osa さん プロフィール

  •  
osaさん: フランチャイズによる初めての開業
ハンドル名osa さん
ブログタイトルフランチャイズによる初めての開業
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/osakigyou/
サイト紹介文フランチャイズ加盟を考えている人向けに、助走のためのHOW TO フランチャイズです
自由文フランチャイズチェーンに加盟する時は、フランチャイズの仕組みをちゃんと知っていないと、取り返しのつかないことになります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2009/01/03 21:31

osa さんのブログ記事

  • フランチャイズ開業にも影響が及ぶ人手不足
  •  現在は人手不足からくる人件費の上昇が深刻です。リクルートジョブズの調査では、9月時点のバイト・パート募集時平均時給は1036円。同業のパーソルキャリアは1042円と過去最高を更新中です。  しかも人手不足は企業経営に影を落としていて、東商リサーチによると1−9月期は299件の企業倒産まで生んでいます。この調子では、年間400件を越し最近5年では最高の倒産件数になりそうです。  倒産するどこの会社も [続きを読む]
  • 加盟に当たって知っておきたい経営上の数字
  •  フランチャイズ加盟を考える人にとって最大の関心事は、本部が提示している月次収益モデルの数字です。既に開業している既存店の現状はどうなっているのか、本部に説明を聞きたいポイントの一つ。  ただ本部によっては、直営店で最も業績のよい店舗をモデルにしているケースがあります。本当は、フランチャイズ加盟店の実態を知りたいけれど、そちらに関して収益モデルだけでは判りません。  そのため本部には、加盟店の実態や [続きを読む]
  • 元加盟店から「ほねつぎチェーン」が訴えられる
  •  ほねつぎチェーンの「アトラ」は、フランチャイズの元加盟店オーナーによる10社から、説明会での売上げモデルと現実とが大きく乖離しているとして訴えられました。  元オーナー側の言い分は、本部の説明する月間平均売上げ350万円としていたけれど、現実は16年4月現在の77店のうち350万円に達していたのは13店だけで、平均売上げモデルは虚偽の金額ではないかと言うもの。  フランチャイズ加盟店の募集において [続きを読む]
  • 説明会とは違って営業に協力しない本部
  •  「フランチャイズ本部の事前説明と違って、こちらの経営が苦しいのに本部はあまり支援してくれません」こんな加盟店オーナーの声をよく聞くようになりました。  オーナーの話をよく聞いてみますと、「本部には集客法や売上げを上げるノウハウがあるのに、自分にはほとんど教えてくれない胃のではないか」という内容です。  加盟前の本部説明会では、散々経営ノウハウのPRを聞かされている加盟店オーナーたちですから、実際に [続きを読む]
  • 鳥貴族とマクドナルドとの価格の差
  • 価格引き上げで注目を集めているのが焼き鳥フランチャイズの「鳥貴族」 これまで競合店が相次いで値上げをするなか、全品280円の均一料金を守り続け営業増益を長く続けてきた会社です。 その鳥貴族が昨年10月、食材や人件費の引き上げを理由に280円を298円に変更しました。途端に、18年7月期は前期比の純利益ベースで3割減の大幅減益です。この8月まで9カ月連続でマイナスが続いています。 一方、日本マクドナ [続きを読む]
  • フランチャイズ本部と加盟店との力関係
  •  寄せられる問い合わせの半分以上は、関心のあるフランチャイズ本部に関して加盟して大丈夫でしょうか、という内容です。フランチャイズというと、本部は圧倒的な力によって事業展開をしていると思いがちです。  確かに、フランチャイズビジネスは本部が作成する契約によって運営しますから、本部は大きな力をもっています。しかし、本部の事業成績は加盟する各店の業績結果によって成り立っています。  1店でも多く黒字経営の [続きを読む]
  • コンビニ店加盟による開業を考える場合
  •  人間も40、50代を過ぎるとそろそろ自分の人生の行く先が気になってきます。そんなときに独立開業を考えますが、会社勤めをしながらの開業準備では厳しいですから、手軽にフランチャイズによる開業を視野に入れる人も多くいます。  コンビニ店はそんなフランチャイズではど真ん中にあるビジネス。わが国にコンビニ店が導入されて約50年。開業当初から、商品を売ることよりも便利さを武器に、お客さんに時間を売るビジネス [続きを読む]
  • コンビ二店長が女性客にワイセツ発言で話題に
