旅犬さくら さん プロフィール

  •  
旅犬さくらさん: 柴犬さくらの旅日記
ハンドル名旅犬さくら さん
ブログタイトル柴犬さくらの旅日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kqfbh169/
サイト紹介文旅犬の白柴さくらが日本全国を車で旅し、四季折々の美しい自然や歩いた野山、名所旧跡などを紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2008/12/11 03:36

旅犬さくら さんのブログ記事

  • 菜の花畑の異邦人
  • 4月中旬を過ぎて関西では平地の桜はほとんど散ってしまいました。   奈良の藤原宮跡に桜がまだ咲き残っているこの記事は、  4月初めの頃のことです                 この日の目的は菜の花でしたが、菜の花畑に行く途中、    池に浮かぶ花筏が目にとまったので、プレリュードで登場 さて、早くも満開の菜の花畑で着物姿の女性たちがポーズを取っています [続きを読む]
  • 海津大崎の湖上遊覧
  •  マキノ高原から再び奥琵琶湖に下りてきて、海津大崎を望むここは西浜      あと数日経てばこの港も花筏で埋め尽くされるかな   若い頃だったら飛び込んだかも知れないけど、今は気配すら無い      他では断られたさくらも乗船できる屋形船の大井丸       親しくなった係のおねえさんが見送ってくれた      屋形船の畳部屋はペットはご遠慮ください、とのこと。  でも、デッキが貸し切り状態だった [続きを読む]
  • 桜並木からメタセコイア並木へ
  •     琵琶湖からマキノ高原へ向かう県道の両側に高さ35mほどの  メタセコイアが約500本、2km以上にわたって一直線に並んでいる。  緑まばゆい新緑や黄金色に輝く紅葉のトンネルが続くメタセコイアの  並木とまっすぐに延びる道路が創り造り出す日本離れした景観は見事。  付近の田園風景や遠くの山並みに調和して、新・日本街路樹百景にも             選ばれているそうだ。  若葉のメタセコイア並木が [続きを読む]
  • 海津大崎の桜並木
  •    ここは琵琶湖八景「暁霧・海津大崎の岩礁」で有名な景勝地。   奥琵琶湖の碧く澄んだ湖面にポツンと浮かぶ竹生島が神秘的。   車で湖岸を巡ると凡そ4キロに渡り咲き誇る桜並木が美しい。   花見の時期には琵琶湖上から桜を愛でるお花見船も運航する。   ブルーの湖面とピンクの桜の取り合わせはここだけの絶景だ。    例年、花見シーズンの土日は海津大崎並木口から二本松の間が   東行きの一方通行にな [続きを読む]
  • 春の大神祭(巡幸の馬とさくら)
  •     9日の午前、大神神社の拝殿で行われた例祭の大神祭に続いて、 午後からは若宮の御分霊を神輿にお遷しし、三輪の町中を巡幸する若宮神幸祭(わかみやしんこうさい)が行われた。  大神祭は神輿を中心に、馬に乗った宮司以下神職、時代装束を着用し  各地区の幟や神宝を持った氏子、稚児や甲冑騎馬武者など 総勢250名余がお供をして三輪町内を巡幸する。 ブロ友しまちゃん、ころんちゃんと出会い巡幸に出る行列を見 [続きを読む]
  • 春の大神祭(おおみわさい)
  • 日本最古の神社大神神社で4月8日の宵宮祭、9日の大神祭、10日の後宴祭と三日間にわたって催される「春の大神祭」。9日の大神祭は神輿を中心に、馬に乗った宮司以下神職、時代装束を着用し各地区の幟や神宝を持った氏子、稚児や甲冑騎馬武者など総勢250名余がお供をして三輪の町を巡幸する。馬が大好きなおとよさんを誘って今年も出掛けた大神祭。しばし馬たちとの再会を楽しんだが、巡幸がスタートするまで大美和の杜展望 [続きを読む]
  • 湖上の花見
  •  朝から強風に時雨の空模様、でも湖上遊覧の間は幸運にも晴れ間が覗いた          桜は散り初め、湖岸の花筏はまだ少し先    明日は春の大神祭なので、海津大崎の桜は取りあえず第一報 [続きを読む]
