kurukuru-factory さん プロフィール

  •  
kurukuru-factoryさん: beatitude
ハンドル名kurukuru-factory さん
ブログタイトルbeatitude
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kurukuru-factory
サイト紹介文ハンドメイド中心のはず!?映画やアニメの話が多いな。じりじりと介護生活が…やりたい事はやっとかなきゃ!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供156回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2009/01/04 17:11

kurukuru-factory さんのブログ記事

  • またしても、今ごろwww
  • こんな寒くなってから、夏のワンピースを終わらせた!!自分で着てみて、寒っ!! すぐ脱いだwいったい何ヵ月かけて作ってるんだか…。途中で別の物作ってたにしたって、遅すぎだわ。とにかく今年中に決着つけないと、放り出してそのままになってしまうので、やっつけたw元はこの表紙のワンピース。二の腕隠しに袖を付けた。ポケットが付いてなかったので、両側に付けた。出来上がったら意外とイイ感じだったので長袖にして冬生地で作 [続きを読む]
  • 秋アニメほぼチェックして
  • とりあえず5本削って、THEジャンプの『ブラッククローバー』『十二大戦』もたぶん見なくなるw『宝石の国』はビミョーw つかみが弱くて世界観に入れない。『あの花』や『ここさけ』の二番三番煎じかと思った『Just Because!』が思いのほか丁寧な作りに興味をひいた。まだ何にも始まってない初回しか見てないから、どうかわかんないけどね。『いぬやしき』ってこんなサイバーな話だったのか!!コミックがだいぶ前から書店に並んでたの [続きを読む]
  • 『ドリーム』
  • 1961年、東西冷戦下のアメリカとソ連は熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた。ヴァージニア州ハンプトンのNASAラングレー研究所では、優秀な黒人女性たちが計算手として西計算グループで働いていた。リーダー格のドロシー(オクタヴィア・スペンサー)は管理職への昇進を希望するが、上司ミッチェル(キルステン・ダンスト)は「黒人グループには管理職を置かない」と却下する。メアリー(ジャネール・モネイ)は技術部への転属が決まり、 [続きを読む]
  • 『スイス・アーミー・マン』
  • 孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)は無人島で助けを求めていた。しかし、いくら待てども助けは来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたそのとき、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。その死体からはガスが出ており、浮力を持っていた。その力は次第に強まり、死体は勢いよく沖へと動き出す。ハンクが意を決してその死体にまたがると、ジェットスキーのように発進する。死体の男の名前はメニーで、彼は十徳ナイフのよ [続きを読む]
  • 『亜人』
  • 2017年東京。病気の妹を救うため、日々勉学に励んでいた研修医の永井圭(佐藤健)はある日、交通事故で死んでしまう。しかしその直後、肉体が復活し、圭は生き返る。圭は絶対に死なない新人類・亜人だった。亜人であることが発覚した圭は、警察や懸賞金目当ての人間に追われ、亜人研究施設に監禁され、非人道的な実験のモルモットにされてしまう。そんな圭に手を差し伸べたのは、同じく亜人の佐藤(綾野剛)という謎の男だった。佐藤は [続きを読む]
  • 『ハイ・ライズ』
  • ロンドン郊外に高くそびえる40階建ての超高層マンション、〈ハイ・ライズ〉。ビル内に買い物施設やジムも完備され、至れり尽くせりの贅沢な生活を送れる、そのセレブ専用の建物に引っ越してきた医師のラングは、毎晩のようにパーティーに繰り出しては、新生活を存分に謳歌する。けれども、高層階の住民と低層階の住民との間には、厳然たる格差があった。やがて低層階の住民たちの不満はついに爆発して、激烈な闘争が始まり…。(WOW [続きを読む]
  • 始まるぞ2017秋アニメ〜♪
