まぐぴ さん プロフィール

  •  
まぐぴさん: 別館 生き物ウォッチングとベガルタが好き
ハンドル名まぐぴ さん
ブログタイトル別館 生き物ウォッチングとベガルタが好き
ブログURLhttp://tinnunculus.blog61.fc2.com/
サイト紹介文野鳥、獣、虫.....その他身近な生き物ウォッチングとベガルタ仙台が大好きなまぐぴのプログ別館です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供277回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2009/01/08 21:28

まぐぴ さんのブログ記事

  • 見習いたい!、雪中十月桜
  • 昨日、仙台でこの冬初積雪だったとか。あ!、あ!、十二月の十月桜・師走桜はこの雪でどうなった?。見に行ってみたら、雪中十月桜な状態でも元気に咲いていた。この、この生命力、分けて欲しい!.............(#^.^#).........見習いたい! [続きを読む]
  • 禿鼻鴉の塒探しに行こうかな
  • 4日前昼前後に、我が家からさほど遠くない田んぼで禿鼻鴉こと、ミヤマガラスの群れを見た。その翌日の15:50頃、同じところを通るとなんだが塒入りの向かっていそうな群れを見た。飛んで行った方角は、以下に書いた方面。・MFを通過するハクチョウの堤?・MFを通過するカワウの堤?そこの堤、そこそこの林もあるので、もしかしたらそこに塒しているのかも、近いうちに見に行ってみようかな。 [続きを読む]
  • 誰のために赤い実が生る.......(^^;
  • 先日、イソヒヨドリは初冬まで歌うと書いた、その後もMF近くで再会できないか?、時々探している。昨日の昼前、それっぽい個体に再会...............\(^o^)/。なんと、すぐ近くの人家の庭先のたわわに実ったピラカンサの実を食べていた。ここのピラカンサ、かなり遅くまで残っている、たぶん、持ち主が野鳥が来ると追い払うんだろうなぁ。そこでふと思ったのが、誰のために赤い実が生るのか?、ということ。木が実を付けるのは、 [続きを読む]
  • センダンヒヨポン?
  • 本館に書いた、MFを通過するハクチョウの堤?の続き。観察できたヒヨドリ、センダンヒヨポン、っていうか鈴生りのセンダンのヒヨドリが止まっているのを観察。こりゃ、きっと食べるんだろうな!、と思っていたら単に止まっただけで全然食べず。ここ以外にもセンダンあり、が、どこも食した痕跡なし。う〜ん、センダンの実ってまだ食べ頃じゃないのかな?。 [続きを読む]
  • ノバトの構造色?
  • 以前、以下の情報を見て、構造色の興味を持った。・クジャクの羽に学んでできたぴかぴかの素材(山階鳥類研究所広報ブログ)・クジャクの羽の発色を再現した構造色の材料を作成しました(山階鳥研)どこで見たか?忘れたがノバトことドバトの、喉?、胸?も構造色という情報も目にした。昨日朝、通勤都市公園散策でふと思い出し、観察してみたらキラキラしていた。これが、これがノバトの構造色なのかな?。画像はInstagram、 [続きを読む]
  • イソヒヨドリは初冬まで歌う
  • 先日、イソヒヨドリの囀りについて以下のような記事を書いた。・イソヒヨドリは秋まで歌う(2017.09.20)その記事に----------1年中聞かれるような気がしたが、結果は9月までだった、ま、イソヒヨドリは秋まで歌うと言ってもいいとは思うが.......(#^.^#)。----------と書いたが、2017年11月28日朝にMF(マイフィールド)の都市公園近くで聞いた。イソヒヨドリは秋まで歌うは、そうすると「初冬まで歌う」と言ってもいいのではないかと [続きを読む]
  • 今季は都市公園上空をよく飛ぶハクチョウ
  • ウィークデーほぼ毎朝散策しているMF(マイフィールド)の都市公園、冬季、上空をハクチョウ類が飛ぶのを運がいいと観察できる。今季は以下のようこれまでで一番?、ぐらい観察できている。今朝(12/04)、3羽が飛ぶを観察。11/29 8羽を観察。11/28 群れ3つ(6,3,7)を観察。11/22 9羽を観察。ハクチョウの群れは、ほぼ公園北側から南西へ飛ぶ。たぶん、鶴ケ谷大堤公園か与兵衛沼にいる群れが、餌場へ向かう途中、当公園上空を通過するの [続きを読む]
  • トビの生る木、増えてきた
  • 先日、本館にトビの生る木は朝寝坊の個体?という記事を書いた。極々普通の都市公園だから、トビが複数生っちゃうといろいろと.........と思っていたら今朝やっぱり増えていた。数えてみたら全部で14羽、前回同様餌付け人、それっぽい行動は見当たらなかった、やっぱり塒なのだろうか?。仮に仮に餌付け人がいるなら、害鳥幇助は止めて!!!!!と声を大にしていいたい。 [続きを読む]
  • オナガの尾長は全部じゃないんだ
  • 昨日、本館に書いたおぉ!ながーの続き貼ったのはInstagramの画像、4枚ほど重ねた。これまでオナガの尾は、全部がほぼ同じぐらいの長さと思っていたが、下から見上げてみたら2枚ずつ長さが違って段々あったのね。うん10年鳥見をしているが、今まで気がつかなかった。是非、是非、全部の尾羽、手に取って観察してみたいなぁ..............(^^;。 [続きを読む]
  • 十二月の十月桜・師走桜
  • 今日から十二月、先月の十一月の十月桜を見に行ってみた。結果は十一月に引き続き、元気に元気に咲いていた..........................\(^o^)/..........................十二月の十月桜,、またの名を師走桜......................(#^.^#)。バックの青空に映えていた、今どき風にいうと青空映えしてる?。貼った写真はインスタの画像、 するとインスタの画像が開き、十月桜以外に咲いていた花も閲覧可能。赤い寒椿と、白 [続きを読む]
  • 通勤都市公園に鷹がオッタカ!、ハイッタカ!
