くりがしら さん プロフィール

  •  
くりがしらさん: やれなかった・やらなかった・どっちだろう
ハンドル名くりがしら さん
ブログタイトルやれなかった・やらなかった・どっちだろう
ブログURLhttp://sfreak.blog24.fc2.com/
サイト紹介文血統(配合)でPOG優勝を目指す奮闘記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/12/12 19:39

くりがしら さんのブログ記事

  • デイリー杯2歳S プチ血統予想
  • こんばんは。先週のアプルーヴァル大敗のショックでおちこんだりもしたけれど、私はげんきです。気を取り直してデイリー杯2歳Sの予想を頑張ります。◎ メガリージョン母のサンクスノートは京王杯SC勝ちなど、千四以下で5勝を挙げたスプリンター。ただ父のサクラバクシンオーはともかく、母方にはヘイローやセクレタリアトなど、軽さ・柔らかさに富んだ血を多く抱えています。マイラーとして活躍したグランプリボスのような血統構 [続きを読む]
  • 身内POGでタガノエルフを指名しました
  • キンシャサノキセキは父親のフジキセキと似たところがあり、配合的なツボがハッキリとはしていません。スピードはしっかりと伝えるものの、個性の薄い醤油顔タイプです(伝わるかな…)なのでキンシャサ産駒を狙う場合は、なるべく母方に面白い仕掛けがあって、そっちの個性が際立っているような馬を選ぶようにしています。その作戦で去年はモンドキャンノ、今年はカシアスと連続して上手く行ったので、調子に乗ってもう1頭指名す [続きを読む]
  • 身内POGでアプルーヴァルを指名しました。
  • 現状、オルフェーヴルに対する僕の考えは「中距離版ダイワメジャー」。ということで、ダイワメジャーと相性の良い『トニービン』持ちに注目して、本馬を指名しました。母方にトニービンを持つダイワメジャー産駒の牡馬は、アーリントンC勝ちコパノリチャードや、新潟2歳S勝ちフロンティア、デイリー杯2歳S2着ボンセルヴィーソ、橘S勝ちフロンティアなどを出しています。ただトニービンを持つ競走馬は、POG期間に完成しない場合が多 [続きを読む]
  • 京王杯2歳S プチ血統予想
  • ファンタジーSの結果は、1着(…)ベルーガ、2着(△)コーディエライト、3着(△)アマルフィコースト。今日はお出掛けしていてまだレースを見てないのですが、予想は全く当たらず……(´・ω・`)気を取り直して明日の京王杯2歳Sでリベンジします!!京王杯2歳S◎ タワーオブロンドンロードアットウォーやサドラーズウェルズから硬質な機動力をしっかりと補う構成。ピリッとしたパワースピードによる加速性に優れているため操縦 [続きを読む]
  • ファンタジーS プチ血統予想
  • 最近あまりにも水面下での活動が多すぎて、このままだと「くりがしら」という存在そのものを忘れられてしまいそうな今日この頃。リハビリがてら、当たらないことで有名な競馬予想をしてみることにしました。ファンタジーS◎ アルモニカロードカナロア×ディープインパクトという組み合わせは、ラストタイクーン≒ストームキャット≒アルザオになり、柔らかな切れ味が大きく増幅されます。本馬はメスなので、これくらい柔らか味が [続きを読む]
  • 身内POGでヒシコスマーを指名しました
  • こんばんは。萩Sは7頭立てだからラクに賞金稼げてラッキーと思っていた、アドマイヤキング指名のくりがしらです。身内POGでヒシコスマーを指名することにしました。今週の追い切りはキタサンブラックと合わせていますが、本馬はそのキタサンブラックと同じ、リファールのクロスを持つブラックタイド産駒。このクロスを持つ同種牡馬産駒の牡馬は、27頭いて勝ち上がりは4頭だけなので、ニックスというわけではないと思います(^_^;)た [続きを読む]
  • 身内POGでネプチュナイトとコンキスタドールを指名しました
