Rurua さん プロフィール

  •  
Ruruaさん: ぴんとくる名前がない
ハンドル名Rurua さん
ブログタイトルぴんとくる名前がない
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/aruaru1/
サイト紹介文西洋占星術 星読みを中心に
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2009/01/01 21:15

Rurua さんのブログ記事

  • 土星の逆行(山羊座土星)
  • 水星が順行に移行して、スムースだせ〜〜って思い始めたのもつかの間本日より土星が逆行を開始しました。この土星の逆行は9月6日まで続きます。昨年の12月22日、山羊座に入った土星は、約5ヶ月の間逆行し、山羊座の入り口付近まで戻ります。山羊座の土星集団に対する個の責任を引き受け、統治のための法則やガイドラインを作り理論を実践していきます。行動に対する個人の責任、生活に役立ち実用的な体制を作るようになります。山 [続きを読む]
  • 牡羊座の水星(順行)
  • 4月15日より水星が順行に転じました。水星の逆行は年に数回あるので、逆行だー!順行だー!とあまり慌てる必要はありません。ただ、逆行中は水星が象徴するもの「通信」「交通」などに障害が起こりやすい、ということはありますね。(じゃあ、順行なら起こらないのか?っていわれたら、起こりますね)さて、すっかりメジャーになった感のある「水星の逆行」ですが、逆行中よりも、順行から逆行に転じるとき、逆行から順行に転じ [続きを読む]
  • 上毛三山 妙義神社
  • 上毛三山めぐり、最後は妙義神社です妙義山は奇岩の山。祭神は、日本武尊、豊受大神、菅原道真公、権大納言長親卿 とのことですがご神体は妙義山そのものです。妙義山の登山口にもなっています。妙義神社の入り口から階段階段まだまだ続く階段見えるは唐門見下ろすとごらんのとおり。わかりにくいですが昇ってきた階段がはるかふもとまで。神社の由来によると、この階段は278段あるそうで、特に、唐門に続く 男坂の階段が本当に急 [続きを読む]
  • 上毛三山 榛名神社
  • 続いて、榛名神社ここも大好きな神社のひとつです。楼門 川沿いに長い参道がつづきます現在、補強工事中です双龍門をくぐると本殿が後ろにあるのが御姿岩です御朱印もいただきました見所満載の榛名神社ですが、次を目指して、早々に山を下ります。入り口の門の周りの桜がちょうど見頃でしたつづいて妙義神社へ [続きを読む]
  • 上毛三山 赤城神社
  • 上毛三山めぐりにいきました。上毛三山とは、群馬県にある赤城山、榛名山、妙義山のことです。まずは赤城神社(大洞赤城神社)赤城山といえば、国定 忠治の「赤城の山も今宵限りか」 「かかあ天下とからっ風」の赤城おろし(からっ風)と親しみのある山です。そんな赤城山にあるのが赤城神社なのですが以前行ったことのある”赤城神社”は、三夜沢赤城神社でした。全国にある赤城神社の本社としては、3つの神社があって、いずれも [続きを読む]
  • 牡羊座の新月
  • ド・トロワ〈金羊毛の獲得〉牡羊座の金の羊からの、ギリシャ神話の一幕より黄金の羊毛を手に入れたイアソーンとそれに一目ぼれするメディア4月16日牡羊座で新月です牡羊座のキーノート火、活動宮、ドライ、男性 支配星:火星新月のすぐ近くに、まもなく牡羊座を去る天王星がほぼ重なっています。次に天王星が牡羊座に巡ってくるのはざっと80年後牡羊座天王星時代がいよいよ終わりを告げます。新しいことを始めるのに適している新 [続きを読む]
  • 大宮 氷川神社
  • 週末、氷川神社にいきました大宮氷川神社は、武蔵国の一宮です。大宮駅から徒歩15分くらい。大宮公園の一角が氷川神社ですが、大宮公園そのものが、かつての神社の敷地だったそう。ご祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)稲田姫命(いなだひめのみこと)大己貴命(おおなむちのみこと)出雲の神様たちですねスサノオノミコトを、須佐と表記しているあたり、特に出雲っぽいなと思うのですが、大国主命(おおくにぬしのみこと)と表 [続きを読む]
  • 牡牛座の金星(真の美(価値))
  • 今日から4月、新しい年度の始まりです。天秤座の満月と同時に、金星が牡牛座に入宮しましたノエル=ニコラ・コワペル ヴィーナスの誕生牡牛座の金星牡牛座は牡羊座の次の星座で、誕生した魂が肉体を得る場所です。牡牛座の中での金星は、支配星としての力を如何なく発揮します。特に、金星が持つ美の中でも、肉体に関する官能性、土のサインの中でもたらされる現実性・創造性の部分がより強く刺激されます。官能性を求めると、高級 [続きを読む]
