Nory* さん プロフィール

  •  
Nory*さん: Nory@Side Home Dad*
ハンドル名Nory* さん
ブログタイトルNory@Side Home Dad*
ブログURLhttp://homemakerdad.blog.fc2.com/
サイト紹介文26年目 家事を楽しみ、家族に尽くす 兼業主夫 の毎日。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/12/14 15:24

Nory* さんのブログ記事

  • 欧州鉄道旅 その11 『Chemin de fer Baie de Somme No.2』
  • こりゃすごい 主夫です。SNCFとの接続駅NOYELLESで3714号機が機廻りしている間に、もう1列車が到着しました。ブルーの車体の101号機。これも機廻りします。3714号機がけん引してきた客車側にやってきました。そして連結。何やら打合せ?出発準備完了です。そう、路線図でみると、3714号機はLe Crotoy−Noyelles間の担当。101号機はNoyelles−St.Vallery間の担当のようです。先に3714号が出発しているので、101号も後を追いかけて [続きを読む]
  • 欧州鉄道旅 その10 『Chemin de fer Baie de Somme No.1』
  • 念願達成 主夫です。今回の旅行で、カミさんが北仏の街Lilleで生活されているGodMotherに会いたいとのご希望なので、主夫はもちろん快諾しました。移動距離がLyon⇒Lille感は700kmと長いけれど、TGVなので楽々。それに主夫には別の目的が。以前から訪れたかった『Chemin de fer Baie de Somme』。念願がかないました。(HomePage)Le Crotoyにある始発駅に到着。列車の発車は1時間後ですが、それまでにお楽しみが有ります。色が統一 [続きを読む]
  • 欧州鉄道旅 その9 『Funiculaies de Lyon』
  • 見逃せません 主夫です。野良猫がカリカリを跨いで通るほどの食の街Lyon。「鉄」にとって跨いで通れないのがこれ!『Funiculaies de Lyon』です。(pdf)落ち着いた赤と薄いベースの車体がかわいい。古いのかな?と思ったら結構運転席は最新式。でも、窓のデザインとかも古い車両をイメージしたデザインで、主夫好みです。Satint-Jean麓の駅を出発絵になるわ〜こちらからもSatint-Jean駅にはもう一つ路線が有ります。Saint-Just行き [続きを読む]
  • 欧州旅 その3 『食の街Lyonで驚きのことが』
  • 失礼しました 主夫です。さて、次は食の街と言われるLyonに来ました。フランスじゅうの食通が集まり、美味しいレストランがいっぱいあるらしい。旧市街も見どころいっぱいで、古い建築物も多く、観光客でいっぱい。それぞれの建物の由来を説明しながら歩くガイドツアーも有るようです。何気なく古い建物の中に靴の工房なども有ったりします。すれ違ったお嬢さんは顔の平たい民族が珍しいのか?いつまでもバイバイしてくれました。 [続きを読む]
  • 欧州鉄道旅 その8 『Velay Express No.2』
  • どこまでも〜 主夫です。列車に乗らなかった理由は「追っかけ」をするからです。SNCFの追っかなどは速度が速くてできないけれど、保存鉄道のSLはのんびり走るので、ポイントを見付けては撮り鉄。移動して撮り鉄を繰り返すことが出来ます。上り勾配のポイントで撮影。蒸気が多くなかなかの迫力です。こちらはカーブ。色がきれいですね。遠くまでお見送りもできます。別のポイントから。道路と並行して走るところとか、客車の色が異 [続きを読む]
  • 欧州旅 その2 『高パフォーマンスのGites』
  • 当たりです 主夫です。保存鉄道巡りをしたい主夫と、Le Puy-en-Velayという巡礼地として有名な町に行きたいカミさんの中間地点として選んだ宿泊先はホテルではなく、田舎にあるGites。Gitesといえば、一棟貸しで朝食付きというイメージだけど、ここは違いました。最寄り駅はSNCFのLa Voute-s-LOIRE (町のHomePage)。ちょっと入口が判りにくいけれど、Gitesの看板が出ていました。古い民家を改造したらしい。橋のようになったエン [続きを読む]
  • 欧州鉄道旅 その7 『Velay Express No.1』
  • ラッキー 主夫です。『Train de l'Ardche』に後ろ髪を引かれながら、今日の主目的鉄道『Velay Express』(HomePage)に向かいます。Velay Expressがどうして主目的なのか?それは、夏シーズンでも運行曜日が少ないこと。列車が小さいこと。複数の蒸気機関車が有る事などです。そして、おまけも有ります。ふふふ。『St. AGREVE』駅に来ました。(Google map)ドアにはポスターが。蒸気機関車は車庫で準備中。車庫内から。今年のヨーロ [続きを読む]
