ptarama さん プロフィール

  •  
ptaramaさん: 健香季節
ハンドル名ptarama さん
ブログタイトル健香季節
ブログURLhttps://ameblo.jp/pranafu23/
サイト紹介文健康・香り・季節 好きなことをを気ままに書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2008/12/19 18:48

ptarama さんのブログ記事

  •  静が教えてくれること
  • 雨が続く。日常は変わりなく繰り返される。日々 または定期的に続けていること自分軸を維持するために続けていること。あたりまえのこと。ふとした瞬間気づかずに形だけや行動だけになってしまうことが多々ある。馴れ合いという油断。静があるから動がある。動があるから静がある。人は、常に動いている。心も身体も動いている。ヨガをして静となる時間をもつことで気がつく動の部分。日常を変えてくれる気づきと出会えるのか? [続きを読む]
  • 秋雨の続く日は○○○○の秋
  • しばらくは、秋雨が続くそうです。気掛かりは、洗濯物でしょうか?いろいろ便利に 心地好くできるツールもずいぶんと増えております。洗濯機 乾燥機(室) 洗剤等々わが家にも揃えてあるなあ。そうであってもやっぱり太陽光がいちばんかなと。しばらくは、室内で過ごすことも増えそうです。この頃雨の日に落ち着けそうな場所に出会いました。カフェと図書館が一緒になった空間です。カフェなのでワンdrink制とか飲食の注文をする [続きを読む]
  • 外と内
  • 10月10日 というと子どもの頃は、体育の日 統計的にもお天気がよい日。昨日今日と半袖でも大丈夫なほど。お天気がよい日は、平日であっても人手が多い。朝の情報番組で話題になっていた池袋は、きっとあつさも増しているのだろうなあと。西口に小池さん東口に小泉さんが、演説するとのこと。おふたりの演説に時間差は、あるらしいのですが、今日の移動は、池袋駅での乗り換えを迂回することを選択しました。何事もなく??。さ [続きを読む]
  • 好きです。
  • 駅に向かう途中にある男子校。文化祭なんだろうなあ。わたしの前にカップルすっらーと長い脚ちょっぴり骨ばった後ろ姿。ショートヘアのボーイッシュな女学生?前からは多くの男子学生の波。すれ違い様に「ブラジャーないよ」という声。「?」瞬間わたしの頭のなか「全くいやらしい奴ら」とも感じている。そしてカップルの横を抜ける。「‼」瞬間わたしの頭のなか「そうか なるほど」とも感じている。振り返り確認。正解可愛い男の子。女学生 [続きを読む]
  • 空  月曜時間割だったから
  • 満月 いろんなことがざわざわ入ってくる。出来るだけ自分をざわざわさせることを遠くにすること。自分に集中することをする。1日 たっぷりと。自分時間。。わたし時間。家の外に出ることを選んだ。向かった先に空がある。わたしの心とからだを置く場があって内なるエネルギーを調和した。曇り空。午後からは、雨がふる予報。何をするべき?から何をしたいのか?気持ちをシフトするといままで沸き上がってこなかった感情があが [続きを読む]
  • 空  月曜時間割だったから
  • 満月 いろんなことがざわざわ入ってくる。出来るだけ自分をざわざわさせることを遠くにすること。自分に集中することをする。1日 たっぷりと。自分時間。。わたし時間。家の外に出ることを選んだ。向かった先に空がある。わたしの心とからだを置く場があって内なるエネルギーを調和した。曇り空。午後からは、雨がふる予報。何をするべき?から何をしたいのか?気持ちをシフトするといままで沸き上がってこなかった感情があが [続きを読む]
  • みんなですること 
  • 秋の空は、高い。距離が遠いと近いとでも心にわき上がるものも違うということ。物思いにふけること。ざわざわするので「ヨガ」をする。自分をみる時間自分の変化を感じる。わかっているはずの自分ともっと向き合う。今日は、みんなとするヨガをした。心の作用が、身体をみれなくすることを感じ取った。ヨガが好き身体を動かすことが好き以前に比べて自分の身体の周りに余分なベールはかけなくなったのかも。内から出るエネルギーを [続きを読む]
  • 五感を楽しめることに溢れている。
  • 心地好い音楽が流れている。主人が 世界大会 Franceに行く前にjazzを聞いていたことを後から知った。女性ボーカル。何だかわかるかも。ここ CAFE に身を置いて。しばしの集中から、音楽へと時間を委ねてみる。カウンターのなかから聞こえる。豆を挽く音 食器の音周りにいる人たち家族 友人 カップル 独りの人が絵画のように 眼にうつる。次から次と動く佇まい 表情 話声  趣があって特別なことがなくてもこんなに動か [続きを読む]
  • 今日という日 
  • 普段と変わらない日曜日。とくべつなことはない。感情が動くことに今日は、思考も気持ちも向いている。怖い 不安 という思いから動けないこと。怖い 不安 という思いから動くこと。おこる衝動。これがまたひとつストレスをかけること。隠れ家の覗き穴から 私の思考というフィルターをかけて歪んだ世界を覗き混むように。外に出れば空気が気持ちいい。肌が太陽の暖かさを感じている。身体を包み込むような風。心地よさを感じ [続きを読む]
  • シェアさせてください。感覚の哲学 ”sense of wonder”
