咲耶 さん プロフィール

  •  
咲耶さん: たしかな歩みを。
ハンドル名咲耶 さん
ブログタイトルたしかな歩みを。
ブログURLhttp://sakuya07.exblog.jp/
サイト紹介文勤め人をやめ、自分らしく生きようと模索する日々を綴ります。環境問題、子育て、菜食について等。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2008/12/11 13:50

咲耶 さんのブログ記事

  • お知らせ☆古本市&おはなし会
  •  今週末の19日(土)・20日(日)、南宮崎駅前ビル1F「あわいや」さんを会場に、むくの会主催の古本市&おはなし会を行います。  19日(土) 12〜18時  20日(日) 10〜16時 おはなし会の時間は両日とも13時半〜14時です。 古本のほか、古着や雑貨類なども。収益金は、むくの会の活動資金として大事に使わせていただきます。 お時間に都合のつく方、どうぞいらし... [続きを読む]
  • 第4回おはなし会もあたたかな雰囲気の中で…感謝!
  •  今日は友人と2人で活動している「おはなしユニットむくの会」の、「おとなのためのおはなし会(第4回)」でした。 前回の記事でもご紹介しましたが、会場は南宮崎駅前ビルにある「あわいや」さん。いつも快く会場を貸してくださって、本当にありがたく思います。 今日集まってくださったのは、8人。他校で読みきかせをしている友人達のほか、今2人が所属している自主サークル「青い鳥朗読会」のメンバーも駆... [続きを読む]
  • おとなのためのおはなし会
  •  前回の記事で書いた「むくの会」、今週末にまたおはなし会をすることにしています。 平成28年11月12日(土) 10:30〜12:00 会場 : あわいや(南宮崎駅前ビル1F 宮交シティ屋外駐車場すぐ横) おとなにこそ出会ってほしい絵本の読みきかせや朗読、民話語り、そしてオカリナ演奏も。2人の読み手のぞれぞれの時間(25分)に休憩をはさみ、おはなし会の後にみなさんでお茶を囲んでおし... [続きを読む]
  • 「むくの会」旗揚げ!
  •  友人と二人でおこなっている「おとなのためのおはなし会」。いつもは自分たち主催でするのだけれど、今回はよく会場をお借りしている「あわいや」さんの主催で。 「あわいや」さんは、障害を持つ方達の表現の場として書道教室をしていらっしゃるところです。あわいやさんが教室に通ってこられる生徒さんにも聞いてもらいたいということで、企画してくださいました。 古いビルの1階の通りに面したその部屋は、その... [続きを読む]
  • 心に寄り添う言葉
  •  いろいろなことに首を突っ込んでそれなりに活動できる場を得ていく中で、ふと…自分には大きすぎる役なのではないかと考えてしまうことがあります。29日に承けていたある研修会の講師の仕事も、自分では満足にこなせなかったという反省が強くて、やっぱり事前にある人に言われたように「よくその話、承けたね」ということだったのではないかと自問していました。 研修会に参加していた知り合いは、経験に基づく言葉は... [続きを読む]
  • 知ったような気にならないこと
  •  人の知識とか感覚なんっちゅうものは、どんだけの評価というか意味というか…があるんでしょうね。…なんて、余計にこんがらがりそうな書き出しですが、最近いろんな人の記述や発言などにふれて、本人が本気でそう書いたり言ったりしていることの内容が「…そうですか」的なものであることがしばしばあって。 でもこれは、自分でもかなり気をつけないといけないことだと感じています。自分が確信を持ってそうだと考えて... [続きを読む]
  • 本人が作る誕生ケーキ
  •  昨日は次男の12歳の誕生祝いでした。本当は昨日ではないのですが、平日の夜は長男が学校でいないし、みんな揃っているのは土日だけということで。そのほうが私も食事など準備しやすいし…といっても、たいしたメニューにはならないのですけどね(^^;) わが家の誕生日のケーキは、必ず家で用意します。余裕があるときはスポンジから焼くのだけど、このところ気力不足なこともあってスポンジ台だけ買いました。... [続きを読む]
  • 自信がないこと、謙虚であること
