帝王の涙 さん プロフィール

  •  
帝王の涙さん: 右から斬る!政治と社会
ハンドル名帝王の涙 さん
ブログタイトル右から斬る!政治と社会
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/teiounonamida
サイト紹介文バラバラな日本。もう少しまとまった国へと願い、反権力で政治と社会を斬る!思う存分に。
自由文 「今の世の中、右を見ても左を見ても真っ暗ヤミじゃあござんせんか」お上もバラバラ、下々もバラバラ。上は「新自由主義」やらでやり放題、下は「自己責任」やらで窒息しそう。いい加減にしろ!国は「助け合っての社会」だ。政治屋と官僚、財界の「自分たちの為だけの権力」横暴をこのまま見過ごすのか。反権力の立場から「権力の行動」を「正義の天秤」に乗せ、世の歪みに向かう。頭にくることばかりで嫌になっちゃう・・・。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2008/12/10 20:05

帝王の涙 さんのブログ記事

  • 総選挙・枝野代表の「保守」発言
  • 総選挙・枝野代表の「保守」発言選挙もいよいよ最終場面…。・・・せめて自民党に「お灸」を据えたいという最低限の願いも叶いそうにない…。まとまらない野党であってみれば、当然の結果か…。北朝鮮の危機を前に私も政権交代は望んではいないが、モリ・カケ問題や解散に見る安倍首相の統治意識の軽さ・甘さは見過ごし難く、野党がだらしがなくても自民党に安倍首相に本当に熱い「お灸」を国民に期待したのだが・・・どうも私の思 [続きを読む]
  • 総選挙・国民の望む野党?
  • 総選挙・国民の望む野党?毎日新聞が13〜15日に実施した世論調査…。1.「自民党は300議席を超える可能性がある」・・・。2.「衆院選後も安倍首相が首相を続けた方がよい」=37%、 「よいとは思わない」=47%3.「よいとは思わない」と答えた人の比例代表の投票先は、立憲民主党が26%、希望の党20%、自民党12%、共産党11%・・・。この数字を見ると、日本の国民は「安倍首相は良いとは思わない」が、 [続きを読む]
  • 総選挙・小池氏の功と罪
  • 総選挙・小池氏の功と罪自民党の圧倒的優勢を伝えた各種世論調査・・・。小池氏に罪があるとすれば、「安倍一強政治の否定」を第一声に挙げながら、実際やったことは野党候補の乱立で「安倍政治否定票」を分散させ、結果的に自民党を浮かび上がらせる形にしてしまったことであろう。朝日新聞の世論調査(10,11日)によれば、「安倍政権を評価する」有権者は43%、「評価しない」は41%、とほとんど半々と拮抗しているにも [続きを読む]
  • 総選挙・希望の絶望
  • 総選挙・希望の絶望選挙戦序盤の世論調査の結果が出た。朝日新聞1面トップの見出しは「自民堅調、希望伸びず、立憲に勢い」だった。日経、毎日(共同通信)、産経の各世論調査でも朝日同様の見出しや結果を報道している。代表して共同通信(10,11日調査)の数字を挙げれば、自民党は、解散時290から289議席+−16になる予測で、「モリ・カケ問題」どこ吹く風、北朝鮮危機を訴えて安倍内閣は大きな信任を得ていること [続きを読む]
  • 総選挙:国民選択を奪った首相
  • 総選挙:国民選択を奪った首相結局、小池代表は立候補しなかった。小池代表の胸の中には、出馬にともなう批判が小さければ立候補へという消せない望みもあったと推測するのだが、7割を超える出馬批判には抗しきれなかったようだ。しかし、考えてもみれば「希望の党」は代表こそ決まってはいるが、そのほかの役職は何も決まってはいない。組織にしても、おぼろに影は見えるが確たる正体=責任体制は未だ不明で、組織体としての明確 [続きを読む]
  • 総選挙・選挙の今日的意義
  • 総選挙・選挙の今日的意義小池東京都知事の度重なる不出馬表明で、新党人気に当初の鋭角的な期待感が見られなくなった。読売新聞社が7〜8日に実施した全国世論調査でも、衆院比例の投票先は「希望の党」は13%と前回調査(9月28〜29日)の19%からから6ポイントも低下したことでも分かる。しかし、選挙公示日を前にして「比例名簿」の順位付けが終らないなど、準備が間に合わない「希望の党」の実情、加えて立候補しな [続きを読む]
  • 総選挙・気の抜けたビールになるか
  • 総選挙・気の抜けたビールになるか左団扇でスイスイと総選挙に臨む予定だった安倍総理の読みが崩れ、「希望の党」の誕生と「民進党」の葬送という予想外の展開に政権側が危機感を覚えるところとなった・・・。都議選のような改革的小池ブームが再来しては困ると政界、財界、メデイアなどの既得権益層が自分たちの利益領分に手を出されないように小池潰しに歩調を合わせている・・・。既得権益層のそれぞれがそれぞれの立場で小池知 [続きを読む]
