hangui さん プロフィール

  •  
hanguiさん: 日本歴史と雑事記録
ハンドル名hangui さん
ブログタイトル日本歴史と雑事記録
ブログURLhttp://red.ap.teacup.com/hangui/
サイト紹介文日本及び中国歴史に興味が有ります。特に好きなものは水上交通史です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供266回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2008/12/12 13:16

hangui さんのブログ記事

  • 北越雪譜
  • [画像]出典:北越雪譜、教育者新書版、濱林太郎訳(鈴木牧之像)毎日寒い日が続いているが、こちら茨城県南西部地方には降雪が無く、毎日がカラカラ天気です。要するに「ウイルス」がうようよと漂っていて、風邪引きさんが多いから学校などは休校に成っているらしい。江戸時代後期に書かれた著作で「北越雪譜」と言うのが有るらしい。雪の少ない地方から見れば雪への憧れや、疑似体験が出来ると思われるから是非とも読んでみたい本 [続きを読む]
  • 危うし日本の原発政策(それで良いのだ!)
  • [画像]出典:東京新聞、1月18日(金)朝刊から(晴天、10℃、53%)↑は、日本企業が原発を売り込んでいた国々だが、全ての国々でご破算になってしまった。世界平和と安全の為には真に芽出度く、特にリトアニア、台湾等での否決や凍結は喜ばしい。安倍総理の言う、悪魔の原発輸出を輸出の柱にする等は根底から否定されたのです。それほど安全なら、東京湾につくっては如何でしょうか。福島県浜通りの富岡町には「東京電力廃 [続きを読む]
  • 水仙を見付けました
  • [画像]昨日(16日)市の図書館に行ったら、敷地内に有る「二水会館」脇の陽だまりに「水仙」が咲いていました。水仙の種類は知らないがまぎれも無く早春の花で、春は確実にやって来てるのです。茨城県南西部の今冬は、いつに無く厳冬で雨が降らず空気はカラカラです。従って「風邪引きさん」が多いのです。図書館内は暖房が効き、入室すれば春の暖かさです。従って、老人達の居場所としては最高の避寒場所です。但し、大きな鼾を [続きを読む]
  • 安倍総理は反戦の知を受け継いで(梅原猛)
  • [画像]出典:東京新聞、1月16日(水)朝刊から(晴天、13℃、60%)連日、晴天だが風が有って空気はカラカラです。塗装屋さんの職人さん達も、風邪を引き3〜4日のお休みです。皆さん喉をやられ咳が出るし、熱も有るようです。梅原猛氏の日本学の原点は、日本の本土空襲に有るそうです。空襲が有るとて、本土ではソチコチに防空壕が掘られたのです。梅原猛が学生だった頃、空襲時に自分が入るべき防空壕に間に合わず、空襲 [続きを読む]
  • いざ見参!なでしこジャパン
  • [画像]出典:東京新聞、1月14日(月)朝刊から(晴天、13℃、65%)↑は、今年(’19年)フランスで開かれるサッカー女子ワールドカップ大会(6月開始)について書かれたもので、「 」で拡大します。今回の大会はベテランと新人が上手く噛み合って「優勝間違えない」だろう。なにせ「なでしこジャパン」の皆さんは根性抜群で「試合を捨てず最後まで戦う」スタミナと闘志を持っているのです。撫子(ナデシコ)と言 [続きを読む]
  • 韓国をぶちのめす
  • [画像]出典:東京新聞、1月12日(土)朝刊から(曇天、9℃、60%)韓国が二度と立ち上がれ無いように「徹底的にぶちのめせ」と言うのが、日本全国民の切なる願いだろう。ぶちのめせとは穏やかでは無いが、これは「なでしこジャパン」と韓国女子チームとの戦いで他意は有りません。なでしこジャパンは根性抜群だから、必ず期待に応えてくれるだろう。↑の如く、韓国のトップが文大統領に交代した途端に、日本に対する逆恨みが [続きを読む]
  • 中国はどこに行くのか
  • [画像]出展:東京新聞、1月11日(金)朝刊から(晴天、10℃、56%)↑は、遅かれ早かれ必ず規制されるべき事柄で有って、独裁国家へ直線的に進んでいるわけです。それにしてもポルノ規制等とは「おへそで茶を沸かす」可笑しさでしょう。国家指導者への侮辱等は分かりますが、侮辱する者がいれば即死罪に成るだろう。規制と言うのは、どの様な法律に基ずくのかは知らないが、中国に法律等は無いと思えば良いのです。法律は国 [続きを読む]
  • 地球温暖化だって!(原発屋の失敗)
  • [画像]↑は、昨夜(9日)の茨城県南西部の厳冬の夕べです。ここ茨城県南西部も連日連夜の厳冬で、年寄りの身には堪えます。日中も10℃以下で、北風が吹けば更に寒さが堪えます。この様な愚痴を言うと北国の者には笑われるだろう。ここ近年は地球温暖化等と言われますが、確かに夏は暑いのですがそれが本当の夏の姿だろう。地球の歴史を調べれば気温の変化等は、大きく劇的な変動などは無く現在と余り変わりは無かったのかも知れ [続きを読む]
  • 家の外回り塗装と茨城県
  • [画像]↑は我家の外回り塗装風景です。昨年塗装屋さんと契約し、今年の仕事始めから開始した。ここ茨城県南西部の2〜3月は、北又は北西の風が強く塗装仕事はやり難いから仕事始めに依頼したのです。我家は30数年も経ったぼろ屋で、公道の傍で見すぼらしいから外観だけは綺麗にしたいのです。職人さんにとっては、生憎の寒い仕事始めだが頑張っていただいている。WEB では、茨城県内の家の塗装とか土地や家屋の値段について、契 [続きを読む]
  • なでしこジャパンは常に勝たなければ成らぬ!
