masayuki さん プロフィール

  •  
masayukiさん: ベルギー移住生活
ハンドル名masayuki さん
ブログタイトルベルギー移住生活
ブログURLhttp://belgium-yuki.blogspot.be/
サイト紹介文ベルギー人妻と柴犬Momo(♀)と暮らすベルギー移住生活、街歩き、ビール生活・オランダ語法定翻訳
自由文妻はベルギー人、2008年9月、ベルギーへ移住しました。言葉の違い、文化の違い、環境の違い、すべてが新鮮で、困ったこともあるが、異文化生活を楽しんでいます。写真も豊富で、あなたもベルギーに来た気分に・・・・なれたらいいなあ・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2009/01/11 04:58

masayuki さんのブログ記事

  • 沖縄生活
  • 2ヵ月ぶりの沖縄、2ヵ月ぶりの自宅に帰ってみると暑かった ・・・ 当たり前だけど、乗ってきたタクシーはクーラーを強めているのでなおさら、家に入ると、むわぁ〜っとする暑さに辟易してしまった。この状況をカメラに収めようと、取り出したらレンズが曇って使えなかったよ(笑)屋内の各所に置いてあった除湿剤のタンクはすべて満タンに溜まっていた ・・・ きりがない感じだけどね。それでも沖縄の8月の降水量は平年の19% [続きを読む]
  • Okinawa に移動しました
  • 8月28日、夜の便でブリュッセルを発ち、29日夜に沖縄に着きました!今回の沖縄滞在は約1年間になる予定。この「ベルギー移住生活」への投稿も少なくなると思う。あまり役には立たないと思うが、ブリュッセルから沖縄までの旅程を記しておきます。チェックインはインターネットで済ませているので、手荷物預けるだけ ・・・ だけど、殆どの人がインターネットでチェックインしているので、普通に並ぶことになる。僕は座席指定を2 [続きを読む]
  • Lier でMomoちゃん散歩!
  • リール(Lier)市内でのMomoちゃん散歩 ・・・ いつもの事ではあるけれど、久しぶりに遠出をして修道院辺りまで行ったので、記しておきます。最近は近場しか歩いてなかったので ・・・まずは旧市街を囲む遊歩道 ・・・ Momoちゃん得意の両足上げおしっこスタイル!リールの町は中世の頃は要塞都市で、城壁で囲まれていた。中世の地図2つの川の流れを利用して、旧市街を囲む堀を作りその内側に城壁があるのがわかる。現在でも [続きを読む]
  • 最近嬉しかったこと Tennis
  • 2003年6月に始めてベルギーを訪れた時、その年の全仏テニスで女子シングルスの優勝者がベルギーのジュスティーヌ・エナン、準優勝がキム・クライシュテルスという、ベルギー選手の快挙に沸いている最中だった。2008年にベルギー移住した後は、僕も地元のテニスクラブに所属して、本格的なクレーコートでテニスが出来るようになった事もうれしい事で、テニスクラブや、テニス大会の雰囲気が素晴らしくて、本当に夢のようだと思った [続きを読む]
  • アントワープのビール祭りBollekesfeest
  • ベルギーを楽しむために忙しくしております。アントワープのブリュワリー De Koninck の主催するビール祭りがあったので行ってきた ・・・ Bollekesfeest 2017 ・・・ ボレケスフェースト(De koninckはボレケの愛称で親しまれているからだろう)まずは、アントワープ中央駅から会場までの街歩きを楽しむ事にしよう!中央駅の鉄柱の張り紙 ・・・ 「公共の道でアルコールを飲むのは禁止です」 ・・・ 飲み歩きじゃなくて、 [続きを読む]
  • アントワープ Rubensmarkt
  • 8月15日は「聖母の被昇天」という事でベルギーの祝日、アントワープでは「母の日」でもある(アントワープの守護聖人は聖母マリア)。この日、アントワープでは「ルーベンスマーケット(Rubensmarkt)」が開催され、ものすごい賑わいを見せる。マーケットに出店する業者は、ルーベンスの時代(17世紀)の衣装を着なければならないという掟があるらしい(笑)「15日はアントワープへ行こう!」 と、決めていた。が、急遽、アントワ [続きを読む]
  • ブリュッセル Flowertime
  • 8月13日(日)ブリュッセル。2年に1度の「Flowertime 2017」が開催されていたので、Katrienと一緒に出掛けてみた(Momoちゃんは留守番)・・・ TVニュースで知ったイベントだった。夜10時までのイベントなので、ブリュッセルに着いたのは17時過ぎ。ベルギー政府は、脅威度評価を3(高い。テロの可能性があり,発生し得る)を維持しており、依然高い脅威があるとしていることから、引き続き十分な警戒が必要です。(8月2日、ベル [続きを読む]
  • Google ローカルガイド
  • 「投稿した写真が Google で新記録を達成しました」という通知が「Google」から届いた!300万ビューですよ、みなさん!と、言っても「何の事だか?」だよね。僕が2008年に、ベルギー移住してから始めたこのブログ、そのために撮ったベルギー生活における写真は膨大な数になっている。その中から、風景的に「いいな」と思ったものを Google マップの観光地やお店の場所マークに写真投稿していたのだけど、今では2千枚を超え ・・・ [続きを読む]
  • 日常
  • イベント続きが一段落して、「おうちご飯」(笑) これだけの野菜を準備して ・・・バターで炒めて ・・・出来上がったのは「ムール貝のビール蒸し」ま、いつもの料理なので説明は省略しますが、代表的なベルギー料理のひとつ ・・・ 他にもカルボナード・フラマンド、ワーテルゾーイなど、あるけど、僕はこれが一番好き!ムール貝を食べた後には、野菜たっぷりのスープが残るので、後日に「雑炊」を作るのが楽しみなのだ!洋 [続きを読む]
  • 半日バカンス!
