帝王の涙 さん プロフィール

  •  
帝王の涙さん: 右から斬る!政治と社会
ハンドル名帝王の涙 さん
ブログタイトル右から斬る!政治と社会
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/teiounonamida
サイト紹介文バラバラな日本。もう少しまとまった国へと願い、反権力で政治と社会を斬る!思う存分に。
自由文 「今の世の中、右を見ても左を見ても真っ暗ヤミじゃあござんせんか」お上もバラバラ、下々もバラバラ。上は「新自由主義」やらでやり放題、下は「自己責任」やらで窒息しそう。いい加減にしろ!国は「助け合っての社会」だ。政治屋と官僚、財界の「自分たちの為だけの権力」横暴をこのまま見過ごすのか。反権力の立場から「権力の行動」を「正義の天秤」に乗せ、世の歪みに向かう。頭にくることばかりで嫌になっちゃう・・・。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2008/12/10 20:05

帝王の涙 さんのブログ記事

  • 涙のワンツーフィニッシュ!
  • 涙のワンツーフィニッシュ!17日の土曜日は凄かったですね・・・フィギュアスケート・・・1位・2位のワンツーパンチ…。どこから出てくるのか…自然に涙が溢れ出て来ましたね…。羽生選手のフリー演技終了後の両手を広げた吠え方が、感動のすべてを表していましたね。宇野選手のアッケラカンとしたインタビュー対応も、羽生選手とはまた一味も二味も違った迫力を感じさせました・・・。続いて日曜日には、小平選手が500mで [続きを読む]
  • 明暗同居の働き方改革
  • 明暗同居の働き方改革安倍首相が今国会の重要法案と位置付ける「働き方改革法案」で、長時間労働を助長すると批判の強い「裁量労働制」の根拠発言で誤ったデータを引用し発言を撤回した。「裁量労働制」は、時間と業績が一致しない業種について、実際の労働時間に関わらず事前に定めた一定の時間(見なし労働時間)働いたこととするものだが、「みなし時間」を1日8時間にセットすれば何時間働いても残業代を支払わなくてもよくな [続きを読む]
  • 経団連と政治献金
  • 経団連と政治献金昨日、経団連の中西次期会長(日立製作所会長)が記者会見で「「経済界と政界が対立することはあってはならない」と強調し、民主党政権発足時に取りやめていた政治献金を再開させた現榊原会長路線を踏襲し、政治献金についても「仲介役をやることに反対ではない」という考えを表明した。今さら言うまでもないが、経団連と言えば日本の代表的な企業や団体で組織された日本社会をリードする先頭集団である。そのトッ [続きを読む]
  • アルマーニという発想
  • アルマーニという発想「公立の小学校にアルマーニの制服」「そっくり揃えると9万円になる」あなたは、どう思われましたか…。私はニュースを聞いてビックリしました。「いよいよ階級性が露骨に顔を出す社会になてきた…」というのが、私の直感的な感想でした…。公立であれば小学校の場所が銀座であろうと無かろうと、誰もが入学できる小学校でなければならない。銀座は商業地で生徒数が足りなくて、区内全域から生徒を募集できる [続きを読む]
  • クローン猿の誕生と恐怖
  • クローン猿の誕生と恐怖多くの人もそうだろうと思うが、私も何かにつけ自然であることが好きだ。好きではあるが、いつも自分自身が自然であるかと問われれば「はい」とは言えない…。自然であることは、私はそのままであって良いのだが、「ありのまま」とか「そのまま」がどんな状態を意味するのか難しいことも多くあるからだ。例えば、岩手県の浄土ヶ浜、、群青の海に林立する白い流紋岩の列・・・そのままにて自然の大芸術である [続きを読む]
  • 今日は「北方領土の日」
  • 今日は「北方領土の日」今日、2月7日は「北方領土の日」である。「北方領土の日」は、北方領土に対する国民の関心と理解を深め、全国的な領土返還運動の一層の推進を図るために制定されたものである。にも拘らず、日本世論をリードする新聞でありながら、日経にも、読売にも、産経にも、朝日にも、毎日にも、東京にも、今日の「社説」では「北方領土」をどこも取り上げていなかった。北方領土の復帰に進展が見られるどころか、益 [続きを読む]
  • 2月6日の富士山
