クリスチャントゥデイ さん プロフィール

  •  
クリスチャントゥデイさん: クリスチャントゥデイ ブログ
ハンドル名クリスチャントゥデイ さん
ブログタイトルクリスチャントゥデイ ブログ
ブログURLhttp://blog.christiantoday.co.jp
サイト紹介文キリスト教インターネット新聞「クリスチャントゥデイ」の公式ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 275日(平均0.3回/週) - 参加 2008/12/20 13:16

クリスチャントゥデイ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2018年、新年のごあいさつ
  • 新年明けましておめでとうございます。昨年も多くの皆様のご愛顧とご愛読を頂き、心より感謝申し上げます。昨年は、雜賀信行編集長を中心とする編集部門、宮村武夫論説主幹を中心とする論説部門を2つの柱とする新体制をスタートさせ、報道内容の充実に努めてまいりました。迎えました新年も、読者の皆様方に、常に迅速かつ公正・的確な国内外のキリスト教ニュースを提供できるよう、編集体制、財政基盤のさらなる強化に取り組んで [続きを読む]
  • 感謝できない時に感謝できること 中橋祐貴
  • 主の御名を賛美いたします。私は小学3年生の時に不登校になりました。優しいクラスメートが手紙をくれたり、自宅を訪問してくれたりしたおかげで、ある時から学校へ行けるようになりました。その友達は、アメリカ人宣教師が開拓した近くの教会に通っていました。そのクリスマス礼拝に誘われて、兄弟でドキドキしながら行ったことを覚えています。すると、宣教師夫妻が満面の笑顔で私たちを迎えてくれたので、すぐに打ち解けること [続きを読む]
  • 見失った1匹を見つけ出すまで 矢田喬大
  • 1私は1984年、三重県四日市に、3人きょうだいの末っ子として生まれました。実家は浄土真宗で、親類縁者にクリスチャンは1人もおらず、キリスト教とはまったく無縁の環境に育ちました。私自身も中学と高校の6年間、仏教系の学校で学びました。その後、関東の大学に進学でき、あこがれの一人暮らしも始まりました。そこでクリスチャンの先輩と知り合い、先輩の通う長老系の教会に一緒に通うようになりました。ただ、神様に触 [続きを読む]
  • 「ごんぎつね」とキリスト 雜賀信行
  • 幼い頃から切ない物語が好きだった。小学校低学年の時だったと思うが、雑誌に載っていた新美南吉の「ごんぎつね」に感激し、そのページだけ剥(は)がして綴(と)じ直し、学習発表会で朗読をした。しかし、ラストシーンでは感極まって読めない。そんな子どもだった。今から35年前。17歳。高校3年生の春、友人に誘われて初めて教会に行った。岡山県南にある日本同盟基督教団(当時は単立)西大寺キリスト教会(赤江弘之牧師) [続きを読む]
  • 取材拒否と善いサマリア人
  • 「クリスチャン新聞創刊50周年記念シンポジウム」が11日、お茶の水クリスチャン・センター(東京・千代田区)で開かれ、編集長の雜賀が聞きに行きました。いのちのことば社主催の集会はクリスチャントゥデイ(CT)は「取材拒否」されているのですが、事前の参加申し込みで、「クリスチャン新聞」編集長の?橋昌彦さんに「取材はしないので、参加してもいいですか」と電話連絡すると、それならかまわないと了承を得ました。雜 [続きを読む]
  • クリスチャントゥデイ(CT)は統一協会か問題Q&A
  • Q クリスチャントゥデイ(以下、日本のクリスチャントゥデイは「CT」)は統一協会と関係があるのですか。関係ありません。会社役員も記者や編集者もすべて正統なキリスト教信仰に立つ教会に所属しているクリスチャンや牧師ばかりです。CTでは、統一協会をはじめキリスト教の異端、カルトに対して警鐘を鳴らす記事を随時掲載し、イエスこそ唯一の救い主であることを伝える記事を毎日配信しています。Q なぜ統一協会と関係が [続きを読む]
  • 「サポーター」と「寄付」の募集を始めました
  • いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)、フェイスブックの「いいね!」数11万9千と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、90名近いコラムニスト、 [続きを読む]
  • ネットを通して良い知らせを告げ知らせる人、募集中です
  • クリスチャントゥデイでは新規プロジェクトの立ち上げのため、大わらわの日々を送っています。そんな中、阿久戸光晴(あくど・みつはる)先生が編集会議に加わってくださいました。聖学院の院長と理事長を務め、現在、日本基督教団滝野川教会の牧師をされています。近日中に先生による論説を掲載する予定です。お楽しみに。ところで、クリスチャントゥデイでは記者を募集中です。現在、守田と坂本という女性記者が取材して記事を書 [続きを読む]
  • CT名誉毀損裁判の判決文を読んで
  • 今週は、ゴールデンウィークの特別企画ということで、カルト問題に詳しい先生方をお招きして対談していただきました。1人は教団でのお立場上、匿名になりますが、そのような重要な立場にある方がクリスチャントゥデイの事務所に来てくださり、その内実を見てくださったということだけでも大きな意味があります。もちろん、対談の内容自体も非常に感動的でした。近々掲載しますので、お楽しみになさってください。本紙がこの4月か [続きを読む]
  • 妄想が霧散しますように 4月12日の編集会議
  • このブログを始めようと思ったのは、一種の編集後記のようなもので、舞台裏が分かるページがほしかったからです。「カルト疑惑」を持っている方と話すと、クリスチャントゥデイは、怪しげな国際組織からの命令のもと、資金がジャブジャブ流れ込み、マインドコントロールされている記者たちが苛酷な労働環境の中で虚ろな目つきで働かされているような妄想とも言えるイメージをだいたい抱かれているようです。それなら、口で説明する [続きを読む]
  • 信じて心燃やされる者に―編集長就任あいさつ 雜賀信行
  • 私は日本同盟基督教団西大寺キリスト教会で洗礼を受け、25年前、いのちのことば社で文書伝道者としての歩みをスタートしました。以来、数百冊以上の本や雑誌の編集に携わり、多くのキリスト教出版社・書店・教会、執筆者の方々と共にこの働きを続けてこられました。皆さまともきっと何かを通して出会ってきたと思います。2月からクリスチャントゥデイで働き始めて2カ月。「この働きが統一協会によるものではないか」というのは [続きを読む]
  • 信じて心燃やされる者に―編集長就任あいさつ 雜賀信行
  • 私は日本同盟基督教団西大寺キリスト教会で洗礼を受け、25年前、いのちのことば社で文書伝道者としての歩みをスタートしました。以来、数百冊以上の本や雑誌の編集に携わり、多くのキリスト教出版社・書店・教会、執筆者の方々と共にこの働きを続けてこられました。皆さまともきっと何かを通して出会ってきたと思います。2月からクリスチャントゥデイで働き始めて2カ月。「この働きが統一協会によるものではないか」というのは [続きを読む]
  • 感謝、そしてこれから―論説主幹就任あいさつ 宮村武夫
  • 2014年4月から、クリスチャントゥデイ編集長としての3年間の働きは、ひと言で言えば、まさに感謝です。25年沖縄にいたので、クリスチャントゥデイと統一協会の関係を繰り返し主張する報道機関があるなど、私は何も知らなかったのです。ですから、クリスチャントゥデイに対する私の決断、実行をある方々が訝ったのもそれなりに理解できます。しかし私自身は、2009年12月に脳梗塞を発症した前後から、インターネットを [続きを読む]
  • 過去の記事 …