piparpati さん プロフィール

  •  
piparpatiさん: アジアのお坊さん・番外編
ハンドル名piparpati さん
ブログタイトルアジアのお坊さん・番外編
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/pwbdt973
サイト紹介文アジア各国で修行した僧侶の新着お坊さん情報やお坊さん小咄。
自由文公開中の「ホームページ・アジアのお坊さん」の番外編。僧侶である筆者がタイやインドでの修行中に思いつくまま記した覚書なのでアジアでお寺参りをするように、気楽に読んでいただけたら幸いです。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/12/17 14:07

piparpati さんのブログ記事

  • 旅衣の新調
  • 久々に法衣を新調させて頂くことにした。もうかなりぼろぼろになっていたので、何年かぶりに採寸して頂いて、直綴(じきとつ)を作ることにしたのだが、私は本来は旅装で略衣であるという、直綴が好きだ。先日、泉鏡花の「旅僧」「山僧」「妖僧記」などを、図書館の「鏡花全集」を借りて来て読んでみた。岩波文庫で読める「高野聖」「草迷宮」「白昼・白昼後刻」などにも旅僧やお坊さんが出てくるように、鏡花作品に旅僧はよく出て [続きを読む]
  • タイのお坊さん映画について、書店で調べてみた話
  • 手元にあるタイのお坊さん映画を、久し振りに見直してみた。タイで購入した新品もしくは中古のDVDの内、今回見直したのは「アラハン・サンマー」(アラハン・サマー)と「Mindfulness and Murder」の2本。前者はお寺の小僧さんたちが主人公の映画。タイのサーマネーン(沙弥=小僧さん)の様子が、とてもリアルだ。後者はタイの僧院内での殺人事件をスタイリッシュな演出で描く異色作。何度見ても私の語学力では不明な部分があっ [続きを読む]
  • 台門正念
  • 三千院門跡の現ご門主である堀沢祖門師が数年前からティック・ナット・ハン師について語っておられるのだが、先日、天台ジャーナルの最新号にティック・ナット・ハン師の説くマインドフルネスと天台の坐禅止観の関係についての短いコラムを書いているお坊さんがおられた。早いのか遅いのか、ちょっと微妙ではあるけれど、この傾向、悪いことではないと思う。ティック・ナット・ハン師の著作の内、「禅への鍵」(春秋社)だけが好き [続きを読む]
  • 山籠りの人生
  • 脱走して長らく離島の山中に潜伏していたかと思われていた犯人が、泳ぎ渡った本州でようやく身柄を拘束されたとのことだが、わたしはずっとこの事件が気になっていた。山中でどれほどの間、人は潜伏していられるものなのか?ちょうど柳田國男の「遠野物語・山の人生」を岩波文庫版で読み直していたところだったのだが、山人の存在を云々するために、山姥や天狗やダイダラボッチといった各地の伝説を縦横無尽に説くこの「山の人生」 [続きを読む]
  • 涅槃図に猫がいない本当の理由についての覚え書き
  • 2月の涅槃会の頃からずっと、涅槃図に猫がいない理由について、考え続けている。・猫が描かれている涅槃図もあるが、それはあくまで猫のいない涅槃図が基本であることを作者が踏まえた上での例外である。・猫がいない理由について、摩耶夫人が天上から投げた薬壺を届けようとした鼠を阻止した猫がいて、そのために云々、という伝説があるが、これはあくまで涅槃図に猫がいないことを説明するために、後から付会されたものだ。・涅 [続きを読む]
  • 旅僧俳句
  •  旅僧の 何を祈るや 初詣季節外れの句であるのは何故かと言えば、これは私が寝袋を担いで行脚していた頃に知り合った男性の方が詠んだ句で、古い手帳を見ていたら、たまたま見つかったものだからだ。これもまた、季節違いだが、 ひぐらしや 鳴けば重たき 遍路杖というものあった。今でも時々、この方とはお会いする。有難いご法縁だ。 [続きを読む]
  • 四の字の付く仏教語
  • 「しの字嫌い」という落語があるのを見ても分かるように、日本で「四」は「死」に通じるとして忌まれるが、仏教語には「四」の字の付くもの、即ち4つに分類して纏めてあるものが多い。先日、「四摂法」のことを書かせて頂いたが、他にも例えば行住坐臥の「四威儀」、衣食住薬の「四依法」、慈悲喜捨の「四無量心」、ヴィパッサナ瞑想にも関係する念受心法の「四念処」など、たくさんある。大乗仏教に限ったとしても、「四種三昧」 [続きを読む]
  • 毘首羯摩天の話
  • これもまた人から頂いた新聞記事の話なのだが、2018年3月31日付の朝日新聞の折込紙「be」に、田中ひろみ氏という、写仏に関する著作もあるイラストレーターの方が、千葉県の勝覚寺というお寺のことを書いておられた。その記事の中に、勝覚寺の釈迦堂にある釈迦像は天竺インドの大仏師、毘首羯摩(びしゅかつま)が彫った像を受け継ぐ、と書いてあった。と言うことはつまり、この釈迦像は清涼寺の三国伝来式の釈迦像だという [続きを読む]
  • 再び四摂法の話
