レオ さん プロフィール

  •  
レオさん: あそびのアトリエ
ハンドル名レオ さん
ブログタイトルあそびのアトリエ
ブログURLhttp://asobiribon.blog121.fc2.com/
サイト紹介文「ゆっくり しっかり まちがっていい」あそびのアトリエで実践している子育てで大切なこと紹介します☆
自由文イヤイヤ、だだこね、反抗、暴力的な行動・・・子どもの行動には全てメッセージがあります。
リボンクラブではそんな子どもの内面を大切にしながら個々の子どもの発達を観察して一人一人に対応します。おひさまクラブでは自然体験、お友達との交流を大切にしています。
「母子関係」「発達年齢にあった体験」「自然体験」をリボンクラブや、おひさまクラブで実践中です!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2009/01/08 08:48

レオ さんのブログ記事

  • お世話になりました。
  • 私自身「あそびのアトリエ リボンクラブ」として10年以上ブログを書くなんて想像もしていませんでした。ブログをかくきっかけは「何かを発信なければ!」という切羽詰まった思いと、書き出してみたら自分の知識のなさや論理的に思考ができていない現実の壁にぶつかり愕然としながらも、とにかく現実で向かい合う子ども達の問題と、ジジさんが導いてくれる学習、自分の感性に合う書物を読みながら「子どもってなんだ?」「遊びって [続きを読む]
  • 発達診断で気にかかること
  • 虹色教室の奈緒美先生がこんなブログを紹介してくれています→発達障害の診断で気にかかること最近こういう相談が多くなり、どうしたものか?と悩んでいたところでした。「発達診断は子どもの一生に左右することだから・・・」という小西先生の真剣な表情と言葉が私の中に強く残っています。だからこそ、無責任に大丈夫だとも言えないし、簡単に診断ができないはずです。誰もが、医療や療育を受ければ、完治して改善するものでもな [続きを読む]
  • 「自信がない病」
  • 「『自信がない病』威張らず萎縮せずに生きたい」というタイトルで朝日新聞の「ザ・コラム」に女性編集委員の記事がありました。「自信がない病」は、日本人女性の特有の問題ではなく米国でも30〜40代のキャリアの女性達が学ぶプログラムもあるとのこと。筆者はこう言っています。「セクハラもパワハラも、ある種の自信のなさの表れでないか(中略)・・・自信がないからこそ、自分の弱さを隠すためにも逆にむやみに偉そうに振る [続きを読む]
  • ピーター・グレイ著「遊びが学びに欠かせないわけ」①
  • 著者はアメリカを代表する発達心理学者。息子さんが既存の学校という存在に対して、ことごとく反発したのを契機に、それまでマウスを対象にした研究から人を対象にした研究に方向転換することで生まれたのがこの本だそうです。内容を抜粋してご紹介します。★外遊びのしないで育つ子どもたちの心理的障害私たちが言えることは、不安と落ち込みは、人々が自分の暮らしをどれだけコントロールできているか、あるいはいないかという感 [続きを読む]
  • 好きなことに夢中な子ども達(3)
  • 宝探しアドベンチャーがお気に入りの年長さんの★君特に石像の間とミイラがお気に入りです!エジプトにも興味を持っているということでカプラでピラミッドを作り、周辺をイメージして作りました。↓ホテルや駐車場、ガソリンスタンドがあり、ピラミッドの中も工夫をして作っていました。こちらは、レゴで撹拌機を作って泡ジュースを作りました。値段を付けたり、自動販売機をセッティングしたり・・・ナイスアイディア!!お金を払 [続きを読む]
  • 好きなことに夢中な子ども達(2)
  • 土曜の午後は小学生の子ども達が集まります。1年生の子ども達は、学校で精一杯頑張っているのでおひさまクラブでは、テンションが上がり過ぎたり、ママから離れられなかったり(涙のお別れ)それぞれいろんな感情が溢れ出してきます。とは言っても、自分の好きな遊びをみつけると、いつの間にやら?!遊びに夢中になっています〜スコップや鍬を使って川や池をせっせと掘っています。大変な水汲みもなんのその!!トカゲを見つけて大 [続きを読む]
  • 好きなことに夢中な子ども達(1)
  • 年長、年中さんの女の子達元気いっぱいです。走り回り、スケボーにチャレンジしたり〜ピーピー豆(カラスノエンドウ)で笛作り作るのも難しいですが、鳴らすのも難しい?!根気よくチャレンジする子は上手くできるようにまります。低い塀からジャンプ塀を歩いていきますおせんべいゲームに夢中?アップルミントの葉を収穫して、洗って、お茶にします。新年度で少々お疲れ気味の子ども達ですが自分の好きなことは夢中!虫を捕まえたり、 [続きを読む]
  • 年長さんの葛藤と成長、ほっこり素敵なエピソード
