野崎篤志 さん プロフィール

  •  
野崎篤志さん: e-Patent Blog | 知財情報コンサルティング
ハンドル名野崎篤志 さん
ブログタイトルe-Patent Blog | 知財情報コンサルティング
ブログURLhttps://ameblo.jp/e-patent/
サイト紹介文知財情報コンサルティングサービスを提供する株式会社イーパテント代表・野崎篤志のブログ
自由文本ブログでは、e-Patent.netと連動して、身近な特許・ニュースな特許の紹介、知財情報検索・調査や知財情報分析・パテントマップやアイデア創出・発明創出に関する動向を発信していきます。

特許検索・特許調査の詳しい情報についてはe-Patent.net(http://e-patentsearch.net/)まで

知財情報コンサルティングおよび人材育成・研修のご相談は株式会社イーパテントのウェブサイト(http://e-patent.co.jp/)まで
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2008/12/23 19:54

野崎篤志 さんのブログ記事

  • 職務発明制度 規程の作り方と書式例
  • 職務発明制度 規程の作り方と書式例5,400円Amazon 本書は、職務発明制度の変遷(現在、「平成16年改正前制度」「平成27年改正前制度」「現制度」の3制度が併存)、職務発明の要件などの基本事項から、直近の改正法とガイドラインを踏まえた、「相当の利益」(発明の対価)を決定するために必要となる会社・発明者間の具体的な協議、手続き等の内容、さらに職務発明規程の具体的な作り方・定め方までを解説している。“職務発明に関係 [続きを読む]
  • 知財関連補助金業務の知識と実務: 補助金・助成金を活かした知財経営
  • 知財関連補助金業務の知識と実務: 補助金・助成金を活かした知財経営2,052円Amazon ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━企業経営者にとってノドから手が出る程欲しい補助金実務がわかる経営者、弁理士、行政書士、コンサルタント等の必読書!━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━事業の外国進出が決まったら、特許等による自己の所有する財産の保護を外国でも受けることを期待 [続きを読む]
  • 30の発明からよむ日本史 (日経ビジネス人文庫)
  • 30の発明からよむ日本史 (日経ビジネス人文庫)864円Amazon 歴史を塗り替えた日本の発明30をとりあげ、その社会的・文化的意義を考察する。単なる発明品や技術革新だけでなく、かな文字、忍者、茶道など、新たな文化を生み出し、社会を変革させたイノベーションもとりあげる。シュンペーターの定義によれば、イノベーションとは、物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」のこと。つまり、それ [続きを読む]
  • シリコンバレー式 最高のイノベーション
  • シリコンバレー式 最高のイノベーション1,728円Amazon シリコンバレーに拠点を置くApple、Google、Facebook、Airbnb、Uber…は、どうやって次々とイノベーションを起こしているのか?自ら数社のスタートアップを成功させるとともに、22ヶ国でスタートアップを支援するアクセラレーターのCEOがシリコンバレーで起きているイノベーション成功の秘密を初公開! 小さなアイデアが大きな変革をもたらし、世の中を一変させるプロセスを、 [続きを読む]
  • 裁判実務シリーズ8 著作権・商標・不競法関係訴訟の実務〔第2版〕
  • 裁判実務シリーズ8 著作権・商標・不競法関係訴訟の実務〔第2版〕6,264円Amazon 著作権等をめぐる訴訟活動のあり方を示す、実務家必携の書。知的財産権訴訟を専門に担当した経験豊富な裁判官らによるシリーズ第2版。裁判例を大幅にアップデートしたほか、「第3章 商標をめぐる審決等取消訴訟」に「第4講 商標登録の取消審判に係る審決取消訴訟」を新たに追加。著作権等をめぐる訴訟活動のあり方を示す、実務家必携の書。 [続きを読む]
  • 企業人・大学人のための知的財産権入門(第3版): 特許法を中心に
  • 企業人・大学人のための知的財産権入門(第3版): 特許法を中心に3,024円Amazon 法律書というと難解な条文をたくさん読まねばならないイメージがあるが,本書はまったく違う.特許を中心とした知的財産を扱う現場で必要な基本的考え方と具体的知識を,特に企業・大学の人たちが理解しやすい表現で,わかりやすく具体的に解説している.昨今,大学や企業の研究現場でも問題になりやすい著作権についてのわかりやすい解説も盛込んであ [続きを読む]
  • 技術を強みとした新規事業開発の教科書
  • 技術を強みとした新規事業開発の教科書 (MyISBN - デザインエッグ社)2,484円Amazon 新規事業開発は、製造業の重点課題の1つです。また、製造業が新規事業開発を行う際に最も重視している経営資源は、技術力です。しかし、技術を強みとした新規事業開発は、基本的な進め方や体制の構築ができていないことが理由でうまくいかないことが多い、という調査結果が出ています。この理由の1つに、実際にマネジメント担当者や実務推進者に [続きを読む]
  • 伝統の技を世界で売る方法: ローカル企業のグローバル・ニッチ戦略