  • 2月6日の富士山テレビで見ると、日本海沿岸地方は強力な寒気と雪雲の流入で大変なことになっていますね…。福井県などは37年ぶりの記録的豪雪で、本日14時には136cmの積雪と言います。この後も雪は降り続く予報のようですから、御地の方々にはくれぐれも気を付けていただきたいと思います。大過なきことを祈るばかりです。当地山梨も寒さは厳しいですが、写真の通りで嘘のように晴れています。自然のなせる業とは言え、余 [続きを読む]
  • 安倍首相の理想と哲学
  • 安倍首相の理想と哲学この国会での所信表明演説で安倍首相は、次のような政策的な理想・目標をあげていた。1.あらゆる日本人にチャンスを創る2.年寄りも若者も対象の全世代型社会保障への方向転換で介護やや子育ての不安解消3.道徳教育で公共の精神、豊かな人間性を異論はない。「あらゆる日本人にチャンスを」などと改めて首相から言われると、首相就任時の「瑞穂の国の資本主義」を思い出す・・・。助け合う運命共同体とし [続きを読む]
  • 首相の理想と哲学
  • 首相の理想と哲学この国会での所信表明演説で安倍首相は、次のような政策的な理想・目標をあげていた。1.あらゆる日本人にチャンスを創る2.年寄りも若者も対象の全世代型社会保障への方向転換で介護やや子育ての不安解消3.道徳教育で公共の精神、豊かな人間性を異論はない。「あらゆる日本人にチャンスを」などと改めて首相から言われると、首相就任時の「瑞穂の国の資本主義」を思い出す・・・。助け合う運命共同体としての [続きを読む]
  • NHKの奢り
  • NHKの奢りNHKの2016年度・受信料収入は、過去最高の6、769億円となった。裁判のお墨付きも出て強制徴収できることになり、受信料収入は毎年過去最高となっている。3か年計画での内部留保も600億円と言う見通し・・・。「自分第一主義」のような籾井前会長でさえ「新社屋建設費の積み立ても目途が付き、大幅な黒字も予想される。受信料の値下げを」と提案していたが、NHK経営員会は認めなかった。石原NHK経 [続きを読む]
  • 五輪のお花畑
  • 五輪のお花畑皮肉なことだが、時に北朝鮮は大した国と本当にそう思ったりする・・・。国名からしてそうだ。「朝鮮民主主義人民共和国」が正式名称というが、どこをどう見ても民主主義社会ではないし、共和国でもない。共和国を名乗るのであれば、国民が和して共に国家を所有する制度・状態である必要があるが、北朝鮮はどう見ても「金王朝」のものであるし、正しくは「金王国」、「世襲制君主制独裁王国」と言うべきであろう。それ [続きを読む]
  • 地方政治の低投票率
  • 地方政治の低投票率昨日投開票が行われた岐阜市長選。4期16年の現職の引退を受けた選挙・・・過去最多の7人が立候補して戦われた…。にも拘らず選挙は盛り上がらず、投票率は36.4%だったという・・・。現職が4期目を問うた前回の市長選でさえ38.9%とあったのに、それを下回った…。これも昨日行われた岐阜県の選挙だが、前市長の受託収賄罪の有罪確定・辞職を受けての美濃加茂市・市長選。立候補は二人で、投票率は [続きを読む]
  • 先輩の葬儀
  • 先輩の葬儀「生き方の純粋さ」と言う意味で一目も二目も置いていた先輩が亡くなった。生前は、地元では知らない人のいない有名なスポーツマンで、一線を退いた後は県会議員をしたりして政治にも足を踏み入れ、何期かを務めた。元々先輩は典型的なスポーツマンで、卑怯なこと、曲がったこと、嘘をつくことが出来ない人だった。つまり、とても「良い(善い)人」だった。しかし政治の世界は、地方と言えども利権と力の渦巻く泥流地帯 [続きを読む]
  • 喝!無責任な野党ボケ
  • 喝!無責任な野党ボケ国会が始まった。希望の玉木代表は「安倍首相が提案する「9条3項に自衛隊明記」案に反対を明確にした。昨年11月の代表就任後の国会質問では「自衛隊明記に違和感」と遠慮がちに述べていたことと比べればずいぶんと態度が変化した。気に入らない二つのことに触れておきたい。一つは、憲法9条改正に肯定的だった希望の党の立党精神に反する質問であったこと。政治家として、そもそも国家の基本政策中の基本 [続きを読む]
  • 富士山と忘れ物
  •            1月21日の富士山、飛行機から    富士山と忘れ物LINEで送られてきた娘の友達が撮った飛行機からの写真・・・モノトーンが幻想を誘い、とても幽遠・・・もし理想郷があるとすれば、こんなイメージかもと思ったりする・・・自己主張もなく、中心が空洞の日本などと言われたりするが、これを見ていると、富士山は富士山にとどまらず…大空に聳え立つ日本精神・・・清明さ、奥ゆかしさ、気高さ・・・そ [続きを読む]
  • 西部さん、逝く
  • 西部さん、逝く保守の論客として知られる西部邁さんが自裁されたとのこと・・・。西部哲学に一定のシンパシーを感じていたものにとっては、悲しく寂しい出来事である。・・・ご冥福をお祈りします。心なしかここ数年の西部さんの言動には、奥様の死の影響もあったのか、「死」について触れた話も多かったように思う。テレビでも「ウソじゃないぞ。俺は本当に死ぬつもりなんだぞ」などと、半ば冗談めかして話されることもあった。「 [続きを読む]
  • 中国の高齢者と日本
  • 中国の高齢者と日本世界銀行の報告―中国の65才以上の人口は1億5000万人ほどという。先進国?の中では、最も高齢者人口が多い国である。60才以上の人口は、2015年の時点で2億2000万人。2030年には、4億人を超えると予測されている。中国では、ただでさえ未整備な社会保障体制が、根底から崩れるのではないかと危惧されている…。中国民生部傘下の研究機関、中民社会救助研究院の報告― 中国では、「毎日1 [続きを読む]
  • 統一会派の喜ばしい破談
  • 統一会派の喜ばしい破談民進と希望の党の統一会派交渉が破談した。この結果を受けて立憲の枝野代表が「民進執行部ではなく、民進の無所属の会から呼びかけがあれば検討する」と統一会派無視の態度を変えた。もつれにもつれながら進められているこれらのやり取りが、いったい何を目的にして行われているのか、チューインガムでもあるまいにあっちにくっついてみたり、こっちにくっ付いてみたり…何を目指しているのか、われわれ国民 [続きを読む]
  • 希望の党・分解の道
  • 希望の党・分解の道民進と希望の「国会・統一会派」交渉を見ていると、自民一強となる理由がよく分かる。民進にも希望にも、政治には欠かせない「決断力」や「判断力」を支える夢や理想に対する思い入れや観念が非常に薄いように見える、感じられる。権力を持たない野党の「夢」に対する一途さが見られない、感じられない・・・。かといって、別に自民党が「理想」に燃えている集団という訳ではない。自民党は「権力維持」という「 [続きを読む]
  • 韓国は無視するに限る
  • 韓国は無視するに限る韓国の政治については話題にしたくない・・・。とにかく、血圧が上がる。血圧が高い私にとっては、健康上良くない。とは言うものの、またまた韓国はやってくれましたね。吐き出しておかないと、精神衛生上も良くない…。「慰安婦合意」に対する文在寅政権のでたらめな言い分・・・。一国のトップとは思えない支離滅裂で理不尽な論理・・・。文大統領の嬉しそうで誇らしげだった「日本批判」の語り口、態度・・ [続きを読む]
  •  富士山らしくなってきた・・・
  •          富士山らしくなってきた・・・当地ではカラカラ天気が続いたが、8日と9日、恵みの雨が降った。富士山は雪だった。いつになく雪の少ない新年の富士山だったが、冬の富士山らしくなってきた。「らしさ」が備わってくると、ひときわ「心象風景」も締まってくる・・・。 [続きを読む]
  • 立憲主義の「ウソ」
  • 立憲主義の「ウソ」誰がどう見ようと、どう考えようと、自衛隊は明らかに戦闘力・交戦力を持った「軍隊」であり、戦力と交戦権を否定する「憲法9条」に違反していることは明白なことである。この「憲法違反」を認めない人たちは、「自衛隊は軍隊ではない」と「ウソ」を言い張り、メデイアでは「護憲派」とされ「立憲主義派」とされているが、誠に不可思議なことである。現「憲法9条」を正しい内容と考え、その憲法に従うべきとす [続きを読む]
  • 9条改正に全力を
  •        9条改正に全力を大みそかと元日は一日の違いに過ぎないが、見る景色はずいぶんと違って見える。新年という感覚が、いつもの情景をとても清々しく澄んだものに変えてくれる。あたかも新たな処女地を改めて前にしたかのごとくである。だから、去年は守れなかった自身の誓いや約束事も、新年を機に気分を一新し改めて「今年こそはやるぞ」とばかりに再挑戦できるのである。一昨日は「新成人の日」でもあったのだが、こ [続きを読む]
  • 元旦の富士山 日本晴れ
  •                   元旦の富士山 日本晴れ皆さま、あけまして おめでとうございます。本年もよろしくお願いします。     *     *     *マスコミによれば、今年の経済は明るい見通しだそうですが、「誰でも」という訳ではなさそうです…。「誰でも」というには、誰もが乗れる大乗仏教のように「大船」を用意しなければならないのです。しかし、政府も国民も、最近は「小舟」が好きなようです。 [続きを読む]