  • 10/2(月)『おそ松さん 第2期』深夜25:35〜 テレビ東京キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!10/3(火)『ブラッククローバー』18:25〜 テレビ東京週刊少年ジャンプ50周年・創成魔法ファンタジー超大作だそうで、スゲージャンプっぽいww10/3(火)『お酒は夫婦になってから』深夜25:00〜 TOKYO MX5分だから見る。10/4(水)『うっかりペネロペ 新シリーズ(第4期)』17:20〜 NHK Eテレカワイイから見る。10/5(木)『URAHARA』22:00〜 TOKYO [続きを読む]
  • ハガレン展行って来ました。
  • 今月の16日から東京ドームシティのギャラリー・アーモで始まった映画公開記念の「鋼の錬金術師展」観てきました〜。コミックの生原稿やカラーの原画展って感じでした。実はコミック読んでないんですよねーww2003年のTVアニメ「鋼の錬金術師」にハマり、2009年の「鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST」もガッチリ見てたってだけなんだけどw今回生原稿見て読んでると、原画の再現率の高さが際立つ!!原作読んでないのに同じアニメのシ [続きを読む]
  • 『ユリゴコロ』
  • 亮介(松坂桃李)が実家で見つけた一冊のノート。「私のように平気で人を殺す人間は、脳の仕組みがどこか普通と違うのでしょうか……」異様な一文で始まるそのノートは、美紗子(吉高由里子)という女の一人称で綴られた告白文であった。誰しもが生きていくために必要な拠りどころ、彼女のそれは“人間の死”であった。殺人という行為から逃れる術を持たず、絶望の日々を送るなか、深い心の傷を抱えている洋介(松山ケンイチ)が美紗子の [続きを読む]
  • 今ごろだけどw
  • 8月に作った座いすカバーの接触冷感生地。余ったので枕カバー作って、さらに余ってた。そこで30cm角くらいの大きさのクッションを作ってたんだけど、中に詰める綿が無かった。やっと中身買ってきて詰めましたwリボン部分にも綿を入れてふっくら。生地は使い切った。だけど季節はもう秋〜。まあいいか。来年も夏は来る。 [続きを読む]
  • 2017夏アニメ、不作だったなぁ。
  • 各アニメそろそろ最終回(終わったのもあるけどね)。この夏はこれは!!って作品が無かったなぁ。何が一番面白かったって10分ギャグアニメの『アホガール』。よしこがアホ過ぎる!!!!度を超えてアホである!!!しかしその母はよしこの上をいくwwwww友人が本屋に行ったとき、マンガのコーナーで大学生くらいの男子5、6人が「俺、ゼッテーこれ買うっ。全巻買うっ!!!!」って騒いでたそうでww期待した程じゃなかったのが『潔癖男子!青山くん [続きを読む]
  • 『セザンヌと過ごした時間』
  • 後に、ポスト印象派の巨匠として知られることになるセザンヌ(ギョーム・ガリエンヌ)と『ナナ』、『居酒屋』の文豪ゾラ(ギョーム・カネ)。幼い頃、2人はエクス=アン=プロヴァンスで出会い、夢を語り合ってきた。やがてパリに出たゾラは、新聞の評を書きながら小説家として成功を収める。一方、セザンヌも画家を目指してパリで絵を描き始め、サロンに挑むが落選続き。栄光を手にしたゾラと、心を閉ざしていくセザンヌ。ある日、ゾ [続きを読む]
  • 『エル ELLE』
  • 新鋭ゲーム会社の社長ミシェルは、1人暮らしの瀟洒な自宅にいたところ、覆面の男の襲撃を受ける。その後も、差出人不明の嫌がらせメールが届き、留守中に何者かが侵入した形跡が見つかるなど、不審な出来事が続く。自分の生活リズムを把握しているかのような犯行に、周囲に疑惑の目を向けるミシェル。父親にまつわる過去の衝撃的な事件から、警察との関わりを避ける彼女は、自ら犯人を探し始める。だが、次第に明らかになっていく [続きを読む]
  • 『散歩する侵略者』
  • 不仲だった夫・加瀬真治(松田龍平)が数日間の行方不明の後、まるで別人のように穏やかで優しくなって帰ってきたことに、妻・加瀬鳴海(長澤まさみ)は戸惑う。一方の真治は、何事もなかったかのように毎日散歩に出かけていく。同じころ、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙なことが多発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材しながら、天野(高杉真宙)という謎の若者に出会う。二人は一家惨殺事件のカギを握る女子高生・立花あ [続きを読む]
  • 実家から戻ってます。
