c-tower さん プロフィール

  •  
c-towerさん: 目指せ!競馬マスターへの道(仮)
ハンドル名c-tower さん
ブログタイトル目指せ!競馬マスターへの道(仮)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/keiba_m/
サイト紹介文週末の馬券的中に向け、日々検討を重ねていきます。
自由文週末の東西メインを中心に、コースやデータ、各個体分析など多方面からの検討を重ねていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2009/01/04 15:22

c-tower さんのブログ記事

  • スプリンターズS
  • ※00〜17 18◆◇◆ 性質・人気・脚質 ◆◇◆●1番人気は歴史的スプリンターなら信頼 【7・4・0・7】勝ち馬は7頭中2頭は香港トップ。05サイレントウィットネス&06テイクオーバーターゲット。残5頭中2頭は前年覇者。13ロードカナロア(春は宮記念と安田も勝っている)、17レッドファルクス(春は宮&安田3着)。残3頭中2頭は連勝中の4歳牝馬。02ビリーヴ&08スリープレスナイト。残1頭はストレイトガール(同年 [続きを読む]
  • 宝塚記念
  • ※99〜18 20◆◇◆ 人気・特質 ◆◇◆ ●1番人気は一定の条件満たせば信頼1番人気【6・6・2・6】着外6頭中4頭は有馬記念以来(シンボリクリスエス)、8歳(タップダンスシチー)、3歳牝馬(ウオッカ)、6歳(15ゴルシ)。残2頭中1頭は1年前の阪大を最後に未勝利(18サトダイ)。残1頭は17キタサンブラック。前走春天を脅威のレコードでお釣りなし。3着は4歳時の09ディープスカイ(古馬相手に勝ったことがなか [続きを読む]
  • 安田記念
  • ※99〜18 20◆◇◆ レースの性質 ◆◇◆●1番人気は、よっぽどの馬でなければ買う必要なし 【5・2・2・12】(+1)勝ったのは98タイキシャトル、09ウオッカ、13ロードカナロア、14ジャスタゥエイ。例外15モーリス(その後、王者に。翌年2着)。2着99グラスワンダー、。要は、それくらいの超ハイレベル1番人気でないと連対できないということ。3着は03ローエングリン(産駒ロゴタイプが2年連続で連対)、18スワ [続きを読む]
  • 日本ダービー
  • ※99〜18 20◆◇◆ 性質 ◆◇◆●良なら「距離伸びても走れるマイラー」で戦える昔は力勝負だったが、今では完全にスローの瞬発力勝負。マイルで切れる馬が勝つ。但し、2400mなので血統がマイラーではダメ(14イスラボニータは強かったが、フジキセキで1・2)。07はウオッカ、アドマイヤオーラ(シンザン記念でダスカに勝利)08はディープスカイ、スマジャ(後に安田3着)、ブラックシェル(前走NHKマイル2着 [続きを読む]
  • オークス
  • ※99〜18 20◆◇◆ 特徴・人気 ◆◇◆ ●1番人気微妙 【7・4・2・7】勝った7頭中5頭は2着に2番人気を連れて来ている。残2頭も3着に2番人気。1番人気で着外だった7頭のうち4頭は、前走桜花賞で敗れた馬。11マルセリーナは桜花賞で勝っていたが、当日実質稍重で4着。12はミッドサマーフェア(フローラは快勝だったが、キャリア8戦、クイーンC着外)。●荒れるかどうかは桜花賞次第?桜花賞波乱の年 :00, [続きを読む]
  • ヴィクトリアマイル
  • ※06〜18 13◆◇◆ 特徴 ◆◇◆ ●馬券に絡むタイプ1.G1勝ち&牡馬相手の中距離G1で連対できる馬。、もしくは3冠牝馬といった歴史的名牝クラス⇒ダンムー、ウオツカ、ブエナ、アパパネ2.キレのあるSS、タニギム、キンカメ、ディープといった、府中得意の血統⇒SS系:フジキセキ(コイウタ、エイジアン、14ストレイトガール)、アドベガ(ブルーメン)、スペシャル(10&11ブエナ)、タキオン(10ヒカル) [続きを読む]
  • NHKマイルカップ
  • ※99〜18 20◆◇◆ 人気・特徴 ◆◇◆ ●順当決着ほとんどなしの中〜大波乱馬連万馬券6回。馬連1000円以下は11グランプリボス−コティリオン、16メジャーエンブレム‐ロードクエストの2回だけ。●1番人気は微妙 【8・1・2・9】勝ったのは01クロフネ、04キンカメ、08ディープスカイ、10ダノンシャンティ、11グランプリボス、12カレンブラックヒル、14ミッキーアイル、16メジャーエンブレム。近年3 [続きを読む]
  • 天皇賞・春
