H.YAMASAKI さん プロフィール

  •  
H.YAMASAKIさん: 高校の美術でできること
ハンドル名H.YAMASAKI さん
ブログタイトル高校の美術でできること
ブログURLhttp://gakkobijut.exblog.jp/
サイト紹介文滋賀県の高校で美術の教員をしています。日々の出来事や想うことを綴ります。
自由文滋賀県の高校で美術の教員をしています。
学校、高校で美術で何ができるのか、
どういう展開や可能性があるのかを考え、
試行実践しています。
伝統文化の授業展開、美術館との連携、
美術部活動などなど、
日々の出来事やふと思ったことを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2009/01/02 20:18

H.YAMASAKI さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 12月、沖縄への修学旅行
  • 沖縄への修学旅行を、2年生担任として十数年ぶりに引率しました。当初はグアムだったのですが世界情勢?の影響で、8月に変更決定、12月に実施となりました。生徒達はそれでも沖縄の修学旅行を前向きに楽しみ、たくさんの思い出を作ったようです。12月なのでさすがにウエットスーツを着てのマリンアクティビティー、カヌーやサイクリング、ガマ(当時の区長さんの働きで皆無事だった…)に入ったりの選択研修や、コザの街歩き、3日 [続きを読む]
  • 11月の第三週 ③『高教研美術・工芸部会』研修会
  • ◆金曜日 ※番外編  さらに11月17日(金)は(私には午前中の写真家さんの授業の後になりますが)、午後から東大津高校で、高校の美術教科部会の研修会を行いました。(当日司会予定のY先生が急用で不参加となり、急遽司会をすることになってしまいましたが…)研修会には12名の先生方が参加され、それぞれご自身の授業実践を紹介されて、意見交換を行いました。たくさんの先生が事例を提示頂きましたので、大変中身の濃い [続きを読む]
  • 11月の第三週 ②『食と器と写真』の授業
  • ◆木曜日と金曜日  11月16日(木)と17日(金)は、1年生の美術Ⅰで行っている校外の美術館等との連携授業『 北大路魯山人から考える〜文化芸術と多様性の意義について〜 』の一環で、自作の器に料理を盛り付けて写真撮影する活動を行いました。これは「鑑賞」の授業として、様々な体験を通して身の回りの文化を確かめ、その意義を考えていきます。今回の写真の活動は、この授業の元々のきっかけとなったMIHO MUSEUM発刊の写真集 [続きを読む]
  • 出張
  • 実は私、今年は美術部の顧問の他に、なんと、ある部活の連絡役をしております。(私は一切そのスポーツはできません。次男は大好きです。)その顧問会議があって、ちょっと遠くの学校へ行ってきました。この日は朝から久しぶりに天気も良く、気持ちよく1時間半ほどのドライブでした。 [続きを読む]
  • 国立美術館の研修会報告
  • 夏に京都で開かれた『美術館を活用した鑑賞教育充実のための指導者研修会』で高校の美術館等との連携の事例を発表させて頂きました。その研修会の報告が、国立美術館のWEBサイトに掲載されています。当日は、そのあとすぐに全国総文祭参加のため仙台へ向かわねばならず、余韻も懇談もできずに会場を後にしました。参加された方の感想で、こちらがお話ししたいと思うような声をお聞きして大変ありがたく思いました。<国立美術館WEB [続きを読む]
  • 美術Ⅱ『アール・ブリュットを知り、考える』〜対話による鑑賞〜
  • 本校の美術Ⅱ(2年文系1単位)では『アール・ブリュットを知り、考える』授業を行っています。国内外のアール・ブリュットや障害のある方の美術活動を知り、そこに携わる方々(研究者、美術館学芸員、社会福祉施設、文化行政関係者)を授業に招き、考えや思いを知ります。その中で、美術そのものや豊かな社会のあり方、人としての生き方を考え、モノの見方を広げ深めることを目指しています。(この様子は8月の国立美術館の研修会 [続きを読む]
  • 東京弾丸ツアーfor六本木
