みょう さん プロフィール

  •  
みょうさん: あいすべ・き・も・の
ハンドル名みょう さん
ブログタイトルあいすべ・き・も・の
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/someorikodamas/
サイト紹介文着物を気軽に楽しみたい。でも、わからない事がいっぱい。ちょっとお役に立てたらうれしいです。
自由文ふだん着着物の情報もあります☆
宮崎県宮崎市の「染織こだま」がお届けしています☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供371回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2009/01/05 15:39

みょう さんのブログ記事

  • 古着の行き先
  • 今、母の古い服の整理をしています。母は、物を取って置く人で大事にしまってあります。しかしながら、そろそろ整理をしても・・・と言うことで整理を手伝っていますが昭和の臭いぷんぷんのスーツが出てきます。アンティークが好きなお嬢さんは、喜ぶよなぁ・・・きっとそう思いながらも、どうしようもなく処分しています。着物も、同じことなのかな?着物のことはよくわからんし自分には着れそうにもないじゃあ、誰かに着てもらえ [続きを読む]
  • 滑りの悪い長襦袢に滑りの良い下着
  • 夏襦袢は、麻が涼しいですね。麻も着るけど、ちょっと苦手な私は帝人のカルキュロの襦袢を着ます。これは、滑りが良いので下着が木綿のワッフル素材でも足さばきも良いです。カルキュロを着ない今からの季節は綿麻や綿ポリの物を着ますが少し滑りが悪いので下着が滑りの良いものにします。いつも書いていますが使う下着は礼装の下着もしくは礼装の襦袢と同じ仕様のカラー下着満点スリップ上半身は木綿なので肌に直接触れても気持ち [続きを読む]
  • きくちいまさんの講演会
  • 延岡市には『着物で延岡を楽しむ会』があります。この会が、この11月で発足10年を迎えます。その記念としましてきくちいまさんの講演会が開催されます。 ご縁あって、延岡の皆さんのお手伝いをさせていただいております。そのこともありたくさんの方に、お知らせできたらな?・・・と思いまして11月24日(土)  ■参加費   一般 1,800円  着楽会 1,500円 呉服屋さん主催というイベントでもなく、どなたでもお気軽にご参加 [続きを読む]
  • わお〜忘れてた…
  • もう寝ようと思った今夜ブログを書いてないこと思い出しました。本日は、水曜日で定休日だけれどとにかく、横浜から帰ってくる荷物を受け取らなければ・・・と午後から出勤出かけると、いろいろとあっていつもよりも遅い帰宅今日、書きたいことはあったんですが少し先延ばしにしました。今日は、皆さん暖かかったですか?それとも寒い我が家は、家の中がポカポカ過ぎて着るものに迷いましたよ!外は涼しいし、仕事から帰ることはも [続きを読む]
  • 今年最後の木綿展は名古屋
  • 前回の名古屋での木綿展は暑い季節でした。ということで、次は、涼しい季節にしてくださいとのご要望をいただき調整を重ね、11月開催となりました。年内お仕立て上がりが厳しい時期とはなりましたができる限りの、努力をしたいと思います。とき 16日(金)10:30〜18:30 17日(土)10:30〜18:30 19時00分〜宴会の部 18日(日)10:30〜16:30会場 神宮前レンタルスペースみち草  〒456-0032    愛知県名古屋市熱田区 [続きを読む]
  • 横浜木綿展終了、明日から頑張らないと
  • この度は、たくさんの皆様にお目にかかれて、とてもうれしかったです。ありがとうございます。久しぶりに、菊名の坂を少しだけ登りました。8年前は、この坂をもっともっと上がって木綿展したんだったなぁ…と木綿は、私たちのとって大切な相棒そんな感じがします。その相棒を、しっかりご紹介したくって触って、見て感じてそう思うのです。触ってみるとぼた織って、ワッフルみたい・・・とか備後絣って、やわらか〜い夏久留米って [続きを読む]
  • 男色って何???
