hangui さん プロフィール

  •  
hanguiさん: 日本歴史と雑事記録
ハンドル名hangui さん
ブログタイトル日本歴史と雑事記録
ブログURLhttp://red.ap.teacup.com/hangui/
サイト紹介文日本及び中国歴史に興味が有ります。特に好きなものは水上交通史です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供259回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2008/12/12 13:16

hangui さんのブログ記事

  • 日本ビクター?岩井工場跡地
  • [画像]↑は「日本ビクター?岩井工場跡地」のプレートです。広大な敷地にはテレビ工場が有って、日本の花形輸出産業で有るテレビを世界中に出荷してたのです。そこには、大勢の若い男女諸君が働いていたのです。彼等は、一体どこに消えてしまったのだろうか。[画像]↑は、もしも貴方が日本ビクター岩井工場で働いていたとしたら、写真中央右側に見える「松の木」を覚えているだろう。工場敷地内には工場跡を示すものはプレート以外 [続きを読む]
  • 新聞チラシと諸物価
  • [画像]↑は、茨城県南西部地方のスーパーの新聞チラシです。スーパーからお金を頂いて、宣伝してるのでは御座いません。平成も今年度で終わるようですが(平成天皇の退位)、当時の物価を記録として残すためです。本を読むと、その当時の物価を知りたい時が有ります。然しながら、物価変動を記録したものは見当たりません。従って、後世の為に記録として残したいのです。[画像]↑も、茨城県南西部地方のスーパーの新聞チラシです。 [続きを読む]
  • 岩井「将門まつり」に行ってきた
  • [画像]昨日(11日)、茨城県坂東市の「岩井、将門まつり」に行ってきた。将門軍の行列を見に行ったのだが、時間が早く未だ始まってない。待つのも嫌だから、結局は見ないで帰ってきた。↑は路上で行われてる「踊り」だが、ナニナニ団体等と名乗ってるから、愛好家団体の発表会なのだろうか。詳しくは知りません。結局は「アユの塩焼き」を一串(500円)食べて帰ってきた。[画像]↑のような「三輪車」を、どの様に呼ぶのか知らな [続きを読む]
  • 隣のチャボちゃんと我家の菊
  • [画像]↑は「隣家のチャボちゃん」です。このチャボちゃんのお歳は「かなりのお歳で10年以上」は生きているだろう。赤いお帽子の人はお幾つですか?と聞いても知らないと言う。今日(11日)暫くぶりで塀を乗り越え我家にやってきました。以前は我家の庭も縄張りとして、毎日の来てたのですが夏の暑い盛りばかりでは無く、お歳のせいで塀を飛び越える元気が無かったのだろう。全体的に見るとお歳のせいで「鶏冠の色もわるく、尻 [続きを読む]
  • 韓国とは国交断絶するしか無い
  • [画像]出展:東京新聞、11月9日(木)朝刊から(曇天、19℃、61%)近い将来朝鮮半島の韓国と北朝鮮は統一され、新たな国に成るだろう。近い将来とは韓国から連合軍(米国軍)が撤退し、日本の防衛ラインが朝鮮海峡(対馬沖)に成った時からだろう。恐らく、朝鮮半島に新しく生まれる国名は「韓朝鮮国」と呼び、中国やロシアに取り込まれ左向きの国に成るだろう。朝鮮半島の古代史は難解の部分が多く、それは歴史のデッチ上げ [続きを読む]
  • 坂東市の菊花展
  • [画像]↑は、茨城県坂東市の総合文化ホール(ベルフォーレ)で開催してる菊花展です。近郷で菊祭りが有ると、友人との関係でソチコチと顔を出す必要が有るのです。[画像]↑は、一輪挿しでケンを競っているようです。私は素人ですから良し悪しはわかりません。[画像]↑は、どれを見ても凄く綺麗で豪華です。[画像]↑は、菊花を拡大したものです。菊は食べる事が出来き「酢漬け」すれば正月のご馳走にも出来ます。 [続きを読む]
  • 常総市大生郷天満宮の菊祭り
