レオ さん プロフィール

  •  
レオさん: あそびのアトリエ
ハンドル名レオ さん
ブログタイトルあそびのアトリエ
ブログURLhttp://asobiribon.blog121.fc2.com/
サイト紹介文「ゆっくり しっかり まちがっていい」あそびのアトリエで実践している子育てで大切なこと紹介します☆
自由文イヤイヤ、だだこね、反抗、暴力的な行動・・・子どもの行動には全てメッセージがあります。
リボンクラブではそんな子どもの内面を大切にしながら個々の子どもの発達を観察して一人一人に対応します。おひさまクラブでは自然体験、お友達との交流を大切にしています。
「母子関係」「発達年齢にあった体験」「自然体験」をリボンクラブや、おひさまクラブで実践中です!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供239回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2009/01/08 08:48

レオ さんのブログ記事

  • お姉ちゃんと一緒に〜
  • 2歳の○ちゃん、3歳のお姉ちゃん達と初顔合わせでしたが…お友達が大好きな○ちゃんは嬉しくて、嬉しくて満面の笑み3歳児さんの方がどう対応していいのか戸惑っています??2人のお姉ちゃんの中に入りたいけど・・・後半になると、少し緊張気味だったお姉ちゃん達も気持ちがほぐれ、とても仲良く遊んでいました。女の子3人のリボンクラブとても良い感じでした。また一緒に遊べるといいね [続きを読む]
  • いろんなことができるようになってきたね!
  • 1歳2か月の○ちゃん、お姉ちゃんがリボンクラブに来ているので、場にも私にもとても慣れてくれています。歩行もしっかりしていて、立ったり⇔座ったり、重たいものを持って歩きたがります。探索活動も活発引き車の紐を持って、後ろ歩きもできますよ〜↓お姉ちゃんが笛を吹いている姿を覚えていたらしく自分で笛を持って来て、真似をしています。はじめは吹くことができませんでしたが、私が笛を吹いてみせると、○ちゃんもしばらく [続きを読む]
  • 子どもの不安・怒り・攻撃的な感情はどう処理すればいい?
  • 発表会前後の子ども達の心は、モヤモヤ、イライラ、ピリピリしているようです。急に大きな声を出したり、執拗に笛を鳴らしたり、ロフトベッドからぬいぐるみを落としたり、悪態をついたり・・・様々な形で不安や緊張を表出します。こういう多少のストレスは、ある時期子どもを成長させてくれるのかもしれません。(発表会を奨励するわけでもなく、中身によりますが…どちからというと私の経験上、発表会にはいろんな問題があると思 [続きを読む]
  • 安心・安全感の中で育つもの
  • 年中さんの女の子達フーセンに名前を書いて紐をつけ、長い紙に可愛い模様を描いて自分のおしり辺りに尻尾のように付けて・・・お散歩にいきます。外はとても寒いんですが??そんなことはお構いなし。フーセンや長い尻尾に風を感じて走り回る子ども達。子どもは風の子です!少し難しいゲームにもチャレンジ↓ソフトクリーム屋さんごっこ↓男の子グループは、カプラで恐竜や動物の檻を作りました。これで危険な恐竜は脱走しない?こ [続きを読む]
  • なぜ子どもは危険なことをやりたがるのか?
