まつやん さん プロフィール

  •  
まつやんさん: 写楽館
ハンドル名まつやん さん
ブログタイトル写楽館
ブログURLhttp://matsuyan1945.blog107.fc2.com/
サイト紹介文風景や草花を主体に趣味で撮っている写真です。
自由文風景や草花を主体に趣味で撮っている写真館です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2008/12/11 23:38

まつやん さんのブログ記事

  • 大山#2
  • 「ブナ林の主」 大山高原/大山町大山の麓、大山町のブナ林は西日本では最大級のブナ林とのこと。 中で出会ったこの大木。樹齢は?ですがまだまだ主は譲れないとの雰囲気を醸し出していました。自分の人生もこうありたいもの・・・ [続きを読む]
  • 始めて訪れた 大山
  • 「大山秋景」 大山高原/鍵掛峠大山は初めて訪れました。 ここ鍵掛峠からの 大山秋風景 は大山撮影の定番の地らしいです。 これは1か月前11/1の秋模様です。 大山は眺める場所(方向)により 山の姿が全く別に見えるんですね。 ここからは 荒々しい山肌が特徴です。 [続きを読む]
  • 上高地#3
  • 「焼岳湖映」 上高地/大正池畔またまた上高地写真。今度は焼岳の湖映です。焼岳のみでは味気ないので大正池の岸辺の木立をシルエットに絡ませてみました。湖面の微かな揺れのお陰で焼岳に油絵調効果が出て、内心気に入ってます。でも一人よがりですね・・・ [続きを読む]
  • 上高地#2
  • 「昇陽を受けて」 上高地/田代池大正池の次は田代池が定番。 定番に従って 大正池での穂高撮影を終え田代池へ直行。 先客は居ましたが三脚設置には何とか間にあいました。 でも昇陽の陽はまだまだ後方、目的の被写体に陽があたり始めるのは1H後か、更に先か? の覚悟でいました。 ところが稜線の間から思わぬ早く陽があたり始め、大量の靄が!この光景に感動して構図決めはそこそこに、とにかくシャッターを押してきまし [続きを読む]
  • 久し振りに上高地へ
  • 「穂高湖影」 上高地/大正池10/21〜裏磐梯撮影、が台風でダメになったので リベンジジで 10/26 仲間3人で上高地へ。早朝、大正池着を目指し、四日市を am1:00 に出発。 運転は仲間内では一番若い人頼み、感謝、感謝。東海北陸道、白鳥で一般道へ(先が工事中で止む無く)。 あかんたな駐車場からタクシー利用、との計画だったけど、待ちタクシーはゼロ。 止む無く始発のバスで大正池へ。 何とか am6:45頃 [続きを読む]
  • 夕焼け狙いだったけど
  • 「さざ波を背に」 海蔵川上流?空が夕焼け状態になったら 赤く染まった川面と彼岸花のコラボ写真を! と ひそかにもくろんでいたけど チャンスは容易には。。。 と言うことで 赤く染まった川面は諦め さざ波の川面で代行しました。  [続きを読む]
  • 恒例イベントで揖斐へ
  • 「収穫後の田」 揖斐町自分の生まれ地は養老鉄道添い。 一時は養老鉄道(その頃は近鉄/養老線)の利用者でした。 その養老鉄道も今や経営が苦しいらしい。 地元では何とか先々までの存続を目指したイベントが催され、この日は養老鉄道を利用した「鮎料理三昧ツアー」で揖斐町へ。 50年余前の養老鉄道利用者の自分も、地元在住の同級生からの誘いを受け参加。 この日はあれこれ味付けを異にした鮎を10匹ほど食し満腹に! [続きを読む]
  • 能登へ
  • 「巌門」 能登金剛お値打ち宿が取れたので 数人で能登方面へ。 第一目的の撮影地は「白米千枚田」。 計画時点では 黄金色の稲穂の棚田、黄昏色に染まる日本海、でした。 でも、棚田は既に刈り取り完了、当日の天候は曇り。 と言うことで「白米千枚田」は止めて、ここ能登金剛へ。 この日は波も穏やかでした。 荒波の迫力は無かったけど絶景でした。 [続きを読む]
