Mrs.B さん プロフィール

  •  
Mrs.Bさん: 日本岐阜発英国ヨークシャー行き
ハンドル名Mrs.B さん
ブログタイトル日本岐阜発英国ヨークシャー行き
ブログURLhttp://sun.ap.teacup.com/yorkshireviagifu/
サイト紹介文元岐阜県人の英国ヨークシャーでの日常。F1とビールが大好き☆料理、かぎ針編みを経て、社会復帰を目指す!
自由文岐阜市生まれ、伊自良(山県市)育ち、会社員時代に旅行、映画、F1にはまる。英国人と出会い、英国ヨークシャーへ移住。結婚、出産、ビールをこよなく愛し、見事ヨークシャーラスとなる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2009/01/09 23:51

Mrs.B さんのブログ記事

  • 夏の終わり、たぶん。
  • ここ英国で、夏の終わりを感じるのは、やはり日没の時間が早くなると気付くことだろうと思う。これまで、10時くらいまでうっすらとはいえ明るかったのが、ここのところ、9時を過ぎると暗い雰囲気だ。それは、日本で、お盆を過ぎると、ああ、夏も終わりが来るんだなぁ、今年も。という感覚に近いと思う。どちらも、今年は、あっつい、夏で、まだ、夏っぽいけどね。とはいえ、英国は暑さはなくなり、いい感じだけれども。雨がやっと [続きを読む]
  • 仕事=時間を売る、事。
  • 英国に、ヨークシャーに、夏と呼べる夏がやってくるとはー!しかもそれがそこそこ続くとはー!驚き。数少ない夏服が大活躍。半袖を着ることができるとはね。私の二の腕を見られるなんて、かなりレアだ。これも、厳しい冬の影響か。しかも、イングランドがワールドカップで、イイ感じで、周りは、ご機嫌。さて、とうとう6月は、更新しなかった。私は、私の時間を、売った。仕事をね、もう一つ得た。でも今日は仕事の詳細ではなくて [続きを読む]
  • YMCA
  • 5月最終日。この1ヶ月は、身体的にも精神的にも、忙しかった。なんだかもう一度にいろんなことが降ってきて、あわわわー。で、こうして更新できているんだから、片付いたかというと、そうではなく、降り積もって、一見落ち着いて見えるけど、片付いてない状況。雪解けは、まだ先。とはいえ、パニックから、タックルな状態にはなったと思う。その辺の私のことは、また今度。書かなくちゃ、と思ったことがあったから。仕事の関係で、 [続きを読む]
  • みどり
  • やっと、春。柄にもなくルンルンしたいけど、目が、鼻がっ!はい、花粉症。そんな中、天気に敏感な英国人たちを、かわいいと思ってしまった、私にびっくり。木曜日。暑かった。英国的に。予報は出ていたので、皆待ちに待ったという感じだったけどいざ来て見ると、準備できたなかったという。冬の雪のときもそうじゃん、と思われるかもしれないが、そこには大きな違いが。冬のときは、雪振ったってどうにかなるし、最悪、仕事休んで [続きを読む]
  • 試練なの?罰じゃなく。
  • 霧がかった、なんともどんよりする日が続いているヨークシャー。何が嫌って、髪がさ、大変なことになってる。天パーにとって、この霧とか、霧雨って悪夢、天敵なの。せっかくセットした髪が、ぼわんと、セット前に戻ってしまうんだもの。ああ、憂鬱。でも!まだ、そこらへんを気にするってことは、女捨ててないのかも!って、自分を見直しちゃったりして。カモン、天パー。負けるな、天パー。ほら、天パーって、割と人気あるし。洋さ [続きを読む]
  • イースター、で?、に?、思う。
  • イースター。私は、このイベントが得意ではない。クリスチャンでない私にとって、このイベントは子供たちが無意味に必要以上のチョコレートをもらい食べるというものだからで、毎年、どうやって子供たちのチョコレート摂取量をコントロールするかと頭を悩ませてきた。つまり、私にとってのイースターとは。ざ、チョコレートとの戦い、だった。それが今年は違った、かも。そんな、お話し。前置き、長っ。イースターサンデーに行われ [続きを読む]
  • 死して、生きる。
  • 5歳年上のその人は、自信家で、要領が良く冷静で、容姿は、私の好みではなかったが、清潔感があり、男女問わず好感度の高いレベルと言え、上司からは期待され、女子からもできる人と思われていた。成功する人、というのはこういう人の事なんだろうな、と二十歳そこそこの私は思っていた。当時、大人は汚い、ずるいと思っていた私(私は今も昔も精神年齢が低いのだ)は、その人が苦手だった。計算高く、時に横暴で、大人の象徴のよう [続きを読む]
  • 好みの女の子。長男編
