関東育ちの九州男児 さん プロフィール

  •  
関東育ちの九州男児さん: 関東育ちの九州男児
ハンドル名関東育ちの九州男児 さん
ブログタイトル関東育ちの九州男児
ブログURLhttps://ameblo.jp/hakata-mentai/
サイト紹介文生まれは熊本育ちは東京 2008年の夏より福岡は博多にてレンタルサービスの代理店をはじめました
自由文 仕事ではめぐり合った会社やお店の事を本気で想い考えて喜んでもらえるように心がけて提案をさせてもらってます。
 
 今は仕事を通じていろいろなお店や会社を見る事ができるので常に勉強です。いろいろな業界の方々と友達になりたいです。

 今の仕事を軸にして、将来は色々な事に挑戦したいと考えています。色々、学びたいので宜しくお願いします 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 243日(平均0.7回/週) - 参加 2009/01/04 16:08

関東育ちの九州男児 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 学んだ事メモ
  • ※優秀な経営者たちは、プライベート、家族との関係に想像以上にスムーズに、丁寧に対応をしています。たいていの場合、そもそも家族への愛が深く、そしてメンバーへの愛も深いのです(だから、ついていこう!ってすごく思える)。※誰かに相談や交渉をするならその瞬間に電話しろ※本当に今日で人生が終わるという気概で、常にモノごとにあたるということ。常にその目線で考えていると、「余計なこと」「これにわざわざ時間を使うよ [続きを読む]
  • 西新商店街内の面白いテナント
  • 面白いテナント発見。福岡市早良区西新の商店街に昭和風な入り口入ると中には、こんな通路があって、進んで行くとこんな和なら空間面白いテナントですね。もともとは骨董品屋さんとしてオーナーさんが使っていたそう。西新商店街は、飲食店も沢山あり、学生さんからお年寄りまで集まる面白い場所なので、面白いお店できそうですね。会員制の高級寿司屋とか、会員制バーとか。民泊施設としても面白いでしょうね(^^)しかし飲食店や [続きを読む]
  • リノベテナント勉強
  • 博多区の歴史のある町、上呉服町に、ある長屋をリノベしたテナント。神社の?を、モチーフにしたデザイン。設計した建築士さんでもあるオーナーさんから色々お話しをお聞きしてとても勉強に、なりました。実際にやってる人からの話はやはり、説得力や言葉の重みが違う。リノベしていく、中でどんな業種がにゅうきょしたら面白いか、どんな事業がここで出来るか考えたり想像しながら進めていく。1日1組限定の完全予約制サロンやイ [続きを読む]
  • 【宇喜多の楽土】
  • 久々に読んだ歴史物小説。豊臣政権で5大老だった宇喜多秀家が主役。関ヶ原の戦い前後の歴史小説で宇喜多秀家が主役の物は初めてだったので新鮮で面白かった。強大な徳川家に、西軍の主力として信念を曲げずに挑む生き様がカッコイイと感じました。おすすめです! [続きを読む]
  • メモメモ
  • ※できる人は学ぶことにどん欲で、とにかく積極的。人との出会い、新しい知識、トレンドなどを追うこと、あるいはチャレンジし、何歳になっても学ぶ姿勢を忘れず、つまりは学びに対して謙虚な姿勢を持っているというのです。※世の中の流れや事故など、本人にはどうにもできないものもあれば、仕事の問題や、家庭の問題などもあるはず。しかし原因がどうであれ、できる人はそうした経験を「あの経験には意味があった」と前向きに捉 [続きを読む]
  • 本よりメモ
  • ※判断を先送りせず、今出来る事は今やる事。これが仕事を溜め込まず、忙しさに押しつぶされないシンプルなコツ。※会議でたいせつなのは実際に会って話す事などでは無く【発言した内容を共有する】事である。※自分にしか出来ないいまここに集中する! [続きを読む]
  • 本よりメモ
  • ※やると決めたんだったら、それなりのリスクも当然あるし、覚悟も必要だし、準備も必要だし、スキルも必要だってこと※物質至上主義から離れて精神的な豊かさを求めるのが大事だよねと気付くのと同時に、この時代のテクノロジーをうまく活かすことができたらもっと自由だし、もっと開放されるし、もっとハッピーな生き方ができる時代になってくると思う。※地方都市のちっちゃい村がすごい魅力的なわけ。なんでだろうなって考え [続きを読む]
  • 本よりメモ
  • ※すべてを左右するのは「本人に魅力があるかどうか」。そうであるだけに、誰かの側で学びたいのだとしても、自分が相手に貢献できることはなにかあるのかと考えることがなにより大切。「自分だけ得をしよう」とか、「なにかを売り込もう」とか、そんなふうに自分の利益ばかりを追う人のところからは、誰もが離れていくものだといいます。※もしも周囲から遠ざけられていると感じたら、自分にとっていちばん大切な人と接するとき [続きを読む]
  • 読んだ本よりメモ
