遊二 さん プロフィール

  •  
遊二さん: 気まぐれ応援記
ハンドル名遊二 さん
ブログタイトル気まぐれ応援記
ブログURLhttp://kimagurenote1005.blog33.fc2.com/
サイト紹介文マリーンズと美里(最近は絢香やいきものがかりも)とお笑いの好きな40代男の気まぐれブログ
自由文千葉ロッテマリーンズと渡辺美里(最近は絢香やいきものがかりも)とお笑いの好きな40代男の気まぐれブログ 毎日書こうなどと肩肘張らずに気まぐれに書いてます。
プロ野球シーズンが始まれば野球一色になります、たぶん。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/01/04 08:00

遊二 さんのブログ記事

  • 完投の涌井を見殺し
  • 2日間で1点では連敗も仕方ないね。涌井の連勝が止まってしまったが、決して悪い内容ではなかったので、また次はやってくれるでしょう。おかわり君への一球はもったいなかったけれど、2失点で完投したのだから援護できなかった打線が悪い。特にデスパイネとナバーロの序盤のゲッツーが痛かった。チームがやや元気をなくしている今、そろそろ福浦の出番があってもいいんじゃないかな。対ライオンズ戦(QVCマリン)L 000 011 [続きを読む]
  • 3安打で連敗ストップ
  • 帰宅したときにはもう二木が降板していたので、映像は見ていないが、6回3失点10三振ということで先発としての仕事はできた。ところが打線がライオンズの継投の前に3安打。これでは勝てません。見ていた中でよかったのは南。2イニングを投げ、1安打は打たれたものの素晴らしいストレートで三振を奪う姿には惚れ惚れした。ビハインドでの起用が中心だが、勝利の継投に組み込んでも面白いのではないかな。対ライオンズ戦(QV [続きを読む]
  • 正捕手争い
  • 石川の好投、細谷の逆転タイムリーで見事な逆転勝ちを収めたが、その中で今日は吉田の存在に注目してみた。今季まだノーヒットの吉田だが、ノーアウト1、2塁で初球をしっかり送りバントをきめ、逆転につなげた。その後もヒットにはならなかったが、バスターエンドランできちんとゴロを打ったし、ヒットはなくても打席で自分のできる仕事をきちんとしていた。リードでも石川によれば「普通」だったそうだが、ナイスリードだったと [続きを読む]
  • 今日も乱戦 そしてサヨナラ
  • 今年のイーグルス戦は荒れる。前回よかった唐川があっという間に5失点。レディースデイというイベント日だし、昨日2ケタ得点だし、今日はダメだろうな、と正直思った。ところが、イーグルスの先発・釜田が乱れ、1点差に詰め寄ったところで代打・細谷。シーズン序盤は打ちまくっていた細谷だけど、調子は下降中?その細谷がなんとプロ初のグランドスラム。できればそのまま決まってほしかったし、決めなくてはいけなかったけれど [続きを読む]
  • 打撃戦を制す
  • 土曜日のデーゲームは仕事のために見られないのだが、今日は少し早めに5時ころ帰宅したところ、なんとそれから2時間も楽しめた。ただ、帰宅直前に大地のタイムリーで12−12の同点に追いついたので、TV観戦を始めてからまったく点が入らない展開だったけどね。しかし、四死球も多いし、締まらない試合だった。最後に井口が決めてくれてよかったけれど。そうそうプロ初スタメンの平沢の姿も見ていない。2三振とはいえ、空振 [続きを読む]
  • 負けない涌井
  • ようやくホークスを止めることができた。主役はやはり今シーズン登板した試合は全勝の涌井だった。7回まで2失点のクオリティースタート。特に2回のノーアウト満塁を抑えたのは見事だった。4安打(うち2本は清田)という貧打ではあったが、少ないチャンスに根元がバントもきちんと決めた。プロ初打席の平沢の2打席目も見たい気がしたが、代打・井口は当然の策。しかし、三振。速い球は苦しいな。そのあとに清田がよく決めてく [続きを読む]
  • 新記録をプレゼント
  • 涌井が3・4月の月間MVPを7年ぶりに受賞した。防御率そのものはずば抜けているわけではないが、しっかり勝てるピッチングをしているからこその受賞だろう。勝ち星を消された試合があったから実質6連勝だしね。週末はダイジェストでしか試合を見られなかったので、久しぶりに休みとなった今日は、朝は「表参道高校合唱部」の再放送をビデオで、「ちはやふる 上の句」を映画館で見て青春っていいなぁ、と感じ、締めはプロ野球。 [続きを読む]
  • 大乱戦制し連敗脱出
  • すごい試合だった。何度も負けたと思ったが、よくひっくり返した。決勝点は代打・井口のタイムリーだったが、殊勲は中村ショーゴだろう。バントの場面では頭に当てられ、心配したが、最後には3ランまで打ってしまったのだからすごい。いろいろなミスを吹き飛ばしてしまった。しかし、打線は水物。好調だったブルペン陣にちょっと陰りが見えてきたので、マリンに戻って力を取り戻してほしい。対イーグルス(Koboスタ宮城)M 001 0 [続きを読む]
  • 二木の成長の糧に
  • デスパイネのホームランで勝ち越した直後、それまで1失点(この失点した場面は松井稼頭央の巧さを褒めるしかない)でしのいでいた二木だったが、不調の銀次に3ラン、続くウィーラーにも一発(しかもどちらも初球)を浴びてKOされた。二木は高卒3年目。甲子園での活躍もなく、昨年までの一軍登板は1試合のみ。そういうピッチャーがローテーションの一角に入ること自体すごいことだ。コントロールがよく四死球から崩れることも [続きを読む]
  • 逆転サヨナラ負け
  • 9回表に風貌もピッチングスタイルも(セリーグをあまり見ないからホントはよくわからないんだけど…)変わったミコライオにクリーンアップが3者凡退に抑えられたときにいやな予感がした。そしてその予感通り、西野が打たれて逆転サヨナラ負けを喫してしまった。ただ、敗因は1点しか取れなかった打線で、西野を責める必要はない。でもちょっと西野の状態は気がかりだ。他チームでも今年はクローザーの失敗が目に付く。しかもその [続きを読む]
  • 大嶺KO
  • かつて甲子園で活躍した背番号11同士の投げ合いだったが、日本のエース・大谷が勝った。大嶺の立ち上がりがすべてだった。1回3分の0で5失点はワンサイドゲームになっても仕方なかったが、ブルペンも打線も頑張って一応試合にしてくれたのはよかった。結果的にはプロ初登板の東條が試合を壊すようなことになったが、これも勉強と考えればいいんじゃないかな。それよりも大嶺が中14日での先発だったけど、途中中継ぎでも、または [続きを読む]