野崎篤志 さん プロフィール

  •  
野崎篤志さん: e-Patent Blog
ハンドル名野崎篤志 さん
ブログタイトルe-Patent Blog
ブログURLhttps://ameblo.jp/e-patent/
サイト紹介文身近な特許・ニュースな特許の紹介、特許関連書籍および政府審議会資料等の新刊・新着情報ブログ
自由文エンジニア・知財実務担当者向けの知的財産権・技術情報ポータルサイト e-Patentもあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2008/12/23 19:54

野崎篤志 さんのブログ記事

  • 寄稿|「特許の棚卸し」と権利化戦略
  • 第1章第2節「知財戦略策定のための情報収集、分析の仕方」を寄稿した書籍が技術情報協会より発行されました。 「特許の棚卸し」と権利化戦略http://www.gijutu.co.jp/doc/b_1924.htm 知財業界でお世話になっている方が数多く執筆者に名を連ねており、目次を見ると内容もなかなか充実していると思います。部分執筆で協力しているのですが、他の方がどのような内容を書いたかは実際に購入してみないと分かりません。 このような数多 [続きを読む]
  • 独立起業から半年・・・・独立起業時に参考にした本
  • 2017年5月1日に株式会社イーパテントを設立して、早くも半年強が経過しました。 おかげさまで人材育成・研修だけではなく、分析・コンサルティングサービスの方もいろいろなお客様とお付き合いをさせていただいています。 今回このブログに新しく「独立起業・会社立ち上げ」というカテゴリを設けて、独立起業関係の記事を発信していきたいと考えました。私自身39歳で初めて会社を立ち上げたわけですが、独立起業時にはいろいろと検 [続きを読む]
  • 市場情報と特許情報を融合した新規事業開発の考え方
  • 2017年10月に横浜・東京で開催した同タイトルのセミナーですが、大阪でも開催いたします。 無料セミナーとなっておりますので、関西地方の皆さまで興味持っている方はぜひともご参加ください。 https://mdb-biz.jmar.co.jp/sem/w20171218 〜 情報を起点とした新製品・サービス創出の2つのアプローチ〜【大阪開催】市場情報と特許情報を融合した新事業開発の考え方講師【第1部】菊池 健司株式会社日本能率協会総合研究所MDB事業部 [続きを読む]
  • 新米国特許法 対訳付き2017年度
  • 新米国特許法 対訳付き2017年度 Amazon 新米国特許法(AIA)は2011年9 月16日に制定されてから数年以上実施されて、米国特許商標庁は必要な審査ガイドライン、運用基準、施行規則、審査官用トレーニング資料、AIA 統計資料等を整備し、連邦裁判所もいくつかの判例を出してきたので審査のあり方は明らかになってきています。 本書は、判例を入れて体系的に整理し、米国特許商標庁発行の最新資料、情報を取り入れてわかり易く取りまと [続きを読む]
  • 知財実務ガイドブック -知財の活用とトラブル対策-
  • 知財実務ガイドブック―知財の活用とトラブル対策5,940円Amazon ■解説最前線の現場から知財実務の実際を案内!!知財の戦略的な活用から,リスク管理,紛争解決まで,法的実務の注意点や創意工夫を紹介。知財を手がける弁護士,弁理士,企業の知財部員が,糸口を見つけるのにすぐに役立つ実践の書。本書は,知的財産関係法の基本を踏まえ,徹底して「実務」の「現場の処理」にこだわった内容になっています。実務の現場からの実務家に [続きを読む]
  • ネーミング発想・商標出願 かんたん教科書
  • ネーミング発想・商標出願 かんたん教科書 Amazon ようこそ!発明アイデア・ネーミングの世界へ。本書はネーミングの成功例やネーミング創作法を余すところなく紹介。面白い商品名のおかげで大ヒットした企業のネーミング成功例は、ビジネスパーソンには大変参考になるはずです。また、大衆発明家や発明女子と呼ばれる方々が名づけた、一度聞いたら忘れられない楽しいネーミングも数多く紹介しています。さらに、まったくの初心者 [続きを読む]
  • マネジメント・テキスト イノベーション・マネジメント入門〈第2版〉
  • マネジメント・テキスト イノベーション・マネジメント入門〈第2版〉 Amazon イノベーションは経済の成長に欠かせないものだが、それをいかに育て、実用化するかはマネジメントの中でも最も難易度が高いテーマです。本書は、イノベーションを正面から解説した、網羅的なテキストとして高く評価され、累計1万8500部に達したロングセラーテキスト『イノベーション・マネジメント入門』(2001年刊)の全面改訂版です。前著刊行以後、IT [続きを読む]