  • 昨日の通勤都市公園散策、本館のシロトビ?、ハクタカ?と書いたようにオオタカ若を観察。ずばり、通勤都市公園に鷹がオッタカ!......................^^;。今朝の通勤都市公園散策でも、昨日のオオタカっぽいのを観察。色合いが似ている。が、が、お腹の斑が違う。昨日は縦斑、今日のは横斑なので違う個体か。更に昨日より小さい等からハイタカと識別、ずばり、通勤都市公園に鷹がハイッタカ!......................^^;。そうい [続きを読む]
  • [11/20]おまけで谷津干潟鳥見
  • 台湾鳥見(賞鳥)ツアーおまけの続き日本野鳥の会山形県支部設立40周年の台湾鳥見ツアー帰着日は、飛行機の到着時刻より仙台にはたどり着けず、そのため成田空港近くのホテルに後泊した。ゆくり起きて、ゆっくり帰ろうかと思ったものの根が貧乏性......^^;....ただ帰るだけじゃもったいない、途中の経路の谷津干潟に久しぶりに行ってみるかな。ということで、通勤ラッシュを避け、やや遅めの時間に京成電鉄で谷津駅まで向かった。各 [続きを読む]
  • 台湾鳥見(賞鳥)ツアーおまけ
  • 台湾鳥見(賞鳥)ツアーその7の続き■出逢えず残念だった鳥・ミカドキジ 台湾の国鳥らしい、高山である大雪山まで行ったのだから出逢いたかった。・ヤマムスメ 台湾固有種だが、低山に生息するが台北などの都市周縁の緑地でもみかけるという前情報を見た、が、この時期は群れで移動するということ出逢えず・ニイタカキクイタダキ 事前に購入した「台湾山野の鳥 常見100+特有種」の表紙の小鳥で、図鑑を開くたびに毎度見た。高 [続きを読む]
  • [11/19]台湾鳥見(賞鳥)ツアーその7
  • 台湾鳥見(賞鳥)ツアーその6の続きツアー最終日は街中のホテルというのもあり、朝飯前の早朝鳥見(賞鳥)はなし。ここの朝食は6時若干過ぎから可能、たぶん、それもあって早朝散策はなしだったのかも。本日の予定は午前中、台中の都市公園散策、名前を聞いたような気がするが覚えていず、メモもしなかった.....^^;。出発する前、ホテルの隣の小さな都市公園に行くと、藪からごそごそと音がした。音の主の姿を探すと大き目のネズミ、 [続きを読む]
  • [11/18]台湾鳥見(賞鳥)ツアーその6
  • 台湾鳥見(賞鳥)ツアーその5の続き本日最後はシロアゴヨタカと夜市、その前に夕食、今回のツアー最後の晩餐、今回一番高級&豪華版だったかも。最後というのもあり、お腹がはち切れそうになるぐらい食べたかも?、何キロ太ちゃったかではあったが.......(  ̄▽ ̄)。台中の摩天楼を横目にシロアゴヨタカが出没するらしい比較的街中の空地?、埋め立て地?へ向かう。なんでもそこの舗装路に座り込み、草地から飛び立つ虫を捕食するの [続きを読む]
  • [11/18]台湾鳥見(賞鳥)ツアーその5
  • 台湾鳥見(賞鳥)ツアその4の続き3日目の朝飯前も早朝鳥見(賞鳥)、宿の前の川沿いの散策路を歩いた。歩き出し早々に眼下の河原にカワビタキを発見!、皆でじっくり観察。ヒタキ類の仲間なのに川と付くなんて、何故?と思っていたら、川にかなり依存しているらしい、岩に乗ったり川岸に下りたりと川にべったりだった。なるほどそれでカワビタキか!、生態は日本のカワガラスとミソサザイを足したような感じかな。その他、ルリチョウ [続きを読む]
  • [11/17]台湾鳥見(賞鳥)ツアその4
  • 台湾鳥見(賞鳥)ツアーその3の続き前の記事に昼食後、カザノワシと書いたが、食事も写真を1枚だけ。おぉ!えぇ!と思ったのがこれ、なんでもイノシシの皮を上げた料理だか、珍しいので撮って貼ってみた。次はタイワンオオコノハズクが塒しているというお寺へ向かった、イメージは鎮守の森はありそこに大木の樹洞がありそこに塒かな。と、と思ったら、着いたお寺はバリバリの街中....................(?_?)(?_?)..............タイ [続きを読む]
  • [11/17]台湾鳥見(賞鳥)ツアーその3