  • ※99〜18 20◆◇◆ 特徴・性質 ◆◇◆ ●持続力勝負のレーススローペースであっても、直線ヨーイドンの瞬発力勝負では届かない。●スピード重視!春天に出る馬がステイヤーなのは当たり前。最後に勝つのはスピードがある馬。特に馬場の問題があって近年は高速決着が多い。後方からでは届かない(09ジャガメ、10ベルーガ、ジャミール、14&15キズナ)。●フルゲートなら荒れる!(−1)フルゲートは9回あり、7回は大穴 [続きを読む]
  • 皐月賞
  • ※00〜18 19◆◇◆ 性質 ◆◇◆ ●昔は大荒れ。最近はそうでもない1番人気【5・4・3・7】、2番人気【2・4・3・10】、3番人気【2・2・4・11】。1番人気はともかく、2〜3番人気は微妙。勝った1番人気5頭中3頭はSS直仔。01タキオン(無敗・SS)、05ディープインパクト(無敗・SS)と03ネオユニ(4戦3勝・SS)。残2頭中1頭はネオユニの子。10ヴィクトワールピサ(5戦全て1番人気で4勝・4連勝中・唯一 [続きを読む]
  • 桜花賞
  • ※99〜18 20(阪神改装は07)◆◇◆ レースの性質と1番人気について ◆◇◆ ●1番人気の取捨(近27年)1番人気【8・5・4・10】。着外10頭は負けるべくして負けた馬。芝1600m以上未経験の95ライデンリーダーと96リトルオードリー。キャリア11戦という上積みの見込めない95ライデンリーダー、98ダンツシリウス。トライアル不出走の阪神JF勝ち馬、99スティンガー、16メジャーエンブレム(クイーンCを [続きを読む]
  • 大阪杯
  • ※00〜17 18(17からG1)●1番人気は信頼 【9・4・2・3】(G1後【1・0・0・0】)着外3頭中1頭は16ラブリーデイ(6歳)。残2頭は01テイエムオペラオーと06ローゼンクロイツ。この2頭は「ダービーよりも菊花賞のほうが着順が上だった、菊花賞3着以内馬」。中距離よりも長距離に適性があると危ないということか。ローゼンクロイツはそもそも3歳時の毎日杯しか重賞勝ち鞍がなく、1番人気にふさわしくなかった。3着 [続きを読む]
  • 高松宮記念
  • ※00〜18 19(12にコース改修)◆◇◆ 傾向 ◆◇◆ ●大荒れなし?1番人気は【5・2・5・7】。5勝しかしていないが、勝馬は1頭除き全て4番人気以内(例外1頭は稍重17セイウンコウセイ5番人気)。2着馬は16頭が6番人気以内。馬連万馬券は2回あるが、演出したのはSS直仔。但し、3着には8番人気以下が7回。しかも6頭は10〜16番人気。●連覇は難しい芝1200mに変更された96以降、前年覇者の成績は【1・ [続きを読む]
  • 中山記念
  • ※99〜18 20●リピーターレース99、00ダイワテキサス、00,01アメリカンボス、03,04,07ローエングリン、03,05,06バラゲ、05,08,09カンパニー、07,08エアシェイディ、12,13シルポート、14,15、17ロゴタイプ(16は着外)。リピート時に着順を落としたのはなんと04ローエン、08シェイディ、13シルポート(重⇒良)、3度目のロゴタイプだけで、残りは加齢してもなお同着順 [続きを読む]
  • スプリングS
  • ※00〜18 19(11は1週遅れ+阪神開催)●1番人気から薄目に抜けることが多い1番人気【8・5・3・3】で信頼度は高いが、2ヶ月以上間隔が開いていると【2・2・2・3】。勝ったのは13ロゴタイプ(皐月1着)、18ステルヴィオ。2ヶ月未満なら【6・3・1・0】。1番人気の着外3頭はともにこのパターン(04コスモサンビーム、05ペールギュント、17サトノアレス)。なお、1番人気で3着以下になった6頭中3頭は関西馬 [続きを読む]
  • 阪神大賞典
  • ※00〜18 19●1番人気は強いが、2番人気は微妙1番人気【11・4・3・1】。唯一の着外は重馬場の09オウケンブルースリ。2番人気【2・5・2・10】。08は7歳ポップロックでも1番人気3着。適性なさそうなアドマイヤフジは2番人気着外。09は重馬場でオウケン着外(アサクサキングス2番人気で勝利)。10は牝馬のメイショウベルーガでも1番人気なら3着。11は前走ダイヤモンドS勝ちのコスモメドウが1番人気2着、 [続きを読む]
  • フィリーズレビュー
  • ※99〜18  20●荒れる!1番人気は【7・5・1・7】で微妙。但し2〜3番人気は【6・4・5・25】でイマイチ。このレースは「1強」になることが多く、2着が狂いやすい。6〜10番人気が【6・8・4・65】。馬券絡み18頭なので、数だけは1番人気より多い。09ミクロコスモス、11ドナウブルーなどは典型的な危ない人気馬で、ともに差し届かず4着。14はホウライアキコ程度では1番人気で着外。●前走エルフィンS・前走エルフ [続きを読む]
  • 弥生賞