  • [画像]出典:東京新聞、1月7日(月)朝刊から(晴れ、厳寒の日、58%)いよいよ始まる女子W杯フランス大会だが「なでしこジャパン」は、必ず勝ち進み栄光を手にしなければ成らないのです。それが、なでしこジャパンに課せられた宿命です。高倉監督はチームの心を一つにまとめ、必ず優勝しなければ成らない。一度崩壊したなでしこジャパンだったが、漸くにして個性豊かなテクニシャンと根性の有るメンバーが揃い優勝のチャンスが [続きを読む]
  • 原発反対に経団連が動いた
  • [画像]出典:東京新聞、1月5日(土)朝刊から(晴天、8℃、55%)↑が真実なら、福島県人は躍り上がって喜ぶだろう。なにせ福島第一原発の過酷事故で、生まれ故郷を失ってしまったのです。否、福島県人のみならず日本全国民も同じでしょう。調子に乗って原発稼働中のに西日本に点在する原発群も、必ず過酷事故を起こし日本地図から地域が消滅してしまうのです。伊方原発等は良い度胸で南海トラフ地震が起きれば、原発そのもの [続きを読む]
  • 護符と御朱印
  • [画像]↑は昨日、元三大師(ミテグラの安養寺)で買った「護符」です。護符には霊力(厄除け身体安全)が有って願い事を叶え身を守ってくれるのです。但し、その霊力は残念ながら一年限りで、来年には新たに買う必要が有るのです。普段は財布やカバンに入れても良いだろう。又、描かれてるお姿は、お大師様が修行中を表しているそうです。言い忘れたが、部屋を守る時は必ず出入り口の頭上に貼ってください。と香港人に聞いた事が有 [続きを読む]
  • 初詣に行ってきた(元三大師)
  • [画像]元三大師(ミテグラの安楽寺)に初詣に行ってきた。元三と言うからには正月三日が初詣の日で、大勢の参詣客で賑わいます。この安楽寺は、作家の今東光氏が住職だった時も有るようです。敷地も広く四季それぞれに景色が有るし、野鳥の天国でも有るそうです。この安楽寺の元は現在地より更に北側に建っていたようです。然しながら、いずれにしても鬼怒川の流れとは密接な関係が有って、参詣は舟も利用したのだろう。[画像]↑は [続きを読む]
  • 残り物には福が有る(柿と小鳥)
  • [画像]新年の挨拶廻りで親戚の家に行ったら、庭の残り柿に雀やヒヨドリ、カラス等が群がっていました。昨年は柿が豊作だったから、人間様は食べ放題だったのです。食い飽きたので、残して置いたのが↑の写真です。写真の下方には、柚子が見えますがこれも大豊作でした。ゆず湯以外には、お新香に絡め食べると美味しいのです。今年も、果樹類が大豊作に成る事を祈っている。 [続きを読む]
  • 平成の大事件を選ぶ
  • [画像]出典:東京新聞、12月31日(月)朝刊から(晴天、10℃、54%)本日は平成最後の年(平成天皇の退位)に成るから、東京新聞では平成の大事件を選んでいる。色々と有って選ぶのが難しいが、私にも間接的に触れる「東日本大震災」とそれによって引き起こされた「福島第一原発の過酷事故」だろう。自然災害は諦めるとして、それに伴う福島第一原発の過酷事故は泣いても泣き切れません。あれほど安全だ!安全だ!と叫んでい [続きを読む]
  • 古寺の門松と菩薩様
  • [画像]↑は、近のに寺の門松で檀家さんが出てつくっていました。梅の代わりが南天なのだろう。古寺の門扉に、南天の赤い実が鮮やかです。[画像]↑は、境内に有る観音菩薩ですが名は存じません。千の手がある様で、これは千の手で人を災難から救上げてくれるのかも知れません。 [続きを読む]
  • 蝋梅の咲く古寺(元三大師)
  • [画像]↑は、近所の古寺に咲く蝋梅です。花弁が蝋で造ったようで蝋梅と言うのだろう。隣家のオバチャンの庭には立派な蝋梅の木が有って、今頃は綺麗に咲いていたのです。残念ながら、駐車場を広くするとて切り倒してしまった。[画像]↑は常総市満蔵(ミテグラ)の安養寺(通称は元三大師)の庭に咲く蝋梅です。この寺は由緒正しき天台宗の古寺で、元三と言うからには正月三日にはだるま市も立ち、参詣客で賑わうのです。写真を撮り [続きを読む]
  • 福島第一原発事故責任者の裁判