  • 本郷の滝桜「又兵衛桜」
  •    4月3日に奈良県宇陀市の本郷の滝桜、通称又兵衛桜を見に行った。 大阪夏の陣で活躍した豊臣方の戦国武将後藤又兵衛がこの地へ落ち延び 僧侶となって一生を終えたという伝説があり、屋敷跡に立つ枝垂れ桜が 又兵衛桜と呼ばれている。  昔は無名だったが、 テレビ等で紹介されて広く知られるように成り、 何時の頃からか東の横綱「三春の滝桜」に対して、西の横綱とも言われ ているようだ。 「ひむがしの野にかぎろ [続きを読む]
  • さくらの散歩道
  •  春に三日の晴れなし」という言葉があるが、今年の春は天候に恵まれた。 一昨日、大阪桐蔭がPL学園以36年ぶりに2連覇して閉幕した選抜 高校野球も1日も雨天順延がなかった。 晴天のおかげで気温も高く、今年の桜は早く咲いて早く見頃を迎えたため 花を見る期間も短かった。            3月下旬の自宅周辺の桜          道路は国道309号線(大阪外環状線)       国道沿いの歩行者専用道路が [続きを読む]
  • さくらの春は、黄昏
  •     今年の桜はあっと言う間に満開に成り、散り急いでいます。    このところ何かと動きが緩やかになったさくらの散歩は    あっちへ立ち寄りこっちで休憩、のろのろのゆるゆる。    夕方からの散歩も帰る頃にはとっぷりと暮れていますブログもゆるゆる更新中 [続きを読む]
  • 吉野川の流し雛
  •  4月1日、奈良県五條市の吉野川で女児が願いを込めてひな人形を流す     江戸時代からの伝統行事「流しびな」を見に行った。   南阿田地区で毎年4月の第1日曜日に行われている春の風物詩。  晴着姿の女児たちが吉野川の河原に降り立ち、願いの文を読み上げて竹の皮の舟に乗せた男女一対の雛人形を岸辺から流す。小さな竹の皮の舟に乗った雛人形たちは吉野川から紀ノ川へと下り、紀州の淡島神社へ流れ着くことで、女 [続きを読む]
  • 吉野山下千本桜は満開
  • 平安時代から桜の名所で、豊臣秀吉も花見の宴を設けたという吉野の桜 。シロヤマザクラを中心に約200種3万本の桜が下・中・上・奥の4箇所に密集し、”一目に千本見える豪華さ”という意味で「一目千本」とも言われている。例年は、一番早い下千本(しものせんぼん)でも4月に入って見頃を迎えるが、今年は全国的に開花が早まっているので、ちょっと下見に行ってきた   道路混雑を予想してバイクを利用したが、混雑は無く1時間ほ [続きを読む]
  • 滝谷公園の桜満開
  • 日本三不動のひとつで厄除けや眼病平癒の霊場として知られる滝谷不動尊。    月に一度の縁日で賑わう28日、参拝と花見に出かけました     滝谷山の中腹から山頂に広がる滝谷公園の桜が満開を迎えています       この近くで生まれ育ったおとよさんも一緒です          しばらく花見で忙しい日が続きます [続きを読む]
  • 狭山池でお花見
  •    隣町の大阪狭山市には7世紀前半に築造され1400年の歴史を持つ        日本最古のため池の狭山池がある昔から桜の名所だった狭山池を、平成の改修の際「さくらの名所」として復活させようと、狭山池博物館の周辺におよそ1,300本が植樹されている 植えられたコシノヒガンは、ソメイヨシノよりも早く開花し、大阪で最も早く見ごろを迎えるそうだ今年も3月下旬に見頃を迎え、23日からはライトアップも始まった今月上 [続きを読む]
  • 高取町の「町家の雛めぐり」
  •        日本一の山城「高取城」の城下町として栄えた高取町。 歴史的な町家が多く現存し、その当時の佇まいを残しています。 この町で2007年から始まった「町家のひな巡り」は、今回で12回目。 百件近いお雛さまが土佐街道周辺の町家に3月いっぱい展示されています。   青空に恵まれた18日(日)にお馴染みさんたちと行ってきました。          まずはメイン会場の雛の里親館へ       ジイチャ [続きを読む]