  • 土曜の夜に戻ってきて、日曜月曜家事三昧。今回はダンナをひとり置いて行っちゃったから、惨憺たる状態wまあ、しょうがない。お天気良くて助かった。明日から通常モードに入る予定だけど、雨みたい。この夏、娘に誘われて区民プールに2度行った。「お母さん、健康のためだよ!!」と言ってくれてるけど、要は「オヤジを残して死んでもらっては困る!!」が本音だろう。気持ちは分かる。女性の方が長生きするんだけど、うちはダンナの方 [続きを読む]
  • ビーズ持ってきて遊んでます。
  • 実家でばあちゃんと他愛もない話をしながら、ビーズで遊んでました。コットンパール7玉と間に小さいパールビーズ。後ろの留め具は磁石でくっつくタイプのにしました。自分の首周りに合わせて42?くらいの長さにしたけど、もう少し短くてもよかったかも。それと、前からやってみたかった、ヘアクリップに飾りをつけるのもやってみました。土台のヘアクリップは100均で。ブルーのコットンパールを2個使いあとは袋にガサっとたくさん [続きを読む]
  • 「遥かなるルネサンス展」観てきました。
  • せっかくなので青森県立美術館でやってる「遥かなるルネサンス展」を観に娘と出かけました。ヤツは今、調子に乗って金髪ww就職先の内定式までには元に戻すそうです。(この頭のまま行ったらヤバイ奴になっちゃうよね〜www)“天正遣欧少年使節がたどったイタリア”と副題がついてる今回の展示。少年たちが訪問都市で歓待されてた様子が伝わってくるようでした。目玉はこちらの「ビア・デ・メディチの肖像」なんでも幼くして病没し [続きを読む]
  • 実家に帰省してます。
  • 8月夏休み中は新幹線も繁忙期。混むし高いし、で9月はトクトクきっぷも取りやすいんだよねー。今回は就職も決まり大学最後の夏休み中の娘も一緒に。これって人生最後の長い休みですよねwww仕事始めたら長い時間祖父母の家で過ごすなんてことはできないからね〜。ここんとこ東京も急に涼しくなっちゃって、青森行ったら寒いんじゃないのと笑ってたら、天気が良くて若干暑いwそんな事もあるんだねー。お土産は宗家 源 吉兆庵の季節 [続きを読む]
  • 劇団☆新感線『髑髏城の七人 鳥』
  • 2017年8月25日(金) 開演14:00 IHIステージアラウンド東京ウワサの回転する円形劇場行って来ましたー!当日券取って行こうよと誘われて、メッチャ暑かったけどいそいそと。席は3列目の一番端っこ。でも円形になってる端っこなのでほぼ1列目と変わらない。調度役者が走ってはける時に目の前を通るって感じ。客席は真ん中、360度舞台。聞いた時はどんなふうになってるのか想像つかなかったけど、行ってみてなるほどね〜。客席は1方 [続きを読む]
  • 『ルグリ・ガラ 〜運命のバレエダンサー〜』Bプロ
  • 2017年8月24日(木) 開演18:30 東京文化会館大ホールセンスの光る素晴らしい公演でした。ガラ公演というと、演目を並べて超絶技巧を披露するっていうのがだいたいなんですが、ルグリ・ガラは構成がしっかりしていてクラシックとコンテンポラリーのバランスも良く、全体の統一感があり、公演自体が一つの作品になってました。最小の舞台美術で映画の一場面を観ているような演目、アート作品のような雰囲気の演目。照明も音の選曲も [続きを読む]
  • 『怪盗グルーのミニオン大脱走』
  • 悪党バルザタール・ブラットを逃したことを咎められ、グルーは妻のルーシーともども反悪党同盟をクビになってしまった。家族になった三姉妹にも心配される中、見知らぬ男がグルーのもとを訪ねてきて、グルーに双子の兄ドルーがいることを告げる。驚いたグルーは一路ドルーの屋敷へ。初めて対面したドルーは、金色の髪をなびかせる社交的なお金持ちで、グルーとは真逆の人間だった。一方、悪事から身を引きすっかり安定志向になった [続きを読む]
  • 絶不調…(>~<)…
  • 実は『ビリー・エリオット』観に行った日曜日、左手の親指が腫れていた。土曜日から痛かったんだけど、またいつもの手が痛い「へバーデン結節」ってヤツかなぁ、酷使しなければそのうち治るだろうと高を括っていたら、日曜日第1関節から上が腫れて激痛。痛み止めテープを巻いて赤坂行ったけど、親指に心臓きててドクドク痛い、指絶対曲げられない。舞台観てても痛くて拍手できないwww月曜の朝、起きたら親指全体がブンむくれていた [続きを読む]
  • 『フェリシーと夢のトウシューズ』
  • 19世紀末のフランス。ブルターニュ地方の施設ではバレリーナを夢見る少女フェリシーが軽やかに踊っていた。いつかはパリ・オペラ座の舞台に立つという大きな夢があるものの、施設で暮らす彼女にとってそれは遠い存在だった。ある日、同じ孤児院の親友であり、偉大な発明家を志すヴィクターに誘われたフェリシーは、エッフェル塔が建設中のパリを目指して施設を抜け出す。やっとの思いでパリに辿り着いたフェリシーだったが、突然ヴ [続きを読む]