しう@SOTO さん プロフィール

  •  
しう@SOTOさん: キャンピングカー放浪生活+SOTO+
ハンドル名しう@SOTO さん
ブログタイトルキャンピングカー放浪生活+SOTO+
ブログURLhttp://soto.sblo.jp/
サイト紹介文年間約8ヶ月を愛犬マリリンとキャンピングカー暮らししてる女性のブログ。
自由文キャンピングカーが仕事場兼自宅。ウェブデザイナー/イラストレーター/旅ライターの『しう』と愛犬マリリンの類を見ないライフスタイル。旅の様子や日々の小さな出来事を写真とともにお楽しみください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2009/01/03 17:06

しう@SOTO さんのブログ記事

  • 然別湖畔トレッキングとナキウサギ
  • 久しぶり〜に、然別湖畔トレッキングへ出かけました。東雲湖や白雲山・天望山に続く登山道ですが、今日はフラットな湖畔のみをぶらぶら散策。とはいえ遊歩道とは違うので、登山靴を履いて行きます。 写真:左=さすが日曜日(訪れたのは8日)、登山道入り口は満車です! 湖畔の無料駐車場からでも徒歩1kmくらいかな。写真:右=入り口をお間違えなく〜 写真:左=倒木が何ヶ所かありました写真:右=石楠花が見頃を迎えていま [続きを読む]
  • 然別湖遊覧船と弁天島
  • 昨日に引き続き然別湖♪本日は快晴なり! 写真:左=1階は【然別湖ネイチャーセンター】とお土産屋さんが2軒、2階はカフェ【mubanchi(ムバンチ)】(リンク先は【食べログ】です)。写真:右=メニューはこんな感じ。利用したいと思いつつ、タイミングが合わず…(´・ω・`) 月曜(9日)はお休みでした。 起きた時は『くちびる山』の両脇に霧が立ちこめていて「もしかしたら早朝は雲海だったかも?」って感じだったのです [続きを読む]
  • 然別湖・白蛇姫まつり
  • 然別湖畔にて開催された【第46回 白蛇姫まつり】を見に行ってきました♪ 写真:左=あいにくの小雨で、陸上自衛隊第5音楽隊吹奏楽演奏は中止。ご当地バンド【My's】からスタート。すっごく寒くて風もあったので、お客さんもまばら…。かく言うわたしも隣接のホテルから覗いてました。すみません。写真:右=子どもたちによる太鼓・笛の音とともに… 子ども白蛇姫舞。白蛇姫が2匹の白蛇を従えて登場。 昔々、アイヌの人々が飢 [続きを読む]
  • 上川町の酒蔵と釣り堀
  • ひょんなご縁で、毎年のように訪れるようになった上川町。なんと昨年、新しく酒蔵が誕生しまして、特別に(と・く・べ・つ・に!)酒蔵見学をさせていただけることになりました!\(^o^)/ 写真:左=こちらが、その【上川大雪酒造 緑丘蔵(りょっきゅうぐら)】。ただいまショップなどを建設中で、今冬には完成予定だそうです。写真:右=「ラボ」といった雰囲気。ここで研究に研究を重ねているのですね。 なにぶん敷地面積 [続きを読む]
  • 音威子府・絶滅危惧グルメと八幡神社
  • 久しぶりに、音威子府(おといねっぷ)に立ち寄りました。道の駅で休憩することはあったのですが、近年は立ち寄る事なく通り過ぎることも…。それというのも、特に興味を惹くものがなくて。今年もスルーするつもりが眠くて眠くてたまらず…ここで停泊させていただくことにしたのですが、ついに道の駅が休館していて驚きました(トイレは開いてます)。※【道の駅おといねっぷ】オリジナルの切符やマグネット、カントリーサインなど [続きを読む]
  • ついに利尻島とお別れしました…(T_T)