  • 木綿展にお越しくださった男性きもの屋さんに行かれて木綿着物を見せてくださいと言われたところ3反の反物を見せてくださったとのことです。紺や茶などの色の物だけもう少し見せてくださいと言われたところあなたには、これが良いのだから…みたいなことを言われほかの反物は見せてもらえずこの中から選ぶように言われたそうです。その方は、まずは見せてほしいとのことだったのですが・・・どうして、男物だったら黒紺茶クレーな [続きを読む]
  • 木綿着物は、まだまだ知られていない
  • 横浜で木綿展開催中の染織こだまです。木綿展を開催するたびに木綿を初めて見たとおっしゃる方が少なくありません。木綿着物を確保するのは容易なことではありませんがもう少し、浸透するとよいなぁ…と感じます。こだまでも、すべての木綿を網羅しているわけではないですが日常にお召しいただくのに、お勧めなものはたくさんあります。ネット上でも、常にご紹介していますが実物を、ご覧になるのも楽しいと思います。木綿っていい [続きを読む]
  • 輪が下、輪が外
  • これって何?あ、と気がつかれた方もいらっしゃると思います。帯結びの時に教えていただきました。帯を結ぶとき胴に巻くときは、輪が下、縫い目が上帯をたてたときには体の中心から見て輪が外、縫い目が内側ただし、ミンサーや博多の単帯などはこの限りではありません。単帯などは、自分が締めたい柄の上下を考えて締めるとよいです。初めて使う帯は、上下の確認をしておくと安心ですね。小さなお子さんの場合お腹が出ているので胴 [続きを読む]
  • 暑いのかな?涼しいのかな?横浜
  • 今日は、夏襦袢に片貝木綿この姿で、外歩きをするととても気持ちが良かったのですがたくさん歩くごとに、暑くなってえ!今日は涼しかったんじゃないのかなぁ?先ほど気温を見ると今日の最高気温は25度だったそうでこれじゃあ、涼しくないわ・・・明日から横浜での木綿展明日のお天気何だか少し雨模様宮崎よりは、気温は低め着ていく着物を準備するのに長襦袢は、どれを組み合わせるか???さすがに夏物よりは少し暖かい、あいもの [続きを読む]
  • 着物で楽しむ神武さま
  • 今年もやってきました。宮崎市のお祭りと言えば宮崎神宮の大祭です。『じんむさん』の名前で、市民に親しまれているお祭り【本 宮 祭】 10月26日(金)宮崎神宮     10時00分〜【御神幸行列】 10月27日(土)宮崎神宮御発輦  13時00分〜16時00分           10月28日(日)大淀御旅所御発輦 13時00分〜16時00分 【神武さま広場】10月27日(土)高千穂通り      17時45分〜21時00分 県内外のいろいろな [続きを読む]
  • 紋のない色無地
  • 紋の入った色無地は略礼装として、とても重宝いたします。結婚式、入卒などなどや葬儀への列席、これの場合は色目が何でも良いとはいきませんが…また、結ぶ袋帯の格調によっても着物の雰囲気を変えることができ便利ですね。生地を何にするかでも雰囲気は変わります。縮緬、変わり一越紋意匠ちりめん素無地の雰囲気なのか地紋のある無地なのかということです。無地の着物も、紋がなくなると、途端に礼装以外にも着ることができおし [続きを読む]
  • 家に帰ってからの私
  • 帰ってからも、着物ですか?との質問にとっても忙しい日は、着物のまま割烹着を着てお炊事や掃除をしますが帰ってゆっくりあるときには動きやすい服装例えば、Tシャツにパンツそんな服装に着替えます。その方が、気兼ねなく床を這いまわって掃除もできますし水バシャバシャの、水回りもできます。着物は仕事だけなんですか?とも思われるかもしれませんがきもの=仕事そう考えたら、しんどいと思われませんか?自分の生活に合わせ [続きを読む]
  • 着物はキャンバス帯は絵
  • NHKの朝ドラを見ていて安藤サクラさんの服装が気になります。時代背景に合わせて、古着のリメイクや新しいものを作られているとか・・・その中でも、主題曲の中でのサクラさんの服装花柄のブラウスにチェックのスカート今の時代ではあんまり見かけない、柄と柄との組合わせでも、これもありだな!面白いと思いました。着物の場合、こういった組み合わせはいつものことですね誰かが着物はキャンバス、帯は絵・・・そう表現されま [続きを読む]
  • 杉綾でペアルック
  • ヘリンボーンは和名で杉綾と言います。ヘリンボーンは、ニシンの骨と言う意味です。洋服用に織られたのではなく着物用として織られた木綿着物ちょっぴり厚手、今からの季節にお勧めです。しっかりした織り味無地感でも、織り柄がおしゃれペアルックにしにくい木綿着物ですがこれは、色違いでそろえるとペアにできますよ!何気な〜くお召しいただけますし着物初心者でも、着やすいのではないでしょうか?そして帯今、こだまで人気の [続きを読む]
  • 急な気温の変化に意外と役立つ薄手の上っ張り