  • 事例に見る特許異議申立ての実務
  • 事例に見る特許異議申立ての実務 Amazon ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━平成29年6月まで特許庁において、異議の運用策定に参画するとともに、実際の異議事件の審理を多数経験した著者が、制度、運用を事例に基づき解説。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━特許異議申立制度は、平成27年4月1日に施行され、審理が本格化してから、約2年が経過 [続きを読む]
  • シグナル:未来学者が教える予測の技術
  • シグナル:未来学者が教える予測の技術1,944円Amazon 世界から注目される話題の未来学者、待望の新刊! 「未来を読むための方法論」を開示するブラックベリーはなぜスマートフォン時代を見逃したのか?グーグルが自動運転車を走らせているのはなぜか?ウーバーと他のスタートアップとの最大の違いはどこにあるか?アメリカで大暴走したAIボットは、何を示唆しているのか?世の中を変えるような画期的な新製品やサービスが世に出てくる前 [続きを読む]
  • ノウハウ秘匿と特許出願の選択基準およびノウハウ管理法
  • ノウハウ秘匿と特許出願の選択基準およびノウハウ管理法 Amazon ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━技術的な営業秘密をノウハウとして秘匿化すべきか、特許出願すべきか?その選択基準及び選択を適切に行うため社内体制を構築する方法を詳細に解説!━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━技術開発・研究開発の結果である発明を特許出願するか、営業秘密として [続きを読む]
  • パクリ商標 (日経プレミアシリーズ)
  • パクリ商標 (日経プレミアシリーズ) Amazon PPAP、マリカー、フランク三浦・・・・・・商標登録は早い者勝ち?いま「パクリ商標」をめぐる議論が沸騰マリオカートを彷彿させる「マリカー」騒動では、最強の法務部を持つといわれる任天堂が、その商標登録取消に失敗。また、最高裁は、高級時計「フランク・ミューラー」のパクリ商標「フランク三浦」の商標登録を有効と認めました。誰もが知るピコ太郎の「PPAP」や「プレミアムフラ [続きを読む]
  • まずはここから! ベーシックな事例で学ぶ 企業法務の仕事
  • まずはここから! ベーシックな事例で学ぶ 企業法務の仕事3,024円Amazon 内容紹介企業法務部門の新人・若手社員を対象とした「企業法務の仕事の網羅的テキスト」。総論編では、まず把握しておくべき事項を解説し、各論編では、事例解説形式で課題解決に際しての法知識のあてはめ方を解説する。事例が他人事にならない注意点も取り上げる。出版社からのコメント・企業法務部出身で、現在は学生に企業法務を教える実務家教員による執 [続きを読む]
  • 新・注解特許法
  • 新・注解特許法 上巻 第1条~第65条 第2版17,280円Amazon 新・注解特許法 中巻 第66条~第112条の3 第2版19,440円Amazon 新・注解特許法 下巻 第113条~第204条附則・判例索引・17,280円Amazon ■解説第一線の研究者・実務家によるわが国最大級の新・特許法コンメンタールの最新刊!!          ◆特許法の理論・実務を細大漏らさず取り込んだ大分量の3分冊。◆膨大な判例・文献を徹底網羅,特許法の現在を解明する。◆第1章 [続きを読む]
  • 特許を取ろう! ―技術者・研究者へ贈るコツとテクニック―
  • 特許を取ろう! ―技術者・研究者へ贈るコツとテクニック― Amazon "特許を積極的に取ってもらいたい! "このコンセプトのもと、「ひらめき」を具現化するための思考の整理法、創作物を特許化するための特許取得手順、申請手続きの対処法など、特許を取るために必要となる基礎知識について、身近な例を用いて具体的に解説。また、特許の創作上、役立つ特許検索の方法や活用法もまとめた。一部改正した特許法に対応。 [続きを読む]
  • 改訂5版 解説 特許法
  • 改訂5版 解説 特許法 (現代産業選書―知的財産実務シリーズ) Amazon ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━法改正対応の好評シリーズ第5版!図を多用し、詳しく平易な文章で初学者から実務家まで幅広く活用できる一冊━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━特許法の専門書は難解なものが多く、特許の実務家を目指す者が平易に、しかも、かなり本質的なレベル [続きを読む]