aratasuzuki さん プロフィール

  •  
aratasuzukiさん: ゆっくりいこう
ハンドル名aratasuzuki さん
ブログタイトルゆっくりいこう
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/aratasuzuki/
サイト紹介文ジェフ千葉を中心に日本代表やJリーグなどサッカー全般を取り上げているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供269回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2009/01/10 22:56

aratasuzuki さんのブログ記事

  • [JEF] 継続か逆戻りか 5位横浜FCとの対戦
  •  福岡と3-3で引き分けたジェフは、今週末もホームフクアリで横浜FCと対戦。  横浜FCは現在5位とPO圏内に付けていますが、先週は延期分もあり連戦をこなして1分2敗と足踏み。  福岡と同様にここで踏ん張れるのか、大事な時期に入っているのかもしれません。  今年の横浜FCは4バックでスタートしましたが、3-1-4-2のシステムに変更して調子を上げていった印象です。  2トップはイバとレアンドロ・ドミンゲスが中心で、レアンド [続きを読む]
  • [JEF] 城後「GKとDFの間が空いていると感じていた」
  •  福岡戦では試合終了間際に福岡の城後がゴールを決めて、3-3の引き分けに終わっています。  城後は福岡にとって、非常に大事な選手。  ジェフにも勇人などはいますが、城後は福岡一筋で他チームからのオファーがあってもチームに残り、苦楽を共にし続けてきた選手です。  そういった選手があの場面でゴールを決めたということは、福岡にとって意味のあることなのかもしれません。  ただ、あのゴールで得た勝点は1のみという [続きを読む]
  • [JEF] 船山「速いボールを蹴ったら入ってくれた」
  •  福岡戦で見事、ハットトリックを達成した船山。  角度のないところからバー直撃のシュートを決めた2点目に関して、このように話しています。 船山貴之「2点目は一度、(斜め後方に出した)FKを止められ、次は通じないと思ったので速いボールを蹴ったら、入ってくれたので本当にたまたま」(Jリーグ公式サイト)  狙って決めたのかと思ったのですが、このコメントからすると偶然入ったということなのでしょうか。  それにし [続きを読む]
  • [JEF] ジェフのビルドアップと福岡のジェフ対策
  •  福岡戦でのジェフは3点を奪ったものの、そのうち2点はセットプレーからで、流れの中からの攻撃に関しては苦戦していたと思います。  特に前半は福岡が守備を固めてきたこともあって、攻撃の形を作れず。  後半開始早々にジェフがリードしたことによって、福岡が前に出てきたためカウンターから攻撃が作れるようになった試合だったと思います。  福岡戦でのジェフはボランチの1人がDFラインに下がって、後方の3枚で回す形か [続きを読む]
  • [JEF] 後半ATに失点し3-3の引き分け
  •  ホームフクアリで行われた福岡戦は、3-3の引き分けに終わりました。  ジェフは前節までの2試合ほど、優位には戦えなかったと思います。  相手の力関係もあったとは思いますが、元気のなかった2チームに比べて福岡戦ではセカンドボールで上回れなかったことが、大きな違いだったのではないでしょうか。  後半ATに失点して引き分けという惜しい試合ではありますが、試合内容から考えれば引き分けは妥当だったように思います。 [続きを読む]
  • [JEF] PO圏内の6位に立つJ2最少失点の福岡
  •  ジェフは山口戦、岡山戦とアウェイで2連勝を達成。  12勝5分15敗となり、これで順位も13位にまで浮上しました。  ちなみにジェフが13位まで上がったのは第21節大宮戦以来で、今季まだ一度も一桁順位に立っていません。  現在のジェフはコンディションも上がってきている印象ですが、大きく改善されたのは守備でしょう。  無理に前には追いかけず、4×4を中心にスペースを作らない。  そこからタイトに守ることによって、守 [続きを読む]
  • [JEF] 先制点を決めた指宿の左サイドに流れるプレー
  •  昨日の話の続きにもなりますが、岡山戦での先制ゴールはまずGK大野のロングキックから始まりました。  それに対応した相手DFのクリアが甘く、船山が拾って、町田、小島、町田と繋ぎ、オーバーラップしてきた溝渕へ。  溝渕がセンタリングを上げて、指宿が足元で合わせてゴールを決めています。  DAZNで解説していた鈴木隆行も話していたように、岡山はサイドで1対2の数的不利となっていました。  それによって溝渕が完全に [続きを読む]
  • [JEF] GK大野のPKストップとロングフィード