  • …と言う訳でオマケの投稿です。 曇天つづきだった利尻島での2週間強。でも、そのぶん色んな利尻島が見れました。 反射板。写真:左=フクロウ、写真:右=クマゲラ。 ヒラヒラと、なかなか写真に撮らせてくれないチョウチョたち。 利尻島とは関係ありませんが、今年サングラスを新調しまして、偏光グラスを入れたんです。善し悪しあるのですが、水面を見るには素晴らしいポテンシャルを発揮します。ヒグマについておそらく稚 [続きを読む]
  • 海藻押し花体験とウニ穫り体験
  • いよいよ、利尻島シリーズもラストになりました。お天気に恵まれない日が続きましたが、こんな時こそ「体験」ですよ! 沓形の町なかにある【利尻・島の駅 海藻の里】。喫茶店 兼、お食事処 兼、お土産屋さん 兼、ギャラリー。元々は海産問屋【兼上渡辺商店】で、築120年以上!こちらで『海藻押し花クラフト体験』ができます♪ 利尻島で採れた海藻や花を押し花にしたセットを使用します。しおり(2枚)、キーホルダー、葉書の中 [続きを読む]
  • 利尻富士町カルチャーセンター&りっぷ館
  • 曇天が続いた6月の利尻島、滞在終盤になって【利尻富士町カルチャーセンター(美術館)】と【りっぷ館】へ行ってきました。入館料は共通で300円です。 ひっそりと佇んでいるうえに入り口が解りづらい! 訪れる観光客は少ないようで、このときはわたし1人しか見学人がいませんでした。【利尻富士温泉】に隣接していて、道向かいは【キャンプ場ゆ〜に】、周辺は散策路と【高山植物園】に囲まれているので近くまで来ている人は多い [続きを読む]
  • 利尻島のお祭り(後編)まとめて
  • 利尻編が終わらないなか、昨日(これを書いているのは7/9)、利尻島のキャンプ場で知り合ったAさんと然別湖でバッタリ再会!(o’∀’)爻(‘∀’o)お互いの近況など話し込んで、午前様に…m(_ _;)mあと3回くらいで終わる予定です。利尻島お祭りリレー(1日目は『宵宮』、2日目は『本祭』、3日目は『後祭』で、2日目がメイン)・仙法志(6月20日〜22日)【利尻島の神社めぐりとお祭り(仙法志神社編)】・沓形(6月24日〜26 [続きを読む]
  • 利尻島・地元の方との交流
  • ここでちょっと閑話休題。先日のお祭りで知り合った方がご自宅に招いてくださって、昼食をご馳走になりました(*´人`*) その方が…な、なんと?漁師美術科?高村ムカタ氏!Σ(°ロ°;) (すみません、初めて知ったのですが…)家業の漁師を営みつつ、冬の間は埼玉のアトリエで制作をしているそうです。毎年3月には埼玉県入間市にて個展を開かれています。・2018『利尻島漁師美術家 高村ムカタ展』(d-lab gallery)見に行きたい [続きを読む]
  • 利尻島の神社めぐりとお祭り(仙法志神社編)
  • 6月下旬、利尻島は地区のお祭りリレーでした。・仙法志(6月20日〜22日)・沓形(6月24日〜26日)・鬼脇(6月27日〜29日)・鴛泊(6月30日〜7月2日)だいたい1日目は『宵宮』、2日目は『本祭』、3日目は『後祭』で、2日目がメインです。今回は、仙法志でのお祭りの模様を写真中心にお送りします♪実は地元の方が「そんな大きなクルマで廻るのは大変だろうから、ウチの軽自動車を使いな」って貸してくれたんです!!(-人-) あ [続きを読む]
  • 雄忠志内川上流(たぶんヤムナイ沢)の万年雪
  • 今回ご紹介するのは、謎の場所!キャンプ場で出会った方が、「たまたま」行ってみたら万年雪で素晴らしいところだったから、興味があるなら連れて行くよ?って誘ってくださったのがきっかけなんです。 おそらく雄忠志内川沿いです。なにせ方向オンチなもんで…記憶を頼りにGoogleMapを見てみたのですが、確信に至らず(´Д`;)砂防ダムを作っている最中でした。けっこう急な坂道+砂利なので、四駆じゃないと危ないと思います。 [続きを読む]
