旋次郎 さん プロフィール

  •  
旋次郎さん: んだべな実験農園公開ノート
ハンドル名旋次郎 さん
ブログタイトルんだべな実験農園公開ノート
ブログURLhttps://ndabenanouen.muragon.com/
サイト紹介文変わった野菜をいろいろ育ててみよう。
自由文マニアック&マジカルな観点で、色んなことに挑戦したい大馬鹿者の家庭菜園ともいえる。実験農園を称するのは、土いじりであるところを認めようとしない無駄な抵抗の一種である。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供360回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2009/01/02 19:01

旋次郎 さんのブログ記事

  • 夏が終わり、今時のニンジン
  • そろそろ秋が本格的に訪れてまいりました。 交野市の朝晩は寒いです。 そんな折、ニンジンがやたら元気です。 先日も掲載しましたが、パクチーのプランタに遅ればせの発芽。 そして本命のプランタでは、 この勢い。 一瞬、竹林に見えない?まあそれはいいや。 ほんでもって地中はというと、意外と凡庸。 夏の暑い期間って、全くもって成長しないんだね。 だからニンジンの種まきは稲刈りの季節って言われるんだね。 [続きを読む]
  • 齧られたロマネスコの後に植えたブロッコリとさらに
  • 犬に齧られたロマネスコの苗。 その空間を埋めるべく、苗を購入した。 出来るならロマネスコの苗、1株売りがないなら、同じ系統がいいのだろうと思った。 少し小さいががんばって周りに追いついてほしい。 一番大きなものを選んだつもり。 何かというと、無難な選択。 カリフラワにしておけばよかったのだが、良い苗がなかったのが現実。 そして、枯れ枯れのミニトマトも早々に引っこ抜いて、開けたプランタに植えたの [続きを読む]
  • パクチーのプランターに生えてくる色んなもの
  • 本来は2弾目パクチーのプランターである。 それなのに、色んなものが生えている。 これは予定通りのパクチー。 そろそろと思い、間引きしてやった。 ところが、これって、ニンジン?パセリ? それに、これは確実に春菊。 確かに種まきはしたけれど、欲しいタイミングで発芽してこなかったじゃない。 なんで、今になって一斉に発芽してくる? きっと気温と雨の影響だろう。丁度いい頃合いになってきたってことかな。 [続きを読む]
  • シソがそろそろ次の準備を始めてきた
  • 少し小さいけど、底が深めの鉢に栽培しているシソ。 結構ワサワサ。 ん?白いものが見える。 蕾が・・・。 そろそろ花を咲かせて種を飛ばす準備をしている。 この種がやっかいなのだ。あっちこっちで知らぬうちに生えてくる。 これを積んでおかねば、と思ったのだが、茎ごとに十数個の蕾を発見。 これは無理だな。 とりあえず、綺麗な葉っぱを収穫しておこう。 十数枚を収穫。 これも収穫適期があるんだな。 適期 [続きを読む]
  • 続けて茄子の収穫ができています(驚)
  • 出張前、ナスが2つも膨らんでいたので、無理のないタイミングで収穫してみた。 葉っぱが白くなって、もうダメかと思った頃を思うと、奇跡的なツーショットだ。 さらに出張から帰ってくると、もう一つ。 やや膨らみは小さいかもしれないが、写真右側の部分の白いところ。 枝に寄り添っていたので、自らの重みで食いこんでいた。 ここから傷みだす前に収穫しておいた。 なぜなら、花が咲いている。 次の果実で、フォロー [続きを読む]
  • ニラの完全復活の目印か
  • 元気な姿となったニラ。 そのもっとも顕著な証しとして、 蕾を発見。 これはもう間違いなく復活してきた証拠。 そこで、これをチャンスと思い、一部を収穫してみた。 これぐらいなら、朝らーに最適。 使った様子は、「偏り凝り食い記録帖」にてご確認を。 というわけで、本日もこれから一部を収穫しに行くのでござる。 [続きを読む]
  • 齧られたロマネスコ
  • メイン花壇のロマネスコ。 ん?なんか変。どっかに空間ができている。   これは犬に齧られたの図。 ウチの犬が散歩のために玄関を出たとたん、ロマネスコの苗を齧ったらしい。 ああ残念。つけたしで追加購入しに行こうか。 まだそんなに成長してないから、 間に合うかな。 [続きを読む]
  • パクチー発芽して春菊も?
