のりP さん プロフィール

  •  
のりPさん: 近眼レーザー治療・手術体験記
ハンドル名のりP さん
ブログタイトル近眼レーザー治療・手術体験記
ブログURLhttp://kingantiryou.sblo.jp/
サイト紹介文近眼レーザー治療手術を体験した私の、レーシック体験ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 53日(平均1.1回/週) - 参加 2008/12/16 14:40

のりP さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 子供にレーシック手術近眼治療をすべきかどうか?
  • レーシック手術経験者ののりPです。さて、最近、パソコンやスマートフォンやipadなどのタブレットがかなり広まっているので、子供の頃から親が触らせたりしているので、子供の視力低下がかなり増えているみたいですね、去年のデータですが、小学生の3人に1人は視力1.0以下みたいです。親としてみれば、子供の視力については気になりますよね。小学生や中学生の子供にレーシック手術をさせるのはさすがに抵抗がある親御さんが多い [続きを読む]
  • レーシック手術後
  • レーシック手術をした私の、眼科レポートです。前回の続き眼科病院のホームページも、初回説明でもらうパンフレットも、きちんとリスクを書いているかどうかがカギです。たとえば「痛みはありますか?」という質問に,「レーシック手術中は麻酔の点眼薬を使うのでほとんど痛みはありません」とあったけれど、手術中は痛みよりも「不安感」や「違和感」のほうが強かった。また、レーシック手術の痛みは「ほとんどの場合、当院からお [続きを読む]
  • レーシック手術病院選び
  • レーシックすることを決意した私。いい病院(安いからいい病院かどうかは別として)を見つけた私は、すぐ電話した。すると、受付の女性が出て、説明をするからそのための予約をしてほしいとのこと。さっそく週末に病院を訪ねた。JRの駅から歩いて3分もかからない。地の利のいい場所だし、昔よく飲みに行ったバーの近所だったし、なんとなくなじみがあった。「あらかじめホームページを見てきてください」と言われてはいたが、の [続きを読む]
  • レーシックを決意する前の私
  • レーシック手術をした私の体験談を綴ってます。手術前の私の日常です。今日もコンタクトレンズをつけて一日が始まります。メガネは,朝ごはんがすんで、メイクするまでと、晩ごはんとお風呂がすんで、さぁ寝るわよ!ってなってからのおつきあい。もう一日のサイクルとなっていて、スイッチオンとオフがコンタクトで切り替えていたのかもしれない。コンタクトレンズのない、または,メガネのない生活って、ほとんど考えたことなかっ [続きを読む]
  • レーシック手術を決意
  • 今回は、レーシックのできる眼科探しのお話です(^^)さっそくレーシックのできる病院をさがした。広島市内にはいくらか老舗があって,どこも高い。東京じゃめちゃめちゃ安いのにな。出張したときにオペして帰ろうかな。そういうわけにもいかないしな。検索していると広島で病院発見。気になるのは料金。比較表もあったけれど,高いところはまだまだ両眼40万もする(ありえない!)。安いところで15万だったけれど再来年まで予約でい [続きを読む]
  • レーシックをするきっかけ。
  • 近眼治療のレーシック。もともとレーシックって詳しくありませんでした。でも、タイミングってほんとうにタイミングよくやってくる。知り合ったばかりの友達がレーシックをしたと聞いた。「よく見えるの?」と聞くと「もちろん」と。自衛隊の飛行機乗りという職業上,矯正視力じゃだめらしくて当時はまだ高かったけれど,やってよかったとのこと。「ふう〜〜ん,そうなんだ」くらいにしか聞いていなかったのに,またレーシック話が [続きを読む]
  • 近眼手術前はコンタクトレンズ
  • 近眼手術 レーザー治療のレーシックを実際にした私。今は、はっきり世の中が見えて、やってよかったと思っています。でも、レーシック手術前は、コンタクトレンズ着用の生活でした。日々寝るとき以外はコンタクト。めがねは寝る直前にしか使わないような毎日になれてはいたものの,困ることも多々あった。酔っ払って帰宅した深夜になかなかコンタクトレンズが外れないときにはそのまま寝てしまって,あくる朝ゴミが入ったときには [続きを読む]
  • 私が近眼になった理由 高校編
  • 近眼治療、近眼レーザー手術の体験談の前に、なぜ私が近視、近眼になったのか?このお話から紹介します〜。目が悪くて眼鏡をかけている同級生をかっこいいと思っていた中学生のころ,わざわざ暗いところでマンガばかり読んでいた私は,念願の近視となり高校生になったある日,1.5から0.1に,驚異的な速さで近視宣告(?)され,晴れてメガネをゲットした。ところがこのあたりでいいのに・・と思うのにどんどん近視乱視は進行 [続きを読む]
  • 過去の記事 …