  • 雨続きだったからでしょうか。先日乗った電車の車窓から広がる空をみました。空の広がりに心も広がるように感じるのは、私だけでしょうか?9月に入り久しぶりに空をみたなあとそんな気持ちになりました。脳へ情報を増やすことは、感覚を鈍らせて行くことになる。命に関わる感覚を研究されている京都大学出身の農学者 伏木亨氏著書「人間は脳で食べている」のあとがきで「生の五感は失われはじめている。失われた五感を補うためにさ [続きを読む]
  • アンフェア 常識ってなんだ? ー自明性ー
  • 今日は雨模様。新学期の授業がスタートです。「アンフェア」という言葉 「ずるいよ」ってなんだ?という言葉が降りてくる。わかっていながらに同じことを繰り返すのは何故?私の防衛機制なるもの。近道反応にも似たもの。(不安 焦躁 劣等感などの苦痛を避ける自我を守る無意識の心の仕組みの働き)猜疑心がなんでこんなに強いのか?なぜ人を信じられないのだろうか?過去にあったこと?経験値?騙されないように教えられてきたこと? [続きを読む]
  • 苦手?の正体
  • 肌寒い 今日は、9月1日台風のめの気圧が下がり方と関係があるんだとのこと。満月に近づき 潮の流れも蛇行しているとかで海水面の上昇に影響がおこる。地球温暖化 人間の暮らし方に環境が応え動いている。 このキャッチボール 応えに人間は、何に目を向け何をを気づいて何をするのだろう?気づきの体験が、苦手なことやその裏にあるどうして苦手に感じているのかっていうことと繋がることがありました。このところ家の時計が [続きを読む]
  • からだうごき
  • いつの間にか 蝉の合唱会もフィナーレをむかえ真っ黒に日焼けした子どもたちの夏の想い出となる。観察日記 標本 などの自由研究 大人たちには、懐かしい当時の記憶が甦る。子どもたちは、いま宿題のラストスパートに追われているのだろうか?がんばれ―ラストレッスンを終えての帰途。駅の周辺やコンビニにいつもになく中高生の姿がめにつく。家に帰りたくないのか?何かを見失ってしまったのか?力なく解放された身体。仲間 [続きを読む]
  • 学校 保健体育 に思うこと。
  • 夏休みの期間 帰省していた息子や娘がまた下宿先に戻って行く。寂しいなあというのか、ぽっかりというのか何とも言えない感情がわいてくる。側に一緒にいるということでもらっている安らぎと力をあらためて感じずには、いられない。ありがとう。感謝。娘が帰省中に 一緒に行った書店で出会った本がある。「演劇教育」ドラマteacher        いしいみちこ著本にであったというよりはああ 同じような想いを抱く人に出会えた [続きを読む]
  • からだは、心。 心は、からだ。動作は、わたし
  • 残暑。夏から秋に向けて、気持ちは シフトをはじめているのだろうか。からだが、季節の違和感を感じる今日この頃。決算saleの文字に、時の流れを感じます。夏休みの娘たちとほんのわずかな時間を過ごす事ができました。からだを通してみえてくるもの。動作を通してみえてくるもの。あらためて向き合い。心の整理。蛙の子は蛙。子どものからだと向き合うと自分の向き合い方役割を感じとることも振り返ることが出来る。いま振り返 [続きを読む]
  • シャーンティ  peace
  • 静寂雑踏のなか カプセルにはいる。静寂という名前のバリア。心穏やかに 安らぐ眼は、どこをみているのだろう。耳は、どんな音をとらえているのだろう。肌は、何を感じているのだろう。鼻は、何を感じ 口は、何を感じているのだろうか?感じとった情報が精査されるように、私のいまを作りあげている。無意識にとる姿勢 動作無意識に繰り返される呼吸8月は雨続き。光合成が出来ないと野菜たちを心配する声が聞こえてくる。わ [続きを読む]
  • 幸せ ーいまここにあることー
  • 人のフィルターは、面白い。消化能力も様々だ。自分の思考でみているからなのかと。笑顔になったり、ご機嫌になるタイミング。不服そうな顔になったり、不機嫌になるタイミング。リズムがあるようにそれぞれの視点。見えるもの。気づくもの。味覚。嗅覚。で捉えているようでもあり味わい深い。防御や脚色。色眼鏡 や マスク スパイスも様々でみかたも嗅ぎ方もその人によって調整される。自分の味に調味する。時には、仲間と酒 [続きを読む]
  • わたしについてのいち考察
  • いいものをみつけたり体験したり味わったりこれらの出会いを誰かにも届けたいと想う。知って欲しいと思う。この想いを行動に移せれば多くの人とわかち合うことができる。喜ぶ人の笑顔が、嬉しい。自分だけがあじわうことには、罪悪感にも似た気持ちがわいてくる。優柔不断で物事が進まない。選べない。誰かの判断や指示を聞きたくなる。遠慮とも違う。求められることを叶えたい。それが嬉しい。自分の持っているものを誰かに委ね [続きを読む]
  • 教育と保育
  • お祖父ちゃんは、どうやって戦後 保育園を開園したんだろう? ○○○町に赤いお屋根の保育園を?もう直接聞くことはできない。祖父母は、保育園を開設しておりました。物心ついた頃は、お祖母ちゃんが園長先生。保育に向き合ったお祖母ちゃんは、功績を認めてもらい紫綬褒章を授与されました。いつも子どもたちやかつて子どもだった親御さんからも『園長先生』と慕われていた。忙しそうに日々を過ごす職業婦人だったように思う [続きを読む]