  • 欧州鉄道旅 その6 『Train de l'Ardèche』
  • 珍しい車両でした 主夫です。フランスのローヌ地方に移動したのは、もちろん、保存鉄道に行くため。先ずは『Train de l'Ardèche』(HomePage)。夏のシーズンを中心に蒸気機関車とディーゼル機関車の列車が運行されていて、渓谷沿いを走ります。Valenceの近く、ローヌ川を西に少し入った起点の駅Saint-Jean-de-Muzolsに来ました。ディーゼル機関車が停まっています。駅の奥に小さなミュージアムが有るので覗いてみました。ワインを [続きを読む]
  • 欧州旅 『長期滞在型ホテル』
  • 考えさせられました 主夫です。ポルトガルのリスボンからフランスのローヌ地方に移動しました。最初の宿泊先は『Boutique Hotel and Restaurant "Domaine Michaud"』(HomePage)。歴史的城塞都市カルカッソンヌから12kmほど離れた、山の上の小さなホテル&レストラン。お庭でくつろぐもよし、プールで泳ぐのも良し、ゆったり滞在できるすてきな環境です。部屋には手書きのWellcom Letterがありました。これは初めて。夕食は予約可能 [続きを読む]
  • 欧州鉄道旅 その5 『リスボンのトラム祭り? 』
  • まったり 主夫です。『リスボン路面電車博物館』から旧市街中心部に戻ってきました。あちこちにトラムの路線が有って主夫は嬉しいです。3両も連なってます。速度が遅いためか、人が前を横切るケースも多数。観光客でいっぱいの車両。トレインツアーの車両単線区間の坂道とか、車内からもショウウィンドウに映るトラムが見れたり、S字カーブの撮影スポットなども有ります。この撮影スポット。ちょうどレストランが有ったので、ト [続きを読む]
  • 欧州鉄道旅 その4 『リスボンのトラム 』
  • やっぱりこっち 主夫です。ポルトガルのポルトからリスボンに移動して、今日はカミさんのご要望で「ジェロニモス修道院」へ。地下鉄のCais do Sodré駅でトラムに乗り換えます。新しい連接車タイプのトラムがやってきました。新型は冷房が有るので涼しいです。10時の開館前に到着したのに、すでに長蛇の列。10時を過ぎても列が前進する様子が無く、お日様カンカンで熱中症になりそう。まして列に並ぶのが嫌いな夫婦なので、入館は [続きを読む]
  • 欧州鉄道旅 その3 『 アズレージョ 』
  • 再び乗りに 主夫です。ポルトガルはアズレージョ (azulejo)というタイルを使った装飾が有名です。世界遺産・歴史都市に相応しく、アルマス聖堂に代表されるように多くの建物に使われています。そこから坂道を下っていくと、サン・ベント駅に到着。駅の外観は石造りですが、ホールでは見事なアズレージョ を見ることが出来ます。見上げる人、撮影する人、案内人の話を聞く人など観光客が沢山来ていていました。ホールのアズレー [続きを読む]
  • 欧州鉄道旅 その2 『 Tram do Porto 』
  • 先ずは腹ごしらえから 主夫です。欧州鉄道旅その2はポルトガルの世界遺産・歴史都市Portoのトラム。Portoのトラムは、旧市街を一方通行で循環している22番線(Blue)。旧市街の中心部とドウロ川のを結ぶ18番線(Orange)。ドウロ川沿いを走る1番線(Green) の3路線。これと、ドウロ川に架かるドン・ルイス1世橋の橋脚下と22番線の始発&終着電停Batalha Guindaisを結んでいるケーブルカー(Red)が便利です。「Porto Tram City Tour [続きを読む]
  • 欧州鉄道旅 その1 『 Metro do Porto 』
  • 安心でした 主夫です。欧州鉄道旅その1はポルトガルの世界遺産・歴史都市でもあるPortoです。初日は日本からの乗り継ぎ便の時間の関係で、ホテルに入るのみ。でも、鉄の主夫は空港からメトロを使ってみました。予め、Metro do Porto のサイトで経路、時間、運賃を調べます。https://en.metrodoporto.pt/トップページに『Journey Planner』という検索メニューが有るので、簡単です。空港はAeroporto。 Hotelの最寄り駅はMarques [続きを読む]
  • 『よくわかる消費税 軽減税率制度』 その2
  • さらに頭溶けそう 主夫です。カミさんに国税庁から送られてきた『よくわかる消費税 軽減税率制度』という冊子をもう少し詳細に読みました。なぜなら、経理処理は主夫の担当なんですわ。軽減税率の対象品目である飲食料品はカミさんが扱っていないので大丈夫だけど、友人のパン屋さんはどうするのか?と思ってしまいました。というのも、Cafeを併設していて、お持ち帰り用のパンも売っています。持ち帰り用を買って、店内で食べる [続きを読む]
  • 『よくわかる消費税 軽減税率制度』 その1