  • 去年ルーラーシップの考察をブログで書いた時、リヴァーマンとシアトルスルーが好相性なんじゃないか説を唱えました。当時の記事を改めて読み直してみましたが、そういやあの時ってアドミラブルがデビューを迎えたときだったんだなあ。まさかあれから青葉賞を勝って日本ダービー3着になるなんて、全く想像してませんでした(笑)思い出話はさておき、ルーラーシップについてはリヴァーマンやシアトルスルーなどの「ナスルーラ×プリ [続きを読む]
  • 身内POGでアドマイヤキングを指名しました
  • 最近僕が指名した馬を紹介する時、何だかいつも同じようなこと言ってる気がするんですけど、調教がどうもパッとしませんね〜(^_^;)ノーザンファーム生産のキングカメハメハ産駒の牡馬のうち、母方にサンデーサイレンス+トニービン+ノーザンテーストを持つ馬は8頭。そのうちドゥラメンテ、ラブリーデイ、ミッキードリーム、ヴァナヘイムの4頭がPOG期間の重賞を連対しています。キンカメ×トニービンは晩成傾向が強いため、仕上が [続きを読む]
  • 身内POGでハットワンスターを指名しました
  • スクリーンヒーロー産駒の牝馬は、3〜6歳の4世代で52頭おり、そのうちPOG期間の勝ち上がりはわずか7頭。牡馬が大当たりを出しまくっているのに対し、牝馬は期間後を含めても2勝馬が3頭のみ(期間内2勝はメローブリーズ1頭)。それはもう悲惨な成績となっています。本来なら指名する予定はなかったのですが、6月当初に狙っていた指名候補たちが全然音沙汰なくて、このままだと指名枠を大量に余してしまいそうな予感。。。(^_^;)とい [続きを読む]
  • 身内POGでバブリーバローズを指名しました。
  • 最近はステイゴールドのことをブログで書くことも少なく(ブログ自体あまり更新出来てませんが…)、知らない方も多いと思いますが、僕はステイゴールド×ミスタープロスペクターが大嫌いです。しかし今回指名するバブリーバローズは、母方にミスプロ直仔のミスワキを抱えるステゴ産駒。こんな日がくるとは思ってもみませんでした。……というのは冗談で、バブリーバローズにおいてはミスプロの存在は全く気にしていません。指名し [続きを読む]
  • 身内POGでゴライアスを指名しました。
  • ゴールドアリュール×キングカメハメハということで、まず注目すべきはヌレイエフ3×5のクロスです。このクロスはゴールドアリュールのパワーを大きく増幅するもの。クリソライトやシルクフォーチュンなどの活躍馬を出しています。ただゴルア×キンカメという組み合わせは、ヌレイエフのクロスの他にも、リラクタントゲスト≒ラストタイクーン(3×4)のニアリークロスも発生します。こちらはどちらかと言えば、柔らかさを引き出し [続きを読む]
  • 身内POGでレイエンダを指名しました
  • 本馬の全兄は、今年の日本ダービーを勝ったレイデオロ。正直に白状しますと、僕はレイデオロがデビューする前は、ダート馬になりそうだなと思ってました(^_^;)負け惜しみを言うわけではありませんが、キンカメ×ラドラーダという組み合わせは、ダート馬に出る可能性も十分にある構成だということは、今でも思ってます(まあほぼ負け惜しみです、笑)。ただレイデオロはれっきとした芝のチャンピオン。これは完全に僕の判断ミスです [続きを読む]
  • 一口クラブの考察記事の販売について
  • 昨年までSNSの「note」で3年間販売していました、東京サラブレッドクラブ、キャロットクラブ、シルク・ホースクラブの1歳馬の血統考察ですが、今年はお休みさせていただくつもりでいます。以前ブログで報告しましたが(下記リンクを読んでください)、今年は一度素人ブロガーに戻り、血統と一から向き合う年にしようと思っています。http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1696.html自分の血統論は何のためにあるのか。それを [続きを読む]
  • ミッキーマインドVSロードマドリード
  • 今週はミッキーマインドとロードマドリードが対決する新馬戦に注目しています。この2頭、どちらも良い配合をしています。ミッキーマインドはキズナやエイシンヒカリ、ヒラボクディープ、ハートレーを送り出す「ストームキャット+ウォーレリック」のパターン(キズナはウォーレリックの全妹スピードボート持ち)。ロードマドリードはミッキーアイルやサトノアーサーと同じ「ダンジグ+スペシャル」の構成です。以前ブログに書いた [続きを読む]
