じゅん さん プロフィール

  •  
じゅんさん: みつゴコロ
ハンドル名じゅん さん
ブログタイトルみつゴコロ
ブログURLhttps://ameblo.jp/mitugokoro/
サイト紹介文アスペルガーな長男、天然長女、脳性マヒ付自閉っ子次男。そんな3つ子と夫婦のへなちょこ絵日記です♪
自由文落ち込むこともあるけれど、立ち直りも早いO型一家。「笑う門には福来る」がモットーです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2008/12/25 21:54

じゅん さんのブログ記事

  • 長電話
  • かれこれ2時間以上、自室で長電話しているまぼ。 昔を思えば、長電話できる友だちがいるのもうれしいことだし、なにやら盛り上がって楽しそうだし、親がいちいち声をかけるのもどうかなあと思うのだけど、さすがに日付も変わるしなあ・・・と重い腰をあげようとしたら。 バンッ!とものすごい勢いでドアが開き、飛び出してきたまぼがひとこと、 「おかーさん、カレーって常温保存でいける?!」 カ、カレー??? 「いや・・・今の [続きを読む]
  • 神さま、ふたたび
  • 『神さまはいる、と感じたこと』の記事から約5か月。昨日また、娘宛ての小包が届きまして・・・ また当たってる〜(゚д゚)! 年明けにこのハガキを出したとき、「さすがにもう当たることはないと思うけどね」と笑っていた娘。まさかの2回目、しかも再び1名様のモノ当選に、「うそ、こわい、これで運を使い尽くしちゃったりして??」と焦っていたけれど、すぐに、「いや、そんなことないな。わたし、がんばったもんね。」と得意顔。 [続きを読む]
  • 女三世代
  • 今日は娘の発案で、女三世代(実母、わたし、娘)で会席ランチ付きの日帰り温泉へ行ってきました♪ 桜が満開〜!見たところ、まだ一枚の花弁も散っていない状態で、まさに今、この瞬間が満開!というタイミング。山が呼んでくれた?^^ 実はこの温泉、娘がまだ療養中で苦しかった昨年の7月に、湯治とリフレッシュも兼ねて母娘二人で宿泊した場所。全国でも希少なタイプの泉質と、パワースポットとしても有名な場の空気との相性がよ [続きを読む]
  • 今日、自転車で川沿いの道を走っていたら・・・ 今年初めてのつくし発見!大雪やら暖冬やらの異常気象で、自然界の生き物にとっては厳しい冬だっただろうに・・・。春分を迎えたら、こうしてちゃ〜んと春がやって来るんだね。 なんだかいろんなことがきっとダイジョウブ!と思えた、小さな春の発見でした^^ ◆「出版のお知らせです」 ☆アマゾン送料無料 ☆楽天ブックス送料無料 本を読んでくださった‘バザーのおばさん‘様が、 [続きを読む]
  • ティーチ研会報掲載4コマ(50)「それぞれの思春期」
  • いしかわTEACCHプログラム研究会 会報№135号より イソップ童話に「3人のレンガ職人」というお話があります。 1人目の職人は、ただレンガを積むだけの日々に意味を見出せず不満だらけ。2人目の職人は、レンガ積みで家族を養えることにありがたみを感じ、3人目の職人は、レンガ積みが聖堂を造る基盤となり、間接的にたくさんの人々に祝福を与えられる喜びを感じている・・・というお話。 童話なので解釈は様々だと思います [続きを読む]
  • 流れ
  • 基本、流れに逆らわない自然体(逆らう気力体力がないだけ???)タイプなのだけど、今日引いてみたセラピーカードのメッセージが、 このタイミングで「流れ」!今、家族にも自分にも、いろいろなところから気づきやご縁やつながりがやってきて、それぞれの流れがやってきているなあと感じていたところなのだけど・・・このまま流れに任せていればいいってことなのかな。 ◆「出版のお知らせです」 ☆アマゾン送料無料 ☆楽天ブ [続きを読む]
  • ティーチ研会報掲載4コマ(49)「イヤーマフ自主返還」
  • いしかわTEACCHプログラム研究会 会報№134号より 自閉症と診断された2歳ごろは、それほど気にならなかったたんたんの感覚過敏。周りが見えていないからアンテナの感度も弱かった・・・と気づいたのは、それから数年後のことでした。 入学後はイヤーマフがトレードマークとなり、行事前などのストレスがかかる時期は、アンテナの感度もさらに倍! 心と体のバランスが崩れる思春期は、アンテナの感度は無限大!制御不能でパ [続きを読む]
  • ナゾ気質
  • 超絶美人とか、見るからに親切そう、というわけではないのに、昔から通りすがりの人に声をかけられることが多い。 よくある‘道を聞かれる系‘は数えきれないほどで、 「電車でたまたま隣に立ったイラン人に話しかけられ、来日してからの苦労話を降車駅まで小一時間ほど聞いていた」 なんてこともあったし、 「電車でたまたま目の前に座っていたおじさんに、‘いただきものだけどうちは食べないから、よかったらもらって‘と、マキ [続きを読む]