  • 奈良の梅林めぐり・賀名生梅林
  •        広橋梅林から西吉野村の賀名生梅林へ行く途中、  日本最古の水の神を祀るという、丹生川上神社下社に立ち寄った万物の生命の源となる水を主宰する美しい女性の神様、闇龗神(くらおかみのかみ)を祀るこの社は、1400年ほど前に創立されたそうだ       天平宝字7年(763年)に、黒毛の馬を献上して以来、雨乞いには黒馬、晴れを乞うときには白馬を献上するようになり、水の神として朝廷から厚く保護されてき [続きを読む]
  • 奈良の梅林めぐり・広橋梅林
  •    好天に誘われて、見頃を迎えた奈良県三大梅林の月ヶ瀬、賀名生、     広橋のうち、近くの広橋梅林と賀名生梅林を訪ねた。  最初に訪ねた広橋梅林は広橋峠の北側斜面、約25ヘクタールにわたって         約5,000本の梅が植栽されている              梅林入口の道路端の駐車スペースに駐車して徒歩数分          散策路が設けてあり、 さくらも車を気にせず散歩できる        [続きを読む]
  • 狭山池の桜が咲いた
  •  隣の大阪狭山市には1400年前に造られたわが国最古のダム形式のため池狭山池があります池の周囲は公園に整備されて市民のウォーキングや憩いの場。さくらもよく散歩を楽しんでいます         その狭山池の堤の桜が開花しました          一足早く開花した桜は緋寒桜      早咲きの桜の中でも特に色が濃くて美しい桜です             赤い桜と白いさくらバイクのお出掛けが気持ちの良い季節 [続きを読む]
  • わが町の春の風物詩 寺内町雛めぐり
  •      〜美しい歴史的町並みで、お雛さまと出会う2日間〜    大阪府唯一の重要伝統的建造物群保存地区、富田林寺内町 (じない   まち)で南河内の春の風物詩「寺内町雛めぐり」(3月10日・11日)   が開催。   うららかな春の陽気に誘われて、たくさんの人出が有り、日頃は   眠ったような寺内町も活気に溢れ賑わいを見せていた。    雛めぐりの案内所に立ち寄ると知人が居たので、案内嬢に         [続きを読む]
  • 春の使者フクジュソウを西吉野の山里に訪ねた
  • 例年2月中に見に行っている西吉野村(現五條市)のフクジュソウ。   今年は開花が遅れていたので、3月4日の石川清掃の後に訪ねた。   場所は賀名生(あのう)梅林に近い山深い女優尾野真千子さんの実家。   案内板より上は道が狭く、駐車スペースも少ないのでこの付近に駐車                急坂を数分登るとお寺と尾野家など数軒の民家が在る    眼の前に「近畿の屋根」大峰山脈に続く山並 [続きを読む]
  • うららかな早春の日
  •     今朝は少し冷え込んだが日中は日差しがあって暖かかった。        さくらは錦織公園の草むらで日向ぼっこ       周囲にビッシリ咲いたヒメオドリコソウを観察?       ものぐさで、単に動くのが煩わしいだけなのかも       リュウキンカ?も一輪               さて   昨年11月に生まれた5人目の孫がまもなく生後4ヶ月を迎える首や腰が据わってきたの [続きを読む]
  • 取り戻そう石川の清流
  •    大阪府の屋根金剛・岩湧山系を源に我が町を南から北へ貫流し、   柏原市で大河大和川に合流、大阪湾に注ぐ一級河川石川。   かって鮎釣りなどで賑わった石川の清流を取り戻そうと、わが   町では「石川大清掃」を昭和59年からスタート。   その後、府や石川及び大和川流域の市町村も加わり、毎年3月   第一日曜日に河川清掃を実施しており、今年は3月4日に開催   した。   なお、かって水質ワースト [続きを読む]