カムバックハート さん プロフィール

  •  
カムバックハートさん: 心臓手術体験記 (僧帽弁閉鎖不全症弁形成術)
ハンドル名カムバックハート さん
ブログタイトル心臓手術体験記 (僧帽弁閉鎖不全症弁形成術)
ブログURLhttps://comebackheart.blog.fc2.com/
サイト紹介文南淵明宏先生執刀の僧帽弁形成術を受けた心臓手術体験記です。
自由文心臓外科医 南淵明宏先生の執刀で僧帽弁閉鎖不全症の弁形成手術を受けた体験記です。自分の経験が、同じ病気を持つ方、将来手術を受ける可能性のある方、既に手術を受けられた方々の参考になればと思いブログを立ち上げました。実際の患者にしか分からない心理的な面の記述をできるだけ表現したつもりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2009/01/06 09:36

カムバックハート さんのブログ記事

  • (元)心臓病仲間の手術体験 −たかしげさんの場合ー
  • 「(元)心臓病仲間の手術体験〜リバイバル特集第四弾〜」は、たかしげさんの「サイボーグで甦った」です。たかしげさんからはこれまでに沢山の投稿を送って頂き、当ブログで発表してきました。たかしげさんの人生経験と執筆能力が融合しての独特の文章は読み応えがあります。たかしげさんとの出会いのきっかけもやはりこのブログを通じてのメールでした。何度かメール交換した後、たかしげさんに実際にお会いすることになりました [続きを読む]
  • (元)心臓病仲間の手術体験 −ayaさんの場合ー
  • 「(元)心臓病仲間の手術体験〜リバイバル特集第三弾〜」は、「ayaさんの心臓手術体験記録」です。ayaさんと知り合ったきっかけは、ayaさんが僧帽弁閉鎖不全症で経過観察中にこのブログを通じてメール連絡を頂いたことでした。「僧帽弁閉鎖不全症の経過観察中ですが、近い将来手術が必要になるものと思われます。できましたら、術前・術後の方々のお話を伺いたくご連絡させて頂きました。女性で参加される方がいらっしゃいました [続きを読む]
  • (元)心臓病仲間の手術体験 −越後人さんの場合ー
  • 「(元)心臓病仲間の手術体験〜リバイバル特集第二弾〜」は、「越後人さんの回顧録」です。越後人さんと知り合ったきっかけは、東京ハートセンターの外来でのことでした。南淵先生からの紹介でした。南淵先生は「この患者さんと話ししてください」と、外来のロビーで突然に患者と患者を引き合わせることがよくあります。患者同士が情報交換することは、医療側に都合の悪い情報も共有されたり、同じ病気のあの人はあのようにうまく [続きを読む]
  • (元)心臓病仲間の手術体験 −マダムアリスさんの場合ー
  • (元)心臓病仲間から、ご自身の心臓手術体験や患者としての気持ちを綴った文章を過去に投稿して頂いたことがあります。読み返してみると、自分とは異なる視点での患者の気持ちやその人特有の実体験が描かれていたことに新鮮さを感じました。過去の記事に埋もれさせてしまうのはあまりに勿体ないので何人かの投稿をリバイバル紹介したいと思います。「(元)心臓病仲間の手術体験〜リバイバル特集第一弾〜」は、マダムアリスさんの [続きを読む]
  • 40代未満の若い患者が外来に行く気持ち
  • 先日の外来で気付いたことです。クリニックに来ていた周りの患者を観察したところ、皆さん見た目は私より年上の方ばかり。私ももう決してそれほど若い訳ではないのですが、それでも多分私が一番低い年齢の患者だったのではないかという雰囲気でした。若くして心臓を患う方がいらっしゃいます。先天性心疾患で生まれて間もなく心臓手術を受ける方や、小学校が始める前の幼児の頃に受ける方。10代、20代は学校があるので比較的心臓手 [続きを読む]