  • 私の、悶々としたことを延々と書いていても、あとから読んで、さらに延々に悶々とするんだと気づいたので、別のことを、書いてみよう。きょうは、長男のことにしよう。彼は、昔から、女子との折り合いが悪い。昔と言っても4月に14歳になるのだから、歴史は浅い。が、いつだって、彼をイラつかせたるのは女子だった。ちなみに、悲しませるのは、男子だった。この状況に大きな変化が起き始めたのは、ハイスクールに通い始めたころ。2 [続きを読む]
  • 思い通りにいかない、日々。
  • もう三月。驚くね、このところの時の経つはやさといったら。地球、回るの速くなってないかい?と怪しんで、ちょっと調べてみたら、、、今、暇って思ったよね?暇といえば、暇だった。で、なんと、実は地球、最近、これまでより遅いスピードで回ってるらしい。速いじゃなくて、むしろ遅かったとは、ダブルびっくりだ。なんで暇だったかといえば、前回の更新の直後に私と子供達、次々に体調を崩してた。ハーフタームで学校が休みで、 [続きを読む]
  • アトピー、その後。
  • まだ寒いけれど、日が長くなってきた。スノードロップや、クロッカスが咲き始め、春が今年も忘れずやってくるよ、と知らせてくれている。日本では、福井県で大雪で、大変だったと聞いた。福井県は岐阜の隣というだけでなく、岐阜から海水浴と言えば、福井の海だし、我が家の楽しかった海釣りの思い出の地でもあり、何かと身近な存在だ、な、って思ったりしている。今日は、ちょっと前から書こうと思っていた、私のアトピー性皮膚炎 [続きを読む]
  • 人相
  • 渡英して14年、初めて、節分忘れなかったよ。せっかく忘れなかったのだから、と、巻き寿司を作って食べた。ツナマヨだったけどね。今年はどの方角なのか知らなかったから、ぐるぐる歩き回りながら食べたけどね、美味しかった。今日は、約14年前に初めて会ったきりだった人と会った、そして考えた、というお話し。M氏は、我が家の英国人のいとこの旦那さんだ。私はその人といとこのSさんに、自分の結婚式で初めて会った。B家の複雑 [続きを読む]
  • 一月、ああ、一月。
  • 先週は、更新をころっと忘れてた。これも歳のせいかね。若い頃はどんなに忙しくても忘れなかったようなことを忘れるようになった。だから手は覚書だらけ。人に見られると恥ずかしいから、日本語でかいたり、イラスト化してみたり。さて、確か、昨年の一月には、一月になると急にスポーツセンターが混み出すと書いた。ザ、一月の風物詩。今年は、別れ。一月に入って身内で二組離婚が報告された。正式にしてはいないけれど、その方向 [続きを読む]
  • 犬の、想い出。
  • いつも通りの生活に戻った、かな。職場での話題の中心がダイエットになると、ああ、一月だなと思う。きょうは、犬年(だよね?)なので、犬の話しをしよう。私が覚えている限り、初めて飼ったのは、テルという、とても賢い、雑種の白い犬だった。温厚で、短髪だったけどふわふわだったのを覚えてる。私は五歳くらいだったかな。そのテルが、両親によると、何か悪いものを散歩中に食べて、突然具合が悪くなり、死んじゃった。そのすぐ [続きを読む]
  • 平成、30年ですってよ!
  • 前回の記事で、立ち直った風にかいたくせに、間があいてしまった。いや、もうね、クリスマス、いつもより苦痛じゃないっていったけど、大変なの、私にとっては。カードを手書きして送るのは苦じゃない、元々日本に住んでた頃も年賀状を書くのはわりと好きだったし。でも、時間がかかる。プレゼントを贈る人数も数もたくさんだから、それも大変。この時期は核家族って素晴らしいって思うわ。一人っ子万歳よ。ま、それも実際、パーテ [続きを読む]
  • 冬到来。
  • 物事が上手くいかないのを秋のせいにしてから、2ヶ月弱たった。この間に、拍手あるいは、コメント残してくださった方々、ありがとうございます。この二ヶ月の間に、二度体調を崩して、そのちょうど真ん中に45歳になった。秋を以前お世話になっていた方のブログのお料理記事を読んでメモったり、自分のレシピ帳をまとめる作業などをしてやり過ごした。思ったのは、自分の状態が低い時に、大切なもの、人が見えてくるのと同時に自分 [続きを読む]
  • 秋は大嫌い。
  • 前回の記事に拍手、ありがとうございます。うん、ありがとう。暗い、暗い、10月。泣けてくる、でもそれをぐっと我慢している10月。だから。秋なんか、大嫌いだー。と、季節に八つ当たり。だって多分季節は文句言わないだろうから。はぁ、物事が次々と、上手くいかないってことあるよね。一個じゃなくて、つづけて。一個なら頑張れるけど、続くと折れそうになる。いや、いっそ、折れてしまいたい。でも、そこで、最大限に踏ん張って [続きを読む]
  • 心の病って、何?