  • 伝統の技を世界で売る方法: ローカル企業のグローバル・ニッチ戦略2,160円Amazon 廃業寸前の和傘屋を継承して数年で売上を40倍にし、和傘の構造・技術を活かしたデザイン照明を世界各地に展開、現在は全国各地の伝統工芸関連中小企業の海外展開を支援する著者が、自身の経験をもとに体系化した、海外パートナー・バイヤーと連携した商品開発と販路開拓の手法を初めて紹介する。[目次]第1章 中小企業の活路は海外にあり ―日吉屋メ [続きを読む]
  • 食品会社の特許戦略マニュアル
  • 食品会社の特許戦略マニュアル3,456円Amazon 著者特許事務所ブログの書籍紹介記事http://morimotoblog.jp/?p=1812 目次 第1 章 食品業界の現状および 食品特許の特性1.1 食品は一過性のブームになりやすく,マネされやすい1.2 食品は特許で活きる 1.3 食品特許のメリット・デメリット  第2 章 食品特許と営業利益との関係 2.1 特許庁が実施する知的財産活動調査 2.2 食品特許は営業利益高に大きく影響する 2.3 特許の [続きを読む]
  • 独立後の営業活動
  • 先日、信用調査会社の方の訪問を受けた際に、「御社はどのような営業活動をされているんですか?」という質問をいただきました。 ここで、営業活動とは何か?と定義しなければならないのですが、自社製品やサービス(イーパテントの場合は、知財情報分析・コンサルティングサービスや人材育成・研修サービス)を購入していただけそうなクライアントを訪問して、サービスの説明等を行った上でクロージングすることをイメージしてい [続きを読む]
  • 独立起業にあたって参考にした本②|選ばれるプロフェッショナル
  • 独立起業にあたって参考にした本の第2弾 今回紹介する本は、選ばれるプロフェッショナル です。 選ばれるプロフェッショナル ― クライアントが本当に求めていること1,850円Amazon 実はこの本、独立起業以前からずっと愛読していて、独立起業する際に購入したわけではありません。タイトルの通り、コンサルタントや医者、弁護士、弁理士、会計士などの士業などプロフェッショナルサービスを提供する人にとって何を留意すべきか [続きを読む]
  • アセアン諸国の特許検索データベース ASEAN PATENTSCOPE
  • 日本を含む主要国(日米欧中韓+PCT)については有料データベースではなく、各国特許庁が運営している無料データベースやGoogle Patentsを用いれば、簡単に調べることができるようになりました。これらのデータベースでは直近発行されたデータベースだけではなく、1970年代や1980年代の古い特許も収録しています。 先日のJ-PlatPatのリニューアルでも「国内の公開特許公報等のテキスト検索が可能な年範囲の拡大」し、公開特許公報 [続きを読む]
  • 独立起業にあたって参考にした本①|起業のマトリクス
  • 3月もあと10日ほどで終わります 昨年5月イーパテントを創業し、会計年度は4月〆となっているので、あと1か月ほどでイーパテントの1期目が終了となります おかげさまで1期目からセミナー・講演だけではなく、分析やコンサルティング案件も切れ目なくいただくことができて、黒字決算できるのは間違いない状況です。またある程度の利益を残すことも出来そうなので、来期は業務効率面の向上を中心に投資していきたいと考えています ク [続きを読む]
  • 第2版 米国特許手続ハンドブック
  • 第2版 米国特許手続ハンドブック3,780円Amazon 2011年9月16日発効のAIAに基づく特許法の改正が成立し6年が経過。発行される特許の50%以上が、AIA改正法に基づくものだということが最近の調査で分かりました。 変化の著しい米国特許業界、特に手続き面では、「発明の主題拒絶の増加」「U.S.P.T.O.提出書類の電子提出システムの進展」「NPEによる訴訟の減少」に特徴的な変化がありました。 第2版では、それらの変化に特化させ、また [続きを読む]
  • 知財業界に入った経緯・・・
  • 時折、「野崎さんは何で知財業界に入ったんですか?」というご質問をいただくので、1回ブログでまとめておこうと思います。 非常に個人的な話ですので、興味ない方はスキップいただいて結構です。 最初に2001年の就職活動時に知財業界に入ろうと思ったか?という点でいうとNoです。 大学・大学院時代には熱流体力学(平面衝突噴流群の熱伝達制御)を研究していましたが、もともと研究者・技術者としての就職は一切考えていませんで [続きを読む]
  • あたらしい表現活動と法
  • あたらしい表現活動と法2,916円Amazon 自己の表現を追究し他者との共存を図る自分と世界の関係をより豊かに構築するためにーー法によってできること、法によって支えられているものの知識を持つことが、自由な表現を支える基盤となる。「表現の自由」とは何かを問いつつ学ぶ、著作権法の入門書。「表現にかかわる法ルールは自分を縛るためのものではなく、自分を上手に解放するための足場になるべきものだ、というイメージをもっ [続きを読む]
  • 知財情報分析の前提となる検索技術
  • 昨日は日本アイアール主催の「欧州特許情報調査の基礎と実践テクニック」セミナーの講師を務めさせていただきました。 先月は「米国特許情報調査の基礎と実践テクニック」のセミナーをさせていただきましたが、実は海外特許調査に関するセミナー・講演というのは実質初めてでした。 実質初めて、とわざわざ書いたのはもうだいぶ前になりますがINFOSTA主催の「欧州特許の調べ方」というセミナー講師をさせていただいた経験があるか [続きを読む]