  • 「南淵先生に診てもらう方法」 最新情報版
  • 2011年5月に「南淵先生に診てもらう方法」という記事を書きました。心臓手術体験マンガを描かれているシメノさんのサイトで、当ブログに南淵先生に診てもらう方法が書いてある旨をご紹介頂きました。「ブログに書いてあった通りの方法で南淵先生にコンタクトして心臓手術を受けたよ」と連絡を下さった方を何人も知っています。そこで、今日は、「南淵先生に診てもらう方法」に「初診からの流れ」を書き加えて最新情報版にバージョ [続きを読む]
  • 手術前に伝えたい言葉
  • 私が心臓手術を受けた2008年12月11日の前の晩のこと。まだ手術することを伝えていなった友人数人に対して、翌日心臓の手術を受ける旨のメールを送った。直ぐに励ましの言葉が書かれた返信が届いた。その中に、ある印象的な言葉が書かれていたメールが一通あった。実は読んだその時には普通の励ましの言葉だと思っていた。そして、私の心臓手術は予定通りに終わり、術後も順調な回復を遂げて手術から9日目に退院することができた。 [続きを読む]
  • あまり知られていない謝礼の話
  • 答えにくい質問だと思ったので、先日来企画していた(元)心臓病仲間のアンケートではあえて盛り込まなかった質問があります。手術を受けた病院や医者に対して謝礼を渡したかどうかという質問です。ブログを読んだ方から時々メールで頂く質問でもあります。謝礼を渡すべきか渡さなくても構わないのか?渡すタイミングは、入院前、術前それとも術後?お金で?幾らくらいが相場なの?などなど。以前は、ご高名な大学教授に執刀しても [続きを読む]
  • 病院の選択? それとも、医者の選択?
  • 「心臓の手術を受ける必要があります」と宣告されたあなた!ほとんどの方はとてつもなく大きな不安を抱かれます。(中には全く不安を感じなかったという大変肝の据わった方?もいますが。)宣告したのが循環器内科医であれば、系列病院やその内科医が信頼する病院を紹介してくれると思います。中には、「紹介状を書きますので、次回の外来までにどこで手術を受けるか自分で決めてきてください」と言う内科医もいる。(私に起こった [続きを読む]
  • 術後四十五回目の外来(新横浜ハートクリニック)
  • 今日は、中2か月での定期外来。12月は混んでいるとかで一カ月前倒しでの予約でした。10時受付、速攻で血圧測定(128/80)と血液検査。検査で採血する血液の量は7〜8ccとのこと。そのまま隣の部屋へ移動して12誘導の心電図検査。2階から3階へ移動して胸部レントゲン撮影。正面と横からの2枚撮影。なかなか忙しい〜。でも、ここまで受付から10分強しか経っていません。次の検査は心エコー検査。私の前に2人の方が検査待ち。一人約20 [続きを読む]
  • 【集計結果】 (元)心臓病仲間のアンケート(第二弾) 後編
  • (元)心臓病仲間のアンケート(第二弾) の集計結果後編の発表を続けます。【集計結果】 (元)心臓病仲間のアンケート(第二弾) 後編⑨術後外来の頻度は?心臓手術後は、回答者の33%の方が3か月毎に外来に通われています。23%の方が1カ月毎でそれに続きます。術後の薬を処方されている方は、処方可能な最大日数が90日分であることから3カ月毎の外来になるケースが多いようです。また、機械弁に弁置換されたり、不整脈があって [続きを読む]
  • 【集計結果】 (元)心臓病仲間のアンケート(第二弾) 前編
  • (元)心臓病仲間のアンケート(第二弾)の集計結果(前編)の発表です。沢山の心臓手術体験者の方に回答頂きありがとうございます。前回同様、私なりの考察を加えてグラフ化した集計結果を見ていきたいと思います。内容豊富なので、前編と後編に記事を分けて掲載いたします。(アンケートの回答は引き続き募集しております。未回答の方はご協力よろしくお願いいたします。集計結果は随時更新します。アンケート第一弾はこちら。第 [続きを読む]