  • いつも使っているパソコンの調子が悪くて、別のパソコンでブログを書いているので、いろいろ不具合が多く苦戦中なので写真もいつものようにアップできないのでスミマセン??新年度、子ども達の心はソワソワ、フワフワ落ち着きません。昨日の年長さん達も、反抗や汚い言葉のオンパレード…私がカプラで線路や汽車を作り出すと、少しずつ「ぼくも〜」といって途中から汽車を作り出したり、「駅も作ったら!」「階段も!」とか「改札 [続きを読む]
  • ピーター・グレイ著「遊びが学びに欠かせないわけ」
  • こんな本をみつけました!!今注文したばかりですが、目次をみただけでもワクワクするような内容です内容説明学びは苦役ではない。自由な遊びこそ、子どもの学びの大きな翼になることを、人類史に遡って解き明かす。目次プロローグ―息子が校長室で発した言葉から教育の生物学的意味を考え始める第1章 子ども時代の過ごし方の大きな変化第2章 狩猟採集民の子どもたちは遊びでいっぱいだった第3章 学校教育の歴史―誰の必要か [続きを読む]
  • 学び続けることで得られるもの
  • 私自身の子育ても、子どもとの関係が上手くいかないときは自分を責めたり、子どもを責めたり、社会を責めたり・・・様々な葛藤が波のように押し寄せていました。自分自身がパンクをしたときには、旦那に八つ当たりをし心許せる友人に話を聞いてもらうことで、頭の中が整理されて子どもとの出来事を冷静に振り返ることができました。そして、自分の価値観に合う本を読み漁り、納得したり現実は上手くいかなかったりの繰り返し。自分 [続きを読む]
  • 岡田尊司著「愛着アプローチ(医学モデルを超える新しい回復法)」
  • 岡田尊司先生の愛着理論は子どもと接している人はとても参考になります。新刊をご紹介します。「医学モデルでは対処できない問題に出くわしたとき、しばしば有効なアプローチとなるのが、本書のテーマである愛着アプローチである。(略)特に有効なのが、子どもの問題や親子関係、夫婦関係など、親密な愛着関係がからむ問題・・・」「医学モデルがその人の可能性を狭めてします危険性も指摘されている。病気や障害と診断されたために [続きを読む]
  • 子どもの成長・発達を考慮した親の対応
  • 様々な子ども達と接していると、それぞれに大なり小なりの問題を抱えています。大人が子どもの問題ばかりに気がいってしまい焦ったり、やらせようとしたりすると、子どもの心が傷ついたり反抗がひどくなったり…大人の対応次第ではますます問題を悪化させてしまうのではないかと感じることがあります。かといって問題から目をそらせばいいということでもありません。心配をしつつも、それよりも日々の生活の中で子どもと心の通った [続きを読む]
  • 新1年生 ようこそおひさまクラブへ!
  • 新1年生には2年生の女の子メインのグループに入ってもらいました。今回は3年生の男の子も来ていてその子がリーダーシップをとって自己紹介をしてくれました。2年生や3年生の子ども達は少しお姉ちゃんお兄ちゃんらしく見えます3年生の★君が「今日はオレの誕生日!」というと2年生の女の子数名が「じゃあケーキを作ろう!」と盛り上がりました。文字を書くのが苦手な女の子が材料を紙に書き出してくれました。材料を準備してさっそ [続きを読む]
  • ママがいなくても〜
  • 2歳の☆君、ママのお仕事の都合で初のひとりリボンクラブ予想通りはじめは、「ママがいい〜」と大泣き??この年齢での大泣きは母子の愛着関係が上手くいっている証拠なので泣くのは当たり前です。大泣きしても、いつもの人、いつものおもちゃの安心感もあってか気持ちの切り替えは思いのほか早く、集中して遊びだしました。いつものお友達が来る頃には、ママがいないことを受け入れて、遊びに夢中です。お天気も良かったので、ウ [続きを読む]
  • 自主性や意欲の源
  • 4歳のお姉ちゃんがストライダーに悠々と乗っています。お家にもストライダーはあるのに、あまり乗っていないという3歳の☆ちゃん、4歳のお姉ちゃんにつられて「私ものる!」と言って、不安そうにチャレンジ!フーセンゲーム虹色のヘビゲーム子ども同士の影響力は絶大なものがあります。大人がなだめすかして、どんなに声掛けしても全くやらなかったことが、お友達がやっているといつの間にか、自分もやりたくなって、やっているこ [続きを読む]
  • 第3回 合志市国際子ども芸術フェスティバル
  • 先月の活動になりますが3月24日に合志市国際子ども芸術フェスティバルに小学生の子ども達と行ってきました。1日で3つの作品をみてきました。スクラム☆ガッシン準備完了月天心の今日もどこかでマジックショーコケッコ チャーボーたくさんある作品の中から子ども達と何をみるか話し合いながらやっと3本決まりました。スクラム☆ガッシン準備完了は小学生の子ども達が放課後の遊びの中で計画、実行して失敗やケンカをしながら、内 [続きを読む]
  • おひさまクラブこのはテレビ局開局?!