  • 総選挙・無責任放談会
  •     総選挙・無責任放談会昨日、新宿で「連帯する日本」の仲間4人が集まり放談会をした。我々の青年運動の師であった故・末次一郎日本健青会顧問の17回忌が今年7月に行われたが、この席にこれまた末次氏を師と仰ぐ小池百合子東京都知事も出席された。食事になって席を隣り合わせたA氏は知事といろいろ話をしたそうだが、今日この日の事態を予測させる何物も感じ取ることはできなかったと語った。すでに2月には「希望の党」を [続きを読む]
  • 総選挙・首相の」「国難」
  • 総選挙・首相の「国難」安倍首相は今度の総選挙を「国難突破選挙」ととても次元の高い問題意識を語った。確かに北朝鮮の動きは日本にとって危険極まりない動きを示してはいる。その意味で「国難」のきらいはある。が、しかし、考えてもみれば、北朝鮮と日本の間には現在、戦争に訴えなければならない合理的で具体的な理由がある訳でもない。なぜかと言えば、常に日本は争い事からは初めから「降りている」からである。もし日本に戦 [続きを読む]
  • 総選挙・民進党の解体
  • 総選挙・民進党の解体内容の良し悪しは別にして、日本政治に未だこれだけの肺活量が残っていたのかと、ここ2,3日の政治の動きにはびっくりだ。民進党が先輩ズラをかなぐり捨て、昨日、出来たばかりの13人の小池新党=「希望の党」に身を寄せる前原提案がさしたる反対もなく了承されたという事実は、民進党のどうにもならない半身不随の現実を、余すところなく伝えていた・・・。私もそうだったが多くの国民もまた「民進党は解 [続きを読む]
  • 小池新党と保守の迫力!
  •       小池新党と保守の迫力!小池さんの持っている度胸振りは大したものだ…。民進党のスキャンダル自殺点や新党発足のモタモタぶりで何とも冴えない選挙風景だったのに、昨日、今日の新党発足宣言でそれを一挙に吹き飛ばした。評論家の中には若狭、細野両議員による努力を小池氏による「リセット」で無にした独裁ぶりを非難する人もいたが、新党は当事者たちにとっては一種の「政治革命」を志すもので、平時のように話し合 [続きを読む]
  • 小さな政治大きな政治
  •     小さな政治 大きな政治 「臨時国会の冒頭解散は、森友・加計学園の疑惑隠しではないか」と問われ、自民党の二階幹事長が 「我々はそんな小さな問題を隠したりなどは考えていない」と答えたそうだ。しかし、二階幹事長が言う「小さな問題=森友・加計学園問題」は」安倍首相に対する国民の不信感を増幅させ、支持率低下に及び安倍内閣の屋台骨を揺るがしたのは事実だから、政権にとっては決して小さな問題ではなかったは [続きを読む]
  • モノになるのか、新党
  • モノになるのか、新党政治権力を目指すものの最低限の結集原理は、統治に際しての統治原理、つまり社会的価値観の共通性、或いは近似性こそにあると考えられるのだが、新党を目ざす若狭氏が「新党の基軸は国会の一院制化。これに同意ができないなら入党はない」などと、手段的で政策的なことを結集課題に取り上げたりしている…。こんな政治音痴ぶりで新党などと言っているが大丈夫なのか…と余計な心配をしている。かつては民主党 [続きを読む]
  • 台風一過と解散風 
  •   台風一過と解散風              台風18号が過ぎ去り、この夏一番の富士山となった。この夏は天候不順が続き、冴えわたる富士山を拝める日は少なかった。台風に被災された地方の方には申し訳ないが、何かしらモヤモヤとした日々を台風が吹っ飛ばしてくれた気がする。そんな折に今度は「解散風」が吹き荒れることになった。決断した首相と自民党にとっては何でも「解散は今しかない」そうである。私は内政での弱肉 [続きを読む]
  • 品のない銀行の姿勢!
  • 品のない銀行の姿勢!サラ金と多重債務・・・人生ボロボロ。一世を風靡した「サラ金地獄」も終わったことと思っていたら、またぞろ同じような問題が出ているという。今度はれっきとした銀行が主役だという。銀行の集まり・全国銀行協会と言えば、会長さんは三菱UFJフィナンシャル・グループの社長さんで、世間ではとても立派な人たちの集まりと思われている・・・。が、どうも世評とは違って従来の「サラ金=消費者金融」と同じこ [続きを読む]
  • 北の危機・日米ロ
  • 北の危機・日米ロ北朝鮮の核とミサイルによる危機に対し日本国民は、どの様な意識で受け止めているのだろうか。私個人の印象でしかないが、大方の国民は心配しつつも成り行き任せという気がする。平素から日本では日本の軍事については、政府からもマスコミからも十分な案内と報道がなかったことを考えれば、今度の危機に国民が戸惑うのも当然のことかもしれない。政治家も有識者と言われる評論家たちも、さらに情報の核心たるマス [続きを読む]
  • 民進党へのハナムケ!