  • ここに来てようやくパクチーが発芽し始めた。 ところが、その脇に、 なんか別の発芽が。 隣りの容器を見てみると、 同じように発芽している。 これは春菊である。 えっ?今更発芽する? パクチープランターで発芽している春菊は、種まきしてから一か月ぐらいしてから発芽したことになる。 んんー、信じられない。 [続きを読む]
  • 夏のニンジンはどうなってる?
  • ニンジンの種まきは稲刈りが終わってから。 そのセオリーを破って種まきした夏のニンジンたち。 これが8月下旬の様子。 そして、これが昨日。 上段が金時、下段が黄色いニンジン。 このところ、少し涼しくなってから葉っぱが旺盛になってきた。 しかし、根っこは、 まだまだだ。 というよりも、夏蒔きのニンジンってホントに収穫できるの? [続きを読む]
  • ここにきてパプリカラッシュ
  • 台風も無事に過ごしたパプリカ。 台風前の写真ですが、青々としている様子は今も変わらず。 そして、ここにも、 また、ここにも、 はたまた、ここにも、 果実が収穫を望むように待機しています。 あとどれぐらいで大きくなるだろう。 まだ花も咲いているし、今月いっぱいは楽しめそうだ。 [続きを読む]
  • 台風直前に収穫したシシトウ
  • それは台風が来る前の日 だった。 鉢が風に当らないように整理していた。 シシトウの鉢は葡萄の棚にくくりつけてあった。 そして気づいたのである。 花が沢山咲いていることを。 そして、果実があることを。 吹き飛ばされる前に果実を回収しておこう。 ちょっとずつ大きくなってる。 結果的にこの鉢は無事だったので、まだ少しの間、収穫は続くと思う。 よろしくね。 [続きを読む]
  • 台風後に収穫できた茄子
  • 昨日から天気は下り坂。 水やりをしなくても済むのはありがたい。 そんな中でのナス。 台風は無事に持ちこたえてくれた。 葉っぱも、青々としてきた。 白い斑点ばかりの葉っぱは少なくなった。 無限さんありがとう。 しかも、果実も収穫。 本来の大きさから言えば小さいのかもしれないが、個人的にはこれでもありがたい。 次の果実も、その次の果実も準備着々。 あとは追肥? 油かすとか化成肥料とか液体肥料とか [続きを読む]
  • 台風後のミニトマトの傷跡
  • 台風21号の爪痕も、ようやく落ち着きを見せ始めているが、我が農園でも少なからず被害はあった。 台風一過翌日、何気に見回りをしていると、ミニトマトがやたら萎れているのを発見。 尋常ではない萎れ方である。 なんとなく原因が予測できたので、その茎を下の方へ辿っていくと、 複雑骨折状態。 これはもう修復不可能でしょう。 仕方なしに、ここで切断の処置をとりました。 大きな被害は今のところこれだけです。 [続きを読む]
  • 台風前に再生ネギ追加
  • 台風が来る前にシリーズの最後を飾るのはネギ。 わかるかな? そう、一番右の白いぽっつん。 根出しもせず、直接イン。 数日後、芽が伸びてきました。根が付いた証拠? 普通に生えてくるはずです。 朝の麺食のためにがんばってね。 [続きを読む]
  • 台風前に植え付けたパセリセロリメキャベツ
  • 台風が来る前に入れ替えを行っていました。 枯れ枯れのミニトマト×2、終了したシソの鉢です。 パセリは旧シソの鉢に。 これは前回のリベンジ。ちゃんと苗を分けました。 セロリは旧ミニトマト本体鉢に。 これも前回のリベンジ。ちゃんと苗を分けました。 芽キャベツは旧ミニトマト脇芽鉢に。 これは前回、前々回のリベンジ。 なんだ、全部リベンジだべさ。 こやつらは丈が低いので、台風で飛ばされることもなく、 [続きを読む]
  • 台風前にロマネスコ植え付け