  •  夏の間、寝苦しさや何かでよく眠れない日々が続いていたのが、やっとこのところ涼しくなってきてゆうべは一回も目が覚めなかったな…などという感じになってきていたのに。ここ3日ほど、また眠れません。 自分の心をよくよく眺めてみたら、やっぱり自己肯定感のなさから来ているものが大きかった…。かといってこれをすぐ、自分はできる!私はすごい!なんて思えるわけないんですけどね。 幼いころからほめられ... [続きを読む]
  • モテ期の理由
  •  このところ、モテ期です。…蚊に。  毎晩毎晩、なぜこうも私ばかりが刺されるのか(-_-;) 痒みにめっぽう弱い私、蚊に刺されると途端に目が覚めます。ガバッと飛び起きて、急いで痒み止めのミント液(自作)を絆創膏に含ませて刺されたところに貼付けるのですが…そのあとがなかなか眠れません。  蚊に刺される人の特徴を調べてみると、血液型がO型、体温が高い、ビールを飲む、汗臭い、黒い服を着てい... [続きを読む]
  • 人間なんか一回滅びやがれ、とさえ…
  •  もともと更新頻度の高くないブログですが、このところずっと記事を書く気力が持てないでいました。ブログで思いを発信することへの躊躇というか、そういうものに悩んでいました。 書くことがないわけじゃない。むしろいっぱいありすぎるくらい。もっと社会に対して発信していきたいこと、多くの人に気づいてほしいことがたくさんあるのに…。 ひとことで言ってしまえば、人の価値観などそれぞれで、もう... [続きを読む]
  • 道草
  •  昔から「追い込まれないとできない症候群」だった上に、切羽詰まると違うことがしたくなるという非常に厄介なくせがあって…(^^;) 25日〆切の原稿があるのに、こうしてPCで違うことを始めようとする24日。 やる気を奮い立たせるためにちょっとアップテンポな80'sの洋楽を流しつつ、スピーカーからの低音と高音のバランスに聞き惚れていたところ、ドンガラガッシャーン!の音にびっくりして駆けつ... [続きを読む]
  • アダルトチルドレン
  •  私はおそらく、アダルトチルドレンだと思います。それはもうここ何年も前から気づいていること。だからといってそのような診断を受けたことはないし、診断を受けに行くつもりもありません。病院そのものを忌み嫌っているから。 このブログに友人・知人も少しずつ気づいているので、本当に言いたいことが書けなくて悶々とすることもたまにはあるけれど、もしかしたら私と同じように、過去の親による虐待で苦しむ人のな... [続きを読む]
  • 歩む以外にない
  •  先月の熊本・大分の地震で被害に遭われた方々には、心からお見舞い申し上げます。未だ終わりの見えない日々、一刻も早く日常が取り戻せますようにお祈りしています。  いろいろと…新年度になってから、友のこと、PTAのこと、地域のこと、親のこと、そして自身の生き方のことなどいろんな考え事が目白押しで…そして、この地震。隣県のことであり、直接知った人もいる場所なだけにハラハラしました。幸いにも... [続きを読む]
  • 人を羨む気持ちが
  •  人生も年数を踏んでくると、いろいろ思うことも多いなあ…。親友でさえも価値観のわずかな違いがだんだん広がっていって、さびしい思いをすることもある。経済的なことでやるせない思いをすることもある。 でも、これも自分の選んだ人生。 人の生き方は、経験して深く考えたことのある人にしかわからない。そうでない人にいくら説明したってわからない。 人はその人が乗り越えられる試練がまわってくるのだ... [続きを読む]
  • 再会 〜花の好きなRさんと
  •  3月は何かと忙しくて、常に追われっぱなしのまま、もう下旬。まだまだこれから25日〆切の原稿書き、27日に行う神話語りの準備、29日に行う読みきかせ研修会の準備が覆い被さるように待っているのだけれど…。 そんな中、今日は元同僚のRさんとかねてから約束していたランチへと行ってきました。このランチへ行く直前も小学校に行ったり地域センターに行ったりして、頭の中がパニクりそうな感じだったので... [続きを読む]
  • やるかやらないか
  •  このところ自分の小ささを痛感することが多くて、やらなければいけないことの多さに潰されそうになっていた。…って、まだ過去形ではないのだけれど。 鶏口牛後で小さなグループの代表などもしながらそれ以外のいろんな活動に首を突っ込んで、その中でどうしてもこれは一生をかけてやっていくべきことだと認識するものもあるのに…結局はつまり、そこまでの覚悟はできていなかったということなのだろうか。... [続きを読む]
