花と風景 さん プロフィール

  •  
花と風景さん: 花と風景
ハンドル名花と風景 さん
ブログタイトル花と風景
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/hanatohuukei
サイト紹介文休日には、花や風景を撮影して歩いていますが、毎回が、試行錯誤の連続です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2008/12/14 07:19

花と風景 さんのブログ記事

  • 釣船草(つりふねそう)
  • 釣船草(つりふねそう)・釣船草(つりふねそう)科・ツリフネソウ属・・船を釣り上げた様な形の花。植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこともあると存じます皆様に間違いを御指摘頂くようなことがございました折りにはお詫び申し上げます 相変わらずの一方通行的な更新で 皆様方への御訪問が十分に果たせないかと思います 御容赦下さいますよう宜しくお願い申 [続きを読む]
  • 百合が咲く
  • 百合が咲く!・先月中旬に買い求めた百合の花。3種類の花が順次咲きだしたが、赤花の百合も咲きだしました。一斉に咲くものと心待ちしていたが、次々と咲きだし、事業所の前を通る人々に芳香を届けてきた。その姿を記憶にとどめたいと、最近ご無沙汰であったデジイチとマクロレンズで百合の花と向き合ってみました。最初は黄花の八重咲の「エキゾチックサン」が輝くように咲いた。その後、二重咲の白花で「ホワイトアイヅ」が大輪 [続きを読む]
  • 暑過ぎる!
  • 暑過ぎる!・お盆様にはまだ早いとは思ったのですが、お盆前のこれからの時期、一人住まいの私には何かと野暮用が多く、思った日が吉日とばかりに御墓掃除を済ませました。毎年のことではございますが、日頃の運動不足と、70歳を目前にした老体には、年毎にきつい作業となってきている。束子(たわし)とブラシを使い、杉ヒノキの花粉なのか?それとも苔が生えてきているのか?汚れを落とすには大変な労力である。汗だくとなりな [続きを読む]
  • 栃木DC(デスティネーションキャンペーン)が終了して2週間余り
  • 栃木DC(デスティネーションキャンペーン)が終了して2週間余り!・吉永小百合さん効果で、大変な盛り上がりを見せていた旧黒羽町の東山雲巌寺(ひがしやまうんがんじ)ゴールデンウイークの頃は、駐車場の空きスペースが無くなる等思いも寄らぬ程のキャンペーンが展開されていた。そのキャンペーンが終了したことで、以前までの閑静な雲巌寺に戻れたか?と様子を窺いに出かけてみると、本堂への玄関には御住職が書いた衝立が飾ら [続きを読む]
  • 藍色庭石菖(あいいろにわぜきしょう)
  • 藍色庭石菖(あいいろにわぜきしょう)・文目(あやめ)科・ニワゼキショウ属・・別名  南京文目(なんきんあやめ)石菖という里芋科の植物の葉に似ていたことと、庭によく生えていたことから、庭石菖と呼ばれるようになったらしい。花の色が藍色に咲く種類で藍色庭石菖(あいいろにわぜきしょう)植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこともあると存じます皆様に間 [続きを読む]
  • 大田原市黒羽田町の彫刻屋台
  • 大田原市黒羽田町の彫刻屋台!・今日7月15日は、黒羽田町の八雲神社(やぐもじんじゃ)の例大祭。午後5時より彫刻屋台が黒羽田町地区を引き回される予定である。黒羽田町の彫刻屋台は、昭和54年5月25日に大田原市の有形文化財(彫刻)に指定された。彫刻屋台は、江戸時代中期の作と推定される。*注* 大田原市のHPより抜粋相変わらずの一方通行的な更新で 皆様方への御訪問が十分に果たせないかと思います 御容赦下さいま [続きを読む]
  • アスチルベ
  • アスチルベ・雪の下(ゆきのした)科・チダケサシ属・・草原や湿原などに生える植物。乳茸(ちだけ)又は(ちたけ)という食用キノコを、この植物の茎に刺して持ち帰った風習から乳茸刺(ちだけさし)の呼び名で親しまれている。植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこともあると存じます皆様に間違いを御指摘頂くようなことがございました折りにはお詫び申し上げます [続きを読む]
  • 立浪草(たつなみそう)
  • 立浪草(たつなみそう)・紫蘇(しそ)科・タツナミソウ属・・花が咲く様子が、泡立つ波に似ていることからこの名になったそうだ。根は強壮剤の材料として使用されているという。植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこともあると存じます皆様に間違いを御指摘頂くようなことがございました折りにはお詫び申し上げます 相変わらずの一方通行的な更新で 皆様方への [続きを読む]