  •  GK大野が山口戦からスタメン出場を果たし、結果を残しています。  大野は広島ユース出身で、千葉県の城西国際大学を経て、2016年からジェフに加入。  プロ入り後2年間は公式戦での出場機会がなく、今季はここまでサブにも入っていませんでしたが、山口戦でいきなりスタメン出場し2試合連続で完封勝利に貢献しています。  山口戦後にはサッカーキングで、大野に関するコラムが掲載されています。 フアン・エスナイデル監督の [続きを読む]
  • [JEF] 山口戦、岡山戦で感じたジェフの守備の変化
  •  久々にジェフの守備に関する話をする気がします。  ここまでのジェフはシステムも頻繁に変え、その場しのぎで対応していた印象が強いので、チームとしての守備の狙いというものをあまり感じませんでした。  しかし、ここ2試合は守備的に戦い、メンバーも守備重視に入れ替えて、選手の動きも良くなったことで、守備の意図も感じられるようになった気がします。  まず山口戦でのジェフの守備は、非常にシンプルだったと思いま [続きを読む]
  • [JEF] 1人少ない岡山を相手に2-0の勝利
  •  岡山が58分に退場者を出した展開ではありましたが、そこまでもジェフペースの試合だったように思います。  試合内容としては1-0でジェフが勝利した前回対戦時と似通っていた印象で、岡山は動きが重くプレスからの守備がはまりきれていませんでした。  一方のジェフは試合前にも話しましたが、前節山口戦からコンディションが上がっているようにも感じ、低迷の底は脱したのかもしれません。 ■開始早々にジェフが先制  前節山 [続きを読む]
  • [JEF] 大勝をキッカケに失ったものを取り戻せるか
  •  台風、地震と大きな災害が続いていますね。  見ているだけでゾッとするような光景が報じられていますが、少しでも被害が少なく済むようにと願うばかりです。  そして、被害に遭われた皆様にお見舞いを申し上げます。  さて、前節は山口を相手に、4-0で大勝を遂げたジェフ。  順位は16位と変わっていませんが、7月29日の新潟戦以来となる5試合ぶりの勝利となりました。  今週末はアウェイ連戦で、岡山と対戦します。  先 [続きを読む]
  • [JEF] 船山が13ゴールを上げJ2得点ランク3位タイ
  •  山口戦の前半終了間際、船山が貴重な先制ゴールを上げています。  山口戦の前半は立ち上がりこそジェフが良い形で攻め込んでいましたが、その後は一進一退。  前半途中からは山口の方がチャンスを作っていた展開だっただけに、45分+3分という時間帯に船山がゴールを決めて折り返せたのは大きかったですね。  ゴールシーンを振り返ると、後方でボールを奪ったところから小島が素早く左サイドへ展開。  矢田、下平と繋いで、 [続きを読む]
  • [JEF] 山口戦でスタメン復帰した町田がゴール
  •  5月に左肩関節脱臼を負って、長期離脱していた町田。  8月18日の水戸戦で復帰し2試合続けて途中出場すると、9月1日の山口戦でスタメン復帰を果たしました。  そして、その山口戦でゴールを決めたことになります。  山口戦での町田は積極的に裏に飛び出して、攻撃を牽引していた印象です。  8分には指宿のロングパスに飛び出して、左足でミドルシュートを放っていますが、GK藤嶋がセーブ。  その後も右サイドの裏を取ってチ [続きを読む]
  • [JEF] 山口のプレスの課題とジェフの対応
  •  試合後にも話したように、山口のプレスはうまくはまりきらない場面が多く、中盤にスペースが出来ていた印象でした。  ジェフにも近いところを感じるだけに、参考になる部分もあるのではないでしょうか。  特に昨年のジェフのプレスと、被るところがあるのかなと思います。  山口のプレスを図にすると、このような形に。  まず1トップのオナイウが追いかけて、主に近藤から鳥海にボールを誘導する。  そして、鳥海にボー [続きを読む]
  • [JEF] ジェフ対策をやり返すような展開で4-0の勝利
  •  ジェフが久々の勝利を、4-0という大勝で飾りました。  ジェフも8月は勝星なしという状況でしたが、山口は10試合勝星なしということで、やはりどこかおかしかったように思います。  軽率なプレーも目立ち、甘いプレーからの失点も多かったですね。  ジェフとしては、やはり攻撃的な相手には強いのかなといった印象です。  また、試合前にも話した通り、山口はジェフに似たところがあって、いつもジェフがやられているような [続きを読む]
  • [JEF] 4試合勝星なしのジェフ 10試合勝星なしの山口
  •  まず、業務連絡というかブログ運営側の話ということになりますが、昨日はてなダイアリーのサービスが2019年春に終了になると発表になりました。  発表によるとはてなダイアリーは2003年からスタートしたとのことで、当ブログは2004年4月スタートしましたので、スタートした直後から長らくここでやってきたことになります。  しかし、ややこしいことに先行していたはてなダイアリーに続いて、はてなブログというサービスも始ま [続きを読む]
  • [JEF] 下平がジェフ移籍後初ゴールを記録