  • 春が近くまで
  •  今朝、うぐいすの初鳴きを聞きました。ようやく明るくなってきたくらいの頃だったでしょうか、わが家の庭に来て鳴いてくれました。 ただ、鳴き方が…「ホー、ホチョルクリ」でしたが(^^;) 庭の草取りをする時に見つけた、青く小さなオオイヌノフグリや黄色く可憐なヘビイチゴの花。寒い寒いと思いながら、春はたしかに近くまで来ているようです。 昨日から熱を出している次男につきあって、今... [続きを読む]
  • 初雪
  •  今日、宮崎は初雪。…と書くと、寒い地域の方々に笑われそうですが(^^;) 宮崎でも山間部になると雪の降るところはあるけれど、この辺りでは滅多にその姿を見ることはありません。何年か前の暮れに、ウラジロをとりに山へ行った時に雪が降ってたのが最後かなあ。 初雪といっても積もるまではなく、桜の花びらのようにふわふわと舞うのを見る程度です。それでも子どもたちにとっては大喜びの雪。この... [続きを読む]
  • 消防出初式によせて
  •  今日は、市の消防出初式でした。出初式には毎年子どもたちを連れて来てはいたのですが、今年から主人が地域の消防団で副分団長になって、今までとはひとしお違った趣がありました。去年までの活動服とは違い“駅長さんみたい”な制服で参列し、また法被姿に着替えてまといを持っての木遣り歌も。決して体格のいいほうではない(←縦にですよ)主人ではありますが(ゴメン!)、それなりにかっこ良く見えました(^^;)... [続きを読む]
  • 年頭の誓い
  •  明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。 年が明けて、もう5日にもなってしまいました。ささやかな年越しではありましたが、家族や身内・友人知人に誰ひとり欠けることなく新しい年が迎えられたことは一番の幸せであろうと思います。 正月早々から人の生き方について価値観がぶつかることもあり、たとえ身内であってもわかりあえない部分はどうしてもあるのだというこ... [続きを読む]
  • お年玉を「なし」にする
  •  「ごめんね、ごめんね…」と切った後の電話を握りしめて、いつまでも泣いていた。申し訳なさとなさけなさと、恥ずかしさと。 もうすぐお正月が来るというのに本当に今年こそ年が越せないほどのわが家は、去年のお年玉の記録を見ながら狼狽にも似た気持ちでいた。お互いの子どもにはいくらずつ、と取り決めをしていたはずのところでも、余計に多くもらっていたことがわかったのだ。 前までは全部私が管理... [続きを読む]
  • 「賢者」の贈り物
  •  こんなブログを見に来る人はほとんどないと思いながら、そして万が一何かの検索ワードでやってきた人に批判されることも承知はしながら、あえて書きます。 『賢者の贈り物』(O.ヘンリー作)は、本当に賢者でしょうか。 ---貧しい夫婦がクリスマスにお互いに贈るプレゼントを買うお金がなくて、夫は代々伝わる金の時計を、妻は自慢の美しい長い髪を売ってお金に換え、夫は妻に髪に飾るべっ甲の櫛を... [続きを読む]
  • 断捨離? いえいえ、うちは…
  •  今日は2足、靴下を修繕しました。つま先と、前足底のところが薄くなってしまったもの。必ずここが擦れてしまうのですよね。 ビンボーなわが家としては、ちょこっと破れたくらいの靴下は廃棄の対象にはなりません。当然、修繕してまた履きます! ま、靴を脱がなくていいシーン限定ですけど(笑) しかしこの修繕もなかなか時間がないとたまる一方で…かといって今が時間的に余裕のある時期かというとそ... [続きを読む]
  • 不治の病
  •  年末でしないといけないことは山ほどあるのに、“双石山病”を発症している主人(笑)がまた、山へ行こうと力説します。このところ3週間ほど行っていなかった私といたしましては、う〜んと唸りつつもやはり下駄箱から登山靴を出してししまうのでした(^^;)  今日は朝が遅かったので、一通り家事をすませた1時ごろに次男と3人で出発。頂上まで行かずに、第2展望台あたりでおにぎりを食べるつもりで登り始... [続きを読む]