  • 以前にも書いた四摂法(ししょうぼう)のことが、また気になっている。簡潔な上に、テーラワーダ仏教と大乗仏教の両方に共通して重視される四摂法(四摂事とも言う)という4つの徳目は、法華経の提婆達多品にも出て来るし、道元禅師も四摂法を説いておられるから曹洞宗でも重視される。ちなみに、天台宗でも数年前から進めている「こども発心会」の中で、四摂法を唱えることになっているのだが、その勤行式による四摂法の意訳は以下の [続きを読む]
  • チベット暴動から10年
  • 「自由なきチベット 今も」という記事の載った2018年3月8日付けの読売新聞を、ある方が下さった。2008年3月14日のチベット暴動から10年経ったが、今もこの問題は解決していない、といった内容の記事だ。私はチベット暴動があった2008年3月にインドのラクノウに居たのだが、その時に読んだ3月24日付 「THE TIMES OF INDIA,LUKNOW」を、今も手元に置いている。チベット暴動直後の記事なのにその記事の中で [続きを読む]
  • 数珠屋さんで聞いた話
  • 先日、数珠屋さんに行くのに、人の車に乗せて頂いたのだが、さて、数珠屋さんから事前に教えて頂いたところでは、裏の月極め駐車場に何枠か、取ってありますから停めて下さい、とのことだった。ところが教えて頂いた番号の枠に、数珠屋さんの屋号が書いていない。後で間違っていないか心配で確認したら、大丈夫ですとのことだったのだが、でもお店の名前が消えてて心配でしたと私が言うと、実は店名を書いてないのには理由がある、 [続きを読む]
  • インド菩提樹の葉 その仏縁
  • 予てよりご親交を頂いている、仏教ブログ「タイ佛教修学記」の管理人I氏から、お便りを頂ました。お手紙と共に菩提樹の葉が同封されていたのですが、説明を拝読して驚きました。私のブログにリンクしてあった、日本寺で私と駐在同期だったH師のブログの中の、菩提樹の葉を手作りするという記事を見て、ご自身でも試してみたとのことです。インドの仏跡地、特にブッダが悟りを開いた菩提樹のあるブッダガヤなどにおいて、菩提樹の葉 [続きを読む]
  • 十如是の話
  • 天台宗において、法華経の神髄とされ、日常勤行でもよく唱えられる「十如是」は、法華経方便品の一部を抜粋した短いお経であり、天台教学をベースに成立した日蓮宗でもお馴染みなのだが、さて、その意味となると案外、訳文や解説を読んでも、即座に理解できる方は少ないのではなかろうか?ちなみに原文は以下の通りだ。「仏所成就 第一希有 難解之法 唯仏与仏 乃能究尽  諸法実相 所謂諸法 如是相 如是性 如是体 如是力 [続きを読む]
  • 尾張紀行 番外編…ランプライトブックスホテル
  • 先日、名古屋空港そばの西行堂跡と芭蕉句碑を訪ねた話を書かせて頂いたが、そちら方面で、実は是非行ってみたい所があった。名古屋駅近くのランプライトブックスホテルという宿の一階が、ブックカフェのようになっていて、それだけなら珍しくないのだけれど、置かれている本のジャンルが「旅」と「ミステリー」に特化されているらしい。京都などの、個人の方が経営されているようなカフェにご自身の蔵書を並べているようなお店では [続きを読む]
  • 西行堂橋と芭蕉句碑…尾張紀行
  • 御用があって名古屋空港に立ち寄ったのだが、この空港、中部空港が出来るまでは国際空港だった。私事だけれど、昔、私がタイのワット・パクナム寺院で修行させて頂いた後に、香港でストップオーバーできる格安航空券を探したら、それが名古屋行きだったために、一年ぶりに降り立ったのが、当時の自分の住所であった関西ではなく名古屋空港だったので、この空港は私にとって、ちょっと懐かしい場所だ。さて、その近くの地図を今回、 [続きを読む]
  • 「へんろみち保存協力会」社団法人化のこと
  • 先日から旅僧のことや野宿をことを何度か書かせて頂いて、四国を歩き遍路で巡礼した時のことを懐かしく思い出していた矢先、少し前の新聞を頂いて、「へんろみち保存協力会」の記事を、偶然、目にする機会があった。たった一人で早い時代から、歩き遍路のための小冊子を発行しておられた宮崎建樹氏が8年前に、山中の遍路道のさらなる調査中、不慮の遭難事故で亡くなられた。宮崎氏が実質的に一人で活動されていた「へんろみち保存 [続きを読む]
  • バックパーッカーの皆さん、気をつけて! 2018年3月更新版
  • 新聞記事を中心に、私が気づいた日本人旅行者絡みの事件を1年ごとくらいに挙げさせて頂いているが、2018年2月に東シベリアの極寒の地・オイミャコン村で自転車旅行していた日本人大学生グループが遭難したというニュースを聞いて、久々に更新してみることにした。例によって情報を新聞記事に限り、インターネットによる情報は省いて来たので、決して万全なリストではない。あくまで旅の参考にして頂ければと思う。●98年6 [続きを読む]
  • 「仏教をめぐる日本と東南アジア地域」の話
  • 2016年の3月に出た「仏教をめぐる日本と東南アジア地域」(大沢広嗣 編・勉誠出版)という本を、遅ればせながら読ませて頂いた。何人かの方たちの共著なのだが、その中で特に面白いと思った事柄を、以下に少し挙げさせて頂くことにする。・戦後間もない頃に日本釈尊正法会という組織が、たくさんの日本人僧侶をミャンマーに派遣した。彼らは上座部仏教(テーラワーダ)比丘として現地で得度し、ミャンマー仏教を学んだ。例えば「 [続きを読む]
  • 昔の旅のお坊さんは、どうやって生活していたのですか?
