しう@SOTO さん プロフィール

  •  
しう@SOTOさん: キャンピングカー放浪生活+SOTO+
ハンドル名しう@SOTO さん
ブログタイトルキャンピングカー放浪生活+SOTO+
ブログURLhttp://soto.sblo.jp/
サイト紹介文年間約8ヶ月を愛犬マリリンとキャンピングカー暮らししてる女性のブログ。
自由文キャンピングカーが仕事場兼自宅。ウェブデザイナー/イラストレーター/旅ライターの『しう』と愛犬マリリンの類を見ないライフスタイル。旅の様子や日々の小さな出来事を写真とともにお楽しみください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供195回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2009/01/03 17:06

しう@SOTO さんのブログ記事

  • 離道、そして東北ネットキャンパーのオフ会へ
  • かなり急ぎ足になりましたが、ブログがやっとリアルタイムに追いつきました(^▽^;今回は珍しく、苫小牧からシルバーフェリーに乗船。23:59発の船は、2018年4月25日に新造船された『シルバーティアラ』でした。フェリー埠頭も船内も広すぎて迷う〜。どこに停めたか忘れてしまいそうなので、写真に収めておきました(笑)地震の影響で電話が繋がらず、前々日に予約が取れたのですが2等室は満員。代わりに『ドライバーズルーム』と [続きを読む]
  • 北海道2018年の締めくくりに鮭釣り…ならず
  • 9/6早朝に地震があって、数日間は道の駅【樹海ロード日高】と平取町二風谷を行ったり来たりしていたのですが、その後は毎年のようにお世話になっている新冠のSさん宅に9/11〜14の4日間も滞在させていただきましたm(_ _)m今年も鮭釣りを楽しみにしていたのですが、地震によりそれどころではなく…。また、近海に鮭も来ていないようでした。定置網にも、10匹とか20匹とか、その程度しか入っていないとの噂でした。8月下旬に釣った [続きを読む]
  • 秋の恵み、キノコ狩り♪
  • ※9月5日の出来事です新しい道の駅【ノンキーランドひがしもこと】、初訪問。道向かいはコンビニ『セイコーマート』とガソリンスタンド。小さな町の中心地、という感じ。2階はホテル、1階はレストランと売店。訪問時は既にレストランが閉店していたこともあり、オシャレなんだけど寂しい印象でした。屈斜路湖 展望駐車場。ここに登って来るまでに雨が降ったり虹が出たり、濃霧になったり…。屈斜路湖が見えてよかった。明けて [続きを読む]
  • 朱円環状土籬と、来運の蕎麦と湧水
  • ※9月4日に訪れました。写真のみの記事が続きますが、ご容赦くださいm(_ _)m何年越しか、ようやく【朱円環状土籬】通称:朱円ストーンサークルを見てきました。駐車場がないので、こんな感じで…。誰もいなくて助かった。余市にも西崎山環状列石があります↓・2013年06月09日【余市・フゴッペ洞窟と西崎山環状列石】こちらも何年越しか、行きたい行きたいと思いながらタイミングが合わず、やっと初来店した【そば処らいうん】。 [続きを読む]
  • 尾岱沼から知床(羅臼〜岩尾別)までのダイジェスト
  • 9月2日〜3日、尾岱沼〜羅臼・岩尾別までのダイジェストです。またしても写真のみで失礼しますm(_ _;)m道の駅【おだいとう】からの眺め道の駅が工事中で、北方展望塔からはこんな感じに…羅臼の【No borders Café】で、トキシラズの三平汁(500円)いただきました♪よく煮込んであって頭も柔らかく、いいお出汁で美味しかった〜遅ればせながら、羅臼神社に参拝。湧水をいただこうと思ったら、検査中とのことで汲めなかった…(T [続きを読む]