  • [画像]出典:東京新聞、12月27日(木)朝刊から(曇天、11℃、66%)↑は、福島第一原発の過酷事故を起こした時の、東電責任者の論告求刑公判に出廷した三羽カラスです。今更ながら、彼等三羽カラスが聞く耳を持てば、福島県浜通り地方の壊滅はなかったのです。三羽カラスとは石黒一郎元副社長、勝俣恒久元会長、武藤栄元副社長の三名です。実際には、これ以外にも責任の有る者が多く居て、原発御用学者、深く関わった政治家 [続きを読む]
  • おっちょこちょいな韓国海軍の一兵士
  • [画像]出典:東京新聞、12月26日(水)朝刊から(曇天、10℃、68%)↑の記事を解説する必要も無く、この事件は韓国海軍の一兵士が起こした危険な案件だろう。朝鮮人はナゼか日本を振り向き必要以上に「頭に血がのぼる」者が多いのです。振り払っても、振り払ってもブルドックの様に食らい付くのです。その癖に「腕力の有る者には滅法弱く」ひれ伏してしまうから不思議です。例えば、中国には一言半句の嫌味ごとは言わないの [続きを読む]
  • 中国はいつの間に世界経済大国に成ったの?
  • [画像]↑は、冬至時に我家から見た夕陽です。前の家が邪魔して、シッカリとした陽の落ちる位置がわかりません。かなり南に寄った事に間違え有りません。さて今日(平成30年12月25日)の株価だが、20,000円(MAXでは24,000円代)を切ったようです。この株安は1.4ケ月以来の安値で、アジアの株式市場も同時に下がったのです。景気の良い時の自民党が言うには「我々の政策が良いから!」と宣うのですが、そんな [続きを読む]
  • 梅もどきの実が凄い!
  • [画像]我家のベランダから富士山を撮っていたら、近所の家の庭に赤い実をつけた「梅擬(ウメモドキ)」が見える。散歩の途中に寄って撮ったのが↑の写真です。実に立派な梅擬で、赤い実は、厳冬の時期の野鳥達の餌に成るだろう。賢いさんだから、恐らく目をつけているに違えない。我家の梅擬も実に立派に沢山の実をつけてたのですが、老木化し洞が出来て元気が有りません。実が少なく又、実に張りが無いのです。恐らく、それまで楽 [続きを読む]
  • 地震考(随筆文学選集ー8)及び3.11の前震の有無
  • [画像]出典:随筆文学全集ー8(書斎社昭和2年刊)より(曇天、12℃、68%)↑は、江戸時代の文政12年に京都及びその周辺で起きた地震で、「理科年表」にも記されています。江戸時代後期に書かれた「地震考」として珍しいものです。著者は「「小島涛山で、その門下生が補筆したものらしい。日本列島は、世界有数の地震で怖いものの筆頭が地震です。然しながら地震が何故起きるかは知らず、地下のプレート同士が「ぶつかり合 [続きを読む]
  • 正月用の酒と濁酒
  • [画像]↑は、茨城県南西部の新聞チラシで、酒類の広告でその一部です。正月には、お客さんが来るから酒の準備が必要です。正月も残すところ10日間だから、正月の準備が必要です。我家の酒は洋酒(女房はサントリー角瓶、私は髭のニッカ)だが、お客さんの為には日本酒、ワイン、焼酎、ビール、梅酒等が必要だろう。お客さんの要望に答え用意しなければ成りません。昔と比較して酒類は安くなってるようで、特に洋酒の安さには驚き [続きを読む]
  • パチンコ業界の落日
  • [画像]↑は、茨城県南西部某都市部の新聞チラシでパチンコ店のものです。パチンコ店のチラシは毎日にように挟まれて来るが、パチンコ業界は現在斜陽産業で潰れる店も多いそうです。チラシには「パチンコ、パチスロは適度に楽しむ遊びです」と書かれています。これは賭博性の「のめりこみを注意してる」のだろう。かっての女子マラソンの女王「高橋尚子氏」は、パチンコにのめりこみ、その打ち込む姿には鬼気迫るものが有った(有る [続きを読む]
  • 外国人労働者
  • [画像]↑は、茨城県南西部で著名なホームセンターの新聞チラシの一部です。今年もアレヨアレヨと言う間に、一年が過ぎようとしてます。今週末には冬至とクリスマスが来て、それを過ぎれば新年を迎えるのに多忙です。来年(5月)は平成天皇が退位し、新たな元号に成ると言う。どの様な年に成るのか、誰にも予想が出来ません。日本の少子高齢化社会の現出で人手不足だと言われ、中国や東南アジア諸国から「労働力を得よう」としてる [続きを読む]