  • 沓形港〜沓形岬公園〜見返台園地
  • 本日も何日分かの写真が混在していますm(_ _)m 写真:左=沓形(くつがた)港フェリーターミナル。このお向かいに、ご当地ソフトクリーム【愛す利尻山】を販売する【北利ん道(きたりんどう)】があります。・愛す利尻山 - +SOTO+全国ご当地ソフトクリーム写真:右=フェリーターミナルから徒歩2〜3分、沓形漁港。でも魚屋さんはない(´・ω・`) こちらもフェリーターミナルから徒歩2〜3分、沓形岬公園。沓形岬公園キャン [続きを読む]
  • 大ポン山・小ポン山トレッキング
  • ※実際に登ったのは6月20日です。 写真:左=朝9時、【北麓野営場】からポン山へ向けてレッツ★ゴー。外来植物を持ち込まないよう、まず靴を洗ってから。写真:右=しばらくは整備されたなだらかな道が続きます。 約10分(約600m)、湧水【甘露泉水】に到着。水汲みのために道路が整備されたのかな?帰りに汲もうと思って、リュックに2リットルペットボトルを2本しのばせてきました♪ 冷たくて柔らかいお水です。 写真:左= [続きを読む]
  • 富士野園地と夕日ヶ丘展望台
  • 利尻島の西側、沓形方面から北側の鷲泊方面へ時計回りに向かっています。今回も3日分の写真が混在していますが、よく晴れている写真は6月19日です。 手持ちの地図は観光案内所でいただいたもののみで、1枚に利尻島がすっぽり収まっている簡単なものだから正確な位置がイマイチわかりづらい。で、走行中に見つけたここが【富士野園地】だと勘違い。駐車場もなくてサイクリングロードに面していたので「サイクリング客しか利用で [続きを読む]
  • 野塚展望台と野鳥のみなさん
  • 記載漏れを発見してしまいました(^▽^;鴛泊港から道道108号線を時計回りに姫沼方面へ(姫沼はスルーして)約5km、海岸沿いにある【野塚展望台】です。 写真:左=海側にぽつんと建つ1軒のホテル、その名も【雲丹御殿】! 残念ながらお食事はできません。写真:右=広々とした駐車場にトイレもあります。利尻富士もバッチリ★ 写真:左=水平線の向こうには鴛泊港とペシ岬。写真:右=ウニ漁をしているところが見られました。 [続きを読む]
  • 厳島弁財天・寝熊の岩・人面岩と湧水めぐり
  • ずっと曇り続きの利尻島ですが、快晴の写真でお送りします!これ、たった2日で廻って撮ったものです。何度か訪れはしてますが、ほかは曇天ばっかりなんです…。 写真:左=駐車場というより路側帯のような感じ。普通車なら10台くらい停められそうです。写真:右=【北のいつくしま弁財天宮(厳島弁財天)】は『龍神の岩』に鎮座しています。 嵐で岩に打ち砕かれそうになった弁財船を弁天様が救ったとされ、そのご加護に感謝して [続きを読む]
  • 仙法志御崎公園〜素晴らしい景色とウニ三昧
  • 利尻島の南側に位置する仙法志(せんほうし)御崎(みさき)公園。目の前には蒼い海が広がり、振り向けば利尻富士もバッチリ! 岩礁が広がる景勝地です。駐車場にはトイレと休憩所があり、道路沿いにお土産屋さんも3〜4軒あります。お食事処がないのが残念。(たまに駐車場で焼きたてパンが販売されます) 写真:左=利尻富士をバックに石碑の前で写真撮影するのが観光客の定番♪写真:右=岩場にはカモメが営巣していて、今は [続きを読む]
  • オタトマリ沼〜白い恋人の丘〜南浜湿原