  • 寒くなると、洋服の場合カーディガンやベストで調整しますね。着物では、袖なし羽織や単衣の羽織と言ったところでしょうか?朝夕の寒い時間に、意外に役立つのが薄手の上っ張り生地は、何に???綿麻生地なども便利です。重ねて、暑すぎずちょっとした防寒の役割をするパジャマの上でも良いですし綿麻のしじらや古渡唐桟など便利です。もうちょっと暖かくても良いのであれば保多織もお勧め後は丈をお好みで・・・いったん着てしま [続きを読む]
  • 手アイロンと丁寧にたたむ
  • すべての木綿が同じ糸で、同じようには織られていません。ですから、表情や手触り温かさが異なるのです。そんな木綿の中でも伊勢木綿、片貝木綿、久留米絣はお勧めの木綿です。そして、これらはお洗濯時の脱水に気を付けてしわを伸ばしながら干しておくとわりに、きれいに伸びてくれます。しかし、やっぱり全体にしわっぽく見えることはあります。つまり、大きなしわではなくなんとなく全体にしわっぽいかな?というものです。そん [続きを読む]
  • 今後の気温が気になる横浜木綿展
  • 日が陰ってからの気温は宮崎と関東では違うなぁ…と感じます。横浜木綿展も、もうすぐとなりました。10月19日〜22日です。15日には、商品発送予定期間中の、自分の着替えもホテルに向けて発送します。天気予報が気になるところです。 まだ長襦袢は、夏物で過ごしていますが冬物と夏物の中間の長襦袢を1枚準備出がけの気温で、着ていく日の長襦袢を何にするかを決めます。着物は、この季節に着やすい物片貝木綿や、比較的薄手の木 [続きを読む]
  • 木綿の着物のお洗濯後
  • 木綿の着物をお洗濯するとき気にかけるのは、洗濯機で回し過ぎないことと脱水時間を短くすることですね。遠心力で、縫にの目がつまりそれによって、縮むことがあります。また、脱水を強くかけることでしわになったり、しわが取れにくくなったりしますので脱水は、ぽたぽたしないくらいに留めておくと良いです。そして、干すときにはできるだけ、きれいにしわを取り袖底などの縫い代女性であれば、振りや袖付の部分をしっかり伸ばし [続きを読む]
  • 小物で感じる季節
  • 10月に入ったのに、どうしてこんなに暑いの???そう感じる方も少なくない今日この頃ですね。気温とは別に着るものは、季節感を考えてしまいます。帯締め帯揚げも夏物から、冬物に・・・色目が重たくならないようにしつつ秋を意識して・・・そんな風になりますね。ストレートに、季節を感じてほしい季節をわかりやすく表現したい時には帯留が1番栗、どんぐり、菊の花などなどこんな風に、誰もが秋を感じられるものを身に着けると [続きを読む]
  • リバーシブルの帯は便利
  • 旅行に行くときちょっと雰囲気が変えたいなと思ったとき1本の帯が、2本分の役目をしてくれるととても助かります。まだまだたくさんの帯を持てないとかスペース的に、少量で使い前のある帯そんなのがあるとよいな・・・と思います。中でも、便利だと思う帯が半幅帯のリバーシブルでしかも、裏が地紋色の無地で喪に使えそうなものちょっとした間柄の方のお通夜黒羽織があれば、江戸小紋ばかりではなく地味な着物に、地味な半幅帯そし [続きを読む]
  • 木綿は厚さで着分ける
  • 木綿は、1年中単衣で着られる着物ですが1枚の着物を1年中着られるわけではありません。  例えば、夏の木綿といえば浴衣ですが 浴衣を冬も着るかと言ったら冬は着ないと思います。それは、浴衣が夏物だから・・・というだけではなく浴衣では寒いからです。伊勢木綿や出羽木綿、久留米絣の比較的厚手の物などは暖かいです。片貝木綿や伊勢木綿の薄手、夏久留米古渡唐桟などは今の季節向きの木綿です。絶対に寒い時期に着られな [続きを読む]
  • 式服の繕い
  • 式服と言っても、夫の黒のスーツよく日本人が、冠婚葬祭に便利に着るもの白いネクタイをして結婚式黒いネクタイをしてお葬式いつもなんだかなぁ・・・と思いますが葬儀のみ、洋服の夫です。その黒のスーツお尻の糸が、切れてしまいました。それもそうです。夫の父親が、誂えたスーツ年代物かな???しかしながら、黒の礼服を着ることってめったにありませんから傷むことなく、きれいなままです。ただし、糸が弱って来ていたのです [続きを読む]
  • 単衣が重宝する期間が長くなりましたね。
  • 絽の着物を着る季節も長くなりましたし絽以外の夏物、麻や綿麻は、もっと長く着ています。夏物を長く引っ張れない場所冠婚葬祭などの場合9月後半から10月はやはり、単衣の着物が重宝しますね。喪服など、絽と袷があれば、何とかしのげていたのは昔の事そんな気がします。単衣の喪服や色無地、江戸小紋が便利だと思いました。紬の単衣でも、日によっては暑いと感じます。そんな時には、汗をかいても心配のない木綿の着物木綿の着 [続きを読む]
  • 顔の見えるお仕立て
  • 去年から、うちの店のお仕立物もしてくださるようになった若いほうから3番目の和裁士さんこの方も、きれいにお仕立てしてくださいます。昔は、自分の卒業された和裁学校からの仕事を受けていらしゃって寸法に忠実にお仕立てすることが多かったとのことでした。これは、当たり前のことなのですが寸法書きからは、お客様の様子が見えにくかったと今も、和裁士さんは、直接お客様にお会いできることはあまりまりません。しかしながら [続きを読む]