  •  横浜FMからレンタル移籍している下平が、東京V戦でゴールを決めました。  公式戦での下平のゴールは、2016年6月の大宮戦以来ということで2年ぶり。  プロ入り後、リーグ戦通算で7ゴール目となるそうです。  得点シーンを振り返ると、後方の熊谷から前線へのロングパスを船山が落として、勇人、指宿と繋ぎます。  そこから為田が仕掛けてセンタリングを上げ、ファーで指宿が競り合います。  これを井林が頭で跳ね返そうと [続きを読む]
  • [JEF] エスナイデル監督「少ないチャンスでやられてしまった」
  •  エスナイデル監督は東京V戦後、「相手のチャンスは少ないのにやられてしまっている」と話しています。  確かに東京Vの得点以外でのチャンスと言えば、ドウグラスのセンタリングにアランが飛び込んだシーンくらいでしょうか。  しかし、ジェフも得点以外でのチャンスは68分にカウンターから指宿が飛び込んだシーンくらいで、相手はリードしたからこそ無理に攻めなくなったという部分も考慮しなければいけません。  それでも、 [続きを読む]
  • [JEF] 東京Vにハーフスペースを攻略されて失点
  •  タイトルにハーフスペースと書いておけば、注目が集まるでしょうか(笑)  ハーフスペースとはピッチの横幅を5つに分けて、中央とサイドの間のスペースのこと。  この辺りは西部謙司氏による、こちらのコラムなどに詳しく書かれています。  ただ、5レーンにせよポジショナルサッカーにせよ、最先端のサッカーと言われることが多いと思いますが、コラムにもあるように昔からあった発想だと思います。 例えば、「ハーフスペー [続きを読む]
  • [JEF] バイタルエリアを攻略されて2-3の敗戦
  •  8月最後の試合でしたが、ジェフは東京Vにも2-3で敗れてしまいました。  これでジェフは8月の勝星はなしということになりました。  東京V戦もホームということもあってか、動きは悪くなかったと思います。  前への勢いもあったと思うのですが、その裏を取られてやられてしまいました。  特に中盤の守備に問題を感じた試合で、バイタルエリアを攻略されて大量失点となってしまった印象です。 ■立ち上りは押し込むも逆転され [続きを読む]
  • [JEF] 昨年と同時期の低迷から脱することが出来るか
  •  前節水戸戦では試合終盤に1点を失い、0-1で敗れたジェフ。  接戦をものに出来なかったことになりますが、こういった試合の方がダメージは大きいのかもしれません。  精神的に落ち込まないように、気を付けなければいけませんね。  これでジェフは、ここ3試合で1分2敗。  8月に入って未だに勝利できておらず、明日の東京V戦に臨むこととなります。  明日の試合が8月のラストゲームとなりますから、ここで勝てなければ勝ち星 [続きを読む]
  • [JEF] 町田が水戸戦で約3か月ぶりの試合出場
  •  町田が水戸戦で、約3か月ぶりの出場を果たしました。  町田は5月12日の新潟戦で、左肩関節脱臼を脱臼し途中交代。  その後、手術を行い全治3か月と診断されていました。  水戸戦では70分から茶島に代わって、インサイドで出場。  87分には、左サイドの為田が仕掛けてセンタリング。  ニアで船山が競って、ファーの町田が反応してダイレクトでシュートを放っています。  しかし、シュートは力なく、GK松井にキャッチされ [続きを読む]
  • [JEF] ここまでのシステムとジェフ対策の変化
  •  今年も4-4-1-1や4-4-2、3-5-2など、様々なシステムを試してきたジェフ。  しかし、ここに来て4-1-2-3で安定してきたのかなと思います。  ここまでの流れを少し振り返っていくと、昨年はハイプレス・ハイラインの4-1-2-3を基本としてきました。  しかし、前からのプレスがはまりきらず、昨年途中からは相手の対策も明確になっていき、裏を取られることも増えてしまいました。  例えばこんな対策。  長身FWを前線において、 [続きを読む]
  • [JEF] 水戸のジェフ対策とクラブの方向性
  •  町田戦に続いて、水戸もジェフを相手に組織的なプレスをかけてきました。  町田と水戸とではプレスのかけ方もチームのコンセプトも大きく異なるとはいえ、共通していたのは攻守に意思統一されたサッカーをしていたことだと思います。  両チームともプレスからリズムを作ってきた印象で、ジェフは後方からのビルドアップにおいて苦戦していたと思います。  水戸のプレスを図にすると、こんな感じに。  まず4-4-2でバランス [続きを読む]
  • [JEF] 左サイドからの攻撃に偏り0-1で敗戦
  •  アウェイではありましたが、涼しくなってきたこともあってか、思ったよりジェフの選手たちは動けていたと思います。  そのため、ジェフが大崩れすることはありませんでした。  もっとも大崩れするか否かが問われている時点で、そもそもチームとしてどうなのか…という思いもありますが。  ただ、もともと守備よりも、攻撃的なチームを目指しているはず。  僅差で競り勝てるようなチームにもなっていない印象ですから、ああ [続きを読む]