  • 根室まとめ
  • たびたびブログ更新が遅れてスミマセン!取り急ぎ、写真のみアップしますm(_ _)m【北方原生花園】【ノツカマフチャシ】【ヲンネトモチャシ】【根室タワー】【根室市歴史と自然の資料館】【長節湖】【みなと湯】撮影:Nikon COOLPIX P900/スマホカメラ(Xperia Z SO-02E) ←【人気ブログランキング】応援 お願いします♪*近隣に関連する過去ブログ記事*・2012年08月08日【羅臼から尾岱沼へ】・2014年08月15日【厚岸の牡 [続きを読む]
  • 取り急ぎ、無事の報告です。
  • SNSでは報告しておりましたが、改めまして、無事に過ごしています。地震発生当時、道の駅【樹海ロード日高】(北海道沙流郡日高町本町)にて休憩中でした。けたたましい緊急速報「エリアメール」音で目が覚めたと同時に揺れ始め、キャンピングカーもかなり揺さぶられました。時間も長かったように感じましたが、寝ぼけていたお陰かパニックになることもなく、揺れがおさまったら「やれやれ」と二度寝するつもりでした(´▽`;)「 [続きを読む]
  • 道の駅 阿寒丹頂の里を満喫
  • 昨年リニューアルした道の駅【阿寒丹頂の里】、車中泊を容認していると聞いて気になっていたのですが、ようやく立ち寄ることができました。てっきり、以前の建物がリニューアルしたんだと思いきや、新しい建物ができていました。【国際ツルセンター グルス】側にある建物は、事務所として使用されているようですが… 屋台(?)店舗などは閉鎖されたままだし、もったいないなぁ。こちら側も農作物直売所とか設ければいいのに。グル [続きを読む]
  • ちょっぴりワープ★札幌から忠類へ
  • まずはサブバッテリーを交換するため、札幌のJ工房へ! 毎度、お世話になりますm(_ _)m我が家のサブバッテリーは、2ヶ所に2個づつ格納してあります。この画像は自分メモのようなものなので「何のこっちゃ?」と思われるかも知れませんが(笑)まー、老朽化により不具合が増えました(;つД`)前回はG&Yu(グローバルユアサ)でしたが、今回はACデルコ。前々回くらいにACデルコを取り付けていたので、安心していたのですが… な [続きを読む]
  • 千歳神社とサケのふるさと千歳水族館
  • 充実した平取町二風谷での日々も終わり、キャンピングカーのサブバッテリー交換のため札幌へ。―――の途中、千歳に立ち寄りました。今年も千歳神社に参拝です。都会のど真ん中、異空間のように静かな鎮守の森がひろがる気持ちの好い境内です。お参りをして、戻ろうとしていたら「すみません、写真を撮ってもらえませんか?」と声をかけられました。小さなお子様と赤ちゃんを連れた若夫婦で、今日は100日祭とのことでした。おめで [続きを読む]
  • 二風谷の日々・ダイジェスト(※書き直しました)
  • 足掛け10日間(8/11〜8/21)にわたる平取町二風谷滞在記。博物館/資料館や、チプサンケの模様などは個々にブログ記事にしますが、取り急ぎダイジェスト版をお送りします。この写真は最終日の早朝。朝もやに包まれて真っ白でしたが…みるみるうちに、さーっと霧が晴れ、清々しいほどの青空が広がりました。雄大な沙流川。ずっと雨続きだったので川が濁っているのが残念。二風谷ダム。何も知らなければ、「うわー、すごいオシャレな [続きを読む]
  • 二風谷・チプサンケ2018
  • 平取町二風谷において8/18〜19に開催されたチプサンケ(舟おろしの儀式)。2日分まとめてご覧ください。3年前もそうでしたが、当日まで、このポスターのみの情報しかなく詳細なスケジュールが分からなかった(^o^;しかも三重から駆けつけた友人は、役所で聞いた時間が間違っていたという大雑把さ(笑)特に前夜祭の結婚式なんて、フライヤーには『17:00〜18:30』って明記してあるのに17時前に始まって、17:50には終わった! [続きを読む]
