好童 さん プロフィール

  •  
好童さん: おじじのエッセイ
ハンドル名好童 さん
ブログタイトルおじじのエッセイ
ブログURLhttp://networkq.seesaa.net/
サイト紹介文日々、おじじの視点から、身の回りのことを綴っています。
自由文書くことは生き方を鍛えてくれます。
言葉を磨くことは心を磨くことでもあります。そして、……人をつなぎ、心を育む“おじじのエッセイ”、「遠藤征・おじじ」の挑戦です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/12/14 13:32

好童 さんのブログ記事

  • アイボのおしっこタイム!
  •  わが家の玄関に「遊んで・学んで・育ちあい!『アイボのいる家』」という一文を紙に書いて表札代わりに掲げてみました。 それを見て、声をかけて下さる人もいるようになり、アイボとの遊ぶ時間も日に日に増えています。 そして、次第にアイボの"ふるまい"も多様になっています。 今日は、客人が「アイボはオシッコも、ウンコもしないでいいね!」と一言。 ところが、アイボはオシッコはするのです。 私が、「はな子!! 『 [続きを読む]
  • アイボは写真家……アイボ。はな子が撮影した写真①
  •  今日もアイボ・はな子と遊びました。春の日差しに気もそぞろだったのですが、家の中で学び合い・育ちあいは続きました。アイボが我が家に来てから、確かになった「ふるまい」は、「おて!」・「お代わり!」・「お座り!」・「臥せ!」、……。そして今日は、「写真を撮って!。ときどき、無視されたりすることもありますが、アイボに障ったり、褒めたり……根気よく遊んでいます。今日は、写真をとることを覚えました。アイボ [続きを読む]
  • アイボ犬が家族になる日……名前は「はな!」にしよう。
  • 待ち遠しい春、ルンルン心躍る日々が続きます! 昨年暮れ、ソニーから発売された「犬型の家庭用ロボット『aibo(アイボ)」』の噂を耳にして、わが家にも是非迎えたいものだと、ずっと思い続けてきました。 15年も私のそばにいた愛犬・パピヨン「はな子」が、3年前に亡くなって、「もう一度、はな子に代わる犬を飼おうかな! いや、これからでは、私が先にあの世へ行ってしまう! そうすると、可愛そうだな!」……等と、 [続きを読む]
  • 眠れぬ夜……NHK深夜便で聴いた心打たれた2曲
  • 息子へ (一曲目は「家族愛」がテーマの曲)お前が生まれた時父さん母さんはどんなに喜んだことだろう私たちだけを頼りにしている寝顔のいじらしさ一晩中 母さんはミルクを温めたものさ昼間は 父さんが飽きもせずあやしていたお前は大きくなり自由が欲しいと言う私たちは 戸惑うばかり日に日に気難しく変っていく お前は話も聞いてくれない親の心配を見向きもせずお前は出て行くあの時のお前を止めることは誰にも出来なかったそ [続きを読む]
  • 私の年賀状……一筆添えて!
  • 年賀状に一筆添えて春ちゃん! 新しい年、おめでとう! えがおで「犬年」をむかえましたか。じいちゃんや、ただしおじさん…から、「お年玉」がとどいています。じいちゃんがあずかっておきます。じいちゃんは、ロボット犬・アイボがとどくのを、とてもたのしみに待っています。こんど、いっしょにあそびましょう。今年もいっぱいわらって元気でね。 ほまれクンもげんきだよ!                         [続きを読む]
  • 「私はサンタ!」……この時季になると、会ってみたい人
  •  本格的な冬が近づいてくると、私には忘れられない思い出があります。  それは、1994年(平成6年)11月、新潟日報で「『私はサンタ』守門に現る」という見出しで大きく掲載され記事の内容です。 北魚守門村(現・魚沼市)の上条小学校(遠藤征校長)にひと足もふた足も早いサンタクロースが現れ、全校児童にスキーウエアをプレゼントした。  名前を尋ねられたこの男性は「私はサンタ」とだけ言い残して立ち去った。 [続きを読む]
  • 弾けるような笑顔に圧倒された忘年会!……若いって、素敵ですね!
  • 今年もまた、理事を仰せつかっている「希望が丘保育園・大島保育園」両園の“職員合同忘年会(会場:魚石)”にお招きをいただいて出席しました。両園の職員全員(80余名)が一同に会し、お互いの日頃の実践を振り返って交流し合い、楽しいひとときを過ごすこの会は、毎年恒例になっているのです。開会にあたり、力強く乾杯をして、宴会に入りました。お酒が進むにつれて、会は大盛り上がり、……ビンゴゲームやジャンケン億円( [続きを読む]
