芥川 白 さん プロフィール

  •  
芥川 白さん: 白の詩 〜僕は光を背にして虹をみる〜
ハンドル名芥川 白 さん
ブログタイトル白の詩 〜僕は光を背にして虹をみる〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/die-hard/
サイト紹介文君と僕の詩 気取った言葉はもういらない〆 現代というリアルを生きる僕らの詩
自由文色彩論


ゲーテ曰く

光に一番近い色が
黄色で

闇に一番近い色が
青色だと……

光と闇のスペクトル…

色彩環…


隣や回りの色によって
色が
違う見え方をするように

人も同じ?…
だとしたら……

どんなに自分色を
持ってても

見え方なんて
偶然のタイミング

そう考えると……

生きるのも
少し楽じゃない?ゞ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2009/01/07 01:14

芥川 白 さんのブログ記事

  • Re:103722 となりのテーブル
  • 隣のテーブルに苦しんで泣いてる人がいると誰も心からは笑えなくなるのに隣の国や遠い国で苦しんで泣いてる人がいてもみんな平気な顔して笑ってるどうやらみんなみたいな距離感を僕は持ち合わせてないみたいだだからなんだか心からは笑えないや君はどの辺から大丈夫?白 [続きを読む]
  • Re:103713 にわか雨希望
  • 雨が降ったり止んだり今日みたいにしてる時は虹が見えるチャンス僕らの人生もそうだ悲しみの雨が降ったかと思えばまたすぐ希望の光が差し込んだりそんな忙しい時の方が綺麗な虹がよく見えたりするそんな時は周りをよく見てみよう自分の上に虹が架かってるかもしれないから下ばっか見てたら虹は見えないほらさっきもいいことありそうな虹が見えたよ君にもお裾分け白 [続きを読む]
  • Re:103620 Somewhere over the rainbow
  • Sad news flows to the city repeatedly Also (悲しいニュースが繰り返し街に流れ)people hate each other and hate each other(また人は探り合い憎み合い)I lose my tears and lose heart(涙に暮れ心離してしまう)Large grain rain wraps the world today as well(大粒の雨が今日も世界を包む)Somewhere far behind the rainbow(虹の向こうのどこか遠くに)There are countries that I heard in a lullaby(子守唄で聞いた国がある) [続きを読む]
  • Re:103615 hunter's moon
  • 大切な何かを犠牲にしても人生には勝負をかける時があるそれがいつかを見極めるのが僕らの最大のターニングポイントだ本気を出した人間の力なんて皆然程変わらないのだから白 [続きを読む]
  • Re:103610 クリアクリア
  • 何か自分の夢や目標の問題や課題をクリアすると視界までもがついでにクリアになるてことは僕らよりたくさんの夢や目標をクリアした人は僕らよりよりクリアで鮮やかな世界を見てるんだきっと今よりもっと鮮やかな世界そそるね白 [続きを読む]
  • Re:103609 孤独なsoldier
  • 想像力が乏しけりゃ人の気持ちは解らない色々な経験や知識を重ねれば重ねる程想像力は増してゆく人の気持ちが解らない無神経な奴ってのは経験や知識がきっと圧倒的に足りない憐れむべき存在君が悲しむ必要はない白 [続きを読む]
  • Re:103605 貸切の街
  • 表参道も明治神宮も参宮橋もラフォーレ前も誰もいないそんな時間が好きだ多くの人と違う時間に僕は行動するのが小さい時から好きだ朝の誰もいない街山から海まで一直線の道を暁が照らす数十秒の間に風より速く走り抜ける小学生の頃の僕の秘密の遊びあの朝もこの朝も僕はあまり成長してないのかなどんな大都会でも誰もいないチャンスタイムはあるそんなチャンスタイム的なものがこの世界にもどの街にも探せば至る所にあるあるよ白 [続きを読む]
  • Re:103603 The Unbearable Lightness of Being(改)
  • この世界には同じ天秤を違う重さの皿で計る者がいる命と本当の悲しみの重さを知るその時まで彼等は決して気が付かない残念ながらわかり合うためには人生の時間では足りない人間が確かにいるという現実を僕らは知らなければいけないそしてそれを知った上で自分に何が出来るかを思い知らなければいけない白 [続きを読む]