  • [画像]↑は、茨城県常総市大生郷天満宮の「菊祭り」です。天満宮は学問の神様「菅原道真を祀った」もので、日本各地には大小様々の社がソチコチに有るだろう。ここ茨城県常総市大生郷天満宮っとは、菅原道真の三男「三郎」が建てたもので史実です。尚、平将門との関係を言う者がいますが、時代が少し遅れ史実ではございません。[画像]↑は、私の知人の作品で「五重塔」で御座います。立派な作品で手間暇も掛かり技能も必要です。簡 [続きを読む]
  • 一言主神社と菊花展
  • [画像]↑は「茨城県常総市菅生町に鎮座する「一言主神社」で、菊祭りが開催してるので行ってきた。一言主神社は茨城県南西部では「からくり花火」等で有名ですが、なんと言っても「一言のお願で霊験有る事」で有名です。お願い事は「一言のみで」、複数の欲張りなお願い事は叶いません。当今ならば「良い縁談が有りますように!」等が、最も適しているだろう。早く赤ちゃんが欲しい等はお願いしなくても、夫婦に成れば「ア?不思議 [続きを読む]
  • 外国人労働者受け入れの愚策
  • [画像]出展:東京新聞、11月4日(土)朝刊から(曇天、20℃、60%)安倍政権には様々な愚かな政策が有って、日本の将来は危うくするだろう。安倍総理の周囲には悪だくみに秀でた取り巻き連中が居て、こんな愚策を遂行してるのです。但し、その責任はトップの総理に有るのは当然です。憲法改正然りだが、今度の外国人労働者受け入れも愚策の一つだろう。人手不足を補うと言うのだが、景気には変動が有って現在はオリンピック景 [続きを読む]
  • 灯油が高い!及び物価高
  • 我家の灯油は暖房用として買っている。ここ茨城県南西部も朝晩は寒く、ストーブの暖房が欲しい。居間の分は、今年1月に買ったドラム缶の分が残っていたのでそれを使っている。私の部屋のストーブの分が無いので、昨日購入したが恐ろしく高いので下記に記録する。1)今年(平成30年1月5日)購入分ドラム缶:1本+ポリタンク2本で合計18,437円  1.0L/91円2)今年(平成30年11月2日)ドラム缶:1本+ポリ [続きを読む]
  • 将門記(広いの沼)とカンナの花
  • [画像]↑は「広い平野部」だが、実は一面の田圃でございます。往古は将門記に出てくる「広江(ヒロエ)」と言われ広大な沼沢地だったのです。「結城郡案内記」を読むと「南北は七里」、「幅員半里」、「面積四方里」、「旧村三十一」と書かれています。要するに「細長い沼沢地」だったようですが、江戸時代中頃に水を抜き耕地に変えたのです。現在は美田化して、↑の如しです。(参考:飯沼新発記)はるか彼方に雲が漂っていて、そ [続きを読む]
  • 柿は果物の王様及びドリアンとハミクワ
  • [画像]どうやら今年(平成30年)は柿のあたり年らしい。花の咲く時期に暖かい為だと言う。散歩の途中の家々の庭先の柿は、豊作のようです。柿は果物の王様だと言われ、私の大好きな果物です。中国に滞在した時、汚いマーケットには様々な果物が並んでいたが王様と言ったら「ハミクワ」だろう。このハミクワの産地は「西域のハミ地方」だと言う。輸送コストを考えれば高価だと思われるが、安く食べることが出来たのです。尚、値段 [続きを読む]
  • 散歩中に見る日本の将来
  • [画像]↑は、頑張って未だ咲いている「百日草」です。秋のコスモスや早菊の畑の中に咲いています。百日間咲いているから「百日草」と言うらしいが、未だ百日は経って無いのだろうか。[画像]↑は「白菜畑」で、つくっているのは「農業のプロ集団で大型機械を駆使」してます。植え付けや収穫等の手作業は「中国人の若者達」が行えます。彼等は「外国人技能労働者」等でしょう。この畑の持ち主(数名いるが)を知っているが、若者はサ [続きを読む]
  • 平和憲法を擁護する99条
  • [画像]出展:東京新聞、10月30日(火)朝刊から(秋晴れ、17℃、60%)安倍総理が三選を果たしたが、これは多くの国民が支持してるわけでは無いだろう。自民党内には総理を脅かす対抗馬も居ないし、野党間でも共闘が見られ無いから地位が安泰で「やりたい放題の政治姿勢」の様です。本来で有れば、「森加計問題」で責任をとって自ら退くべきなのです。安倍総理の目的は明治維新の血を引き(薩長の亡霊)、日本を背負っている [続きを読む]
  • 奥州相馬氏の故地(手賀沼)