  • 予告通り、花の咲かないオクラを週末に撤収した。 7株も植えて、数十センチまで伸びて、一つも花が咲かなかったのは初めてだった。   そして新たに購入した苗を植え付けた。 ロマネスコ、4株セット・ メイン花壇にロマネスコを植えるのは何年ぶりだろうか。 何もなければ割と上手くいく品種なのだが。 オクラの分まで頑張ってね。 [続きを読む]
  • 台風前にニラの異変
  • とうとう大上陸するらしいです。 関西では午後からほとんどの電車が止まるようです。 そんな日の数日前。 崩れ落ちた棚からひっくり返ったニラに異変があることを見つけました。 瀕死の状態だったのに、なんだか青々?なんで? 根元なんか、こんな状態なのに。 不思議。 きっと刺激を受けたんだね。 それによって生きる活力が復活したんだね。 キノコだって刺激を与えないと生えないって言うもんね。 きっとそうに違い [続きを読む]
  • パプリカが垣間見せてくれる果実と花
  • 苦戦中のパプリカです。 まだ、それらしい果実を収穫できないまま9月を迎えてしまった。 しかし、ところどころに花や、 至る所にとは言わないまでも、 果実が垣間見られる。 正直言うと、これは先週の写真であり、昨日の作業時にはまたぞろ違った顔をのぞかせてくれていた。 それはそれとして、もう少し進展があったら紹介できるかも。 それまで、もう少し頑張ってねパプリカ君。 キミの撤収予定は11月なのだから。 [続きを読む]
  • 二期作目トウモロコシの行方
  • 一期作目を早々に諦めて、二期作目の種まきを敢行し、すでに1か月。 そろそろそれなりになってきたかな。 茎の太さも指以上。 これは期待持てるよね。 さらに、穂先が・・・。 って、ここまでは前回もクリアしている。 問題は、雌花が膨らむかどうかである。まだその兆候はない。 頼むよ、二期作くん。 って、そんな名前じゃないよな。 [続きを読む]
  • こげな所に葡萄の房が・・・
  • 予定していた果実を収穫し終わったのに、未だに旺盛な葉っぱ。 重さで棚が壊れては大変と思い、はみ出していた葉っぱを刈り取っていたら。 思いもよらぬところに房が。 しかも、棚のウラを覗いてみると、 こっちにも。 裏の房の方が形が良い。 折角だから、これらも様子を見てみることにしよう。 もう本命の収穫は終わったのだから、これはオマケ。 失敗しても全然痛くない。 とはいいつつ、頑張ってね、オイラの葡萄 [続きを読む]
  • 貴重な奇跡のナスを収穫してみた
  • 鬼門作物のナス。 小さいけれど、収穫してみた。 表面も傷だらけだし、これ以上大きくなりそうもないし、相性も悪いし、まだ続きもあるみたいだし。 そして教えてもらった葉っぱの散髪。 ビフォア アフター 出来るだけ白い葉っぱを取り除いてみました。 さて、これで収穫の続きができるでしょうか。 お楽しみに。 [続きを読む]
  • 黄色いニンジンの危機はいきなりやってくる
  • いくつかのプランターを園芸用の棚に乗せていたのだが、先日の日曜日に、その棚が崩壊した。崩れ落ちたのだ。 原因はそれを支えていたウレタン煉瓦の脆弱のようだったが、棚自体もボロボロだったので撤去した。 土を戻してなんとか体裁を整えてみたが、んー、どうでしょう。 オイラ的にはギリギリセーフ。 ということにしておこうと思う。 まだ土の中に埋まってるし。 刺激があって、返っていいかも。 [続きを読む]
  • ミニトマトの本体株は営業終了?
  • 期待して植えていたミニトマト。 結果的には期待はずれだった。 なんと、すでに枯れ始めている。 脇芽を増殖しておいてよかった。 脇芽1号は果実をたわわに抱え、 脇芽3号には綺麗な花が。 あいにく脇芽2号は不調だが、打率で言えば3打数2安打。 そう考えるしかない。 しかし、ミニトマトってこんなに難しかったっけ? [続きを読む]