  • 松虫草(まつむしそう)
  • 松虫草(まつむしそう)・松虫草(まつむしそう)科・マツムシソウ属・・松虫草(まつむしそう)の名は、花後の実が伏鉦(ふせがね)俗称の松虫鉦(まつむししょう)の形に似ていることで、その名になったようだ。別名  スカビオサ植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこともあると存じます皆様に間違いを御指摘頂くようなことがございました折りにはお詫び申し上げ [続きを読む]
  • 早朝に見た虹
  • 早朝に見た虹!・今朝の4時30分頃の西の空に虹がかかっているのを発見。スマートホンで撮影しました。・・虹は、赤から紫までの光のスペクトルが並ぶ円弧状の光である。気象現象の中で、大気光学現象に含まれるとのこと。太陽の光が、空気中の水滴により屈折、反射されて水滴がプリズムの役割をするため、光が分解されて七色の帯に見えるとのこと。*注  ネット検索で参照相変わらずの一方通行的な更新で 皆様方への御訪問が十分 [続きを読む]
  • 岩弁慶(いわべんけい)
  • 岩弁慶(いわべんけい)・弁慶草(べんけいそう)科・イワベンケイ属・・高山植物で、根茎は太くて長い。ハーブとして用いられ、乾燥すると薔薇(ばら)のような芳香があり、ローズルートの別名もある。蕾の状態の時と、開花後の状態をまとめてみました。植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこともあると存じます皆様に間違いを御指摘頂くようなことがございました折 [続きを読む]
  • 空木(うつぎ)
  • 空木(うつぎ)・雪の下(ゆきのした)科・ウツギ属・・茎や根の中心が空洞になっていることから空ろ木(うつろぎ)、そこから変化して空木(うつぎ)になったという。この木は堅いため、餅つきの杵に利用されるようだ。植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこともあると存じます皆様に間違いを御指摘頂くようなことがございました折りにはお詫び申し上げます 相 [続きを読む]
  • 河骨(こうほね)
  • 河骨(こうほね)・睡蓮(すいれん)科・コウホネ属・・川などの水中から生える植物。根茎の姿が骨に見えることから河骨と呼ばれる。河骨の根茎は漢方薬として用いられ、止血剤、浄血材、強壮剤として使用されている。植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこともあると存じます皆様に間違いを御指摘頂くようなことがございました折りにはお詫び申し上げます 相変 [続きを読む]
  • 草連玉(くされだま)
  • 草連玉(くされだま)・桜草(さくらそう)科・オカトラノオ属・・風に揺れる草連玉(くされだま)別名は、硫黄草(いおうそう)との名も持っている。植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこともあると存じます皆様に間違いを御指摘頂くようなことがございました折りにはお詫び申し上げます 相変わらずの一方通行的な更新で 皆様方への御訪問が十分に果たせないか [続きを読む]
  • 姫月見草(ひめつきみそう)
  • 姫月見草(ひめつきみそう)・赤花(あかばな)科・マツヨイグサ属・・別名  黄花昼咲月見草(きばなひるざきつきみそう)和名  待宵草(まつよいぐさ)植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこともあると存じます皆様に間違いを御指摘頂くようなことがございました折りにはお詫び申し上げます 相変わらずの一方通行的な更新で 皆様方への御訪問が十分に果たせ [続きを読む]
  • 睡蓮(すいれん)
  • 睡蓮(すいれん)・睡蓮(すいれん)科・スイレン属植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこともあると存じます皆様に間違いを御指摘頂くようなことがございました折りにはお詫び申し上げます 相変わらずの一方通行的な更新で 皆様方への御訪問が十分に果たせないかと思います 御容赦下さいますよう宜しくお願い申し上げます [続きを読む]
  • 九輪草(くりんそう)