  • とっさに撮影出来る準備が必要
  • 「茜色」 自宅前早めの夕食を済ませTVをみながらまったり(´_ゝ`)していたら 隣家の外壁に赤み。 もしや夕焼け? と外へ出てみると 空は見事な茜色! 急いでカメラを持ち出し自宅前でパチリ! こんな状況の時、近場での撮影ポイントを常に意識していれば作品になる秀作が撮れるかも・・・ 併せて、可能性が有りそうな日は 時間に余裕を持って黄昏時の状況ウオッチが大切ですね・・・ [続きを読む]
  • 夏休み対応
  • 「鳥羽湾の朝」 三重県/鳥羽孫の夏休みも終盤 少しは思いで作りに! との思いで 鳥羽へ1泊旅。そのついでに 風景写真が撮れれば儲けもの! と、カメラは持参。 朝、薄陽が射し海面が色付いたので 部屋のガラス面にカメラを押し当て 何とかブレを抑えて(?)撮ったのが この1枚。 作品になるかなぁ? でも陽射しに感謝でした。 [続きを読む]
  • おさぼり撮影
  • 「涼」 四日市市/垂坂公園やぼ用の通りすがり、公園を通り抜ける道沿いの小さな池に睡蓮を発見。 幸い、カメラを持っていたので パリチ。 連日の暑さで、写真撮りに出掛けるのもおっくうな中、おさぼり撮影の1枚です。 もう少し構図に工夫が必要ですよねぇ・・・ [続きを読む]
  • 円原川を訪ねました
  • 「光芒」 山縣市/円原川風景写真ファンなら知るぞ知る(とは言え自分は最近まで?でいた) 「円原川」 を訪ねました。 現地へはam6時過ぎに到着。 撮影ポイントは広くは無く 限られた場所は 三脚でほぼ満杯。 なんとか入り込んで撮影できたのがこれ! 少し横へ出ると後方から警告! 前方下にもカメラマン! 上部には樹木の枝! でも行った甲斐がありました。 自分では大満足の光景でした。 でも、再度行きたいな [続きを読む]
  • (無題)
  • 「涼し気に」 愛西市/船頭平梅雨明け宣言されて以降 曇り日が多く 例年 最も暑い7月下旬 お陰様で? 凌ぎ易い日が多かったのでは?ここ「船頭平公園」の長良川沿いにあるハス池 最近 花の数は減ってはいますが その分 花も混み入ってなく 涼感があります。でも 花の減少は ちょっと寂しいですね・・・ [続きを読む]
  • お地蔵様
  • 「慈悲の眼差し」 奈良/矢田寺ここ「矢田寺」、お地蔵様 発祥の地 と言うこともあり 境内の霊場めぐり順路には多くの お地蔵様。どの お地蔵様も 慈悲に満ちた 優しい眼差しで 行き交う参拝者を 見守っておられるのを 信仰心が薄い自分でも 感じて来ました。 [続きを読む]
  • 奈良/矢田寺へ
  • 「地蔵様」 奈良/矢田寺曇日を見定めて 奈良/矢田寺へ出掛けました。 でも思い通りにはいかず ほぼ好天で 汗をかきかきでの撮影でした。ここ「矢田寺」 「金剛山寺」 が本来の名称らしいですが 矢田の里 から名付けられた 「矢田寺」 が通称になっています。また、境内には 10,000株の紫陽花が植えられていることから 「あじさい寺」 の呼称でも有名になってます。境内には 多くのお地蔵様が 穏やかな表情 [続きを読む]
  • 名港を跨ぐ(2)
  • 「雄姿2」 伊勢湾岸/名港大橋最近、撮影を怠ってました(今も・・・)なので、類似でごめんなさい もう少し 「雄姿」 を強調して縦構図にしてみました。 やっぱり 光 が必要ですね・・・ [続きを読む]
  • 名港を跨ぐ
  • 「雄姿」 伊勢湾岸/名港大橋写真撮影ツアーの帰路、幾何模様に見とれて、車の助手席から撮ってみました。 今日は黄昏時でしたが、過去に 朝焼けの刻、夕焼けの刻にドンピシャでここを通ったことがあり、その光景は”素晴らしい”の一言でした。 また機会に恵まれたら・・・ [続きを読む]
