竹 さん プロフィール

  •  
竹さん: 〜未知なる城を求めて〜城郭研究ノート
ハンドル名竹 さん
ブログタイトル〜未知なる城を求めて〜城郭研究ノート
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/joukakukenkyuu
サイト紹介文日本の中世城郭を中心に、お城を様々な角度から検証します。
自由文お城めぐりの記録や、文献史料から様々なお城の姿を検討する「城の社会史」、お城から見た絶景を集めた「城跡から見た風景」、城郭関係講演会、シンポジウム、研究会などの情報書庫など、研究者の方から一般の愛好家の方まで、幅広く楽しんで頂ければと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2009/01/12 14:04

竹 さんのブログ記事

  • 明日です!東北学院大学中世史研究会大会
  • 再掲です。いよいよ明日です。ちょっと参加者が少なそうなので、ぜひいらして下さい。東北学院大学中世史研究会第54回大会のお知らせ【期日】2018年12月2日(日)【場所】東北学院大学土樋キャンパス  ホーイ記念館2階203教室 (正門向かい側に建設された新校舎です) 【第54回大会】13:30開始 〔講演〕 藤田 俊雄 氏(八戸市立図書館主事兼学芸員) 「南部家文書の世界」 〔研究報告〕   滑川 敦子 氏(宮城県教育庁 [続きを読む]
  • ◆ 『戦国の城の一生』書評&重版決定 ◆
  • 拙著『戦国の城の一生』の書評が1つ出ました。『東京新聞』11月11日号に、作家の伊東潤さんが書いて下さいました。ありがとうございます。この日にアマゾンのランキングが1000番台まで急上昇しました。やはり新聞の書評の影響力はあなどれないですね。書評は東京新聞のHP上でも見ることが出来ます。ご興味のある方はどうぞ。http://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2018111102000209.htmlまた、おかげさま [続きを読む]
  • ◆ 書籍紹介『河北選書 南三陸の山城と石塔』 ◆
  • 書籍紹介、本当はたくさんしたいのですが、なかなか回らず・・・。そのなかでも、今回のものはどうしても紹介したかったのです。田中則和『河北選書 南三陸の山城と石塔』(河北新報出版センター、2018年10月)です。地方出版の本なので、あるいはご存じない方も多いと思いますが、この選書シリーズは宮城県・仙台を中心としたあらゆるテーマを扱っていて、良い本が多いです。その選書の1冊として、今回の本が刊行されました。著者 [続きを読む]
  • 東北学院大学中世史研究会第54回大会のお知らせ
  • 正式な情報が出ました。最近参加者も少ないので、是非いらして下さい。参加費無料です。会員の方々にはメール・ハガキを出しております。ご確認下さい。東北学院大学中世史研究会第54回大会のお知らせ【期日】2018年12月2日(日) 【場所】東北学院大学土樋キャンパス   ホーイ記念館2階203教室     (正門向かい側に建設された新校舎です) 【第54回大会】13:30開始  〔講演〕   藤田 俊雄 氏(八戸市立図書館 [続きを読む]
  • ★ 城郭探訪 二本松城その4 ★
  • 二本松城、ラストです。蔵屋敷。これも蒲生時代の石垣だったか。移設復元だったか。これが本丸裏手にある二段石垣。やはり蒲生時代の遺構です。これがL字堀。畠山時代だろうと。この空堀もそうだろうと。松森館。三段石垣と思われるもの。どうもよくわかりませんでした。案内板。一周してきました。今回はとても楽しかったです。二本松城、おすすめです。畠山氏時代、蒲生氏時代、そして近世と3つの時期の遺構が残る複合型の遺跡 [続きを読む]
  • ★ 城郭探訪 二本松城その3 ★
  • どんどん続きます。猫がいますが、ちょうどそういう展示をしていたそうです。う〜ん、正直残念(笑)この紅葉の風景は本当に絶景でした。奥の方の丘も山もみんな色づいていて。さあ、ここからがメインディッシュの文禄・慶長期の蒲生時代の石垣です。やっぱいいですね〜。これが見たかったのです。やっぱ二本松城は面白い。続きます。**********************************応援のポチ、お願いしま [続きを読む]
  • ★ 城郭探訪 二本松城その2 ★
  • 二本松城、ようやく続きです・・・。本宮館。曲輪もよく残っています。山中にある堀。これは中世にさかのぼる遺構かな。新城館。だいぶ上まで来ました。搦手門跡。いい感じの石垣です。搦手門から本丸を見る。見渡す限りの紅葉と遺構で素晴らしかったです。ようやく山頂まで来ました。続きます。**********************************応援のポチ、お願いします![https://history.blogmura.com/his_s [続きを読む]