  • おひさまクラブの小学生は、自分のやりたいことを目的をもって楽しんでいます。紙粘土で恐竜作り火おこしをして焼き芋を焼いています。糸鋸で木工制作ボードゲームお釜でご飯を炊いて、おやつに塩おにぎり他にはアルミホイルで水晶玉を作ったり。先日、島原探検の時にテレビ局ごっこをやったのがきっかけで、この日は本格的に「おひさまクラブこのはテレビ局」が開設されました。3人のスタッフが、水晶玉づくり名人の取材にいくと [続きを読む]
  • お人形の役割
  • とても用心深い〇ちゃん(2歳6か月)いつもは、少しでも不安を感じるとママを呼び寄せて遊びます。最近は、ハムスターの人形モモちゃんやアンパンマンの人形を抱っこしてくるようになり、この日は、お姉ちゃんも付き添いできていたせいか、いつもよりも安心した感じ。ママがちょっと外にでても全く気にせずに積木に夢中。お人形を抱っこして積木を積んでいます。夢中になってくると、お人形を手放しています。WAKUブロックのモザイク [続きを読む]
  • 3年生(新4年生)の成長の兆し
  • 3年生の男の子達がしっかりしてきました。以前からずっと「パチンコが作りたい!」と言って木を使ったり、針金をつかったり、おひさまクラブに来るたびに、あーだ こーだやっていた★君。なかなか満足にいくものが出来ずに悶々とした日々がしばらく続いていました。今回はパチンコに合うようにノコギリで太めの枝を切りだしました。なかなかノコギリでが上手く使えずに「レオさんできない!」「もう無理!!」と文句をさんざんい [続きを読む]
  • 春休み新五年生臨時おひさまクラブ〜島原探検〜
  • 遠距離のお友達が春休みにおひさまクラブに参加をしたいという要望で緊急におひさまクラブを開催しました。新五年生に声をかけて集まれる子達で、フェリーに乗って島原探検にいってきました。お友達を待つまでの間、「何したらいい〜」「たいくつ〜」と言いながらも、持参の笠とわらじを身に着けて、気分は戦国武将?!近隣から竹を切りだしてきて、弓矢を製作しました。工作大好きな〇君は、弓矢づくりに夢中!おかげで出発を遅ら [続きを読む]
  • 年長さんお泊り会の様子(2018)
  • パソコンの調子が悪くてアップするのがおそくなりました。違うパソコンでやっとアップできました??年長さんのお泊り会の様子です。スタートはママと離れるのが不安で泣き出す子もいます。不安をかかえつつも〜あまりにも天気がいいのでみんな外をウロウロ〜焚火がはじまり、焼き芋を焼いています。火がつくとみんな元気に!!その流れで外で、人が乗れる電車づくりがはじまります。電気(懐中電灯)や水道の蛇口を取り付けたり、思 [続きを読む]
  • 積木のお家と階段から見えてくるもの
  • 積木でお家を作っています↓こんなお家も↓階段から続く秘密のお部屋↓階段の横には秘密の扉、後ろではカードを入れて〜?!パズル感覚でお片付け↓積木ブームの4〜5歳の女の子達積木で長い階段を作ったり、お家の部屋のレイアウトをしたり・・・目的を持って思い思いの遊び方をしています。一人一人着目しているところも違い、その子が今頭の中でどんなことを考えイメージをしているのかがよくわかります。子どもに対して指示や [続きを読む]