  • 九輪草(くりんそう)・桜草(さくらそう)科・サクラソウ属・・クリンソウの中でも黄色い花は珍しいと思うのだが、日光市上三依水生植物園では、黄花のクリンソウが増えて群生している風景が広がっていた。見事な黄色い花の群生は、見る者の心を離さないことでしょう。植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこともあると存じます皆様に間違いを御指摘頂くようなことが [続きを読む]
  • 百合(ゆり)
  • 百合(ゆり)・百合(ゆり)科・ユリ属・・先日、大田原市の「黒羽ユリ園」で買い求めてきた百合。我が事業所の窓際に鉢植えして飾ったことは報告致しておりましたが、本日の朝、見事に咲き誇っていることを確認し、急いで撮影いたしました。くろばね百合園では、どの種類の百合も1株500円。5株買うと1株おまけするという特別セールで、年々人気を拍している。植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎 [続きを読む]
  • 玉川杜鵑(たまがわほととぎす)
  • 玉川杜鵑(たまがわほととぎす)・百合(ゆり)科・ホトトギス属・・鳥類のホトトギスの胸にある斑点に似ていることで杜鵑(ほととぎす)。植物学者である牧野富太郎(まきのとみたろう)氏によると、京都府綴喜郡(つづきぐん)井手町を流れる木津川の支流である玉川の名を借りて玉川杜鵑(たまがわほととぎす)になったという。*注  (牧野富太郎氏による)植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を [続きを読む]
  • 日光黄菅(にっこうきすげ)
  • 日光黄菅(にっこうきすげ)・百合(ゆり)科・ワスレグサ属・・別名  「禅庭花(ぜんていか)」日光黄菅が多く咲く戦場ヶ原を、中禅寺の庭に見立てたことから禅庭花(ぜんていか)との呼び名も持っている。植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこともあると存じます皆様に間違いを御指摘頂くようなことがございました折りにはお詫び申し上げます 相変わらずの [続きを読む]
  • 芍薬(しゃくやく)
  • 芍薬(しゃくやく)・牡丹(ぼたん)科・ボタン属・・「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」昔より、女性の美しさを表現する言葉にも使用される花。根を乾燥させた赤芍(せきしゃく)、白芍(びゃくしゃく)は、鎮静(ちんせい)・鎮痛剤に使用されてきたようだ。植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこともあると存じます皆様に間違いを御指摘頂くようなこと [続きを読む]
  • 擬宝珠(ぎぼうし)
  • 擬宝珠(ぎぼうし)・百合(ゆり)科・ギボウシ属・・橋の欄干の上にある装飾品(タマネギの形)が擬宝珠。その擬宝珠と、この花の蕾の形が似ていることでこの名になった。暑さに弱いため林などの日陰に多く生えている。植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこともあると存じます皆様に間違いを御指摘頂くようなことがございました折りにはお詫び申し上げます 相 [続きを読む]
  • キョウガノコ
  • キョウガノコ  (京鹿子)・薔薇(ばら)科・シモツケソウ属・・キョウガノコは、京都の「鹿の子絞り(かのこしぼり)」のこと。絞り染め(しぼりぞめ)の一種ですが、その絞り染めの模様がこの花に似ているとのこと。細かなピンクの花が密集しているこの花と、人気の有る絞り染が美しい模様で女性に愛される由縁だろうか?。植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこ [続きを読む]
  • くろばね紫陽花まつり
  • くろばね紫陽花まつり!(7月8日まで)・・紫陽花(あじさい)・雪の下(ゆきのした)科・アジサイ属植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこともあると存じます皆様に間違いを御指摘頂くようなことがございました折りにはお詫び申し上げます 相変わらずの一方通行的な更新で 皆様方への御訪問が十分に果たせないかと思います 御容赦下さいますよう宜しくお願い [続きを読む]
  • 白花の蛇苺(しろばなのへびいちご)
  • 白花の蛇苺(しろばなのへびいちご)・薔薇(ばら)科・ヘビイチゴ属・・普通の蛇苺は、日当たりの良い湿った草地に生え、黄色い花を咲かせるが、白い花を咲かせる種類の蛇苺も有りました。植物を紹介するにあたりその植物の名前や分類を特定するときに慎重を期しておりますが、時には間違うこともあると存じます皆様に間違いを御指摘頂くようなことがございました折りにはお詫び申し上げます 相変わらずの一方通行的な更新で [続きを読む]