みょう さん プロフィール

  •  
みょうさん: あいすべ・き・も・の
ハンドル名みょう さん
ブログタイトルあいすべ・き・も・の
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/someorikodamas/
サイト紹介文着物を気軽に楽しみたい。でも、わからない事がいっぱい。ちょっとお役に立てたらうれしいです。
自由文ふだん着着物の情報もあります☆
宮崎県宮崎市の「染織こだま」がお届けしています☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2009/01/05 15:39

みょう さんのブログ記事

  • 木綿展、もう一つの効用
  • 染織こだまの木綿展はウールや木綿の反物を見放題触り放題もちろん、麻や綿麻も絹物は、博多帯など、帯に限られています。もちろん、ミンサーの帯や染織こだまのオリジナル木綿帯などもあります。木綿展、どんな効用があるかといいますと着物の着姿も、見放題なのです。木綿展は、着物で出かける場所としても認知されています。普段着着物に、興味を持ち始めたばかりとかやっと着物を着ることができるようになったので木綿の着物を [続きを読む]
  • お客様に教わったお役立ち情報
  • あっという間に木綿展京都最終日となりました。たくさんのお客様にご来場いただきうれしい限りです。最終日の今日も、張り切って商品のご説明させていただきます。さて、たくさんのお客様とお話をしていますといろいろな工夫を教えていただけます。その中の一つミンサーの半幅帯をお求めくださったお客様から教えていただいた話です。木綿の着物に、ミンサーなどの滑りの悪い素材の帯を締めるとき前で結んでクルリと回す場合の話で [続きを読む]
  • 裄の目安と好み
  • 洋服でも、着物でも丈やシルエットなど好みがあって当然とは言うものの概ねどんなものが良いのかなぁ…と悩むものですね。昔の採寸からしますと、少し長めになっています。生活着から、おしゃれ着へと移行してきたことそれに加え、洋服生活の袖口が手のひらに入るくらいのものを着ることも多くなったことによると思います。腕を水平に出して着物の袖口が手首のぐりぐりをしっかり覆うくらい手首を触ると、くびれたところがあります [続きを読む]
  • 身丈は、1つではない
  • 京都木綿展2日目となりました。1日目、遠くは青森県八戸から南は、地元宮崎から、他、東京、神奈川、石川、広島、静岡などなど本当に、多くの方にご来場いただきました。(把握できていない分の皆様ごめんなさい)着物のご説明はもちろんのこと色々なご相談をお受けしたりお仕立てのために採寸させていただいたり寸法をいただいたり、あわただしく、1日が終わりました。寸法を教えていただく際いろいろと確認させていただくので [続きを読む]
  • 着物をきれいに着る土台は長襦袢
  • 着物が着あがってあ…衣紋が抜けていないそんな残念なことになった経験を持つ方も少なくないと思います。そんな時、慌てて着物を後ろに引いてしまう。でも、着物の衿と長襦袢の衿が離れたりかえって、不細工になることもあります。もし、衣紋がうまく抜けていないときには長襦袢から、丁寧に直していくと着あがってからの、応急処置はうまくいくと思います。着物の着初めのころ衿がぷかぷかになるとか衣紋が抜けないとかの相談を受 [続きを読む]
  • 木綿やウールに帯てんこ盛り、準備完了
  • おもいっきり山盛りの、太物たちを連れてきました。会場中、どこをご覧になっても太物太物を、ご堪能していただけます。そして、帯も木綿やウールにも博多帯は、良く合います。博多帯もいろいろなものを揃えています。半幅帯も色々な素材で揃えました。ミンサーもお勧めの締めやすい帯名古屋帯も、なかなかおしゃれです。9月に発表されたばかりの、めしませ花の半幅帯かわいらしい帯留に三分紐一言に木綿と言いましても糸の原産国 [続きを読む]
  • いよいよになりました。47都道府県ラストは京都
  • 最初の木綿展から、11年かかって全国47都道府県めぐりが最終の地、京都となりました。これで、出張展終了ではなくひとまず、ひと巡りが完了ということです。意図して京都ではなく塗りつぶしをしていたら、こんな風になった訳でして・・・京都といえば、全国の着物や帯の集積地いざというときの着物から、おしゃれ着まで絹物の宝庫であります。着物といえば、絹でしょう!そんな印象の強い場所が京都です。しかも、今回の木綿展会場 [続きを読む]
