H.YAMASAKI さん プロフィール

  •  
H.YAMASAKIさん: 高校の美術でできること
ハンドル名H.YAMASAKI さん
ブログタイトル高校の美術でできること
ブログURLhttps://gakkobijut.exblog.jp/
サイト紹介文滋賀県の高校で美術の教員をしています。日々の出来事や想うことを綴ります。
自由文滋賀県の高校で美術の教員をしています。
学校、高校で美術で何ができるのか、
どういう展開や可能性があるのかを考え、
試行実践しています。
伝統文化の授業展開、美術館との連携、
美術部活動などなど、
日々の出来事やふと思ったことを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2009/01/02 20:18

H.YAMASAKI さんのブログ記事

  • 久々にプチ登山…
  • 次男と近場のお山へ登りました。久々すぎて…最初は数十分で息が上がり…ふた汗かいてからようやく身も少しは軽くなりました。こんなこと?にはまった次男気持ちよっそうな次男確かに、水の音があちこちから聞こえて…こっちの世界のほうが心地いいなあ…と。何事も適度に、今できることを。緑がきれいでした。 [続きを読む]
  • Ⅱはアールブリュット、Ⅰは銀箔…
  • 美術Ⅱ『アール・ブリュットを知り、考える』授業は、3人目の講師の先生のお話し。文化行政、県立美術館として、なぜ「アール・ブリュット」か。「滋賀には、理由がある」というフレーズが印象的でした。そして美術Ⅰではいよいよ今年も、銀箔を貼りだしました。どうしても、ちょっと蒸し暑くなってきたこの時期にこの作業になってしまいますが、なかなか皆さん上手なものです。(月曜日の授業では、この手さばきを、 ‘ブラックペア [続きを読む]
  • 『ミュゼ』120号に「茶道」の連携授業を載せて頂きました。
  • 本校で行っている『茶道』をテーマとした校外との連携授業について、博物館・美術館ジャーナル『ミュゼ』120号に載せて頂きました。記事タイトル 文化芸術で人や社会のあり方を考える高校美術の授業  〜滋賀県立膳所高校の「連携授業」〜本校の『茶道』の授業は美術Ⅰで基礎版「茶道入門」、美術Ⅱで発展版「利休と茶道〜その形と心に学ぶ〜」というテーマでそれぞれ十数時間をかけて行っています。今回は美術Ⅱを中心として取材され [続きを読む]
  • 美術Ⅱの授業〜アール・ブリュットのお話し〜
  • 5月は中間考査に春の高体連、高文祭…いろいろ行事があるのですが、授業もその間をズリズリと進んでいる感じです。美術Ⅱは『アール・ブリュットを知り、考える』の授業で講師の先生をお招きしてのお二人目の授業。前回の学芸員さんに続き、今度は社会福祉法人で支援員としてのご経験を話して頂きました。そこで出会った利用者さんの、のちに『にっき』と名付けられた作品を皆で考えました。この作家さんが日々されていた『素敵な [続きを読む]
  • 校了〜ヽ(゚∀゚)
  • 昨日とあまり変わらない絵ですが…(これは美術準備室で東向きです)3月から苦戦しておりましたが、なんとか本日、午後5時過ぎに「校了」となりました。(美術班では、作品の完成を「投了〜」と言っております。いつの頃からか。)6月に、当方の師匠であるA先生とコラボの予定です。光栄なことです。 [続きを読む]
  • 本当にいろいろありまして
  • 近頃の授業Ⅰの準備Ⅰの授業そしてⅡはいよいよ校外から講師が来られはじめました。お一人目は、学芸員さんです。「アール・ブリュット」について、いろいろなお話しを伺いました。当方は、授業の記録(講師のお話)を取っております。 [続きを読む]
  • 武蔵美さんのテキストに載せて頂きました。
  • 近頃、本校の授業について興味を持って頂いていろいろなところに掲載してもらっております。ありがとうございます。2018.3月に発刊されました『特別支援教育とアート』(武蔵野美術大学出版局)  第14章 事例研究   アール・ブリュット作品などを題材にした対話型鑑賞の授業                         田中千賀子取材に来られて、いろいろお話ししました。本校の図書館に実物作品を展示して、別の作 [続きを読む]
  • 美術班のユーモア
  • 新年度も4月が無事に終わり、美術班(本校では部活動を班活動と呼びます)も新入生5人が入ってくれました。一安心です。ふと見ると、こんな…。このポスターが効いたかな。さてこちらは…ぜんさわ!?一年生用の油彩のモチーフです。さわるな…と。先輩の気遣いです。(後ろに見えるのは、長野総文に出かける作品です) [続きを読む]
  • たまには…
  • ちょっと休みを作リまして…休みというのに、駅前のスタバさんでお仕事。昼からは、うちのクロと裏山へ。家から徒歩…5分?体力落ちたので10分…。どちらも近いのですが、最近はあまり行ってなかったのです。たまは許してもらえるかなァ…いえいえ、自分の問題です。 [続きを読む]