  • 身内POGでアドマイヤアルバを指名します
  • ハーツクライ産駒の牡馬のうち、POG期間に重賞を勝った馬は8頭。大雑把に活躍馬の傾向をまとめると、以下の2点があがります。ポイント1.母父の血統内にアメリカ血統が豊富ワンアンドオンリー(母父タイキシャトル)ジャスタウェイ(母父ワイルドアゲイン)ウインバリアシオン(母父ストームバード)スワーヴリチャード(母父アンブライドルズソング)ロジクライ(母父マキャベリアン)フェイムゲーム(母父アレミロード)ベルラッ [続きを読む]
  • ダノンプレミアムを考える
  • 今週日曜の阪神新馬戦は、評判の良い馬たちが揃う激戦区となりましたね。せっかくなので、その中からダノンプレミアムを考察してみようと思います。注目は母父のインティカブ。インティカブはアメリカの血統を多く含んだパワー型の血です。ディープ×インティカブからは日本ダービー2着のサトノラーゼンが出ていますね。そのインティカブが持つ血の中でも、ディープと相性が良い血として紹介したいのが、ダマスカスとクラフティプ [続きを読む]
  • 身内POGでカシアスを指名しました
  • キンシャサノキセキは、どっちかといえば個性の薄い醤油顔のスピードタイプ(意味不明)配合的なツボもハッキリとはしていません。このあたりは父のフジキセキと似てるのかな(^_^;)なのでキンシャサ産駒を狙う場合は、なるべく母方に面白い仕掛けを持っている馬を選ぶようにしています。カシアスの母ラブディランは、ノーザンダンサー4×5、バックパサー5×5のクロスを持つ繁殖牝馬。デインヒルとポリッシュプレセデントの頑丈さが [続きを読む]
  • 身内POGでサナコを指名します。
  • ダイワメジャーってノーザンテーストの頑丈さを強めに伝えるので、産駒は牡馬の方が活躍しそうだな〜と以前は考えていました。でもPOG期間の重賞馬をみると、牡馬3頭、牝馬6頭と、牝馬の方が倍多いんですよね。ダイワメジャーの配合の基本方針は、ノーザンテーストの硬さを解すこと。しなやかな血を母方からタップリとつぎ込むことが多いので、それを切れ味として活かせる牝馬はいいのですが、牡馬にとってはかえってパワー不足に [続きを読む]
  • 身内POGのドラフト指名馬
  • 月曜日に身内POGのドラフトに参加してきました。詳しくは下記のリンクを読んでもらいたいのですが、うちのPOGは特殊なルールでやってまして、ドラフトの指名馬が実際の指名馬というわけではありません。http://sfreak.blog24.fc2.com/blog-entry-1718.html一応ドラフト時はこんな馬に注目してました〜という報告がてら、僕のメジャー枠、マイナー枠の指名馬を掲載しておきます。今回、指名候補にピックアップした馬が、他のメンバ [続きを読む]
  • 脳内POGカップ 15頭の指名理由
  • 脳内POG BLOGさんが主催されている「脳内POGカップ2017-2018」。そこで指名した15頭と、指名理由を書いていきたいと思います。血統同人誌『配合パズルでアタリはわかる』シリーズで培った“配合パズル論”。サラブレで4月まで連載していた『QN 〜厩舎ニックスリサーチ姉弟〜』の“厩舎ニックス論”。この2つをフルに活用し、最強の15頭をピックアップしました。昨期はモンドキャンノとアドミラブルが頑張ってくれたものの、順位 [続きを読む]
  • レピアーウィットを考える
  • おそらく身内POGで指名することになると思うので、紹介がてら考察しておくことにします。本馬は芝・ダートの両方で活躍したGⅠ馬アジアエクスプレスの全弟。ストームキャットとコジーンを通じる、セクレタリアト≒サーゲイロード5×6のクロスを持つので、芝で走れるのも納得ではあります。しかし本質的にはダートの方が良いような気はします。本馬の4代母リヴァークロッシングは、アドミラルズレディとアイアンメイデンとポーテー [続きを読む]