  • ※99〜18 20●1〜2着はとにかく堅い連対40頭中32頭は4番人気以内。1・2番人気で【17・7・6・10】(3番人気以下【3・13・14・X】)。圧倒的。近18年で共倒れしたのは12のみ(アダムスピーク、前走500万平場のフェノーメノ)。1番人気は【11・3・0・6】(2番人気は【6・4・4・6】)。1番人気で着外の6頭はヤマノブリザード、ザッツザプレンティ、フォーカルポイント、12アダムスピーク、13エピファネイア( [続きを読む]
  • フェブラリーS
  • ※99〜18 20◆◇◆ 人気・特質 ◆◇◆●1番人気【9・2・3・6】。3着は09カネヒキリ(7歳)、14ベルシャザール(6歳)、17カフジテイク(5歳だがG1未勝利&大外分回し脚質の限界)。着外6頭中5頭はダートG1未勝利。99ワシントンカラー(前走ガーネットS勝利)、00キングヘイロー(初ダート・5歳)、01サンフォードシチー(前年JCD2着)、07シーキングザダイヤ(6歳・2年連続2着)、13カレンブ [続きを読む]
  • フェブラリーS
  • ※99〜17 191着:モーニン マル外。4歳で根岸を勝ったことで、多くの不利条件覆して勝利。2着:ノンコノユメ 安定の1番人気。3着:アスカノロマン 東海S快勝からの距離短縮&初G1(実質)トライアルの勝ち馬2頭と前年CC最先着馬で決着◆◇◆ 人気・特質 ◆◇◆●1番人気【9・1・3・6】。3着は09カネヒキリ(7歳)、14ベルシャザール(6歳)、17カフジテイク(5歳だがG1未勝利&大外分回し脚質の限界)。着外6 [続きを読む]
  • 京都記念
  • ※01〜17 17重馬場。1着サトノクラウンはマル外。2着タッチングスピーチは牝馬だが、同コース稍重エリ女で3着。このときの勝ち馬マリアライトは有馬4着、2着のヌーヴォレコルトは香港2着で、牡馬相手ともやれることはここから想像できた。●1番人気【5・3・2・7】。着外7頭中2頭は前走有馬の05シルクフェイマス、AJCC3着の02ボーンキング。残5頭中2頭は前走芝1200mの03ローマンエンパイアと前走中山金杯3 [続きを読む]
  • 共同通信杯
  • ※00〜17   18<2016>稍重。ホープフルを取り消したディーマジェスティが1着。左回りに実績あるイモータルが2着。京成杯3着馬メートルダールが3着。ホープフルSを1戦1勝で制したハートレーが着外(ホープフルは1戦1勝馬が毎年勝つ)。東スポ杯勝ち馬スマートオーディンは気性悪く着外。この2頭は危険な人気馬だった。<2015>東京未勝利を1.0、東京500万を0.9秒差で圧勝してきたキンカメ産駒ドゥラメンテだが、 [続きを読む]
  • 東京新聞杯
  • ※00〜18 19●57キロ以下で4倍未満で不良馬場以外の1,2番人気は信頼できる1番人気【2・4・2・11】。着外11頭中1頭は落馬(16)。残10頭中2頭(02ゴッドオブチャンス、09タマモサポート)は不良馬場。残8頭中2頭(04サイドワインダー、08カンパニー)は58キロ。残6頭中3頭は単勝4〜4.4倍(15フルーキーは4.2倍で2着)。上記を除くと【2・4・2・3】となり、かなりの信頼度。着外3頭は前走有馬 [続きを読む]
  • フェアリーS
  • 1月第1週開催となった09〜●とにかくキングマンボ系この条件になった09以降、該当馬がいれば必ず馬券に絡む(18除く)17 ライジングリーズン(母父キンカメ)10・1 ※15番枠・+12でも勝利16 ダイワダッチェス(父ワークフォース)7・315 ノットフォーマル(父ヴァーミリアン!)11・1 ※逃げ   テンダリーヴォイス(母父キンカメ)3・314 オメガハートロック(母父エルコン)1・112 マイ [続きを読む]
  • 京都金杯
  • ※00〜17  18●3倍未満の1番人気は買い1番人気【5・5・0・8】。連対10頭中8頭は単勝3倍未満。例外で勝ったのは13ダノンシャーク(1枠・ルメール・3.6倍。その後、同年安田・マイルCS3着。翌年マイルCS勝利)、2着は14オースミナイン(3枠・4.1倍)。2頭とも父ディープ。着外8頭中7頭は3倍以上。3倍未満の1番人気は12サダムパテック以外オール連対。6〜10番人気が【6・6・9・71】と健闘。そのため、 [続きを読む]
  • 中山金杯
  • ※00〜17  18●勝つのは1〜4番人気、ヒモに穴馬1番人気は【6・1・4・7】。但し、勝馬は15頭が4番人気以内。一方、2着は5番人気以下が12頭、3着に12頭。ただ、近6年は大荒れはなし。3連複も100倍未満。●近年は重ハンデが活躍トップハンデは【4・4・2・15】。勝ったのは06ヴィータローザ57キロ、09アドマイヤフジ58キロ(連覇)、12タッチミーノット57キロ、13オーシャンブルー57.5キロ。2着は0 [続きを読む]