帝王の涙 さん プロフィール

  •  
帝王の涙さん: 右から斬る!政治と社会
ハンドル名帝王の涙 さん
ブログタイトル右から斬る!政治と社会
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/teiounonamida
サイト紹介文バラバラな日本。もう少しまとまった国へと願い、反権力で政治と社会を斬る!思う存分に。
自由文 「今の世の中、右を見ても左を見ても真っ暗ヤミじゃあござんせんか」お上もバラバラ、下々もバラバラ。上は「新自由主義」やらでやり放題、下は「自己責任」やらで窒息しそう。いい加減にしろ!国は「助け合っての社会」だ。政治屋と官僚、財界の「自分たちの為だけの権力」横暴をこのまま見過ごすのか。反権力の立場から「権力の行動」を「正義の天秤」に乗せ、世の歪みに向かう。頭にくることばかりで嫌になっちゃう・・・。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2008/12/10 20:05

帝王の涙 さんのブログ記事

  • 日米会談の成果
  •         日米会談の成果日米首脳会談は、安倍首相が「アメリカと完全に意見の一致をみた」というほどではないにしても、拉致問題でトランプ大統領をして「私も拉致被害者のご家族にもお会いした。最大限の努力をする」と言わしめたことは、成果だっただろう。「米朝会談」で「拉致」が提起され、何らかの進展が期待できるかもしれない。日本政府が認定している12人の拉致被害者に対し、8人は死亡、4人は入国していない [続きを読む]
  • 辞任風景
  •          辞任風景前頁の富士山の情景と違って、何時まで待ってもなかなか「使命」と「行為」が全体的にマッチングしないのが政治の世界・・・。日本のリーダーたちの辞任表明が続いた昨日…。それを聞いての直感的な感想ですが、新潟の知事は迷いを見せながらも「潔く」辞任表明・・・。それに比べれば、財務省トップ・事務次官の辞任表明は未練たっぷりな「濁り」を感じさせました・・・。財務省NO.2の国税庁長官の [続きを読む]
  • 4月18日の富士山
  • 4月18日の富士山雨上がりに見た富士山です。雨が降る前には、スカートの襞のように青い筋が結構斜面を走っていたのですが、下界は雨でも富士山は雪だったわけで、鮮やかな純白さがが厚みを増して広がり、春の輝きのなか一層揺るぎの無い重量感を感じさせてくれますね。また、日本家屋も結構、美的にマッチングしていますね。      [続きを読む]
  • [転載]「連帯する日本」 第4回セミナーのご案内
  • 「連帯する日本 第4回全国幹事会セミナー」のご案内 同志の皆さまには、益々ご健勝のことと お慶び申し上げます。 さて、日本を取り巻く状況は、外にあっては北朝鮮による拉致、核、ミサイルの問題、内にあっては9条を中心とする憲法改正問題、等々と、国家・社会の根幹にかかわる重要問題を前にしています。カオスの度合いを深める世界の中 日本の将来を考えるにあたって、われわれは、われわれ自身の由って立つ保守 [続きを読む]
  • 米朝会談・軍事力の平和的効果
  •          米朝会談・軍事力の平和的効果うちわでは揉めていても、安倍首相が外国に行くとなれば、挙国で応援せざるを得ない。今回の日米会談は、特に「米朝会談」を前にした会談であるから一層重要である。核・ミサイルに加えて、日本には解決を急がねばならない「拉致問題」がある。幸いに、トランプ大統領は日米会談で「米朝会談では拉致問題を取り上げる」と言明してくれた。何もできないままにただ時間を経過させてき [続きを読む]
  • 日本を失う
  •        日本を失う余りにも醜い連日の日本政治…。国民注視の下での見るに堪えない、聞くに堪えない・・・「嘘」丸出しの国会答弁・・・言い訳の数々…。一々書くまでもない首相以下政府要人、官僚の無様さ…。私は民主主義下における政治は、国民の審判を受けつつ進める「政治主導」が当然と思っているが、しかし、政治哲学もなく野放図な政治主導が跋扈するなら、民主主義にとっては政権交代が起きなければ不健全である。 [続きを読む]
  • 日本の華
  •                 日本の華                     日本の華昨日、富士吉田市の新倉山・浅間神社公園に行って、満開の桜と富士山を見て来ました。富士山と言い桜と言い、日本の象徴が一斉に花開いている感じでした。右端の五重の塔は、仏塔ではなく先の大戦でなくなった戦没者を慰霊する忠霊塔だそうです。この公園が有名になったのは、外人客のSNSのお陰だそうです。昨日も8割が外人観光客 [続きを読む]