  • 天秤座の満月
  • 天秤座で満月です。(21:37)晴天が続いていて、十三夜や十四夜の綺麗な月が見えました。今日も、桜と共に綺麗な満月が見えそうですね。今月は3月2日にも乙女座で満月がありましたので、2回目の満月となります天秤座のキーノート風 活動宮 男性 モイスト 支配星:金星天秤座は牡羊座から数えて7番目に位置する星座で、牡羊座の対面にあたります。社会の窓口 一対一の人間関係 比較 といったことのほかに調和、バランス感覚 [続きを読む]
  • 怒涛の年度末
  • 2月28日午後11時、政省令が発出され、3月が始まりました。政令第40号「臨床研究法の施行期日を定める政令」厚生労働省令第17号「臨床研究法施行規則」臨床研究法施行規則の施行等について今般、臨床研究法施行規則(平成 30 年厚生労働省令第 17 号。以下「規則」という。)が平成 30 年2月 28 日付けで公布され、臨床研究法(平成 29 年法律第 16 号。以下「法」という。)と併せて、同年4月1日から施行される予定です。これら [続きを読む]
  • 牡羊座の水星は濃い旅(水星逆行 牡羊座)
  • 水星が逆行しています。逆行は占星術的な用語で、地球から見たら水星が後退しているように見える現象です。水星の逆行といえば、通信、伝達、交通、情報の障害、遅延、混交などが挙げられますが、必ずそうなるというものではなく「そういうこともあるから注意しようね。」みたいな。さて、前回の水星逆行は2017年12月、射手座でした。http://blog.livedoor.jp/aruaru1/archives/52197173.html今回の水星逆行は3月23日から4月15日ま [続きを読む]
  • 火星(マルス)と牡羊座 神話から読み解く
  • 火星はギリシャ神話でのマルスです(ローマ神話ではアレス)マルス:ゼウスとヘラの息子。軍神。オリュンポスの二代目の神々のうちの一人。ボッティチェッリ 「ヴィーナスとマルス」アレスは、不和の女神である姉妹のエリスと、息子のデイモス(恐れ)とポポス(恐怖)をいつも連れていた。彼の戦車を引く馬の名前は「火」と「炎」と「災難」そして「恐怖」である。残酷なアレスはオリュンポスの神々から嫌われていたが、三人だけ [続きを読む]
  • 春分 牡羊座の太陽
  • 本日、春分です。西洋占星術における、元旦にあたりキリスト教の復活祭の日を決める大切な日です。キリスト教で復活祭の日付を算出するには、春分を基点とし、春分後最初の満月の次の日曜日を復活祭の日と定める。この算出方法をコンプトゥスという。ただし、ここでいう「春分」は暦の上での3月21日に固定されており、太陽黄経が0度の日とは必ずしも一致しない。「満月」も簡素化した計算によって求められており、天文学上の満月と [続きを読む]
  • 魚座の新月
  • 今日は魚座の新月でした(3月17日 22:12)魚座のキーノート水、柔軟宮、女性、モイスト 支配星:海王星現在月と太陽は魚座にあり、近くには魚座の支配星海王星があります4ハウスの終わりにありますね。まもなく、3月21日には、春分を迎え、太陽はついに牡羊座へ去年の春分から始まった太陽の旅は、魚座の新月でフィナーレを迎えます。21日からは、2018年の新たな旅が始まります。ほか、新月は逆行中の木星と120度、いて座の火星と [続きを読む]
  • ミカエルのカード
  • カードを引きました。「ミカエル」のカード今年に入ってから、ミカエルのカードと(勝手に)和解して、時々引いています。今日は、新しい春に向けて、メッセージをくださいそしたら今まで引いたことの無いカードがExplore Your Options 選択肢を探るEternal Love 永遠の愛Romance Engels Are Helping You 恋愛の天使があなたをサポートしていますうふ [続きを読む]
  • 群馬県立近代美術館
  • 群馬県立近代美術館にて開催されているMIHO MUSEUMの名品 古代オリエント・エジプト・ギリシア・中国の世界ペルシャ時代の銀や金で作られた数々の宝飾品や酒器牡鹿型リュトンヘラクレス像隼頭神坐像http://www.miho.or.jp/collectionmain/牡羊小像猛禽装飾杯http://mmag.pref.gunma.jp/exhibition/index.htm目録と山猫型リュトン(一部)古いものだと紀元前7000年とかメソポタミア時代のものもありなぜか、懐かしい感じがする品々サ [続きを読む]
  • 美味しいもの