  • 着物は七難隠すと思う
  • 太ってしまって、手持ちのスカートがキツキツになったこともあり久しぶりに母の黒のタイトスカートを試着しました。足は太くお腹は前に出っ張りウエストは太く取るとこないじゃん・・・鏡に映る自分の姿をみてげっそりしてしまいました。着物を着ていても、太っているものは太っているしお腹も出ていますがまずは、太い足は見えませんしノーブラのぺちゃぱいもわかりにくいです。着物の衿はV字ですから顔もすっきりして見えます。 [続きを読む]
  • 心強い話
  • 着物って、和裁士さんの力によるところが大きいと感じています。寸法を割り出して、お仕立するにしてもこの人の体型は・・・ん〜〜〜こんな時、こんな風になると良いのだけれどどうしたら、そうできるかな?こんな時、頼りになるのが和裁士さんベテランさんの力は大きくその和裁士さん方から若い和裁士さんは、技を伝授されまた、スキルをアップさせていきます。和裁学校で習ったことを基礎にして積み重ねていくことが山ほどあるう [続きを読む]
  • 繰越と繰越巾
  • 毎日、お仕立の寸法をいただく中難しいと感じていらしゃることに繰越寸法があるのではないかと感じています。繰越は和服の衿を抜いた(繰った)ように着るため、身頃肩山から、衿肩明きを切り開ける位置までの長さを言います5分から1寸の間で、7分、8分が多くなっていますが体の厚みなどにも関係します。繰越巾は繰越+付込み(衿付けの縫い代)どうしてもわからない時には着物の丈 背身丈(背縫いの長さ) 肩身丈(肩山から裾ま [続きを読む]
  • 季節を感じる色
  • 9月に入ってもやっぱり30度を超えたりする日があってなかなか夏物を手放せないのが今の季節です。しかしながら季節感は、色合いも関係してきますね。綿麻の縮みをもうしばらく、着る予定ですが1枚の、きれいな水色の縞はどう考えても、着にくいな・・・と思い重陽の節句前の本日で着納めにしました。黒っぽいもの、濃い色の綿麻はまだまだ活躍します。長襦袢は、もちろん夏物宮崎の秋は10月末からそこまでは、夏を引きずる感じです [続きを読む]
  • パートナーに着物を着せたいなぁ
  • 私、着物が大好きなんですが夫が着てくれないんですよね・・・そんな話を聞くことがあります。全く興味はなくともまずは、自分の着ることを邪魔しないでくれればよしとするのかな?次は、自分自身が、着物を楽しく着ていることを自然に、伝わるようにする。以前、奥さんが着物を楽しそうに着るので着物っとそんなに良い物かなぁ?着てみようかな…とおいでになった方もあります。2人でお出かけをするとき1人が着物で1人が洋服にな [続きを読む]
  • 雨と気温の変化に雨コート
  • これからさき、雨が降る日は、肌寒く感じることも少々の雨であれば雨にぬれても大丈夫な着物を着ていれば雨コートなしでも平気です。しかし、雨に濡れたら困るときには用心して、雨コートを着るとよいですね。その雨コート季節外れの、不意の寒さなどに出会ったときに重宝します。アップルコートと言われる、化繊の雨コートなどは不意の寒さ除けにもなります。これは、このための物これにしか使えない…そうすると困ることや不便な [続きを読む]
  • 衿芯
  • 長じゅばんに衿芯を入れますが結構種類があるものですね。プラスチック製のカーブの物メッシュタイプなど使いましたが本当に使い勝手が良いと感じたのは礼装用の、まっすぐで固すぎない衿芯礼装用のものが良いのは幅が広いため、半衿の中でぴっちりすることと長さが長いので、ほぼ半衿の長さあるということただ、私の好みの半衿幅が通常よりも狭いため時には、この半衿が使えないこともあります。その時は、この素材と同じもので普 [続きを読む]
  • 絽の着物は、いつまで着られるのかな?
  • 気温と着たい物とがかみ合わない9月礼装になるとどうしようと迷ってしまいます。9月9日が長陽の節句このあたりが、衣替えかな???そうは思うものの気温は30度超え単衣の着物を着るには、暑いなぁ…汗をつけたくないなぁ…そう考えるのです。絽の着物、着ちゃおうかなそう考える、今日です。線引きにしたがってその通りにすると、考え方としては、便利なのですが着るものの時期を、線引きすると体感との差が大きく、難しいです [続きを読む]
  • 着物を着て走れるんですか?