  • 議事録削除
  •       議事録削除「民主党政権時代の野田総理の秘書官も務めており、安倍政権をおとしめるために意図的に変な答弁をしているんじゃないか」・・・森友学園問題での財務省理財局長に対する自民党和田議員の国会質問である。「議論を聞いておりますと、働くことが悪いことであるような、そんな議論に聞こえてくる。できれば週休7日が人間にとっての幸せと、そのように聞こえてくる」・・・参院の公聴会での過労死遺族の意見に [続きを読む]
  • カジノと政治家の堕落
  •     カジノと政治家の堕落まあ、当たり散らかすわけでもないのだが…とにかく政治のレベルが地に堕ちていると言わざるを得ない事態が続いている。日本の指導層でありながら、生きる姿勢とでもいうのか、人生を奉げるべく選んだはずの社会的地位の高い職業・職務の本分を見失っているとでもいうのか、とにかく政治・行政に携わる人たちの行動基準が何処にあるのか、さっぱり理解できない。昨日は「公明党よ、お前もか」と「反国 [続きを読む]
  • 宗教政党までがカジノ賛成か
  •    宗教政党までがカジノ賛成か基本的に公明党が創価学会を基盤にした宗教政党であることに異論はなかろう。宗教政党であるからには、「人の救済」と「万人の幸福」の実現こそが、究極の目的でもあろう。私は特に宗教政党たる「公明党」に期待するところはないのだが、それでも公明党が「人の救済に当たる宗教政党たらんとする意思」を持っているのなら、「カジノ法案」に対する自民党との合意は「一体、どんな理由で合意をした [続きを読む]
  • 森友・ワイドショーからの脱出
  • 森友・ワイドショーからの脱出民主主義の多数決制度は、国民や住民など成員の政治に対する「正義感」というよりも「納得感」の程度を表す度数・指標と私は理解している。「正義」は一神教的で単眼的で硬直的だが、「納得」は多神教的で複眼的で柔軟的である・・・。こんなことを言う気になったのは、何時までもスッキリさせられない森友問題に、安倍内閣はエネルギーを取られるべきではなく、早く決着をつけるべきと考えるからであ [続きを読む]
  • 慌てる必要なし、日朝会談
  •    慌てる必要なし、日朝会談とうとう金正恩が中国に朝貢しましたね。金正恩は、自分の能力と物差しだけでは乗り切れない事態に直面していることを深く自覚した結果の「中国、電撃訪問」だったと考えられる。国連制裁にまで加担したニックキ中国・・・冷え切らせた関係に頭を下げてまでして門をたたいた金正恩・・・。それが金正恩のリアリズムかマッキュアベリズムなのか・・・そのどちらの結果かは私には分からないが…。中国 [続きを読む]
  • 春、真盛り
  •           春、真盛り山梨「王仁塚の桜」「王仁塚」は、日本武尊の王子の武田王がこの地域を治めた後、埋葬された場所と伝えられており、近くに武田の王にちなんだ神社もある。桜は樹齢300年、樹高17mの見事なエドヒガンザクラで市の天然記念物・・・テレビやポスター、雑誌などにもよく取り上げられている。政治ブログでは、人間の持つ嫌らしさを隠すことはできないが…美しい自然は瞬時に過ぎないかもしれないが、人間 [続きを読む]
  • 大局と証人喚問
  •     大局と証人喚問佐川前理財局長は、「公文書偽造」の加害者なのか、被害者なのか…それを知りたかった。その限りで、証人喚問は必要だったと思う。佐川氏は、財務省理財局では厳しい鬼局長であったらしいが、しかし政治行政全体の権力構造から言えば、中間管理職の立場でしかなかったに違いない。証人喚問で責任を問われ「理財局の局長だった私に一切の責任がある」と佐川氏は言った。立派なセリフである。「一人で責任を背 [続きを読む]
  • 政権交代できない日本
  •     政権交代出来ない日本今問題になっている森友学園も、加計学園も、強姦事件も、スパコン助成金も、首相夫人も、みんな首相の立場が利用された問題ばかりだ。首相に罪があるかどうかは分からないが、問題化した原因が「権力を担う首相」周辺の行動にあることは免れない。一強権力が長期化し…安倍首相を核とした取り巻きが物事が思うように進むようになり・・・次第に脇が甘くなり・・・自覚のないままに歪みが進む…。本来 [続きを読む]
  • 米朝会談・日本の課題(下)
  •     米朝会談・日本の課題(下)「米朝会談」に対する私の最大の懸念である「公式発言の無い金正恩の姿勢」が、今になって韓国で問題になっているという。金正恩の提案に即断即決で「会談、OK]と応えたトランプ大統領・・・・。まさか「OK]するとは思っていなかった金正恩・・・はビックリ…。トランプ大統領の「拒否」に、「非難声明」の用意はあったが、「OK]の場合の答えを用意していなかった・・・。まさか、まさ [続きを読む]