  • 私がお坊さんになったのは、元はと言えば昔話に出て来る旅のお坊さんに憧れたからだということを先日、書かせて頂いた時に、インターネットで「旅のお坊さん」と検索したら、昔の旅のお坊さんはどうやって生計を立てていたのですか? みたいな質問サイトがあって、托鉢で食物を得て、夜は野宿だ、みたいな回答をしている方があったのを、たまたま見かけた。昔の行脚僧が主に托鉢で食を賄っていたというのはまあ間違いではないとし [続きを読む]
  • ブッダ涅槃図の発祥
  • 2月15日は大乗仏教においてお釈迦さま即ちブッダが亡くなったことを偲ぶ涅槃会だ。ブッダ入滅の様子を描いた涅槃図に関する解説資料を、以前、曹洞宗のお坊さんに見せて頂いたことがあって、それが詳しくて面白かったので、先日、改めてコピーさせてもらった。そうしたら、ちょうどその日に届いた比叡山時報の今年の2月号(第756号)が涅槃会の特集で、比叡山延暦寺における涅槃会の紹介に合わせて、先の資料と同じような涅槃 [続きを読む]
  • 圓頓章で機嫌よく
  • 姉弟子、と言っても私よりは随分年配の、修行時代の先輩の庵主(尼僧)さんが、いつも円頓章(圓頓章)というお経のことを素晴らしいと仰っていて、そう言えば「裏を見せ 表を見せて 散る紅葉」という良寛の句も、好んで引用なさる庵主さんなので、私が「散りきれば 裏も表も ないものを」と拙い川柳を認めてお便りしたら、早速に電話が掛かって来て、正にそこよ、つまりは円頓章の極意なのよと、また仰った。私はと言うと昔から庵 [続きを読む]
  • 頭陀行脚 夢の通い路
  • 「三十石」という上方落語を録って下さった方があったので、久々に聞いた。「三十石」は「東の旅」シリーズの大詰めに当たる噺だが、上方落語の旅ネタにはどれも芝居の外題のような長いタイトルがあって、「三十石」も正しくは「三十石 夢の通い路」というのが正式名称だ。上方落語には「三十石」以外にも「兵庫舟」「桑名舟」「矢橋船」「小倉船」のように、船の出て来る噺がたくさんあって、その中でも「三十石」や「矢橋船」に [続きを読む]
  • プッタタート係よりお知らせ
  • 三橋ヴィプラティッサ比丘日本語訳のプッタタート比丘の著作CD-R頒布作業は諸般の事情により窓口を縮小致しましたが、今までにたくさんの方からのお申し込みがあり、またいろんなご意見を頂いております。近頃ではある宗派のご僧侶から、これらの著作の内容が驚きであり、坐禅への取り組みに大いに参考になる、自分が「心の安穏」「苦の解消」という目的を見失っていた、この教えが遍く広がり、多くの方が苦から解放されることを願 [続きを読む]
  • 続・一日一坊!
  • お坊さんが好きでお坊さんになったから、町でお坊さんを見かけただけでも嬉しくなるということを、「ホームページ アジアのお坊さん 本編」において、「一日一坊!」というタイトルでまとめさせて頂いたことがある。こんなシチュエーションでお坊さんに出会った、もしくはこんなお坊さんの絵や写真を見かけた、という事例を文章や写真で紹介させて頂いたのだが、その後に出会った「お坊さん」たちの例を示すと、例えばこの画像は [続きを読む]
  • ヴィシュヌ神の臍より梵天の生ずる話
  • インドのデリーにあるラクシュミ・ナラヤーン寺院は富豪ビルラが建てた絢爛豪華な建築で知られ、神妃ラクシュミと共にヴィシュヌ神が主神を務める寺だが、ナーラヤーナとはヴィシュヌの別名で「宇宙の水の上を住居とする者」の意味だ。ヒンドゥー教におけるトリムルティ(三神一体=ブラフマー、シヴァ、ヴィシュヌ)の一人であるところのヴィシュヌ神は、海の上に浮かぶシェーシャと呼ばれる巨大なナーガ(蛇)の上で世界の終わりの時 [続きを読む]