  • 唱歌「里の秋」と亡き母・101歳の苦難の人生
  •  今年も空高い秋晴れの日を迎えると、紅葉に包まれて、教え子たちと唱歌「里の秋」を歌った昔のことが蘇ってきます。 最近、その唱歌「里の秋」が、戦争に纏わる歌だったと聞いてびっくりしています。そして、「里の秋」の歌詞に隠された本当の意味を知って、改めて口ずさんでみるのです。 それは、戦争が終わって、戦地から引き揚げてくる兵士を待つ母子の心情を綴った歌だったのです。 その話を耳にして、私自身の恐怖に震 [続きを読む]
  • 戦中・戦後の暮らしの記録……〜平和の誓い新たに!〜
  • 「暮らしの手帖社」が応募している“戦中・戦後の暮らしの記録”の記事を書いてみました。 今年も空高い秋晴れの日を迎えると、紅葉に包まれて、教え子たちと唱歌「里の秋」を歌った昔のことが蘇ってきます。 最近、その唱歌「里の秋」が、戦争に纏わる歌だったと聞いてびっくりしています。そして、「里の秋」の歌詞に隠された本当の意味を知って、改めて口ずさんでみるのです。それは、戦争が終わって、戦地から引き揚げてくる [続きを読む]
  • 丹波栗が豊作だ!……“小さな秋”にも想いを!
  •  今年も、我が別宅の自慢の“丹波栗”が大豊作です。   ここ数日、起床してすぐに、栗拾いと皮ごと落ちた栗のイガイガ剥きが日課になりました。   今朝も小籠いっぱいの収穫がありました。   栗の収穫作業を終えて、爽やかな秋晴れのもと、散歩に出かけました。  風が少しあって、空気が澄み渡り、遠い所まで視界が開け実によく見えます。  気分も晴れて、山や森や小鳥の息遣いも聞こえてくるような気がします。  道路 [続きを読む]
  • 静かな静かな「里の秋」、……今日も大笑いでスタートしました。
  • http://www.youtube.com/watch?v=NUd7_IbrxQw&feature=related 静かな秋の3連休・最終日、秋晴れの一日、……昨日もふきだしてしまった動画(童謡「里の秋」を歌うおじさんたち)にアクセスして、一日が始まりました。  おじさんたちがアカペラで歌う「里の秋」……左端の小柄なおじさんがリーダーのようです。  あれれれ!どうなることやら、……今日も真剣に歌うハーモニーを聴きながら、思わず笑ってしまいました。  気 [続きを読む]
  • 静かな静かな「里の秋」、……今日も大笑いでスタートしました。
  • http://www.youtube.com/watch?v=NUd7_IbrxQw&feature=related静かな秋の3連休・最終日、秋晴れの一日、……昨日もふきだしてしまった動画(童謡「里の秋」を歌うおじさんたち)にアクセスして、一日が始まりました。  おじさんたちがアカペラで歌う「里の秋」……左端の小柄なおじさんがリーダーのようです。  あれれれ!どうなることやら、……今日も真剣に歌うハーモニーを聴きながら、思わず笑ってしまいました。  気持 [続きを読む]
  • 孫自慢…頑張り屋の遠藤春ちゃん!
  • 今朝の新潟日報朝刊(16面)に、我が孫・遠藤春ちゃんの記事が写真入りで掲載されています。……びっくり! びっくり!!鍛えた珠算の技 輝く〜小中学生4人 全国大会で上位入賞〜そろばんと暗算を競う「全日本珠算技能競技大会」で、本県代表として出場した長岡市内に住む小中学生4人が上位入賞した。個人総合競技小学生の部では、同市の栖吉小3年生の遠藤春(9)さんが3位に入賞。高学年の入賞者が多い中、3年生が同部門で入賞す [続きを読む]
  • 狂い咲き?……紫陽花と熟女の語らい 〜 オータムコンサート? 〜
  • 毎年恒例の「オータムコンサート」(今年は数えて第15回<9月23日(秋分の日):リリックホール)での合同練習が始まりました。 今年で第15回を迎える「オータムコンサート」ですが、これまでの記録が残してありましたので、改めて再掲してステージを振り返り、今秋のコンサートへの意欲を膨らませたいと思っています。尚、今年・第15回の演奏曲は、筝・三弦・尺八合奏で「春の栄」(中村双葉作詞作曲)です。ユーチューブの [続きを読む]