  • 月曜、朝のMomoちゃん散歩で、いつもの遊歩道を歩いていると、ブナの大木の根元に巨大なキノコが発生していた!Eikhaas / Hen-of-the-Woods /MaitakeMomoちゃんと比べたら巨大さが判る ・・・ 色も同じ(笑)気になるので調べてみたら、オランダ語名は Eikhaas 英語名はHen-of-the-Woods、日本語名は Maitake ・・・ なぬ、マイタケだと!く、喰えるのか?普段食べているマイタケとはずいぶん違うぞ ・・・ 食用にする時期を [続きを読む]
  • ゲント ベルギー第3の都市
  • ベルギー第3の都市、ゲント。8月6日(日)、午後からKatrienと共に、ベルギーの某団体のガイドツアーに申し込んで参加してみた。(僕はビール醸造所見学も含まれているというので、喜んで参加した)金曜広場の中央に建つ、14世紀初めのゲントのヒーロー、ヤコブ・ファン・アルテフェルデ(Jacob van Artevelde)の象。この像の前で参加者が集合する事になっていた ・・・ 集合時間の13:45から2分くらい過ぎた所で参加者25名くら [続きを読む]
  • ベルギー人夫婦との1日
  • Katrienには、ベルギー人の友人がいる、当たり前だけど ・・・ その中でも親友と言える女性のお宅へお邪魔して、昼食を共にする事になった。土曜日の午後に到着したら、すでに庭にテーブルがセッティングされていた ・・・ 陽は照っているけど、背後には黒い雲。そんな事にはお構いなく、ご主人が「まずは何を飲みますか? シャンペン、ワイン、ビール?」 と、聞いた ・・・ 形式的には、最初にみんなでシャンペンで乾杯 [続きを読む]
  • アントワープで夕方から歩く
  • 8月3日(木)アントワープ。ブリュッセルで美術鑑賞を堪能した翌日ではあるが、アントワープにはちょっとした用事があった。夜の用事だったので、夕方にアントワープ入りして、ちょっとの時間、ひとりで歩いて「〜ぶらり」したのでその辺から ・・・ 中央駅、到着したのは17:15だった。ケイゼルレイ(De Keyserlei)を歩いて、振り返ったところ。レイス通り(Leysstraat)を歩いて、振り返ったところ。メイル(Meir)にあるショ [続きを読む]
  • ブリュッセルで街歩き〜ぶらり
  • 8月2日(水) ブリュッセル市。月の第一水曜日は、ブリュッセルのほとんどの美術館、博物館が無料公開になる日である。そして、夏期間限定でベルギーの王宮も無料公開している期間なので、両方を一気に楽しんでしまおう!ベルギー旅行、観光旅行ではなかなか実現する事の出来ない、スペシャルな街歩き。ベルギー在住者ならではの特典ではないか!て、事でベルギーの首都ブリュッセルの王宮へ突撃した(笑) 天気はイマイチではあ [続きを読む]
  • ムール貝の日
  • 「ムール貝の日」というのは「ひとりご飯の日」という事でもある(笑)ムール貝の匂いが好きじゃないというKatrienなので、なるべく彼女がいない時に食べるようにしている。この日は27日(木)、Katrienがテニス大会に出場して、夜に試合があるというので一人で出かけて行った。予定は判っていたので、前もって買い出しをしてあったのだ(笑)香草類 ・・・ 今回はフェンネルもある!玉ねぎ、ニンニク、パセリは必須として、ニン [続きを読む]
  • 日常
  • 7月23日(日)、アントワープへ行ってきたのだけど、その日の午前中。朝食はKatrienが作ったバナナケーキ。良く作るので、簡単に作ってしまうが、美味い!日曜日の朝は 「いつものトーストじゃなくて、美味しいものを」 というのが我が家なので(ベルギー家庭は大体そうなのかもしれない) ・・・ 以前は日曜日の朝だけ、パン屋で菓子パンを買ってくるのが日課だったのだけど ・・・ 近頃は自家製ワッフルを作ったりと、頑張 [続きを読む]
  • アントワープで飲み歩き〜ふらり
  • 7月23日(日)アントワープへ行く事になった。何と、2日連続!ブルージュ在住の飲み友(兼テニス友)のAさんが、訪ねてくれるので、もちろん目的は「飲み歩き〜ふらり」リール駅(Lier)から電車に乗りますよ。アントワープへ行くには18分しかかからないのに、田園風景も楽しめます(笑)途中停車駅のベルヘム駅。アントワープ中央駅に着くと、ブルージュからやってきたAさんがスタバの前で待っていてくれた。大体いつもSMS(電話 [続きを読む]