  • 9月9日、朝一の新幹線に飛び乗り、東京へ行ってきました。ちょっと強行、日帰りです。目的は、六本木で開催された『障害者芸術活動支援フォーラム』に参加するためです。本校の美術Ⅱ「アール・ブリュットを知り、考える」授業で長年お世話になっている甲南大学の服部先生のご講演と、今、障がいのある人の芸術活動とその支援がどういうことになっているかを知りたいと思ったからです。会場では、東京の芸大美大に通う本校美術部OB [続きを読む]
  • 2017夏①美術班編
  • 美術班の夏と言えば、やはり恒例の尾道での合宿。当方これで前々任校と前任校からも数えて通算連続20回!(20年目達成)でした。Y高校で2回、M高校で6回、Z高校で12回です。それでもまだ入ったとこのない店や、行ったことのない場所があります。この20年で宿舎は、山の上の民宿→二度だけ駅前のS旅館→水道の向こうのK温泉と移り変わり、昨年度からは、ちょっと小洒落たOM館です。 いつもの合宿を…と言いたいのですが、何 [続きを読む]
  • 東京弾丸ツアーfor六本木
  • 9月9日(土)の始発に近い新幹線で東京へ、そしてはじめて六本木へ行きました。障がいを持つ人の芸術支援についてのフォーラムを聞くためでした。会場で会った滋賀県のある青年は、前々日の夜行バスで来て、前日は美術展を見まくって、で、今日はこのフォーラムが終われば夜行バスへ滋賀へ帰り、明日の地域の防災訓練に出るとか…。若いって素晴らしいですね。。。当方は、日曜日に校務があったために、もちろん新幹線で帰りました [続きを読む]
  • 夏休み②〜美術班編〜
  • 美術班の夏と言えば、やはり恒例の尾道での合宿。当方これで前々任校と前任校からも数えて通算連続20回!(20年目達成)でした。Y高校で2回、M高校で6回、Z高校で12回です。それでもまだ入ったとこのない店や、行ったことのない場所があります。この20年で宿舎は、山の上の民宿→二度だけ駅前のS旅館→水道の向こうのK温泉と移り変わり、昨年度からは、ちょっと小洒落たOM館です。 いつもの合宿を…と言いたいのですが、何 [続きを読む]
  • 白と黒
  • 白です。黒です。美術教室に揃いました。2月は学年末で一年間の〆の時期です。校外の美術館等と連携して実施している茶道の授業。一年生は『茶道入門』二年生は『利休に学ぶ』その一環で作った一年生の白萩風?と二年生の黒楽茶碗です。二年生は応用編ですので、利休さんといえば黒楽です。一時間で形を作り、日を変えて、さらに一時間で高台などを削りました。自作の御茶碗を使って御茶会を行います。黒楽を使って自然光ですると [続きを読む]
  • 高校の美術部の活動で高校生が描く絵とは…
  • 10月末に滋賀県高等学校総合文化祭(高文祭)がありました。美術・工芸部門には、本校美術班から1年生3人、2年生3人の計6人の生徒が50号サイズの作品を出品して参加しました。 本県の高文祭といえば、平面の油絵作品がその多くを占めます。昨今、滋賀県では美術の教諭が減り非常勤となることで、美術以外の他教科の先生が美術部顧問をされることが多くなってきました。その中で課題となっているひとつが、油絵等の技術面な [続きを読む]
  • キャリアガイダンス10月号
  • 本校の美術Ⅱ(2年生)の授業について、リクナビ進学『キャリアガイダンス』10月号に掲載して頂きました。記事は、‘「授業」で社会を生きる力を育む’という特集の中で11の教科からの事例の1つとして紹介されています。取り上げて頂いたのは、2年生文系で開講している美術Ⅱ(1単位)の授業の、校外の美術館等との‘連携授業’「茶道」と「アール・ブリュット」をテーマとした2つの内容です。美術Ⅱは1単位ですので、この2 [続きを読む]
  • AMラジオで紹介されます
  • 6月3日(金)21:30〜21:55に、KBS京都のAMのラジオ番組「Glow生きることが光になる」で本校2年生の美術Ⅱで行っています『アール・ブリュットを知り、考える』という授業の様子が放送されます。夜遅くのAM放送ですが、授業の様子(音声)と、生徒と当方のインタビュー等が入っている予定です。当方は、あまりうまく話せませんでしたが…生徒は完璧!上手だったそうですもしよろしければ、お聞きください。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …