zuoteng さん プロフィール

  •  
zuotengさん: 照片画廊
ハンドル名zuoteng さん
ブログタイトル照片画廊
ブログURLhttp://zuotengjin.exblog.jp/
サイト紹介文70年代80年代のコンパクトカメラが主要機材。モノクロフィルムは自家現像を行なっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2008/12/28 01:41

zuoteng さんのブログ記事

  • 野菊とナナカマドとガラスレンズ眼鏡
  • 北星学園大学の通用門付近です背景には紅葉したナナカマドだけを入れたかったのですがそのアングルでファインダーに入る野菊は通路の屋根の陰になって光が当たらないのでしたこうしてクラシックカメラを使うのは楽しいですがファインダーののぞき窓(アイピース)がおおむね固い金属で囲まれていて眼鏡に傷がつきますその傷が視野を邪魔してピント合わせの二重像が大変見に... [続きを読む]
  • 七五三前倒し参拝と唐檜の林
  • 14日土曜日に七五三の参拝に来た家族です北海道では11月15日前後は寒いのでこうして10月中に参拝するのが普通です一昨年の秋には我が家の孫が5歳でしたが一週間ほど前倒しで11月8日に樽前山神社に参拝しました風がえらく冷たい日でした社殿の階段にいるのはマレーシアあたりからの観光客のようで最近は時々こういう観光客を見かけます社殿の左手と裏手... [続きを読む]
  • オンコの実とナナカマドの実
  • オンコとはイチイ(一位)の北海道方言です幕末のころから松前ではオンコと呼んでいたらしいですがこの語の由来は今なお不明です諸説ありますがどれも民間通俗語源の域を出ませんこのオンコの隣にはナナカマドの実もなっていますクラシックカメラは最近接撮影でも80cmか100cmが関の山ですそれに近接撮影は距離計ズレが起きやすいものですさすがにオーバー... [続きを読む]
  • キャンパス千島桜の紅葉と癌摘出13年
  • 根元から枝分かれするのが特徴の千島桜です札幌周辺は今が紅葉の盛りですこれは恵庭市ですが追々自宅周辺の紅葉を投稿して行きますところで昨日10月12日は13年前に直腸癌の摘出手術を受けた日です後遺症は残っていますが 幸なことに転移再発なしで暮らしていますそういう不自由な身体を抱える私をサポートしてくれる奥さんに感謝して今日の夕食は京王プラザホテ... [続きを読む]
  • 蕎麦屋の開拓
  • 我が家から車で10分の大きな蕎麦店です「蕎傳」と書いて「そばでん」と読ませます決して古い建築ではなく昭和になってから職人を精選してこのような合掌造り風の建物を作ったそうです色々と気張ったお店ですが蕎麦自体は可もなく不可もなくといったところですここに行ってみたのは週一程度には行きつけにしていたお店が9月半ばで営業をやめてしまったからです蕎... [続きを読む]
  • ベンツG-Classと歴戦のジープと遠来の客
  • 我が家の駐車スペースの対面の車ですベンツの日本扱い車種では唯一のSUVですねいつもピカピカの状態で いつ乗っているのかと思うほどです使用機材の国産蛇腹カメラ GS645 Professional の光漏れですがカメラに長いあいだ直射日光が当たらない限りはちゃんと撮れるようになりました水性塗料を蛇腹に塗布してここまで来ましたがこの調子でもうしばら... [続きを読む]
  • 英語教室の困ったスペリングとパンダ香香の発音
  • ショッピングセンター内の英語教室ですもとは小学館の幼児教室だったところですそれがNOVAの英語教室になったのですがこのスペリングはいけませんねいくらスペースがないといってもChoose と your の間にスペースが必要ですこの仕事を請け負った内装屋さんは高校ぐらいは出ているはずですが英語のつづり方をきちんと踏まえる気など無かったようです... [続きを読む]
  • 買い物帰りのお年寄り
  • マンション前の芝生敷石です前に買い物帰りのお年寄りが歩いていましたマンションの住人ではなくもう少し先まで歩いて行かれましたが買った品物を片手に下げて ご達者な歩き方でした芝生をはさんだこちら側にあるスーパーでは水のペットボトルなど重いものはマンションまで配達するサービスがありますこのお年寄りはそのサービスの適用外に住んでいるのかなどと余... [続きを読む]
  • 笹の川大徳利と放射能対策とノーベル平和賞
  • 散歩でよく通りかかるお宅です大変熱心に鉢植えを育てておられ通りかかる我々を楽しませてくれますが真ん中に大徳利が安置してありますね笹の川酒造は福島県郡山市の酒蔵で東北では珍しくウィスキーも蒸留するところだそうです察するにこのお宅は郡山にご縁があるようですこの大徳利は容量 5.4L 販売価格(税込)は11,556 円でHPによれば 相性の良い... [続きを読む]
  • 京都物産展と英国人作家のノーベル賞
  • ショッピングセンターホールのイベントです薄暗い光線状況でフルマニュアル撮影ですが単独露出計に頼らずスマホアプリの露出計を使いましたけっこう使えるものですね 今後も活用したいと思いますカズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞で沸いていますね以下は facebook 友達のコメント欄に書き込んだことです「 イシグロ氏は作家として考えると、まがいもなく英国... [続きを読む]
  • 岸辺の枯葉とまだ咲き誇るコルチカム
  • スノーシェド脇の小川の岸辺の草が枯れていますあちこちで枯木や枯草が目立つようになりましたしかし今なお枯れてなるものかと咲いている花もありますコルチカムという園芸種ですが崖の上に咲いているので真上からしか撮れませんでした秋に盛んに花咲くコルチカムですがこの原種イヌサフランは猛毒を持っているんですねイヌサフランをギョウジャニンニクと間違えて食べ... [続きを読む]
  • 秋深まる
  • 窓の下の街路樹がだんだん黄葉してきました下に降りて黄葉とマンションを撮るとこんな具合です右端のマンション上から三階目が我が家です今日の日陰の気温は10度以下で峠道には雪が降ったらしいですが週末は少し回復するという予報です寒暖を繰り返しながら一歩づつ冬に向かいますねマンションから降りて二枚目写真の撮影ポイントに向かう道すがら生け垣の紅葉も... [続きを読む]
  • 近代美術館周辺の飲食店
  • このフラワーバスケットはイタリア料理店の側面にあります正面は画面左手の方にあってバルコニー風の入り口には入店を待つお客さんが7〜8人いました下はカエルヤ珈琲店だそうですが蛙屋だのかえる屋としないのがユニークですそれはともかくこの建物はどう見ても戦前のもののようですこの日はゴッホ展にちなんだサービスをしていて入りはしませんでしたが何でもない時にお... [続きを読む]
  • 道立近代美術館ゴッホ展
  • 美術館の建物の一部です建物全体はそれほど個性のあるものではないですね左手の橋の上から建物を見上げると最初の写真のようなひさしが見えて若干は工夫した設計かなと思いました先週土曜日にここで開催されたゴッホ展を見に行きました画面の黄色い看板がその案内ですこの特別展は ジャポニスムに影響されてアルルに転居したころの作品20点ほどが展示されていました... [続きを読む]
  • デイケアサービス帰りの写真を見て政治を思ったこと
  • 10月になりましたがこれは半月ほど前の撮影ですマンションの同じ階段の1階に住むご夫婦ですがちょうどデイケアサービスから戻ってきたところでした奥さんの方は杖を突いていますが 普段は車いすで後のご主人が押してスーパーなどに出かけていますつまり杖歩行している奥さんにはめったに会いませんでもデイケアサービスでリハビリを行なってこんなにちゃんと成果が出て... [続きを読む]
  • 大谷地神社例大祭(子供相撲)
  • 傘の人もいるように小雨の中で子供相撲の安全祈願ですいつも我が家でお世話になっている神主さんですがお祓いの姿勢にも貫禄が出てきましたそういえば恒例行事として 来月には自宅に招き母の御霊に祝詞を奏上していただかねばなりません幼稚園年少さんクラスから取り組みが始まりましたがママや爺ちゃん婆ちゃんの応援に熱が入ります年長さんクラスになると女児の体格が勝... [続きを読む]
  • 大谷地神社例大祭(小雨の中のイベント)
  • 少し雨が落ちてきましたが日本舞踊などのイベントは続いています雨が本降りになって来たのでテントに雨宿りです外に腰かけている人々は傘をさしました午後2時半に巡行していた子供みこしが帰ってきましたが雨はその後から降って来たので滑りこみセーフでしたイベントで人気のある子供相撲は雨のため中止だとアナウンスがあり帰る人が出たりしましたしかしちょっと後に... [続きを読む]
  • 大谷地神社例大祭(参拝者)
  • 先週土曜日23日は大谷地神社の例大祭ですちょっと雨が怪しいですが毎年結構にぎやかなので出かけてみました奥さんのお腹が大きい若い夫婦や国際結婚の家族など多彩な参拝者が来ていますこの神社は国家神道的な気配がないのが清々しく拝殿に行列が出来ています今日から今年度後期の授業が始まりましたその初日から午後2コマ担当の授業がありましたが学生... [続きを読む]
  • リハビリ散歩の小休止と古書店百均転じて特養老人ホーム
  • この人は杖こそ曳いていませんが足の運びが不自由な感じでした公園のベンチで三四分小休止してまた歩いて行きました五十代のように見えましたから リハビリの効果は高いだろうと思いますそれにしても納税者のことよりもわが身大事の政治家たちが国会議員の席を守るためのなりふり構わぬ離散野合を繰り広げています高齢者や障害者など 社会的弱者の願いなど取りつく島さえない... [続きを読む]
  • ハルニレの枯葉と落ち葉を踏む少年
  • だんだん葉脈だけになっていきそうですひょっとしたら病菌がついたのかも知れなくて普通は黄色く枯れて落ち葉になりますねこの少年はカサカサ鳴る響きを確認しながら歩いていました一雨ごとに秋が深まる札幌ですそれにつけても日本の政治のおぞましさはどこまで深まって行くのでしょうか [続きを読む]