  • 食べてはいけないものなんてないなんでも食べようね〜鹿さんは鹿せんべいだねー唯一食べてはいけないものがあるとするならば、食べたくないものかな?食物アレルギーは別です。それは一緒にしてはダメ食べちゃダメだよなーと思いながら食べるくらいなら食べないあと、何か食べなくちゃーって無理無理思っているときもなんだかイマイチなかんじ。仕事で疲れたとき、まず最初に、水を飲むようになりました。ペットボトルのお茶を飲ん [続きを読む]
  • 木星逆行(蠍座木星)
  • 3月9日から7月11日まで、木星が逆行します。これを皮切りに、全天順行は終わり、その後は水星、土星、冥王星と徐々に逆行天体が増えていきます。ジュリオ・ロマーノ〈ギガントマキア〉木星はジュピター ギリシャ神話ではゼウスです。ゼウスの神話は沢山あるし、有名ですが、そのゼウスが巡ってくるわけですから、やっぱりラッキースターって思いますね☆蠍座の木星木星が蠍座に入ったのは、昨年の10月。古典的な占星術の教科書では [続きを読む]
  • 魚座の水星と金星
  • 寒い冬から一転、春はあっというまにやってきて桜の開花予想も3月22日とか23日とかさて、しっとりとした満月も過ぎ、水星と金星が魚座で重なっています。魚座の26度で水星と金星がコンジャンクション(0度)水星はヘルメース金星はヴィーナスくるくると良く動く可愛らしい神様ですね。サンドロ・ボッティチェッリ作 ヴィーナスの誕生魚座の金星魚座は水の星座。牡羊座から始まった旅の終着点であり、次の旅へのリセットのための場 [続きを読む]
  • 博多へ
  • 2月の終わり、博多にいってきました。定期的なメンテナンスと、気分転換をかねて。ハルさんのサロンで、丸一日たっぷりおしゃべりに興じますハルさんNatural Forcehttps://ameblo.jp/naturalforce/定期的な自分メンテ物理的にも精神的にも家や仕事から離れた場所に移動することが必要な「射手座月」の私今回は特に、クリスタルチャクラヒーリングを受けるのが目的でしたチャクラヒーリングはチャクラに対応するカラーストーン(ク [続きを読む]
  • 乙女座の満月でした
  • 3月になりました!3月2日午前9時51分、乙女座で満月でした。年明けからの、イベント的盛り上がりを見せていた、新月・満月に比べると少し落ち着きを感じるような満月だったのですが、いやいや、全然負けてないですね。乙女座ー魚座ラインで起こる、新月・満月は、心により深くさまざまに語ってくれます。ピーテル・パウル・ルーベンス作「ケレスと2人のニンフ」(1620〜1628頃)乙女座の乙女とは、デメテルという豊穣の女神のこと [続きを読む]
  • ニュースより:がん登録
  • 肺と食道がんの5年生存率、日本が世界一産経ニュースhttp://www.sankei.com/life/news/180216/lif1802160004-n1.html世界71の国と地域を対象にしたがん5年生存率の国際比較研究で、日本が肺がんと食道がんで首位だったことが15日、分かった。研究結果は英医学誌ランセット(電子版)※に発表された。 研究は英国の研究機関が主導し、2000〜14年の15年間に71の国と地域で診断されたがん計3750万症例が対象。成 [続きを読む]
  • 雨水と魚座
  • ヤーコブ・ヨルダーンス作「星座:魚座」(1640年)魚座のシーズンが始まります太陽は1年かけて12星座を1周し、それぞれの星座の意味と、個人のネイタルチャートのある天体を前向きに照らします。12星座は均等で公平で、人はみな持っているものです。太陽は、一点集中、焦点を絞る、豊かな表現力、人生の目的、目標を表します。私が習った占星術は、太陽は重要ではあるけれども10個の天体の中の一つとして取り扱います。その [続きを読む]
  • 水瓶座の新月
  • 水瓶座の美少年、ガニュメデスウスターシュ・ル・シュウール作「ガニュメデスの誘拐」(1650年)2月16日 6:05 水瓶座の新月です。 部分日蝕を伴います1月31日の獅子座満月と同じように、地球の軌道と、太陽、月の軌道が一致するラインにあります。日蝕は、太陽と地球の間に月が入って、太陽が隠されて見える現象です。占星術では、ドラゴンヘッドとドラゴンテイルという呼び方もします。ドラゴンヘッドとドラゴンテイル月の軌道 [続きを読む]
  • 東京神社巡り
  • 2月10日は誕生日でした。「神田明神とかいきたい」とそれとなーーく伝え、「誕生日は東京ね!」とリクエスト。神社巡りツアー(計画中)→ http://blog.livedoor.jp/aruaru1/archives/52199694.html土曜日も出勤だったべーちゃんから「午前中であがるよ」と連絡が来たので東京駅で待ち合わせて(というか、東京駅にお迎えにあがり)神社巡り出発〜〜〜先月立てた目標のうち、半分をめぐりました。神田明神湯島天神東京大神宮神社 [続きを読む]