  • 前回の記事に拍手、ありがとうございます。こんなこと書いちゃっていいかな?とドキドキしながら正直に書きました。これからも自分の気持ちに嘘つくことなく正直に書いていきます。今日は、というのはこの記事が更新された日のことなんだけれども、私が親友と言える、あるいは言えた人の誕生日だ。彼女のことは以前に書いている。興味があったら読んでみて欲しい。2010年4月13日、親友という間柄、という記事で、心が不安定になっ [続きを読む]
  • 私は、逃げたかったのです。
  • 先日、魂を込めて書き綴っていた記事を誤って消しちゃってしばらく呆然とした、ので、ちょっと間があいた。凹むよね、記事消えると。だって、もう二度と同じ文章を同じテンションで書けない気がするから。だから、別の視点から、書いてみようと思う。私は、逃げたかったのです。日本社会から。だって、私は、はみ出していたんだもの、子供の頃から。それを理解してか、両親は、皆と同じじゃなくていい、と育ててくれた。でも、やっ [続きを読む]
  • GCSEと個人情報について。
  • 学校で本読みのボランティアを始めてかれこれ六年ほどになる。初めて担当したのはYEAR 6 の7人で、今年7月にYEAR 11を終え、せカンダリースクールを卒業した。彼らのGCSE の結果は私にとってもちょっと気になるものだった。H君を覚えているかな?2011年12月8日の"神を、信じる?"の記事の子。今でも時々道ですれ違う。その度にきちんと恥ずかしそうだけど挨拶してくれる。背もヒゲも伸びてもう立派な青年だ。彼は9つの科目でパスした [続きを読む]
  • トリプル30を目標に。
  • 9月に入った。ら、気温が急に低くなった気がする。学校が始まり、日常が戻った。私の職場でも、新しい生徒さんがスタートしたり、学年が上がって、新しいキーステージに進級したりで、今は覚えることが山積み。スタッフも9月から新しく仲間に加わるなど、新しいことだらけ。実は5名新人が入る予定だったが、なんと内一人がこなかった。事前連絡もなく現場がバタついた。夏休みの6週間の間には人それぞれいろんなことが起こり得る。 [続きを読む]
  • 譲れない、"ライン"。
  • あわわわわ、もう九月になっているよ。八月は一体どこヘ?いつもはちょっと長いなぁ、四週間くらいでいいのにと思うのだが。これは、うまく過ごせたということかもしれない。でも歩かなかったから太ったみたい。ふぅ、まったく私の体は本当にわかりやすい。さて、先日、好きな有名人の話になり、自分なりに、ああそうだったと思い出した事があった。ちなみにその話の相手の方とは全く好みが違っていておもしろかった。ま、それで思 [続きを読む]
  • 死後の世界
  • いつもいく近所の公園のいつものベンチでいつもの様に我が家の男子達がサッカーをしている間、本を読んでいた。家ではなかなか集中できない本もここなら邪魔されることなくよめる。その日読んでいたのは、数年前に譲り受け、一度読んだのだが、あまりピンとこなかったのを思い出し、読んだ環境が悪かったのかもしれないとこの夏再度手に取った本だった。内容が深いのでゆっくりと意味を噛み締めながら、あるいは考えながら時折も時 [続きを読む]
  • 夏休みの出来事 前半
  • 日本は毎日暑いらしい。ヨークシャーは、毎日風が強くて雨が降ったりやんだり、そうかと思うと晴れたりしている。 前回書いたとおり、夏休みに入ってから日頃後回し気味になっていることを片付けている。 やっとタブレットで日本語入力できるようにした。今もタブレットで書いている。が、デスクトップのキーボードの様にチャカチャカと高速でタイプ出来ないからもどかしい。でもこれで、よっこらしょっとデスクトップを立ち上げる [続きを読む]
  • 親孝行、とは。
  •  夏休みに入った。歯医者とか、視力検査とか、普段見てみないふりをしているところの掃除とかを一つ一つ片付ける予定。 さて、今日は「親孝行」について考えてみようと思う。 ちょっとまえにいい年なのに結婚をしてなくて、親孝行できてない、とか、子供がいなく、親に孫の顔を見せてあげられなくて、親不孝だなと、悲観されている人の話をきいた。 私自身、結婚も出産も遅いほうだったので、そう思った時期もあったし、会社で [続きを読む]
  • 大事なのはやっぱり、中身。
  •  ここ数日よい天気が続いている。我が家の男子たち、遠足楽しむことが出来て良かった。夏休みまで、あと1週間よー。 今日は、人はやっぱり見た目じゃなく中身だよな、と思った出来事を書いてみようと思う。 私の職場には、100人くらいの女性が働いていて、男性は10人くらい。100人も女性が集まれればいろいろとあって、まー怖い。と、今日は女性の話じゃなくて男性陣のお話。 ある日、用があって(といってもおつかい [続きを読む]