まるく さん プロフィール

  •  
まるくさん: まるくFXトレード備忘録
ハンドル名まるく さん
ブログタイトルまるくFXトレード備忘録
ブログURLhttp://marukufx.blog.fc2.com/
サイト紹介文フィボナッチと一目均衡表を使ってFXトレードをしてます。トレード記録とアイディアを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 17日(平均4.9回/週) - 参加 2008/12/12 21:44

まるく さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • EURNZDのショート
  • EURNZDが良い形になりましたのでショートしました。まずは日足チャートをご覧ください。過去の高値H1をH2が上抜けた後、H1を下回りましたので、高値更新に失敗した形になりました。下降する前兆です。続いて、1時間足チャートをご覧ください。上昇トレンドXYZの後、AがYを下抜きましたので1時間足レベルで上昇トレンドを否定した形になりました。ZAの76.4%であるBは先行スパンAの最高値とほぼ同値です。ここから下落 [続きを読む]
  • NZDUSDは下値模索
  • 昨日の記事で書きましたAUDUSDと同様、NZDUSDも下落が続いています。普通に考えればショートエントリーをした方が有利ですが、ポジションをとるタイミングによって全く利益にならない場面もあります。まずは日足チャートをご覧ください。一見するときれいな下降トレンドのようですし、教科書的には「下降トレンドですから、安値を更新したらショート」、もしくは、「下降トレンドですから、戻りを待ってからショート」 [続きを読む]
  • AUDUSDの下落
  • まずはAUDUSDの週足チャートをご覧下さい。それまで実線と遅行スパンが同じ動きをしていましたが、実線が上昇を始めるタイミングで遅行スパンは上昇せずに安値を更新しました。(白丸で囲った部分)つまり、実線と遅行スパンの同調が崩れました。さらに、このとき先行スパンAとBも割り込みましたので豪ドルの下落は決定的です。私もこのときショートエントリーしました。ところが、直近安値Aと直近高値Bの61.8%の水準に平行する先 [続きを読む]
  • ユーロ円について
  • ユーロ円の週足チャートをご覧ください。直近高値Aから直近安値Bまで下落した後、ABの61.8%まで戻しました。この61.8%の水準には先行スパンAがあり、上値を抑えられています。問題なのは、このときの遅行スパンです。白丸で囲ってある部分に注目してください。これから下降しようとしている基準線に遅行スパンがぶつかって少し下落しています。①61.8%の水準に下降を始める基準線がある。②そこに遅行スパンがぶつかる。③ [続きを読む]
  • CADJPYをショート
  • 今週はカナダドル円をずっと観察していました。まずは、週足チャートをご覧ください。直近高値Aと直近安値Bの76.4%が一目均衡表の先行スパンAの最高値と一致しています。このようなところは、いったんは下落するところなので、反発を待ってからショートしようと思いました。続いて、日足チャートです。遅行スパンが高値Cの上を通過していました。時間的にも下落しやすいタイミングです。窓を開けて始まった今週月曜日の安値を [続きを読む]
  • ユーロドルは下方向へ
  • 9月30日の記事でユーロドルについて書きましたが、その後の動きを見てみましょう。ユーロドルの日足チャートです。1.178辺りにある抵抗を上抜けてからロングをするつもりでした。その前提として、先行スパンAとBが陽転する日から上昇を始めてほしかったのですが、ABの61.8%を下回ってしまいましたので、上昇の力は弱そうです。むしろ、安値を更新する可能性が出てきましたが、下には支持帯がいくつもありますから、ショートは [続きを読む]
  • ドルスイスのロング利確
  • 9月27日のトレードで書きましたドルスイスののロングポジションですが、抵抗帯にぶつかりましたので利確しました。日足チャートをご覧ください。勢いよく上昇しましたが、昨日は75日移動平均線で止まり、急降下している先行スパンAに上値を抑えられています。ここから上昇する可能性は捨てきれませんが、時間がかかると判断して利確しました。現在、CADJPYが面白い動きをしてますので、注目しています。条件が整えばポジションを [続きを読む]
  • ポンドドルはもみ合いへ移行
  • ポンドドルの週足チャートをご覧ください。200週移動平均線で上値を抑えられて下落を続け、1.2662(D)で反発を始めましたが、このまま上に行きづらいと思われます。理由としましては、①ABの38.2%に先行スパンAがあり、小反発をしたものの、下回ってしまった。(C)②ABの38.2%がBDの38.2%で、そこから下落する可能性がある。の2点です。かといって、そのまま下落を続けるのも難しそうです。その理由は①AからB [続きを読む]
  • ユーロドルのもみ合い放れ
  • ユーロドルはもみ合いが続いております。週足チャートをご覧ください。高値Bと安値Cの38.2%戻しに当たる1.178近辺では、過去に何度も上値を抑え込まれてますので、ここが抵抗ラインだと分かります。また、何度も下値攻めに失敗して弾かれた1.155近辺でしたが、8月にブレイクしたものの、200週移動平均線に弾かれて再びもみ合いゾーンに入ってしまいました。いずれはこのもみ合いゾーンを抜けだすでしょうが、週足チャートを [続きを読む]
  • ドル円の上昇はいつまで続くか
  • 株価の上昇に合わせてドル円も上昇しています。今後の動きを予想してみました。ドル円の週足チャートです。7月8日の週にABCDのペナントを一度上抜けましたが、これはダマシになりました。この時にはABの半値水準(下の黄色の水平線)で反落しましたが、今週はそれをしっかり上抜けましたし、200週移動平均線も終値で上抜けましたのでペナントをブレイクしたと思われます。いずれは最高値Aを超えていくかもしれませんが、 [続きを読む]
  • 2018年9月27日のトレード
  • 21時59分 USDCHF ロング 0.97367ドルスイスの4時間足のチャートです。下降トレンドで推移してきましたが、Y点を終値で抜きましたのでロングポジションをとりました。BCの361.8%あたりに強い抵抗帯が見られますので、0.99405の手前を目標値にしました。 同じくドルスイスの週足チャートです。一目均衡表の先行スパンAが上昇するタイミングで、遅行スパンも上昇する実線にぶつかりましたので、時間的にも上昇するタイミング [続きを読む]
  • 過去の記事 …