  • 1歳8か月になった○君は観察力に記憶力の能力がプラスされ、ママの報告では3つの工程を覚えることができるようになったのでママのスマホやお兄ちゃん達のゲームの電源を入れてスイッチをいれて操作をすることをも簡単に出来るようになったそうです。少し前は、ママのアイロンする様子を観察していた○君は、今までできないだろうと思っていたことをやってのけ、右手を火傷したそうです??キーボックスに夢中↓笛も上手に吹きます [続きを読む]
  • 「感情の問題について」ジジさんからのコメント紹介
  • 興味深く大切なテーマですね。そして私たちにとって身近な問題だと思います。赤ちゃんから思春期まで、身体も感情も知性も、それぞれに成熟していきます。そして一つの目標が配偶者選びになっていると思います。もちろん、結婚するかしないかの自由は、ジブン自身にゆだねられています。このあたりが人間と動物の違うところでしょう。動物は本能衝動に支配されているようですが、人間は自由意思で決定できる領域があるようですから [続きを読む]
  • マイコさんの記事を紹介
  • マイコさんがとても大事なことをわかりやすく書かれています。ぜひ読んで下さい。↓           褒めすぎはキケン!? 「不幸せな子」にしてしまうママのNG行動4つ&自分で幸せをつかめる力を培う [続きを読む]
  • お友達と仲良くなるまでの様々な葛藤を乗り越えて〜
  • 4歳の○君と5歳の☆君のバトルがあまりにも続くので、お外にでて気分転換。とはいっても…ブランコのとりあいをしたり、わざと遊具をゆらしたり、意地悪合戦は続きます??やっと落ち着いたのが、道路にチョークでお絵かき遊び2人でリチョークを分け合ったり、お隣で恐竜を描いたり良い感じです恐竜の絵があまりにも素敵だったのでパチリ↓今まで穏やかだった5歳の☆君が、○君と仲良くなるにつれて、○君の持っているものが何でも [続きを読む]
  • 「身体知性」より抜粋〜感情、情動の役割〜
  • 医師であり武道家でもある佐藤祐亮先生は「身体知性」のなかでこう書かれています。感情という言葉は複雑な意味合いをふくんでおり、神経生理学の世界では、より生物学的でシンプルなニュアンスを持つ、情動という言葉が好んで使用されます。二つの言葉は、医学の世界でも社会一般でも、一部重なり合った意味を含んで用いられています。大辞林第三版では、【感情】①喜んだり悲しんだりする、心の動き。気持ち。気分。     ② [続きを読む]
  • 自分がやりたいことと自分にできること
  • 小学生の子ども達は学校では集団に頑張って適応しています。それ以外でも、様々な習い事があり、やはりそこではそこで順応しなければいけませんよね。それはそれで大切なことだと思いますが…集団に合わせることばかりにエネルギーが注がれてしまうと自分と向かい合う時間が少なくなり「自分がやりたいこと」「自分にできること」をゆっくり考えたり、試したりするエネルギーがなくなっているなぁと感じることがよくあります。それ [続きを読む]
  • 奈緒美先生お泊りレッスンの感想紹介します。
  • 奈緒美先生のお泊りレッスンの感想を頂きました。素敵なコメントを頂いたのでご紹介しますね(*文章は一部抜粋したり名前を変更していますのでご了承下さい。)とっても楽しい2日間でした。ありがとうございました!一人っ子の娘にとっては、みんなとワイワイできる貴重な2日間でした。プラネタリウム!よかったですね。大人もきらめく星と惑星にワクワクしました。こんなことができるんだ〜。と感動でした!親の理想や希望とは裏 [続きを読む]
  • 虹色教室奈緒美先生お泊りレッスンで感じたこと
  • 奈緒美先生のお泊りレッスンでは、参加された方々はそれぞれに様々なことを感じられたことと思います。私もたくさんの学びがありました。一つには以前会場の使用についてトラブルがありブログにも愚痴を書いてしまったのですが・・・??会場側が、あまりにも強い口調で使用する側に対して事細かに規則を言われるので、私もむきになって「こちらも常識はわかっています。子どもの失敗も許されないのですか?誰のための何のための施 [続きを読む]
  • 虹色教室奈緒美先生のレッスン2017
  • 今年も虹色教室の奈緒美先生をお招きして1泊2日のレッスンをして頂きました。年に1回出会いですが、毎年楽しみに参加してくれる子も多くとても充実した2日間を過ごしました。子どもの遊びが自然にはじまるように、奈緒美先生のレッスンも自然に始まります。そしていつの間にかそれぞれの子ども達が自分のやりたいことを見つけて夢中になっています。奈緒美先生を歓迎して4年生の男の子が作ったとびだすカード↓宇宙の絵本をみて、 [続きを読む]
  • ぼくはお兄ちゃん!