  •  栃木県足利市のセブン‐イレブン店長が、女性客にワイセツ発言を連発しテレビのワイドショーで話題になりました。問題のオーナー店長は、自分の行為が全国的に知れ渡ったことで、店舗を閉鎖しフランチャイズ加盟を辞退すると発言しています。  最近はよく、ネットリテラシーの低い人が話題になります。本来は読み書き能力のことをいうのでしょうが、同時にネット機能の理解力の低いことも対象になります。  この店長は、ワイ [続きを読む]
  • 本部の経営者、創業者のビジョンを聞いて
  •  今年に入って3人のフランチャイズ加盟店オーナーから、店舗経営が厳しいとメールを頂いています。この3人に共通しているのは、本部の社長や会長の人柄に惚れ込んで加盟を決めていることです。  フランチャイズ加盟を判断するとき、本部経営者や創業者の熱い経営理念や体験に共鳴し、加盟する人は少なくないです。ただ、ここで考えて欲しいことですが、本部経営者は日ごろから自社や自分のPRを常にしている人。  反対に加盟 [続きを読む]
  • 間もなく始まるプログラミング教育での開業
  •  2020年4月から、全国の小学校ではプログラミング教育が正規の授業としてスタートします。今は、各地でプログラミング教室の開設が始まっていて、新たなビジネスとしても注目されています。  新な教室開設に熱心なのがフランチャイズチェーンを展開している会社。現状は競合する教室がほとんどない状態のため、開設に向けた問い合わせが多数寄せられているようです。  これまで業務でプログラミングに関わっていた人が、自 [続きを読む]
  • どうなる「お任せ」ビジネスの危険度
  • わが国では、専門業者に全てを「お任せ」運用してもらう仕組みにあまり慣れていません。現在は、ゼロ金利が社会全体に行き渡ったことで、少しでも利幅を上げる目的でお任せビジネスが拡がっていると思われます。 レオパレス21が行っているアパート建設とその後の入居者募集、運営を請け負うアパートビジネス一貫サービス。フランチャイズでも、コーンランドリーや幼児教室などにも、お任せサービスは広がっています。 このよう [続きを読む]
  • 自分のビジネスの前に日本の脆弱性とどう向き合う?
  •  9月6日には、北海道胆振地方で震度7の大地震発生。厚真町、苫小牧市、千歳市、札幌市など大きな被害があっただけでなく、全道で停電やJR北海道の鉄道が運転中止になりました。  わたしは、たまたま結婚式出席のために来道していましたから、汽車が止まったことで身動きが取れなくなりました。長時間の停電によってネットでの仕事ができない日が続きました。  鉄道網も、一括管理の仕組みのため被害の少ない地域も、大き [続きを読む]
  • 大事にしたい自分の頑張る気持ち
  •  フランチャイズ開業において、資金的裏付けを深く考えていなかった人は、本業のビジネスで汗を流すより、資金繰りばかりに追われ、スタッフを揃えられなかった人は、人集めばかりに気遣って事業することになります。  よく、自分のために頑張ることが一番のきっかけと思いがちですが、人間が頑張るメカニズムルは自分よりも誰か人のため。自分のために頑張る人は、意外と簡単に心が折れるようです。  自分のためなら、そんな [続きを読む]
  • オーナーの言葉に騙され資金を失う
  •  再び、大規模詐欺に発展しそうな事件が表面化しました。株式会社 ケフィア事業振興会は9月3日、破産手続の開始を裁判所に提出して大掛かりなビジネス詐欺の実態が明らかになります。  ケフィアという会社は、1993年にヨーグルトの種菌を普及させる目的で設立されたようです。主に、健康増進を目的とした加工食品を通信販売していて、ほとんど目立つことのない小規模な会社でした。 その会社が2009年から徐々に軸足を [続きを読む]
  • フランチャイズ本部を皆同じにみる危険
  •  フランチャイズと聞きますと、どこも似たような事業をイメージする人が多いです。実際のフランチャイズは、年商が億単位を売り上げる店舗から、年間数百万円がやっとの店まで千差万別です。  これは、初期投資額が数千万円以上に上る大型喫茶店、ホテル、レストラン・食堂などと、数十万円数百万円のフランチャイズ店では競合する市場がまったく違っているからです。  ここで問題にしたいのは、個人でフランチャイズ加盟を希望 [続きを読む]
  • 今の時期の開業には賛成しかねます
  •  9月になりますと、100年に1度の大不況と言われたリーマンショックの発生から10年になります。現在は世界同時好景気の最中で、日本の大企業の多くが過去最高利益を記録しています。 以前から指摘してきました、米ドルの金利問題が再び危険水域に入り始めています。長期金利と短期金利との金利差が逆転する、逆イールドカーブがこのところ急激な動きを見せているからです。 問題になっているのは、米国長短国債金利が逆転 [続きを読む]
  • 大々的な広告宣伝に惑わされるフランチャイズ加盟