  • 次回の集まり開催のお知らせ
  • 次回の(元)心臓手術病仲間の集まりを下記日時に開催予定です。先月手術されたばかりの仲間やこれから手術を予定されている方からの参加表明を既に頂いています。興味のある方は是非参加をご検討の上、カムバックハートこと鍋島までメールかブログへのコメントにてご一報お願いたします。■日時: 11月23日(金・祝) 12時頃〜夕方にかけて(夜も続くかも・・・)■場所: 未定(多分品川近辺の飲食店にて)■人数: 1 [続きを読む]
  • 一家に一台?、タブレット型超音波検査機
  • 心臓弁膜症の定番の検査といえば、心臓超音波検査(心エコー検査)です。超音波を使った検査なので、何度受けても放射線被爆による体へのダメージは無く、又、痛みもなく無侵襲の安全な検査です。術前の弁の状態の把握に有効なことはもちろんですが、術後の外来でもその後の弁や大動脈血管などに再び異状が発生していないか、その予兆はないかをこの検査で定期的にチェックしフォローしていくことが大切です。一度は患った心臓なの [続きを読む]
  • カムバックハートブログと集まりのこと
  • (元)心臓病仲間であるシメノシローさんが書かれている僧帽弁閉鎖不全症体験マンガを紹介した記事を7月に書きました。今度はお返しにシメノさんにこのカムバックハートブログの紹介をして頂きました。シメノさんが紹介してくれているように、ブログ開設からもうすぐ10年になります。10年近く続けることができているのも、心臓病を通して知り合えた沢山の仲間がいたからです。彼ら彼女らと実際に会って話をする機会を設ける場を定 [続きを読む]
  • (元)心臓病仲間のアンケート(第二弾)
  • (元)心臓病仲間のアンケート(第二弾)を実施いたします。 (11月8日現在の回答者数: 41名 近日中に集計結果発表予定!まだ参加できます。)アンケート第一弾に回答されていない方でも第二弾に回答して頂いてもちろん結構です。また(元)心臓病仲間のアンケート(第一弾)も引き続き回答を募集中です。アンケート実施の主旨については、前回(第一弾)のアンケート募集記事をご覧ください。今回も有意義なアンケート結果を [続きを読む]
  • 術後四十四回目の外来(新横浜ハートクリニック)
  • 外来の受付開始直後は混んでいることが多いので、今日はあえて少し遅めに到着するように新横浜ハートクリニックに向かった。ファーストフード店で朝のコーヒーを一杯飲んでから、受付へ。予約票を提出し、血圧測定を自分で行う。測定結果の紙片を受付に差し出すと、直ぐにそのまま採血へ。次いで、心電図検査。3階に上がって、胸部レントゲン撮影。受付からここまで15分程。異常に早い。次の検査である心エコー検査は2人待ち。 [続きを読む]
  • 【集計結果】 (元)心臓病仲間のアンケート(第一弾)
  • 「(元)心臓病仲間のアンケート(第一弾)」の集計結果を発表いたします。(2018.10.30 1名分の回答追加、2018.10.28 8名分の回答を追加 2018.9.22 2名分の回答を追加)この集計結果は、(元)心臓病患者の100%実体験に基づくデータです。実は今回集計作業を進める過程で、ある種の興奮が突然湧き上がってきました。それは、心臓病の本、雑誌や一般メディアを介してでさえも、この集計結果ほど価値のある情報を見つけだすことは [続きを読む]
  • (元)心臓病仲間のアンケート(第一弾)