  • 意気揚々と「レオさん将棋をしよう!」といってやってきた5歳の○君。パパに買ってもらった将棋のルールをしっかりマスターしていました。ペアだった3歳の☆君も横から参加をしたそうだったので将棋の対戦後に、☆君に合わせて将棋崩しを一緒にやってくれました。その後は、☆君に希望に合わせてテントウムシのおしゃれパーティーというゲームも一緒にやってくれました。大好きなビルダーシステムも仲良く分け合って↓今までごっこ [続きを読む]
  • 1年生の女の子も炭焼きパンにチャレンジ
  • コネコネ↓私はオーブンでピザを焼こうと提案したのですが1年生の女の子たちは「イヤダ!!外で焼きたい!」と強い意志で訴えるので、火のつけ方を伝授しました。なかなか上手く火が付きません??2人で力を合わせて!↓発酵させたパン生地を棒に巻きます。↓棒に巻いたパンを焚火の上でじっくり焼きます。風向きによって煙が目に沁みます??↓焼けたかな?↓美味しい?!↓ピザ作りも↓ピザ完成↓後半はゲーム三昧!!オセロ、キ [続きを読む]
  • 偶然と出会える場
  • 先週土曜日のおひさまクラブの様子〜まだまだブームのベイブレードを持参して遊ぶ子もいますが、一人、二人と外に出て遊び始めると「外にはいかない」「めんどくさい」「やりたくない」と言っていた子も、外に出てきて思い思いに活動開始!次々に枯草や枝を集めて燃やす子焚火を棒でつついてみる子草を引き抜く子棒に線香を付けて燃やしてみる子それぞれやってみたいことを試しています。大人は危険がないように見守ることと、危な [続きを読む]
  • おもちゃ(道具)の役割
  • 物を見立てて再現する力は人以外の動物にはない能力です。2歳前後から見立てる力が育まれ3歳前後になると自分が体験したことで興味のある出来事を道具を使って再現する力が育ってきます。トーテム積木を積んで窓に見立てたり、人形を上にのせたりして大喜びしている3歳の女の子↓お友達との関係は少々緊張して距離をとりますが物を介して徐々に距離が縮まってきます。↓同年齢(5歳)のお友達と遊びたいけど上手くいかない・・・お友 [続きを読む]
  • 身体を動かし心を解放することのメリット
  • 特に緊張の強い子は、ふざけじゃれ合ったり外にでて身体をめーいっぱい動かすことで心がほぐれて解放されます。部屋でふざけ遊びをしてもまだまだエネルギーが有り余っている子ども達と外にでると・・・車のあまり通らない農道の斜面をスケートボードにのって〜↓息を合わせて二人で↓斜面上り↓気持ちがほぐれるとギスギス、ピリピリしていた心がほぐれて、和やかな雰囲気でボードゲーム対戦↓幼稚園で「筆圧が弱い」とか「リズム [続きを読む]
  • こんなことできるようになったよ!
  • 1歳8か月の○君ハサミも使えます↓お盆に皿と箸をのせて運びます↓両足揃えてのジャンプにもチャレンジします。あえて凸凹道を歩いたり、走ったり↓ 椅子や脚立にも上ります。ブランコにものれます↓小雨が降ってきても部屋に入らない○君イチジクの葉をママにとってもらい葉を傘に見立てています。↓○君の動きをみていると、こうして身体能力が鍛えられていくんだなぁ〜と感じます。立ったり、しゃがんがり、上ったり下りたり、 [続きを読む]
  • 小学生の自立心が育つときの不安や葛藤
  • 小学4年前後の子が「成長してきたなぁ〜」と感じる瞬間があります。それは「なんでレオのところに来なんと?」という疑問をぶつけられたときです。今までは、ゲームをしたり、工作したり、「何でこれをやるの?」と考えることもなく楽しんだり、又は、ギャーギャー我がままを言い散らしたりしていた子が落ち着いてきて、ふっと湧き上がる疑問のようでもあります。この辺でおひさまクラブの役割もそろそろ終わりかなぁと思っていま [続きを読む]
  • 1歳児さんの揉め事は「社会性への道」(ジジさんからのコメント)
  • ジジさんからのコメントをご紹介します。―1歳児さんの揉め事はわがまま?それとも成長過程?―ということですが、おおむね1歳児さんの揉め事は「社会性への道」だと思います。そして〇ちゃんと☆ちゃんで繰り広げられている揉め事もそうだと思いますね。なぜかというと「2才になった〇ちゃんは型合わせに夢中、落ち着いて何度も繰り返してやります、そして「ぐちゃぐちゃにするのも大好きで、ニコニコ顔でわざとひっくり返す☆く [続きを読む]