  • 短所
  • 年明けの娘との会話。 娘「わたしの短所ってなに?」私「長所じゃなくて?」娘「短所。」私「えー?パッと出てこないけど・・・」娘「なんで?何かあるでしょ?」私「自分の短所はコンプレックスだから気になるけど、他人の短所って意外と思い浮かばないもんだよ。じゃあ、お母さんの短所、すぐに言える?」娘「たまに雑なところ。」 う・・・即答。しかも身に覚えアリ(汗) そんなやりとりの数時間後、今度は長男と何かの話をし [続きを読む]
  • あけまして
  • あけましておめでとうございます(ちょっと遅い??) 昨年はいつにもましていろいろな人に支えてもらい、助けてもらった一年でした。 凸凹の多い人生ではあるけれど、そのぶん人一倍、いや、人三倍くらい、神がかり的なご縁に恵まれている、と感じています。だから人五倍くらいあたたかい人生になるのだろうし、人十倍くらい豊かな人生になる!・・・のではないかな?神さまがいろんなことに‘気づけ―!‘と念を送ってる気がしま [続きを読む]
  • 光と影
  • 先日、娘と出かけた先で撮った写真です。影とか、後ろ姿とか・・・ちょっと視点のずれた写真が好き 。変わり者なのかな?(笑) 影を縫いつけてもらったピーターパン。影を食べられてしまったモモちゃん。影と向き合うことになったゲド。こうしてみると、影をあつかったお話ってけっこう多いね。 娘の影響で今更ながら読んでみた「ジキル博士とハイド氏」も、単純な二重人格のお話ではなく(勝手にそういう認識でした;)、光(善 [続きを読む]
  • ティーチ研会報掲載4コマ(48)「あなた、誰?」
  • いしかわTEACCHプログラム研究会 会報№133号より 小さいころから、他人の顔と名前を覚えるのが大の苦手だったまぼ。当時は相手の動きやクセを基準に、個人を識別していたらしいです。涙ぐましい努力・・・。このときも、小1から同じ通学班だったアヤちゃんが、長い髪をばっさり切っただけで誰だかわからなくなっちゃって・・・。だけど、ピョンピョン飛んだらわかったのだとか。(そっちのほうが難しい気もするけれど^^; [続きを読む]
  • 寄り添い力
  • わが家には、神レベルで人の心に寄り添える人格者がいます。12歳だけど好々爺。 その名は・・・マーチ。 この子の寄り添い力は本当に尊敬の域で・・・ 東ニ 病気ノ コドモアレバ 行ッテ 看病シテヤリ(↑看病?) 西ニツカレタ 娘アレバ 行ッテソノ胸ノ閊エヲ負ヒ 「コウイウモノ二 ワタシガナリタイ」 です、本当に。 未熟な母が、娘の心にうまく寄り添えず失敗をくりかえしているときも、誰よりもあたたかく寄り添っ [続きを読む]
  • 3の法則
  • たんたんが作業所の余暇活動で作ってきたクリスマスツリー。 制作物の飾りは、わりと均等に散らすタイプのたんたんなのに、今回の装飾はずいぶん偏っているなあとよく見てみたら・・ 1、2、3! 別の角度から見ても・・・ 1、2、3! 数年前から続いている、摩訶不思議な「3の法則」。まだまだ健在です(^^; ◆「出版のお知らせです」 ☆アマゾン送料無料 ☆楽天ブックス送料無料 本を読んでくださった‘バザーのおばさん‘ [続きを読む]
  • リハビリサンタ
  • 毎週水曜は、たんたん(3つ子の次男・18歳)の訪問リハビリ。が、今日はなんと、いつもの理学療法士Iさんが、サンタクロースの格好で現れた!すごいね、リハビリもサービスの時代?(笑) とりあえず、たんたんは泣くだろうか。驚くだろうか。喜ぶだろうか。 Iさんも私も、わくわくしながら部屋に入ってみたら・・・   ‘???どうしちゃったの、そのカッコ‘( ̄ー ̄) とばかりの真顔でした。チーン 髪形や服装の変化で動揺し [続きを読む]
  • ティーチ研会報掲載4コマ(47)「片づけられない理由は」
  • いしかわTEACCHプログラム研究会 会報№132号より ファイル分け、ラベル貼り、バインダー形式、カゴ分別等々・・・。かれこれ10年以上、崩壊や決壊をくりかえしてきたまぼとの片づけ攻防ですが、やっと大事な書類が原型を保ったまま(これ大事!)手元に届くようになりました。母としてはもうこれで十分!御の字!以上! ・・・と、したいところだけれど、なかなか原型を保てない机周りが控えていて。 まずは本人主導で、 [続きを読む]
  • 神さまはいる、と感じたこと