  • 頭溶けそう 主夫です。個人事業主で青色申告しているカミさんに、国税庁から『よくわかる消費税 軽減税率制度』という冊子が送られてきました。2019年10月1日から消費財が8%から10%に増税されるのに伴い、8%に据え置きされる対象品目や帳簿の付け方などが説明されています。軽減税率の対象品目は、新聞と飲食料品。2015年の国会で物議をかもした新聞の値段はどうなるんでしょうね?というのも、Netを検索したら、「対象となるの [続きを読む]
  • 困ったときは Google翻訳
  • 使えるじゃん 主夫です。先日宿泊したホテル。インバウンドのお客様が多いらしく、客室フロアで話し声が響き渡っています。それが夜中まで続くので、主夫はゆっくり休むことができませんでした。ホテルとしても対応に苦慮しているのか、客室フロアのエレベーターホールにはこんな張り紙が。なんて書いてあるのか、漢字から何となく想像はできるものの、やっぱりちゃんと知りたい。そこで、Google翻訳アプリを試してみました。文字 [続きを読む]
  • 台風と 「重ねるハザードマップ」
  • 要らぬお世話? 主夫です。今回の台風12号、ニュースでも言っていましたが、いつものように偏西風に乗って南西からやってくるのではなくて、東から来ましたね。経験していない進路のため注意してくださいとのことでした。家ではベランダに出していた植木を部屋の中に入れたり。物干しを少し片づけたり、ものが飛ばされないようにしたりなど。こちらはいつもの同じ準備。台風の影響で出張から帰京する予定の友人が、飛行機がキャン [続きを読む]
  • 絶滅危惧車
  • エコですから 主夫です。鉄友から「名鉄の赤 絶滅危惧車」という中日新聞の記事が送られてきました。(中日新聞:鉄道まるっと切り抜き帳)名鉄と言えば、ミュースカイ等の新しい車両を開発&投入する一方で、使えるものはいつまでも使いましょう精神で、車体は新しくても下回りが古いものを流用するケチケチ精神の鉄道会社です。そんな名鉄でも、ステンレス車両に入れ替えが進んでいて、真っ赤な塗装の車両が減っているとか。とい [続きを読む]
  • 悪徳 両替商 尾張屋?
  • Negativeな意見でごめんなさい 主夫です。ぼけ〜〜っとTVのニュースを見ていたら、スーパーのユニーが米国のコインスターと提携して、小銭をお札等に両替する逆両替機を横浜市の3店舗に設置したと報道していました。日経新聞にも記事が有ります(Nikkei)。初めは、なかなかいいサービスじゃん♪ と思って見ていたのだけれど、手数料を聞いて唖然。9.9%も取られるらしい。1,000円分両替すると99円。手元に残るのは901円。こりゃす [続きを読む]
  • 暮しの手帖  「みらいめがね」
  • バスがいいなぁ 主夫です。暮しの手帖 で楽しみにしている記事 「みらいめがね」(Amazon)。荻上チキさんの文章とヨシタケシンスケさんの挿絵のどちらも面白いです。第13回は「タクシーと人生」という内容で、タクシーに乗車したときのあれこれが記載されていました。最も閉口するのが、運転の荒いドライバーで、かつ話続け、話の内容はいわゆる「口の悪い」というもの。まぁ、主夫もこんなドライバーに当たれば最悪ですね。主夫 [続きを読む]
  • マンガ 自営業の老後 で同感したこと
  • 早く60歳来ないかな 主夫です。どこかのブログで面白いと紹介されていた本『マンガ 自営業の老後』(Amazon)を読んでみました。著者の上田 惣子さんはフリーのイラストレーター。その他、グラフィックデザイナーの方とか、アドバイス下さる会計士の方とか、70歳の居酒屋のおばさんまで、いろんなケースの自営業の方が登場して、それぞれに有益なアドバイスがマンガで繰り広げられます。主夫が、同感! と思ったのは、公的年金の繰 [続きを読む]
  • 「憧れの対面キッチン」は 家事をする人としない人を分離する?
  • カウンターは必須 主夫です。日経新聞のWomen'sトレンドに「夫の家事参加意識 過去最高も妻に負担偏り」(Nikkei)という記事が有りました。「夫も家事を分担すべき」という意識を持っている夫は過去最高の81.7%だけど、実際に「食事の支度をすることがよくある」夫は13.7%。と大きなギャップが有ると書いています。そして、「夫が家事の量や内容を理解しておらず、妻に負担が偏りがち。家事の洗い出しが必要」として「夫に家事 [続きを読む]
  • 飯田線 秘境駅TOP
  • おしっこちびるかも 主夫です。JR飯田線のつづき、最終目的地に17:48着の電車で到着しました。秘境駅ランキング第3位の「小和田(こわだ)駅」です。下車したのは主夫の他にもう一人だけ。乗ってきた上り列車をお見送り。列車が行ってしまうと静かになりましたね。上り方面に駅舎が残っています。ホームの端から見るとこんな様子で、反対側にもう一面ホームが有りますが、今は線路も撤去されて使わなくなっています。ホームから [続きを読む]