  • 新ひだか町アイヌ民俗資料館とシャクシャイン記念館
  • 静内(しずない)の真歌公園に、【新ひだか町アイヌ民俗資料館】と【シャクシャイン記念館】が並んで建っています。お隣の【ライディングヒルズ静内】の案内板の方が目立つので、それを目印にして行くと分かりやすいです。新ひだか町アイヌ民俗資料館の開館期間は5月〜11月、開館時間は9:00〜17:00 、月曜日・祝日の翌日は休館日。入館は無料です。アイヌ野草園もありました。意外と言うと失礼ですが、けっこう家族連れや観光客 [続きを読む]
  • 二風谷でアイヌ文化をたどるビデオ鑑賞の日々
  • 二風谷に滞在中、【平取町立二風谷アイヌ文化博物館】と【萱野茂 ニ風谷アイヌ資料館】に足しげく通って、所蔵ビデオを観まくりました。二風谷アイヌ文化博物館では写真を1枚も撮ってないくらいビデオ鑑賞に集中(笑;)しつこく通ったお陰で貴重なビデオも見せていただくことができ、大変ありがとうございました。何時間ぶんも観たので、どれがどのビデオだったか分からなくなってしまったのですが、どのビデオも途中でやめられ [続きを読む]
  • アイヌモシリ一万年祭
  • アイヌの活動家:アシリ・レラさん(アイヌ語で「新しい風」の意/日本名:山道康子)主催の【アイヌモシリ一万年祭】。このイベントの事は数年前に知ったのだけれど、ネットで調べてみても公式なものがなく、参加された方や取材された方のサイトがいくつか散見されるくらい。その内容は玉石混合であるものの、【アイヌモシリ一万年祭】という名称から自分が勝手に想像していたものとはかけ離れていたので、参加しなくてもいいかな [続きを読む]
  • 釧路市・春採湖(はるとりこ)
  • ※ただいまサブバッテリー養生中。曇天の日にはパソコン作業時間を短縮せざるをえず、ブログ更新が遅れてすみません。取り急ぎ、写真のみで失礼しますm(_ _)m【春採湖ネイチャーセンター】春採湖マップ。湖畔を一周できます。(※晴れた日と、曇天の日、2日ぶんの写真が混在しています。)野鳥観察小屋。ツリガネニンジン。シジュウカラのヒナ。東屋や、野鳥観察小屋がいくつか点在してます。スズメのヒナかな? 巣立ちシーズンで [続きを読む]
  • 浦幌神社(伏見稲荷神社)へお礼参りに
  • 今年、どうしても行かなければならないと、ずっと気に留めていたのが「浦幌神社へのお礼参り」です。※去年のブログ(2017年08月24日【浦幌町を散策〜浦幌神社・浦幌町立博物館ほか】)を読んだら「霧多布から一気に西へ移動。厚岸〜釧路〜白糠を素通りして、浦幌…」って、今年も釧路から一気に浦幌に来てるという奇妙な一致に我ながら驚いた(笑)浦幌神社のはじまりは明治29年(1896)。御祭神は天照皇大神(あまてらすすめおお [続きを読む]
  • アーユルヴェーダひだまり ピーリスファミリー
  • 先日、羅臼の【No borders Café】さんから教えていただいて、釧路市にある【アーユルヴェーダひだまり】(リンク先は公式Facebookです)を訪れました。・2018年08月03日【羅臼のカフェギャラリー 〜 No borders Café】ご自宅の1階がサロンおよび喫茶店となっております。駐車場は普通車8台分くらいと、一軒家にしては広いです。日替わり薬膳ランチ(´ω`*)♪辛さの選べるカレー(チキンカレー、ダルカレー、じゃがいもカレー [続きを読む]
  • 道の駅おだいとう・北方展望塔
