)の京都の老舗人形店で、当主は代々大木平蔵を名乗る。現在は七代。<オークション案内>下見会:   平成30年1月6日(土)7日(日)入札締切:  平成30年1月11日(木)必着カタログ請求はこちら [続きを読む]
  • 伊達家名物写有明蒔絵硯箱 
  • 伊達家名物写有明蒔絵硯箱  付三重箱(内識溜塗桐 黒塗) 七宝水滴 蒔絵毛筆二 蒔絵刀子二 梨子地大硯 25×27.5×5.5 雲霞蓋裏 <オークション案内>下見会:   平成30年1月6日(土)7日(日)入札締切:  平成30年1月11日(木)必着カタログ請求はこちら株式会社 古裂會〒600-8357京都府京都市下京区五条通黒門東入柿本町596TEL:075-371-0094 FAX:075-371-0093http://www.kogire-kai.co.jp  スマホ https://ww [続きを読む]
  • 義山四方三段重 英昭皇太后御遺物
  • 義山四方三段重 付二重箱(内時代識桐)14.5×14.5×21総重量4547グラム(一段一400グラム 二段1300グラム三段1200グラム 蓋647グラム)「英昭皇太后御遺物 明治三十年(1897)恩賜 元資」箱識 英昭皇太后(天保五・1835~明治三十・1897)は孝明天皇の女御で、明治天皇の嫡母。旧名は九条夙子。英昭皇太后の没後に御遺物の恩賜を受けた元資については情報を得ない。義山はギャマン、切子はカットグラスの漢字表記。<オークション [続きを読む]
  • キャプテンウォッチ
  • キャプテンウォッチ8×9.5×4  WILLIAM VALE LONDONキャプテンウォッチとは、キャプテンクックことジェームス・クックが生きた時代の航海用高級時計の称。クックは一介の水兵から身を起こし、英国海軍の勅任艦長に昇りつめたが、その航海に、この式の時計が携行されたためと考えられた。いわゆる懐中時計ではなく、船に設えた自在台に吊るして用いたと聞くが詳しいことは分からない。<オークション案内>下見会:   平成30年 [続きを読む]
  • 花鳥屏風 本間 六曲一隻
  • D-147 花鳥屏風 本間 六曲 一隻 紙本 344×145 屏風360×162 <オークション案内>下見会:   平成30年1月6日(土)7日(日)入札締切:  平成30年1月11日(木)必着カタログ請求はこちら株式会社 古裂會〒600-8357京都府京都市下京区五条通黒門東入柿本町596TEL:075-371-0094 FAX:075-371-0093http://www.kogire-kai.co.jp  スマホ https://www.pr-kogire-kai.com/ E-mail office@kogire-kai.co.jp [続きを読む]