  • 日曜日。娘が少し前に応募した‘抽選で100名様‘のあるモノが、みごと当選して届きました。 「すごいね。」「うれしいね。」 なんて喜んだ翌日。またもやポストに娘宛ての封筒が。なんと’抽選で30名様’の品、ご当選。 「ちょっとすごくない?」「神さま、ありがと〜!」 で、そのまた翌日。 「ねえ・・・また、あーちゃん宛に荷物が届いてるんだけど・・・」「うそ・・・これってずいぶん前に応募したやつなんだけど・・・」 [続きを読む]
  • 本のチカラ
  • 「そうだ 本、読もう!」かの名コピーをもじってみました( ´艸`) 今冬ふと思い立ち、母娘で始めた図書館通い。まずは、昔なつかしい絵本を読み返し・・・次は、本棚を片っ端から読破していき・・・そのうち、自分の好みや興味にそった作品を選ぶようになり・・・ 気づけばこの8か月ほどの間に読んだ本、少なく見積もっても500冊以上!500冊といったら、こんな感じ!圧巻〜。もともと読書好きな娘だったけれど、短期間にこれだけ [続きを読む]
  • 先週、とても悲しい知らせを受けました。同じ自閉っ子母としてネットを通じて知り合い、ずっと励ましあってきた友人の、大切な息子さんの訃報でした。 障害があろうとなかろうと、大人だろうと子どもだろうと、人種や性別や信条問わず、命の重みはみんな同じ。なのに・・・なぜ、命の終わりは人それぞれなんだろう。今年は友人のお子さん、わが子の同級生など、身近なお子さんの訃報が続き、悲しさ、悔しさ、切なさ・・・やるせな [続きを読む]
  • ティーチ研会報掲載4コマ(46)「最後の発達検査」
  • いしかわTEACCHプログラム研究会 会報№131号より 発達検査を受け始めて早16年。わが子を膝にのせて、何ができるか、どこまでできるか、ハラハラしながら見守っていた時期もあったような気がするけれど(はるか遠い記憶・・・)、今じゃ車検と同程度の、「あ、もうこの時期なのね、受けなきゃね。」感。でも、それももう最後なんですって! とりあえず、苦手な聞き取りで、初対面の人の指示に応えようとしている姿にじ〜ん [続きを読む]
  • 低気圧
  • エコモードでアンテナたたみすぎて、なんにもない廊下の角に激突って・・・大丈夫かな、わたし; 昨日はなぜか朝から次男が不調で、作業所の送迎車が来ても部屋から出ない!待たせてしまうと思うと、母、焦る!ゆえに口調がきつくなる!次男、頑として動かない! ・・・こうなると悪循環; 「本人が気持ちよく出てくるまで待ちますからいいですよ」と言ってくださるスタッフさんのご厚意に感謝しつつ、いったん次男の部屋から離れ [続きを読む]
  • ティーチ研会報掲載4コマ(45)「悪意なき皮肉」
  • いしかわTEACCHプログラム研究会 会報№122号より まぼの行動そのものを信じていないわけじゃないのだけど、これまで届かなかった手紙や、出してもらえなかったプリントの数々を思うと、「やっぱり!」「またか〜!」となるわけで。 それにしても、良くも悪くもストレートで、ちょっとドキッとしちゃったまぼ発言。人の心を察知するアンテナは、けっこう敏感なんだよね。今度はかんたんに騙されないよう、フラットな心で向 [続きを読む]
  • カッコイイ
  • 家ではあまり仕事の話をしないオットが、めずらしく‘同期が上司になっててさ〜‘なんて話し出したので、 「ショックだったのかな?」「なぐさめる?」「笑い飛ばす?」 と一瞬考えてしまったのだけど、 「仕事しやすくてラッキー?」 という発言にホッ。型にとらわれない、執着しない性格が、少々めんどくさいこともあるのだけど、こーゆーときは潔くていいね(*^▽^*) ◆「出版のお知らせです」 ☆アマゾン送料無料 ☆楽天ブック [続きを読む]
  • かぼちゃの思い出
  • あおぞら農園から届いたかぼちゃで、昨日、ポタージュを作りました。かぼちゃのポタージュといえば・・・思い出すのが「14匹のかぼちゃ」(いわむらかずお著)。3つ子たち3歳の頃、この絵本にはまって、最後のかぼちゃづくしの場面をひらくたびに、 「これ作って」「ぜんぶ作って」 と、大変だったっけ。かぼちゃプリンやスープはなんとかそれらしく作ったものの、‘かぼちゃまんじゅう‘でつまづいて・・・。お菓子なのか、おか [続きを読む]
  • あったらいいな
  • ひと昔前はこんな風だった(「デジャヴ」)「やさしい目」)たんたんですが、感覚過敏も一時期よりはゆるやかになり、ショッピングセンター等へのお出かけも少しずつOKになってきました。 ただ、荒れ方は落ち着いてきたものの、体は大きく(といっても成人男子としては小柄の158?;)、声も太く・・・機嫌が良くても悪くても奇声が大きいのが悩みの種。 で、目下「しずか」を練習中。実際は声の大小というより、高低(周波数?) [続きを読む]