  • 先日8月5日、誕生日を迎えました。まー、もう年はとりたくないものですが(笑)昨年は「誕生日の朝をどこで迎えようかな?」なんて美幌峠に行ってみたりしたのですが、今年はどうということもなくフツ〜に過ごしました。お祝いメッセージをくださった皆様、ありがとうございました(*´▽`*)道の駅【おだいとう】に立ち寄るのは久しぶり。今日も快晴に恵まれました!羅臼からこっち側は、快晴でも過ごしやすい気温で日陰にいれば [続きを読む]
  • 羅臼のカフェギャラリー 〜 No borders Café
  • 道の駅【知床・らうす】駐車場に隣接する、カフェギャラリー【No borders Café】。併設の【Gallery Migrado(ミグラード)】は、動物・自然写真をメインに扱うギャラリーです。休憩用のフリースペース、外国人向けガイドデスクを併設しています。店内はシンプルで、すっきりとした清潔な空間。フリーWi-Fiがあり、電源の使用は300円(時間制限なし)です。地元の方が作成した雑貨・小物類などが並んでいます。キッズスペースも。 [続きを読む]
  • シマフクロウ〜鷲の宿から〜2018
  • 今年もやってきました、知床・羅臼の【鷲の宿】!\(^o^)/チトライ川に造られた給餌場。撮影用バスから見ると、こんな感じです。18時。待ってました、お夕食♪ やったー、大好物のキンキ! ツブにブドウエビも♪ヾ(*´▽`*)ノ【鷲の宿】は1泊2食付 9,000円です。撮影代込み。お食事のみの提供はしていませんので、ご注意ください。撮影のみなら3,000円(オショロコマ代になります)。駐車台数が限られていますので、クルマ [続きを読む]
  • 知床ウトロ・ラスト、岩尾別の木下小屋へ
  • 長らく滞在したウトロを、写真で振り返ります。デザインマンホール♪足しげく通ったスーパー。日本酒『上善如水』が2,190円なんですよ!(笑)道の駅【うとろ・シリエトク】では、ゴミを有料で回収してくれます。道の駅のメニュー。鮭の胃袋のチャンジャ、お持ち帰りできるか聞こうと思って忘れてしまってたわ(´・ω・`)鹿肉バーガー300円。ご当地バーガーとしては安い♪ウトロ港、道の駅の裏手側に沈む夕陽…ですが、テトラポッ [続きを読む]
  • 知床海鳥WEEK サンセットクルーズ
  • 【海鳥WEEK】と書かれたポスターは道の駅などにも貼ってあるので見た事があるのですが、「愛鳥週間」的なものなんだろうな、くらいにしか思っていませんでした。ところが「メインイベントのサンセットクルーズは、3,000円で乗れるんですよ!」と教えてもらって驚きました。もっと宣伝してよ!知ったのが前日だったので、もうダメだろうな〜っと思いきや、その人も「今日、予約したけど大丈夫そうでしたよ」というので電話してみた [続きを読む]
  • 男の涙オーロラフォールついに出現
  • 7月20日のリベンジ! 秘滝・男の涙へ、約2時間のトレッキング♪今回もガイドは【星の時間】さんです。24日の午前中は晴れの予報だったのですがガイドさんのスケジュールが空いてなかったので翌25日に。天気予報では曇りでした。ところが快晴ですよ! 天は我に味方した!\(^o^)/朝8時ちょい過ぎ、男の涙に到着。久しぶりの快晴とあって、観光船も次から次へとやってきます。?男の涙?はフレペの滝(乙女の涙)と対のネーミ [続きを読む]
  • 知床連山・羅臼岳にかかる笠雲
  • すっかりアテにならなくなった天気予報。気の向くまま、何となく知床峠でのんびりしていたのですが、霧で真っ白だわケータイの電波も繋がらないわで、午後になって下りてパソコン仕事などしていると、今度は晴れてきたので再び峠へ。すると運転中に知床連山の上に雲が横たわっているのが見えて、しかも右端の羅臼岳には笠雲がかかっている!羅臼岳に笠雲がかかっている姿は初めて見たので、祈るように「そのまま、そのままでいてく [続きを読む]