  • 台湾鳥見(賞鳥)ツアーその2の続き2日目は朝飯前の早朝鳥見(賞鳥)、メインターゲットは台湾の国鳥ともなっているミカドキジ。台湾広しと言えども出逢えるポイントは極々限られていて、ここがそのポイントの1つとのこと。出逢える時間も限られていて早朝、遅くとも9時前後までらしい。台湾に来てしっかりした鳥見は初めというのもあり、否が応にも気合が入る。歩き始めてすぐルリ色が美しい固有種のルリチョウを観察、幸先よしこの [続きを読む]
  • [11/16]台湾鳥見(賞鳥)ツアーその2
  • 台湾鳥見(賞鳥)ツアーその1の続き初日日中は大雪山まで移動ということでしっかりとした鳥見はなし、その代わり?、そもそも予定されていた?獣ウォッチングのナイトウォークが開催。その前に夕食、高山というのもあってかログハウス風の宿、食事は質素かと思ったらさもあらず、初日から豪華版料理三昧。たらふく食べて、部屋に荷物を置きしばらく休憩しナイトウォークへ。日本でいうと立山の室堂ぐらい標高の夜なのでかなり寒いと [続きを読む]
  • [11/16]台湾鳥見(賞鳥)ツアーその1
  • 2017.11.16〜11.19の3泊4日の日程で、日本野鳥の会山形県支部設立40周年の台湾鳥見ツアーに行った、その紀行文を書こうと思う。初日は成田空港7:30集合、高速夜行バスという選択肢もあるにはあったが遅れが心配、当日自宅出発では間に合わないので空港近くのホテルに前泊することとした。新幹線で東京まで、東京駅から成田空港まではシャトルバスを利用した。成田空港からホテルまではホテルの無料送迎バス、が、が、そのバス停が [続きを読む]
  • ところ変わればモズも変わる
  • 1週間ぶりの通勤都市公園散策、久しぶりにモズに出逢え嬉しかったので撮ってみた。先に書いたキジバトって北方系?と似たような話題..........(#^.^#)。先日行った台湾4日間探鳥ツアーによると極々普通にいるのはタカサゴモズだとか、道路沿いの有刺鉄線等によく止まっていたらしい。残念ながらその環境で鳥見はなかったので、じっくり観察&撮影はできなかったが。その環境より緑がある都市公園等にいるモズは、亜種シマアカモズだ [続きを読む]
  • キジバトって北方系?
  • 1週間ぶりの通勤都市公園散策、久しぶりにキジバトに出逢え嬉しかったので撮ってみた。この時期は仲良く2羽か3羽でいることが多いのに、今朝のは単独、名付けてひ鳥鳩だな........(#^.^#)。ところでこのキジバト、先日行った台湾4日間探鳥ツアーでは比較的稀なハト類だった。台湾で普通に見られるのはベニバト、カノコバト、一応キジバトも。4日間鳥見した感触では、ベニバト>カノコバト>キジバトの順だった。街中の電柱等に普通 [続きを読む]
  • ハト類って羽音で識別できる?
  • 本館、旅に出る前に旅鳥の続き。鳥影を探していると、キジバトらしき羽音がして見上げたらピンポン!、キジバトだった..............\(^o^)/。一昨日、マイフィールドでノバトことドバトとキジバトのツーショットを撮った。ノバトとキジバト、羽音で識別できるような気がする。ん?、ということはアオバトも羽音で識別できるかも、記憶はないので今はできないが..................^^;。アオバトは見た目も緑に溶け込み忍者鳩のイ [続きを読む]
  • まだまだツグミの初認、空き地あるぞ
  • 今季、ツグミの初認は通勤都市公園で、以下の記事に書いた通り。・ 今季初ツグミン、ケケと笑われた(2017-11-06)初なので「 季節前線ウォッチ > 調査結果2017">活動紹介 > 季節前線ウォッチ > 調査結果2017(バードリサーチ)」に報告し、ミヤマガラスもまだまだマイナー?に引き続き掲載してもらった。今朝の通勤都市公園散策、今朝の梢ツグミはツーグミに書いたように梢ツグミが本格化してきた模様。さぞかし、報告記録が増えたか [続きを読む]
  • MFにホオジロ三兄妹が揃った
  • 本日の昼休み公園散策、朝はいなかったホオジロを観察。当地では渡りの時期に出逢える、今季の初認は「11/02」、約2週間で撮影できた。ホオジロの仲間アオジは、当地では渡りと越冬個体を観察できる。今朝もかなり黄色い個体を観察&撮影。今季の初認は「10/18」、たぶん、その頃は渡りの個体。同じくホオジロの仲間カシラダカも当地では渡りの時期に出逢える、今季の初認は「10/17」、撮影まで1ヵ月弱かかった........(^_^;)。こ [続きを読む]