  • アントワープで街歩き〜ぶらり
  • 7月22日(土)アントワープへ行く事になった。ポーランドから久し振りにアントワープに来た友人に会うため、「日本語を話そう会」の仲間たちが集まる事になっている。僕はちょっと早めにアントワープに着いて ・・・ ひとりで〜ぶらり、する事にする(笑) アントワープ観光!第一はまず、中央駅だろうな ・・・ 素晴らしい駅、地上ホームで電車から降りてきたら、まず目にする石造の時計台 ・・・ 鉄とガラスもふんだんに使 [続きを読む]
  • ベルギー建国記念日の事
  • 7月21日は「ベルギー建国記念日」だった。国民の祝日で休日になるのだけど、すでにバカンスシーズンに突入しているので、区切りがはっきりしない様なベルギーです(笑)これ、後日入手した電車内新聞 metro のナショナル・フェースト特集号の表紙。ベルギーの「おらが国自慢」(笑)がおもしろい。まず、山高帽をかぶった紳士は画家のルネ・マグリット(ルーベンスじゃないんだね)。そして、お馴染みのフリッツ、ワッフル、チョコ [続きを読む]
  • メッヘレンの街歩き〜ぶらり 02
  • メッヘレン街歩き〜ぶらり ・・・ その2大ベギン会修道院(Groot Begijnhof)に来ています。車が通れない細い道。窓に飾られた花のプランター。石畳の小道。修道院というと、キリスト教の修道女が静かに暮らし、毎日祈りを捧げる日課を送る場所とイメージしがちだが、ベルギーのベギンホフ(Begijnhof)というのは「ベギン会修道院」と翻訳されたのが間違いではないかと指摘されている。もとはといえば、12世紀ごろの十字軍に駆 [続きを読む]
  • メッヘレンで街歩き〜ぶらり 01
  • 4月1日に投稿した記事 「最後のメッヘレン訪問」 で、「おそらく最後の訪問になる」だろうと書いていたのだけど、今回も行く機会があったので「〜ぶらり記事」を書きます。「エイプリルフールだった」という事でご勘弁願います(笑)Sint-Pieters-en-Pauluskerk例によって、僕のメッヘレン訪問は第一裁判所(マルガレータの宮殿)からのスタートになるので、歩き始めて最初に目立つ建築物はこのバロック様式の教会です。3月に訪 [続きを読む]
  • 公開 おうちご飯
  • Facebook で僕が、ムール貝のビール蒸しを食べて、ビールを飲んでいる写真をよく載せるので、「あいつはムール貝ばかり食べて、ビールばかり飲んでいる!」と、友人知人や、遠く離れた沖縄の家族にも思われているハズである(笑)なので、決してムール貝ばかりじゃなくて、ビール中毒でもないという所を報告しなければならない(笑)朝食は大体、平日にはKatrienが作った自家製食パンで、ミルクとコーヒーで頂く ・・・ 日曜日の [続きを読む]
  • カリヨンコンサート Lier
  • ベルギーでは、各町に大なり小なりの教会が必ずあり、歴史ある大きな町は立派な教会で、高い鐘楼が付属している。その鐘楼の内部には組鐘(カリヨン)が備わっていて、鍵盤楽器として演奏し、メロディーを奏でる事が出来る。それはもう大変な大仕掛けで、超大型楽器ともいえるだろう ・・・ 教会の中にはパイプオルガンという、これまた超大型楽器もあるが ・・・ スゴイね、教会。それはさておいて、歴史ある鐘楼で立派な組鐘 [続きを読む]
  • ムール貝三昧!
  • タイトルのムール貝は置いといて、まずはパンの写真から。Katrienが焼いたパン。いいねぇ〜、久しぶりの傑作だねぇ(いつもが悪い訳ではないよ!) 膨れ具合、焼き具合、雑穀の出具合 ・・・ 適度な硬さ ・・・ いいね!今朝食べたけど、やっぱり美味かった!お昼は、僕が作ったパスタ・ボロネーゼ。特にこだわりはない ・・・ あるもの野菜で、適度な味付けをするだけ ・・・ 、今日は挽き肉の他には、ニンニク、トマト [続きを読む]
  • ルーヴェン 久し振り!
  • 訳あってルーヴェンへ行ってきた。訳というのはKatrienのテニス大会出場。わが家からルーヴェンまで、車で50分程もかかるのに、わざわざ遠くのテニス大会を選んだのにも訳がある。自分が出たいクラスメントの大会(Katrienの場合、25歳以上、または30歳以上の30ポイント以下のクラス)を探していると、家から近い場所での開催がない場合がある ・・・ それでも、「どうしても今週の大会に出場したい」という強い気持ちがあると [続きを読む]