はる さん プロフィール

  •  
はるさん: 土地家屋調査士はるちゃんのブログ
ハンドル名はる さん
ブログタイトル土地家屋調査士はるちゃんのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/haru26ra/
サイト紹介文開業8年目、名古屋の土地家屋調査士です、宜しくお願いいたします。
自由文日本人は貧しい、しかし高貴だ、世界にひとつだけ残したい民族があるとすれば、それは日本人だ。
藤原正彦 —国家の品格—

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供282回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2008/12/16 21:27

はる さんのブログ記事

  • ナゴヤめし 3
  • 今日のランチ牛スジを赤みそで煮込んだ「どて丼」なかなかのこってり系です 肉とごはんの割合が6:4と肉のが多い 友人があんまり褒めた手前、店長がんばっくれたのはいいけど、これはくど過ぎ残すわけにもいかず何とか食べきりました。ストレートの紅茶が飲みたくなりましたね [続きを読む]
  • ナゴヤめし 2
  • 今日のランチ名古屋の名物「台湾ラーメン」味仙という中華料理店が元祖ですが、今ではすっかり名古屋の名物になってます。味はピリ辛です こちらは昨日のベトコンラーメン北尾張の名物で発祥は一宮市です(^^)名の由来はベトナム戦争のベトコンゲリラアメリカ撃退を賞賛しつけられたそうです [続きを読む]
  • 伊勢湾釣行記 25
  • 紀伊長島の石倉渡船です。平日に休みをとり友人と行ってきました 狙いはアオリイカ、その他諸々天候にも恵まれ最高の釣り日和です アオリイカ釣れましたサイズはまだまだ小さいですね 企画担当のハマちゃんいつも盛りあげ役を務めてくれます 先生がシーバスゲット キレイな海で育った美しい魚体 見かけない魚が釣れました。シマイサキでしょうか。これはどうやら南方系の魚みたいです ワームでアナハゼが釣れましたよ体長10cm [続きを読む]
  • 映画「三度目の殺人」一場面
  • 印象的だったシーンを一つ紹介したい。殺人で逮捕された犯人役の役所広司が弁護士との接見でこう述べた。「この世の中にはね、生まれて来なければ良かったような、どうしようもない奴ってのがいるんですよ」これにベテラン弁護士役の福山雅治は沈黙するが、若手弁護士が激しい口調で次のように返す。「いいや、それは違う、そんなことあるはずない」「・・・・・・・。」理性とは、偏見を排して物事を捉えようとする思考でもある [続きを読む]
  • 畑日記 31
  • 台風一過、我が家は何とか無事でしたが畑の方が心配になり先程見てきました。どうやら、ピーマンが少し倒れただけで済んだようです。やれやれですねこちらミニトマト、もう終わりのようです。本当によく頑張って豊潤な実りを提供してくれました。感謝感謝です 本日の収穫、ナスたくさん採れました。無農薬秋ナス今年は大成功でしたね [続きを読む]
  • 自宅待機
  • 台風接近につき消防団員全員に自宅待機の指示がでています。当然私も自宅待機です。そういえば、映画「三度目の殺人」皆様観賞されましたでしょうか?私の中では今年1番か2番によかった作品で、この連休中に是非観て頂きたい一本です。是枝監督オリジナル脚本、主演が福山雅治さん、あとは、役所広司さん、広瀬すずさん、あまり宣伝されてませんが相当気合入った作品です。最近の映画は殆ど小説か漫画の実写化で、監督自ら手がけ [続きを読む]
  • ボウリング 6
  • 今日は大高グランドボウルで5ゲームここはよく曲がります。1ゲーム目 1632ゲーム目 1313ゲーム目 1574ゲーム目 1635ゲーム目 178 total 792 ave158友人と2人だけなのでまた落ちついて投げられました。 次回は200オーバー達成したいですね [続きを読む]
  • 三度目の殺人
  • 「三度目の正直」ならぬ「三度目の殺人」、正直に生きた結果、三度も殺人を犯したという話。この世はみんなウソだらけ、食品も弁護士も検事もそして裁判官も。かくして正直者だけがバカを見た。愛読する執行草舟さんの「生くる」から引用する、大人になるとは理不尽の許容性だと。その状況に陥って破局を引き起こしても負けは負け。小林多喜二の「蟹工船」と一緒、蟹工船に作業員として乗り込んだ時点で負けなのだ。ならば一旦は [続きを読む]
  • 啐啄の木
  • 鳥が卵からかえる際、最初の一撃だけは、中から雛が殻をつつくのと、外から親鳥がつつくのと完全に同時でなければ割れないのだそうです。これは科学的にも証明されていて、どちらが先でも永久に割れずに、卵のまま雛は死んでしまう。その「絶対の一点」を雛も親鳥も見逃さない。これを禅のことばで「啐啄の機」(そったくのき)といいます。この「啐啄の機」こそ、全ての生命をつかさどる大法則なのです。100%狂人でしょう。なん [続きを読む]
  • ダンケルク
  • CGを使わないクリストファー・ノーラン監督の大作。確かに見応えはありました。見せ場はやはり、バトルオブブリテン最大のライバル英軍スピットファイヤと独軍メッサーシミット109の格闘戦でしょう。ユンカース88を護衛しながら登場するbf109をスピットファイヤが迎え撃ち撃墜するシーンしびれましたねぇ。この映画は、最後こそ想像以上の兵士を救出し、成功のうちに幕を閉じるが、起承転結と展開するのではなく、開始から、ただ [続きを読む]
  • ラーメン
  • 前回の店にまた行ってきました何せこれで850円はお値打ちだと思います。週末の今日もいい天気でしたが私は仕事only明日も一日中仕事であります今日は無事完食に至ります。感想は特にありませんというより何も考えたくない状態 (^^)うちの近所の店 。味わって食べるラーメンではありません。もう少しお客さん増えるといいですね [続きを読む]
  • ランチ
  • 今日は仕事がうまくいったので自分にご褒美自慰的、自作自演、茶番ラーメン 10分経過も全然減りません崩すように食べ続けます。最後は気持ち悪くなって残し、逃げるように店を後にしました [続きを読む]
  • 来月行う食育アクト「芋掘り体験」の下見に行きました。親子50人を招きここで焼き芋までやります。さすがは先輩の畑、生育状況は十分でした。あとは小物の買い出しだけですね [続きを読む]
  • 性悪説
  • 映画関ヶ原でこんな話があった。 孔子は仁を説き、孟子は義を説いた。これは石田三成が小早川秀秋に参戦の呼び掛けを最後に懇願するシーンだった。仁は他者への思いやりであり、義をは正しい行動を表す。我々は正しい、だから一緒に戦って欲しい。ここは原田監督が気に入って司馬遼太郎の小説をそのまま引用したのだろう。だが、ここで私が気になったのは、次なる荀子の「悪」に至らなかった点だ。潔癖で官僚的な三成は人を動かす [続きを読む]
  • 今日から9月
  • 今年も残す所4ヶ月となりなりました。最近、私はランニングを繰り返し、体重を65kg台まで落としました。それでも65.8kgとか65.9kgで、以下の端数がなかなか落ちない状況です。体重が落ちる程に体が軽くなる気持ちよさを皆様も体感してみてはいかがでしょうか。今月中に65.0kgを目指します [続きを読む]