  • フランチャイズ加盟を、ネット上の広告サイトを見て簡単に判断する人がいます。これから事業を始めるのに、自動車や保険を購入するのと同じ感覚で判断していますが、本当に大丈夫でしょうか。  商品と違いフランチャイズ加盟には高額の資金を投入しますし、契約期間は3年、5年、10年と長期に渡ります。軽い気持ちで加盟を考えてしまいますと、その軽い気持ちはいつまでも心に残りますから困ったものです。  本部の盛衰も加盟 [続きを読む]
  • 禁煙するフランチャイズ酒屋はどうなる
  •  居酒屋は、昔からフランチャイズでは人気の業種で、開業する人が多い反面閉店する人も多い業種とされています。その居酒屋に新たな難題が持ち上がっています。  健康増進法改正案が先月成立し、受動喫煙対策が義務付けられることになりました。居酒屋の主要客は30〜50代男性で、その喫煙率は30%を超え各世代で最も高い層です。  店内が禁煙になって、この男性層からそっぽを向かれますと、店舗の経営は立ちいかなくなり [続きを読む]
  • フランチャイズの基本、加盟するメリットとデメリット
  •  フランチャイズ加盟を考える時、まず注意しなければならないのは、開業のメリットとデメリットをしっかり押さえておくこと。中には、開業してからデメリットに気づいて後悔するようなケースもあります。  メリットをピックアップしますと、「開業を決めてから、実際に開業するまでの時間を短くできる」 「事業経験がなくても開業することはできる」 「少ない初期投資額でも事業のスケールメリットを享受することもできます」 [続きを読む]
  • プログラミング教室による開業の是非
  •  2020年4月から、わが国の小学校ではプログラミング授業がスタートします。これに合わせて、プログラミング教室を展開するフランチャイ本部の宣伝が目立つようになりました。  プログラミング授業は、21年4月からは中学校、22年4月からは高校でもスタートします。これまで長年続いてきた学習教科とは毛色が違っているだけに、全国各地の教育委員会も対応に苦慮しています。  フランチャイ加盟店オーナー希望者にとっ [続きを読む]
  • マクドナルドによる加盟店募集始まる
  •  日本マクドナルドが加盟店オーナーの募集をはじめました。8月31日(金)の東京会場から10月19日(金)まで、東京と大阪で計5回のフランチャイズ加盟説明会を実施します。  マックの説明会といいますと、業績が下降線を辿っていた2014年に原田前会長が精力的に進めた説明会が思いだされます。中国製チキンナゲットの製造過程が動画でアップされ、マックの人気が地に落ちた時期と重なります。  前回とは違い業績は上 [続きを読む]
  • ビジネスの付き合いと個人的付き合い
  •  ビジネス経験の浅い人の特徴の一つとして、取引先や社内での人間関係に強いつながりを求める人が多いです。つながりの強いことが、ビジネスで成功する条件の一つとでも思っているようです。  長年事業を行っている経営者は、驚くぼど人とのつながりには淡泊。これまで長いこと取引があって、色々お世話になっている人であっても、自社に利益をもたらさない取引の時は簡単に断ります。  長く事業を続けてきた人の経験則の中には [続きを読む]
  • フランチャイズ加盟に黄信号が点滅
  •  現在、フランチャイズ市場を中心になって支えているのはコンビニエンスストア業界です。フランチャイズ市場全体の売上高25兆円(16年度)のうち、約40%はコンビニが占めています。  不振のフランチャイズ市場なのに、新規出店数や売上高が今も伸びている背景には、コンビニ業界の大手3社による拡大政策が大きく寄与してきました。そのコンビニ業界に黄信号が灯っています。  17年度、全体の売上高は前年比で2.6% [続きを読む]
  • 本部と加盟店オーナーとの間にある溝
  •  加盟店オーナーのなかには、本部の対応に信頼できないことから、あまり本部の指示を聞かないというオーナーがいます。高い加盟金を払っていますから、本部の指示を聞かないのは損です。  まずは本部の指示通りに実施してみて、そこで上手くいかないなら対応を考えるべきです。オーナーの中には、若いスーパーバイザー(SV)の指示が気に食わないというオーナーが多くいます。  ビジネスと年令とは関係がないので、頭からSV [続きを読む]
  • 民泊開業に向けて参考になれば
  •  中高年を中心に民泊での開業に関心は高まっていましたが、民泊新法の施行後はすっかり関心が萎えています。開業は届け出制とされていましたら、開業希望者に突き付けた条件はあまりに厳しいものでした。  そのため、民泊開業人気は急速に萎み始めています。民泊開業による起業は、この法律の下では難しいという声をよく聞くようになりました。届け出制とした政府の発表に、無条件で開業できるものと考えた人が多いためです。   [続きを読む]