amy さん プロフィール

  •  
amyさん: 想言葉。
ハンドル名amy さん
ブログタイトル想言葉。
ブログURLhttp://dp.tosp.co.jp/index.php?action=blog_view_entry&topFlag=1&ocd=user&oid=5565490
サイト紹介文溢れる想いの殴り書き。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 82日(平均0.8回/週) - 参加 2009/01/11 22:59

amy さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • いつかきっと。
  • 笑顔でいたい立ち止まってもまだ此処で終わりではないから今はただ此処で流れていった景色を見て居たいのとめどなく落ちた涙は明日にはきっと乾いている「いつか」「きっと」と願い続ければ報われるのかな追い続ければ 叶うのかな手放した方が楽になれるのかな心の声に耳を傾けて届かなくてもそれでもヒカリを求めるのは届かないからこそ強くなってく想いが私を明日へ導くから追いかけていたい触れられなくても私は強いから大丈夫 [続きを読む]
  • 悲しみの夜明け
  • 悲しみは永遠ではない苦しみも永遠ではない辛いことに足を取られてそれがまるで永遠であるかのように心がおれて動けなくなることもあるけれどこのままでいいの?そんなに簡単に心は壊れないことを本当は知っている息をするのもやっと叫び声さえ飲み込んでもがきながらも手を伸ばすのなら悲しいこと全部苦しい気持ちも全部プラスのパワーに変えて生きてくしかない自分に負けたくない悲しみを越えていけるこの丘を越えていける夜明け [続きを読む]
  • 隠したまま
  • 言えない言葉がある言ってしまえば楽なんだろうでも言ってしまえば良くも悪くもきっと何かが変わってしまう心の中でせめぎあう2つの感情明日は来るのかなもう来ないのかな明日も明後日も変わらずに貴方に会いたいよ苦しんでるのは私だけ知られないように隠してるから明日も明後日も変わらずに貴方に会いたいけれど同じ笑顔に会えるかな大切に思ってくれているのなら曖昧なまま側に居るのは苦しいんだよ貴方から聞きたい言葉がある [続きを読む]
  • 心の中で生きている
  • 大切な物や人大切だったっていつも失ってから気づく。後悔ばかり頭を巡るだけど本当に大切なものならば後悔だけじゃなくて楽しかったこととかしあわせだったこととかその姿は鮮明に目蓋の裏側に残っているからなんだか涙もあたたかくなるあなたがわたしの心の中で生きているしっかりと息をしているあなたの声が聞こえてまだわたしも生きていけるって思ったよ [続きを読む]
  • 冬の魔法
  • 届けたい言葉も伝えたい心も想えば想うほど絡まってもどかしいどうすれば届くのかな伝わるのかな心が凍って思考停止動けない魔法をかけてあなたの声で凍った心を溶かしてよ魔法をかけて冬の星座に私に力をあなたに届くように魔法をかけて美しいまま [続きを読む]
  • 言の葉の魔法
  • 立ち止まったらいけないの?そんなことないよ立ち止まったらダメだって思い込んでるだけ本当は強くて弱いから少し休めば回復してまた歩いてみようかなって思える日が来るはずだよ魔法をかけよう心に言葉で魔法をかけよう心も言葉も嘘つきで素直ですぐにあれこれ信じちゃうから魔法をかければ何だってできるようになる頑張る力は誰かに貰うものじゃない自分の中から湧いてくるものもうダメだって思ってもまだ見ぬ力は自分の底で眠っ [続きを読む]
  • 伝えたいこと
  • 心は嘘つきだから、心に魔法をかければなんでもできる言葉も嘘つきだから言葉でどんな魔法もかけられる信じるって難しい信じたって無意味言葉は嘘つけるから言葉は傷つけるから心は嘘つきと思い込んでいる嘘は心を少しずつ壊してく本当の思いほど喉の奥でつかえて声にならないあなたに届く前に粉々になって残骸だけが散らばっているだけど消えてもくれなくて苦しくなるんだでもやっぱり伝えたい方が勝るんだだから、頑張れるんだ [続きを読む]
  • ひまわり
  • 笑顔でいたい立ち止まってもまだ此処で終わりではないから今はただ此処で通り過ぎた景色を見ていたいんだ私は強いから大丈夫だよもう泣かないって決めたんだ伝えたい想いほど喉の奥で支えてもどかしい言葉は嘘つき心も嘘つきだからこそ大丈夫だって頑張れるのかな届かないからこそ続けられることもあるように [続きを読む]
  • No Title
  • やさしいうたをうたいたいやわらかい光の中降り注ぐ優しい雨のような心の中で思うけどなんだか偽りのような気がして立ち尽くしていたそれでもあなたの言葉はどうしてわたしを傷つけて癒すのだろう目に見えないものさえも信じていられたならこの迷いも消えるかな傷つけたことさえ気づかずに笑ってたあなたはいつだって受け止めてくれたから愛してるって思い込み空っぽのままで満たされないとしがみついていた大切ことはどうして失っ [続きを読む]
  • 過去の記事 …