  • 伊那路/桜撮り
  • 『吉瀬の枝垂れ』  駒ケ根市伊那路の桜 もっと ピッチを細かくして紹介するつもりでしたが ついついゆるい性格から ほぼ10日振りに。  この桜は 駒ケ根市/中瀬 多くのカメラマンが立ち寄る枝垂れ やっぱりこの構図も 主役が大きすぎますね 背景の入れ方も中途半端だし・・・ 反省、反省・・・ いつも反省の繰り返し トホホ [続きを読む]
  • 伊那路へ桜撮りに
  • 「栖林寺の枝垂れ」  駒ケ根市4月中旬 会社OB写真愛好仲間で 1泊2日 の桜撮影に行ってきました。過去にも2,3回は同方面へ出かけてはいますが また新たな気持ちで挑みました(ちょっと大袈裟?)自分は事前勉強なしで 仲間にナビして貰うままの行動です(いつものこと)期待は 満開の桜と背景に雪を抱く中央アルプス。 今年は全体的に桜開花が遅いと聞いては出掛けたけど ここは的中でした。そこそこでかなり違うの [続きを読む]
  • もっと近くにもありました!
  • 「ダム湖を飾る」 四日市/伊坂ダムこのダム、何度か当ブログでも紹介してますが、産業用水用の貯水ダムで人造湖です。周囲、約3.6キロ。四季を通してウオーキング、サイクリングを楽しむ人が多く訪れます。周遊路は常に清掃、整備され、市民の健康創りや憩いの場になっています。桜樹も大小多く植わっており、今年はちょっとその気になって写真向き桜を探しに出掛け、この樹を発見。 この位置から見る風景、ちょっといいなぁ [続きを読む]
  • 近隣にも名樹が!
  • 「尾平に咲く」 四日市市尾平町今年は平均して桜の開花が例年に比べ遅いようです?この桜、実は 4/10 に撮ったものです。自宅に近い 四日市市尾平町。車で通り掛かった際 整った樹形が目にとまり 撮ってみました。この頃はまだ3,4部咲きで 満開は数日先の感じでした。でも10日経過した今は 花びらも殆ど散ってました。 やっぱり桜のピークは短いですね。と言う訳で 満開は撮り損ねましたが 近隣でも立派な桜樹が [続きを読む]
  • 花言葉 って ??
  • 「春の妖精」 自宅横の空き地自宅横の空き地(草むら)に毎年咲いてくれます。 この空き地、我が家の管理地でも無く、我が家が当地に住んで数十年、ず〜と空き地のままなんです。 肥料も与えてないので立派には育ってないけど、毎年けなげに咲いてくれ、嬉しい限りです。ところで、この「ムスカリ」の花言葉、ご存じでしたか? netで見たら 「明るい未来」 とか 「通じ合う心」、 一方では 「失望」とか 「絶望」。  [続きを読む]
  • 玄関先にて
  • 「ひと足お先に」 自宅ほぼ1か月、ご無沙汰してしまいました。 少しばかり日常が安定せず、やっと落ち着きモードです。 手抜きついでに一先ず自宅玄関先の「さくら草」を撮りました。 桜樹よりひと足先に咲く さくら、優しい色合いです。 [続きを読む]
  • 三寒四温
  • 「寒日」 自宅庭まさにこの時期は「三寒四温」ですね。 このまま春に向かうのかな?と思えど2,3日後はまためっきり寒い朝。 でも、前日に小雨そして夜半から冷えた朝には、狭い我が家の庭木の葉っぱの縁が霜で輝くプレゼントも! [続きを読む]
  • 趣味っていいなぁ!
  • 「至福の時間」 海津市/大江川?ここ海津市も1月中旬には養老山脈添いでないとはいえ稀な積雪だったとか?。下旬には雪も消え陽射し多いこの日は多くの太公望。偶然に近くを通りかかりお断りをして撮らせてもらいました。趣味に没頭している時は皆さん幸せそう。何より何より。。。 ちなみにここはバスではなく鮒釣りだそうです。 [続きを読む]