  • ・トライアンドエラーを繰り返せ!・考えすぎて行動しない人間が常にチャンスを逃す・膨大な情報を得ると仕事の質が上がり、人生のチャンスが広がる・本当のコミュニケーションスキルとは、上手く話せる力ではなく、人がはなしかけたくなるスキルの事・もっと自分だけしかできなあコアバリューを活かしたスキル [続きを読む]
  • メモ
  • ※どんな仕事にもまっすぐ向き合っていました。きちんと仕事をしていると、必ず誰かが見ていてくれます。※立場を笠に着て、偉そうな物言いをすれば、人は離れていきます※老子の言葉に、「『空っぽ』こそ役に立つ」というのがあります。普通は、空っぽではダメだとみんな言いますが、その空っぽの中に何を詰めるかで人生は変わってきます。人は生まれたときは、みんな空っぽです。そこに何を詰めていくかが人生だと思います。 [続きを読む]
  • メモ
  • ※「やりたい」という情熱と意地だったと思います。向上心をもって結果を出すこと。それがすべてですから。※平均的なことを続けていると、そこで止まってしまう。それより上のレベルに達したいと思ったら、人よりも飛び抜けたことをしないといけません。 [続きを読む]
  • BID
  • 特定の地域の不動産オーナーが固定資産税のような形で負担金を出し合い、地域を改善する事業に投資して資産価値を上げる仕組み。地域再生においてアメリカ、イギリス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドなど世界各国にて採用されてる政策・事業。ポイントは不動産オーナーが単独ではなく連携している事。エリア全体で周辺環境を改善していき魅力ある町にしていく、不動産価値を上げていく。不動産以外でも、応用出来そう [続きを読む]
  • 積小為大の鉄則
  • ・事業で達成しようとしてる目標を1つにしぼる事・小さく積み上げ、売り上げの成長と共に投資規模を大きくしていく事・事業を組み立て、営業出来る人間が経営し、資金調達に行政は関与しない事小さい物が積もり積もって大きくなる。おおいなるものが小なるものを生むものではない。物事の順序を取り間違えば、必ずおかしくなる [続きを読む]
  • 挑戦!
  • 今年は、何か新しい事に挑戦すると年初から決めてたので何か良いきっかけになればと思いビジネス合宿に参加してみる事に。今日から札幌へ5日間。刺激と学びをえるために真剣勝負してきます! [続きを読む]
  • メモ
  • 【例えば、ビル・ゲイツだって、もしあのままマイクロソフトをやってたら、どんな天才でもやっぱり今回はアップルに負けたと思います。絶対的なレベルは関係なくて、ピークが今よりも前にあったと思うと、やっぱり不幸に思いがちだと思うんですよね。でも、彼はメリンダと一緒にメリンダ・ゲイツ財団を作って、もう1回別の山を登っている。そっちのほうがずっと幸せ。だから、みんなそういう人生を歩んでほしいなと思います。】【 [続きを読む]
  • メモ
  • 「(自分に)質問する」「可能な限りの証拠を集める」「証拠に基づいて原理を打ち立て、その原理が正しいかどうかを検証する」「決断のために、説得力のある結論を導き出す。そのために、原理が正しいか、適切か、結論は必然的なものか、確率はどのくらいかを検証する」「結論に反論する。結論を論破するために、誰かの反論を探す」「結論を論破できる人が1人も見つからなかった場合、結論は正しい可能性が高い。だが必ずしも正し [続きを読む]
  • 2018年大河 せごどん 楽しみ!
  • 今年の大河ドラマが楽しみです。歴史の中でも好きな幕末、しかも昔から好きな西郷隆盛が主役です!幕末の若者達は志が高くて熱い男が多く。魅力的な人物が沢山います!その生き様や歴史を知るだけでも勉強になります。毎年、大河は見てますが今年は何時も以上に期待したいです。 そしてなんと、今回の大河ドラマには、ご縁があって撮影に参加させてもらってるのです!大河ドラマに出演するのは、自分の夢の一つでもあったのでと [続きを読む]
  • 陸王最終回
  • 2018年入りました!新年明けましておめでとうとございます。明日から仕事初め!連休中は家族でゆっくりと過ごしました。連休最終日は、録画してた陸王最終回を見ました。感動しました!たまたま、今日みたのですが仕事初めの前日に見れて良かった。熱い気持ちにさせられました。明日から仕事、気合い入れて頑張ります?? [続きを読む]
  • ホリエモンの東大から刑務所へを読んで
  • 今日、読んだ本。心に残ったホリエモンの言葉。人間万事塞翁が馬(人間の幸不幸は予測不能だ)人生には良いときもあれば、悪いときもある。たとえひとたびつまずいて転んだとしても、人間は必ず再び立ち上がれる。僕はそのことを身を持って証明していく。↑かなり心に響きました!有難うございます。ここ数年は自分事で言うと登りじょうしでこれてるので、浮かれたり調子に乗ったりする事無いように気持ちを引き締めていこうと再 [続きを読む]
  • メモ
  • 目標となる地点というのは、その都度定めたほうがいい目標がないまま大きいことを目指しても自分がどこまで到達しているかがわからないので仮想敵のようなライバルを持つべきだ堀江貴文 [続きを読む]
  • 過去の記事 …