  • ブログでは、ずーっと晴れの日の写真ですが、14日に利尻島に上陸して約2週間(これを書いているのは27日)、ずーっと曇りか雨なんです。すっきり快晴!って日は3日くらいあったかなぁ(´▽`;) 写真:左=【オタトマリ沼】駐車場、観光バスがひっきりなし。売店も大賑わいです。ここでムラサキウニ、バフンウニをはじめホタテ焼きなどなど食べられます。ソフトクリームも♪写真:右=はしっこに停めて、出てみたらクルマのうし [続きを読む]
  • 姫沼展望台〜姫沼一周
  • 写真メインでお送り致します\(^o^)/ 鴛泊港から約5km、姫沼展望台からの眺め。鴛泊港とペシ岬が一望できます。 姫沼展望台から約1km、姫沼へ。標高1300mにあり、道幅は広いとは言えないけど観光バスがたくさん往来します。 写真:左=吊り橋を渡ります。写真:右=ミズキかな? 写真:左=休憩舎では飲み物と写真を販売しています。姫沼を中心に利尻島のうつくしい風景や草花の写真がたくさん!(店内撮影禁止)※ここ [続きを読む]
  • 利尻島内のキャンプ場情報
  • ブログ更新が遅れております、すみません。ずっと騙し騙してきた座骨神経痛で1時間も座っていることができなくて、ついに激痛で歩くのも困難になってしまったので病院に行ってきました。注射と飲み薬で、だいぶ歩けるようになったのですが座っているのは正直しんどいです。寝転がってPC作業するわけにもいかず(^x^;取り急ぎ、しばらくは写真メインでお送りします。・キャンプ場情報 - 利尻富士町 【利尻北麓野営場】は車内泊無 [続きを読む]
  • 利尻町立博物館と利尻島郷土資料館
  • 礼文島に引き続き、曇天つづきの礼文島。こんな日は屋内観光ですよ。 写真:左=利尻島の南側、仙法志にある【利尻町立博物館】。9〜17時(入館は16:30まで)、休館日は月曜日(祝日の場合は翌日休み)。入館料200円。開館は5月1日〜11月30日までです。写真:右=自然史コーナーでは、島内で確認されているキノコ類や植物、昆虫、鳥類などなどが展示されています。 写真:左=利尻島のジオラマ。写真:右=かつての暮らしぶりを [続きを読む]
  • 利尻島内の日帰り入浴情報
  •  写真:左=鴛泊フェリーポートから約1km、ちょっと高台にある【利尻富士温泉】は足湯やアメニティパーク、温泉プール【湯泳館】、【利尻島ファミリーキャンプ場ゆ〜に】に隣接しています。入浴料500円、6〜8月は営業時間11〜21時まで(詳しくは公式サイトをご参照ください)。レストラン、コインランドリー併設。リンスインシャンプー、ボディソープ、ドライヤーあり。鍵ロッカー無料。写真:右=駐車場の一角に、ひっそりと存 [続きを読む]
  • ついに利尻島へ〜まずは鴛泊港から。
  • 6/14の夕方、礼文島から利尻島・鴛泊港に上陸しました! 写真:左=フェリーターミナル。左側にはペシ岬。遊歩道があり、てっぺんまで歩いて行けます。まだ天候不良などで未踏破。写真:右=食べたのは20日なんですが(^o^; 2階のレストランでスープカレーを。予想に反して、スパイスもいい具合に利いてたし美味しかった!11〜14時までと、たった3時間の営業です。離島までには「うにめし」をゲットするぞ! 写真:左=フェリ [続きを読む]
  • 礼文島の神社3社とメノウ浜&地蔵岩と北のカナリアパーク
  • SNSをチェックしてくださっている方は「ブログはいつ利尻島に入るのか?」と思われているかも知れません。ついに礼文島シリーズもラストです! フェリーターミナルから徒歩約5分、坂道の上に鎮座する【厳島神社】。文化5年(1808)、宗谷場所の請負人 藤野喜兵衛が奉還し祠(ほこら)を建てたのが創祀といわれています。 拝殿には礼文島の草花を彩った天井画が、文字通り花を添えています.。・:*:・°`☆、。・:*:・°`参拝芳 [続きを読む]