  • 初めてご来店くださったお客様洗える絽の羽織生地を探していらしゃいました。お気に召す生地があり良かったです。その後引っ越ししてきて、お友だちがいらっしゃらないとのことでずいぶん長い時間、遊んでいかれました。着物を縫ったことがあるという話や地域での、ボランティアをされていることなど話されていました。そんな中三品が急ぐ用事があって、駆け出していく姿を目の当たりにして着物で走れるんですか???と、目が点に [続きを読む]
  • 衣替えには天然樟脳を
  • まだ、気温が安定しませんし秋の雰囲気までもう少しではありますがそれでも、この夏物はもう着ないとかそろそろこれは着たいなぁ・・・と考える季節でもあります。大がかりな、衣服の入れ替えでなくても気になるのは、防虫剤触ってみて、空になっていれば要入れ替えですね。化学薬品ではなくクスノキ由来の、天然樟脳の香りは想像されるよりも、良い香りだと思います。樟脳と名前がついていても天然100%でないものもあります。樟 [続きを読む]
  • 京都での木綿展の準備、着々と
  • 9月に入りました。京都木綿展まで2週間を切りました。どこで木綿展を開催するときにもネットにない、いつもご覧いただけない商品の準備をします。今回は、会場も広いですしいつもよりも、商品量も増やし商品構成も考えているところです。召しませ花の半幅帯も9月に新作発表がありましてこちらも準備します。ミンサーの角帯、半幅帯、名古屋帯新色笠井織、新柄伊勢木綿博多帯、綿絹半幅帯、こだまオリジナル半幅帯新柄のウール、揚 [続きを読む]
  • ネットショップ16周年はこれ
  • 染織こだまのネットショップは2002年9月14日OPENしました。伊勢木綿ファンミーティングを開催することとオープン16周年記念と合わせまして9月1日から10日まで下記の伊勢木綿を、キャンペーン価格にしました。取り扱い伊勢木綿のうち、ショップ上の赤枠で囲まれたものが対象です。※9/1〜10の期間以外は、通常価格での販売となります。カート価格は、現在の価格のままですのでお買い求めいただいた後に、価格を15,120円 [続きを読む]
  • ドイツで着物を
  • 最近、ご注文のお客様ドイツの方は、わりに地味な格好をされるのでその中で目立たない色目で着物が着たいとのことでした。男性の着物になりそうなもので柄物ではないものその方が、違和感なく着れるからとおしゃっていました。年齢や、職業によってもコンセプトは変わってくると思います。私の知り合いの、ドイツ在住の女性は今も、日本で着ていた感じの物を着ていますしリサイクルの物も上手に着ています。着る場所がどこであった [続きを読む]
  • おうち仕事は、肉体労働
  • 秋田から戻り通常営業本日水曜日は、定休日遊んできたとはいえやっぱりくたびれています。が、家のこともせねばという事で庭木の剪定、草むしり午後は、以前切っていた枝の焼却庭をぶらぶらしていると 目についたのが、これ花にら茎がかたくなり多少遅かった感はありますがまだ、食べられそうです。しゃきしゃきした茎を卵とじにしていただぎます。父からは、茄子がなってるぞと言われて暗にちぎれと云うことなのでちぎって焼きナ [続きを読む]
  • 日替わりサービス、学割
  • 先だっての、キャンペーンには『学割の日』と言うのがありました。・木綿反物・半幅帯・半襦袢・腰紐・足袋・伊達締・履物のセットで29800円もちろん誂えのお仕立て付き今年は、中学生が一式をそろえてくださいました。また一人、可愛い着物女子が増えましたよ〜選ぶことも、出来上がって着ることも母と子の楽しみとなりました。今日は、お母様の着物で着方の練習をして出来上がりを、待ってくださいます。母親が、娘に着方を教え [続きを読む]
  • 着物で旅行はいつものの事なれど
  • 今回の秋田旅行11人で行きました。着物で行こうというくくりもないしただ、秋田で遊ぼうね!と秋田集合にした旅でした。結果、ほとんどの方が3日間着物で過ごされました。私は、いつもホテルに荷物を送るので3日ならば3枚の着物や帯を送ります。手持であれば、2枚の着物と、リバーシブルで使える帯小物は3種類、そんな方が良いのかな?と思います。今回の旅は、お天気が怪しく3日のうち2日は雨でした。雨にぬれてもよい着物今の時 [続きを読む]
  • 秋田三日目は、本命の研修です。
  • 昨日の、素晴らしい花火の余韻に興奮し短い睡眠で、朝を迎えました。8:30出発で横手市に向かいました。横手と言えば、焼きそばですが、本題はそこではなく横手縞、横手絞の見学横手地方で染め物といえば浅舞絞が有名ですが、実は江戸時代初期から昭和初期にかけて、横手は横手絞、横手縞、横手絣といった綿織物の一大生産地でした。その勢いは東北一円にまで広がり、仙台の伝統工芸・常盤紺型のもとになったと言われています。横手 [続きを読む]
  • 秋田の旅2日目
  • 本日が、今回のメインイベントその前に、ねぶり流し館に行きまして竿灯など見てきました。その後、戊辰戦争の官軍の弔いに墓参境内には、樹齢150の垂れ桜がありまして圧巻でした。そして昼食その後、秋田といえば・・・そうです、酒蔵奥田酒造にお邪魔しました。お酒の作る説明を受けたくさんの試飲をさせていただきました。そして、向かった先は!そうです、大曲の花火第92回全国花火競技大会毎年、BSテレビで見ていていつか行 [続きを読む]