  • 米朝会談・日本の課題(上)
  •    米朝会談・日本の課題(上)「米朝会談」は金正恩の公式発言がないままに、それを承った韓国が使者・代弁者として走り回り、米国を含む関係国がそれぞれに憶測を交えながら動いている・・・。ちょっと例えは違うかもしれないが、「死せる孔明生ける仲達を走らす」で、姿を見せない金正恩が主導権を握って周辺関係国を動かしている構図に見える・・・。再度言うが、北朝鮮外交は、つくづく大したものだと改めて思う。人は「米 [続きを読む]
  • 米朝会談・韓国への懸念
  •        米朝会談・韓国への懸念金正恩は韓国特使に「朝鮮半島の非核化」については語ったが、「北朝鮮の非核化」については何も語ってはいない。北にしてみれば、なぜアメリカの核は許されて北朝鮮の核は許されないのか、という理屈になろう。また「体制保障がなされれば、核を持つ理由はない」などと殊勝なことを言ったようだが、昨日も述べたように「核とミサイルあっての北朝鮮」の力であってみれば、隙あらば北朝鮮を潰 [続きを読む]
  • 米朝会談・会談そのものへの疑念
  • 米朝会談・会談そのものへの疑念韓国特使がトランプ大統領に金正恩の伝言を伝えると「OK,OK,応じると伝えてくれ」と即答したという。大統領の「即答」に韓国特使たちも驚いて顔を見合わせたと日本経済新聞は伝えている。北朝鮮に関する専門スタッフを欠く現状で、即答する根拠もないのに大統領は即答した…。大向こうをうならせるトランプ大統領の英雄主義的な政治ショー狙いか・・・という懸念は残る…。10日の集会でトラ [続きを読む]
  • 森友・一強の澱み
  •    森友・一強の澱み今まで安倍外交は評価できても、安倍内政は評価できないとしてきた。外交では、世界の不安定地域の一つとして数えられる東アジアにあって、尖閣や北方領土問題を争う中国やロシアとも曲がりなりにも緊張緩和状態にあることは成果の一つであろう。核・ミサイル・拉致の北朝鮮とは緊張関係にあるが、安倍首相も支持してきた厳しい経済制裁と軍事的恫喝を繰り返すトランプ大統領・・・その結果でもあろう・・・ [続きを読む]
  • 米朝会談・トランプ氏への懸念
  •         米朝会談・トランプ氏への懸念北の金正恩と会談した韓国の特使が、南北会談、米朝会談の経過報告で日本と中国を訪問するという。懸念と言えば、韓国が、北の金正恩の部下のごとくあちこち使いっ走りしていることが、私には異様に見える・・・。まるで親分が熱望していた「米朝会談」のセットを成功させた手柄話でもするかのごとき韓国の軽快な足音が聞こえる感がある。米朝関係が、核とミサイルの放棄につながる果 [続きを読む]
  • 深い雪をかぶった3月の富士山
  •             深い雪をかぶった3月の富士山先日の雨・・・下界では冷たい雨だったが、富士山では大雪だったようだ。妻によれば、富士山の雪は、いつも4月ごろが一番深い雪になるという。今年の富士山には、少し早く深い雪がやってきたようだ。 [続きを読む]
  • パワハラ日本!
  •    パワハラ日本!告発状によれば、女子レスリング五輪4連覇で国民栄誉賞を受賞した伊調馨選手が、日本レスリング協会強化本部長の栄和人氏によるパワハラの被害に会っているという。報道によれば、高校、大学と栄氏の指導を受け、アテネ五輪、北京五輪で金メダルを獲得したが、2009年に伊調選手が栄氏の元を離れ、嫌がらせが始まったという。現在、榮氏の指導を受けているオリンピック金メダリストの選手たちは「考えられ [続きを読む]
  • 組織の活動とテーマ
  • 組織での活動とテーマ先日、新宿で「連帯する日本」の幹部会合を持った。富樫事務局長は生まれ故郷の札幌に帰ったから遠路の参加となった。代表の私は甲府から、それに在京の副代表・久保田、東両同志の4人。議題は「全国幹事会の開催」で、日程は5月27日、場所は新装なった「日本青年館」を確認。内容については、テーマは既に昨年申し合わせていたが、昨今の新自由主義政策の中で置き忘れられた感のある「社会の向かうべき方 [続きを読む]
  • カジノ考―禁止賭博の合法性
  •      カジノ考―禁止賭博の合法性賭博を法で禁止しておきながら、別な法律を作って罪として問わない…。これは憲法に定められた平等の原則に反するとして疑問が起きるのは当然である。その合憲性が問われた昭和40年の東京高裁判決は、「公共機関の厳重、公正な規制のもとにおける射幸心の発露は害悪を比較的些少にとどめ得るから、これを許して犯罪とみないということも社会生活を規制するうえからは、むしろ賢明な措置とし [続きを読む]