  • (元)心臓病仲間のアンケート(第一弾)の一次集計結果はこちらの記事にて発表済みです。アンケートの回答は引き続き募集しております。未回答の方はご協力をお願いいたします。ある程度サンプルが増えましたら、集計結果を更新したいと思います。-------------------------------------------(元)心臓病仲間のアンケート(第一弾)を実施いたします。 これから心臓手術を受けることになり、心臓病や心臓手術に関する情報を得 [続きを読む]
  • 救急車の呼び方
  • 自分が救急車で病院に運ばれたことは過去2回ある。学生時代の交通事故の時と、2年前の服薬ミスによる失神(詳細はこちらの記事参照)の時だ。自分が他人や家族のために救急車を呼んだことは過去3回。川で溺れていた人の救助の話は以前こちらの記事に書いた。別の出来事は、2年程前のある朝の通勤時間、会社に向かって都内の住宅街を歩いている時に遭遇した。私の前方20mほどのところで、自分の車に乗り込もうとしたおじさんが [続きを読む]
  • 第十六回(元)心臓病仲間の集まり 開催報告
  • お気づきの通り、(元)心臓病仲間の集まりの開催方針を変更しつつあります。従来: 会場を貸切、20名程度、年二回開催、参加者名簿の事前作成最近: 公共の飲食店、10名程度、頻度高く、参加者名簿の後日作成昨日開催の第十六回の集まりには、大動脈弁閉鎖不全症にて手術前1人、大動脈弁置換(生体弁)2人、僧帽弁置換(生体弁)1人、僧帽弁置換(機械弁)1人、僧帽弁形成3人、バイパス手術1人というメンバーが集合。10 [続きを読む]
  • 第十六回(元)心臓病仲間の集まり 開催報告
  • お気づきの通り、(元)心臓病仲間の集まりの開催方針を変更しつつあります。従来: 会場を貸切、20名程度、年二回開催、参加者名簿の事前作成最近: 公共の飲食店、10名程度、頻度高く、参加者名簿の後日作成昨日開催の第十六回の集まりには、大動脈弁閉鎖不全症にて手術前1人、大動脈弁置換(生体弁)2人、僧帽弁置換(生体弁)1人、僧帽弁置換(機械弁)1人、僧帽弁形成3人、バイパス手術1人というメンバーが集合。10 [続きを読む]
  • ランチ & 飲み会企画
  • すごく直近の日程で、(元)心臓病仲間のランチ & 飲み会(お酒を飲めない方も大丈夫です)を企画する予定です。参加にご興味のある方は、カムバックハートこと鍋島までメールか管理人宛コメントにてお気軽にご連絡ください。折り返し、ご連絡させていただきます。初めて参加頂く方大歓迎です。心臓手術前でも手術後でも、どこの病院にかかられた方でもオーケーです。心臓病を介して知り合う仲間の輪に是非入ってきてください。聞 [続きを読む]
  • ランチ & 飲み会企画
  • すごく直近の日程で、(元)心臓病仲間のランチ & 飲み会(お酒を飲めない方も大丈夫です)を企画する予定です。参加にご興味のある方は、カムバックハートこと鍋島までメールか管理人宛コメントにてお気軽にご連絡ください。折り返し、ご連絡させていただきます。初めて参加頂く方大歓迎です。心臓手術前でも手術後でも、どこの病院にかかられた方でもオーケーです。心臓病を介して知り合う仲間の輪に是非入ってきてください。聞 [続きを読む]
  • ハツ手術 シメノ シロー 心臓手術 体験マンガ
  • 「ハツ手術 シメノ シロー 心臓手術 体験マンガ」を紹介します。作者のヒメノさんは我々の(元)心臓病仲間の一人です。僧帽弁の形成術を受けられたのが30代の約6年前。これは、心臓手術経験者であり、そしてプロの漫画家であるヒメノさんにしか表現できない一芸術作品です。ヒメノさんの執刀医である南淵先生や深津さんが医療的な内容のチェックをされており、医学的にも信頼できるものです。また、我々、心臓手術仲間による内 [続きを読む]