  • 『アール・ブリュット』展の取材記事を作成しました。
  • 3月17日(土)に本校美術班生徒が参加した『アール・ブリュット取材会』。参加校に課せられた宿題…『新聞製作』。県内O高校さんと本校美術班が作った記事が共同通信社さんの『文化プログラムプレスセンター』のWEBサイトに掲載されました。本校美術班は、当日参加した5人の生徒を中心に、その展示の目的や方法について推察し、しっかりとまとめてくれました。イラスト入りでWordで作成。なかなかのものです。書くことで確かめて [続きを読む]
  • 13年目となりました。
  • 本校の桜も見事に咲きました。そして、13年目の勤務が始まりました。当方としては最長記録更新中です。今年は県内でも動きはあまりなく、さて、来年はどうでしょうか。一年をかけて本校での実践など今までのことをまとめておきたいと思っています。穏やかなスタートになりました。 [続きを読む]
  • 3Fベランダからの桜
  • 明後日締め切りの仕事の合間に203HRの掃除をして、そのまま3Fベランダへ。向こうに瀬田川が見えます。眼下には「遵義の桜〜♪」校歌でも歌います。今日は一日良い天気。滋賀の二校も初戦突破。当方も何とか乗り越えたいものです。 [続きを読む]
  • 美術班展覧会『紡ぎ展』を開催しました
  • 膳所高校美術班展覧会『紡ぎ展』を開催しました。以前は県内高校との合同展を長年してきたのですが、単独の開催となって2年目。保護者の方々や県内の中学生や高校生、本校の卒業生や先生方など多くの方々にご来場頂きました。ありがとうございました。会場は昨年度に続き、旧大津市公会堂。歴史のある洋館で、雰囲気は抜群です。生徒作品は、秋の作品と今回の新作の一人分ずつを並べ、夏の尾道合宿の作品や、今回はじめて一二年生 [続きを読む]
  • 負けから得ること
  • スコアとしては0-10の完敗と言えるのでしょうか。その中で彼らが得たことを、これからの彼らに見たいと思います。2年3組のI君、H君、お疲れ様でした。春に向かい夏を目指し、励んでください。p.s今朝の朝刊に大きく取り上げられていました。今後にも注目されているということでしょう。(2018.3.25朝日新聞朝刊35面) [続きを読む]
  • 明日の第三試合!
  • 本校野球部が明日いよいよ初戦を迎えます。対戦相手は北信越の超強豪!!3月に入って数回、1・2年生での応援練習がありました。今日まで担任をしていた2年3組には、主将のI君、H君がいました。(取材を受けるI君、それを見守るピッチャーのT君、部長のS先生)天気は良さそうです。白と紫の膳所カラー、Zの人文字で応援します! [続きを読む]
  • 第2回「紡ぎ展」
  • 膳所高校美術班の展覧会『紡ぎ展』を下記の通り開催します。膳所高校美術班で単独で開く2年目の展覧会です。お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。会期:3月24日(土)9:00〜17:00   3月25日(日)9:00〜14:00場所:旧大津市公会堂入場無料 [続きを読む]
  • 美術Ⅱ『アール・ブリュットを知り、考える』小論文集完成
  • 本校の美術Ⅱ(2年生文系1単位)では『アール・ブリュットを知り、考える』という授業を実施しています。1年の約半分の授業時間を費やします。アール・ブリュットに関わる様々な立場の方々(美術館学芸員、福祉施設支援員、県庁の文化行政担当、研究者)を学校へ招いてお話を聞いたり、美術館から作品をお借りして展示、対話による鑑賞なども行います。そのまとめとして、生徒各自がテーマを設定して小論文を書き、冊子にします。 [続きを読む]
  • I君、がんばったね。
  • 本校の野球班が甲子園に出場します。担任するクラスには野球班員I君とH君がいます。先日、主将のI君にテレビの取材がありました。初めて見る光景ででしたが、クラスの生徒へも「I君はどんな人ですか?」などインタビューがされていました。(案外、皆、しっかりと受け答えしていましたね。さすがです。)いよいよ試合抽選が今週の金曜日です。 [続きを読む]
  • 高校の美術教員の研修会『障害のある人の創作から学ぶこと』
  • 滋賀県高等学校教育研究会美術・工芸部会で、第3回研修会を開きました。テーマは『障害のある人の創作から学ぶこと     〜社会的包摂、あるいはアール・ブリュットについて〜』この研修会に先立って、部会員の先生方にアンケートを実施しました。その結果「アール・ブリュットは気になってるんだけど、未だ授業では取り上げていない」との様子が分かりました。今回の研修会にも「現状を知りたい」と10人の先生が参加されま [続きを読む]