  • [画像]↑は、千葉県我孫子市駅そばの「我孫子市行政サービスセンター(けやきプラザ)」屋上から手賀沼を撮ったものです。屋上には展望台が有って、周辺を一望する事が出来ます。手賀沼と言うのは細長い沼で「狭い沼」だから、この地は「相馬の語源」だとも言われるようです。但し、相馬と言う地名は、古くは平安時代(正倉院)からも見られようです。この手賀沼を中心として栄えたのが、平氏一族の相馬氏です。相馬氏は鎌倉北条氏 [続きを読む]
  • 福島県の秋.冬キャンペーン
  • [画像]所要が有って、暫くぶりで(10年以上?)JR常磐線に乗ってきた。常磐線の取手駅に着くと駅構内には、「福島県の観光案内パンフレット」が有ったので貰ってきた。↑は「そのパンフレット」です。但し、宣伝のうたい文句は「福が満開、福の島」だと言うが少しダサイのです。[画像]↑は、福島県会津地方を走る「只見線」です。この辺の紅葉は早く、本日(10月26日)等は見頃を迎えているかも知れません。福島県には観光地 [続きを読む]
  • 二世「五姓田芳柳が描いた激動の幕末、明治」
  • [画像]↑は、茨城県坂東市「坂東郷土ミューズ(坂東市資料館)で開催する、二世「五姓田芳柳が描いた激動の幕末明治」展のパンフレットです。特別展は欠かさず観覧してるから、いつも招待状が来るのです。今回も早速行ってみる予定にしています。尚、開催期間とか、その他についてはパンレットの下記を参照ください。公立の図書館とか博物館と同じで、月曜日が休館日に成ります。明治から平成30年までは、既に150年を経過した [続きを読む]
  • 秋の夕暮れ(飛行機雲と夕焼け)
  • [画像]秋の夕暮れボヤっとして、西空を見てたら「飛行機雲」が飛んでいる。国内飛行で、成田空港に向かっているかも知れない。その昔はビジネスで、海外に何度も飛んだが今では遠い昔に成ってしまった。[画像]ソフャに横たわり西空をボヤっと見てたら、秋の夕焼けがやってきた。中央の大きな屋根は寺で有る。この瞬間を逃さず、女房を呼んで酒の支度をさせるのも無上の幸せだろう。清少納言も言うが、「秋は夕暮れ、、、、日入りは [続きを読む]
  • 千歯こき(後家倒し)と労働賃金高騰
  • [画像]↑は、浅井忠(1856〜1890)の収穫と題する作品で、日本の重要文化財(芸大美術館蔵)です。我国の洋画界における記念的な作品のようです。農村の秋の収穫を描いたもので「千歯こき」を使用し稲こきをしているには驚きました。千歯こきは別名を「後家倒し」とも言われ、省力化に大きく貢献した農機具です。井原西鶴の「日本永代蔵、元禄元年(1688)」に川ばた弥助が出てきて、発明と勤勉で小百姓から大百姓になり、やがては [続きを読む]
  • 千歯こき(後家倒し)と労働賃金高騰
  • [画像]↑は、浅井忠(1856〜1890)の収穫と題する作品で、日本の重要文化財(芸大美術館蔵)です。我国の洋画界における記念的な作品のようです。農村の秋の収穫を描いたもので「千歯こき」を使用し稲こきをしているには驚きました。千歯こきは別名を「後家倒し」とも言われ、省力化に大きく貢献した農機具です。井原西鶴の「日本永代蔵、元禄元年(1688)」に川ばた弥助が出てきて、発明と勤勉で小百姓から大百姓になり、やがては [続きを読む]
  • 職探し(茨城県南西部)と外国人労働者
  • [画像]↑は、茨城県南西部の新聞チラシのホンの一部です。↑には多くの求人サイトが載っていますが、これは「特定の企業を意識して載せた」ものでは有りません。後世のために平成30年度末(10月)の、賃金、待遇、募集状況等々を知るためです。(為念)平成最後の年に成るようですが(平成天皇生前退位する)、現在は「景気が良く人手不足で有って、それを補うために「外国人労働者」を多く受け入れる予定だと政府は言う。好景 [続きを読む]
  • 今秋初めての富士山を見る
  • [画像]本日(10月21日)は、今秋初めての全国的な秋晴れだと言う。↑は、二階のベランダから富士山を眺めました。我が家からの富士山は、この場所からしか見えませんから何遍撮っても同じです。[画像]↑は、我家から3〜4分歩いて富士山を撮ってみました。これ以上は近づけません。手前の甍は寺のものです。 [続きを読む]