  • 民進党へのハナムケ!人事でつまずきながら前原内閣が発足した。人事を決めた両院議員総会前の共同通信の世論調査では、前原新代表に期待すると答えた人は40.3%で、期待しないという人の51%という数字を見ると、また蓮舫前代表のスタート時の期待率が56.9%だったことを思うといかにも寂しい野党第一党の代表選だったことが分かる。国民から期待されない政治家及び政治集団という意味では、民進党はほとんど失格状態で [続きを読む]
  • 北朝鮮・日本政治の正念場
  • 北朝鮮・日本政治の正念場今、北朝鮮のもたらす危機に対し日本は、日本が自ら希望する大過なき方向へ状況を動かす力をほとんど欠いていることを改めて知らされる。米国や中国と言えども思うようには行かないのだから…と言う議論もあるが、程度問題である。北朝鮮による拉致、中国による尖閣の危機、ロシアに占領されたままの北方領土、そして韓国による竹島・・・こんなに不法な暴力に屈している状況にありながら、日本はマゾヒス [続きを読む]
  • NHK・奢りと権力
  • NHK・奢りと権力最近のNHは、気に入らない。スポンサーたる国民に対し、とても権力的な姿勢になっている気がする。その最たるものは、受信料の徴収であろう。NHKは転居して不明となった契約者に対し、“住民票”除票を申請して新住所を確認しているという。受信料未払い者に対して強制執行を申し立てたり、契約に応じない者には訴訟まで起こしている。また、年寄り家庭に対し「契約しないと法律違反」と悪質な訪問販売のよう [続きを読む]
  • 北のミサイルと社説
  •     北のミサイルと社説北のミサイル上空通過で、東日本では新幹線や在来線がストップし、一部学校は休校になったという。その様は、さしずめ昨日の「Jアラート」は、72年ぶりの「空襲警報」だった…と言える。危険に備えることは当然だとは思うが、数えきれない航空機が上空を飛ぶ今日にあっては少しばかりナンセンスな対応ではないのか・・・。昨日はあれだけ北朝鮮の軍事力に大騒ぎしたのだから、さぞかし今日の新聞の社 [続きを読む]
  • 北のミサイル放送に思う!
  • 北のミサイル放送に思う!今日は朝からテレビとラジオのうるさい放送で目を覚まされた。北朝鮮がミサイルを打ったとの報道だが、日本攻撃でもあるまいに「打ち上げた、打ち上げた・・・」と同じ文句の放送をNHKが繰り返し流している…。戦争でもないのに…。私は「憲法9条改正・日本再軍備論者」だが、騒ぐ理由もないことで大騒ぎをする放送には大反対だ。大騒ぎする方にもそれなりの理由はあるのだろうが、正確な放送をしない [続きを読む]
  • 民進党は燃えているか!
  • い民進党は燃えているか!いよいよ後半に入った民進党の代表選。「民進党は燃えているか」・・・。残念だが、私の目には「いや、低調だね〜」と答える以外ない…。肝心の国民は、民進党の行方よりも今井絵理子参院議員(33才)と橋本健神戸市議(37才)のスキャンダルの行方の方に関心があるらしい・・・。国政でも森友・加計学園、首相夫人、稲田防衛大臣・・・等々と「おふざけ政治」が続いたのに、ここまで国民の心が民進党 [続きを読む]
  • 夏の終りと子供の鬼門
  • 夏の終りと子供の鬼門「いじめがあったことは認められるが、自殺との因果関係はない」・・・。別に打ち合わせたわけでもないのだろうが、全国どの地方で起きても共通した教育委員会の反応と見解・・・。覚えている人も多いことと思われるが、橋下徹大阪府知事が「クソ教育委員会」「教育委員会のクソヤロー」と教育委員会を罵倒したことがある。「これは大問題になるかも」と思われたが、笑い話ではないが、大阪府民の大半が橋下知 [続きを読む]
  • 民進党・将来性としての解体論!
  • 民進党・将来性としての解体論!ここ1,2カ月の各新聞社の世論調査によると、民進党の支持率はおよそ6%台にある。良くても悪くても自民党の支持率が30%台を維持しているのと比べるとほとんど低迷状態にあるのは事実だ。自民党の奢り政治が国民の怒りを買っているのに、野党第一党の民進党がほとんど世間の注目を浴びていないことを民進党は正しく知る必要がある。外交・安全保障・憲法などの重要施策で一本化した明確な方向性 [続きを読む]
  • BI・日本政治の向かう道!
  • ベーシックインカムの問題点BIは、実現できれば最低生活だが生存は保障され、最低レベルだが経済危機からは解放される。ホリエモンは、これをもって「好きなことだけでいきていく人生は可能」などと言っている。私はホリエモンの価値観、道徳観には賛成しかねるが、BIを前向きに捉える姿勢は評価している。しかし、BIは口でいうほどに実現は容易ではない…。その最大の問題点は、何と言っても「最低生活を保障する支給額のレ [続きを読む]