  • ★ 城郭探訪 脇本城その4 ★
  • 脇本城、続きです。こういう井戸跡が結構あります。中心部から500mほど離れた「馬乗り場」(「古館」)へ向かいます。誰もいない・・・着きました。縄張図。なかなか複雑な構造をしていますね。低い土塁で仕切られています。おしまい。**********************************応援のポチ、お願いします![https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字を [続きを読む]
  • ★ 城郭探訪 脇本城その3 ★
  • 脇本城、続きです。ここが枡形っぽくなっています。内館中心部を見る。仕切りの大土塁がくっきり見えます。雄大な景色大土塁。続きます。**********************************応援のポチ、お願いします![https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字を )]好評!?発売中です。よろしくお願いいたします。詳しくは↓↓https://blogs.yahoo.co.j [続きを読む]
  • ★ 城郭探訪 脇本城その2 ★
  • 脇本城、続きです。城域南側、生鼻崎へ向かいます。よく整備されています。説明面倒なので、写真だけ。ここが南端部分といえますかね、土塁上です。ここからの眺めが最高!誰一人いない城跡(笑)。絶景を独り占めです。続きます。**********************************応援のポチ、お願いします![https://history.blogmura.com/his_sengoku/ にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ(文字をクリッ [続きを読む]
  • ★ 城郭探訪 脇本城その1(男鹿市脇本)
  • 秋田県男鹿市の脇本城です。安藤氏の本拠の一つで、国指定史跡となっています。ここも行ってみたかったところでした。何しろ遠いので、なかなか機会がありませんでしたが、行ってみたら面白い城で、また絶景を楽しめました。秋田駅からJR男鹿線で終点男鹿駅で下車、レンタサイクルを借りて城跡へ。レンタサイクルは、基本的には駅周辺の散策用ということのようでしたが、頼み込んで城跡までOK頂きました。自転車なら全然余裕で [続きを読む]
  • ◆ 『戦国の城の一生』 訂正箇所について ◆
  • 拙著『戦国の城の一生 つくる・壊す・蘇る』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー、2018年)、刊行して少し時間がたちまして、ちらほらご感想を頂くようになっております。この間、誤植をいくつか発見&指摘されました。何回も見たんですけど、ダメですねぇ…。p16「大形」⇒「大方」p25「熱さ」⇒「厚さ」p91・図18「岩倉城」⇒「石倉城」p144「現存以降」⇒「現存遺構」このうち「岩倉城」は、実は最終校正で指摘し [続きを読む]
  • ◆ 『戦国の城の一生』 無事刊行 ◆
  • 拙著『戦国の城の一生 つくる・壊す・蘇る』(吉川弘文館歴史文化ライブラリー、2018年)が、何とか無事刊行されました。初の一般書の単著になります。そういう日に限って体調が悪く、お祝いどころではないのが残念です…。生み出すまでなかなか苦労したので、その疲れが今になって出てきたというんでしょうか。出たのはいいのですが、変なミスがないか心配でしょうがないですね…。何回も見直してはいるんですが、それでも出てき [続きを読む]
  • ★ 城郭探訪 久保田城その2 ★
  • 秋田の久保田城、続きです。本丸から表門。本丸はなかなか広いです。本丸内も紅葉がきれい。埋門跡。本丸西側の多聞長屋跡。御隅櫓。もちろん模擬ですが、本来は2階建ての櫓があったそうです。別角度から。こっちから見ると、より模擬感が(笑)帯曲輪門。枡形しっかり残っています。帯曲輪門を抜けると帯曲輪があります。こういうのがよく残っているんですよね。ほぼ一周してきて、本丸の裏門。裏門とはいいながら、表門と同じ方 [続きを読む]
  • ★ 城郭探訪 久保田城その1(秋田市千秋公園) ★
  • 続いて、久保田城をご紹介しましょう。秋田藩佐竹氏の居城ながら、東北人にすらあまり知られていない城ではないかと思います…。普段学生に聞いても、久保田城といってすぐわかる人は、ほとんどいないよなぁ…という感じです。千秋公園になっているので、遺構はどうなんだろうと思っていましたが、結構残っていて、十分楽しめる城跡で驚きました。ホントに面白いので、是非秋田へ。現地の看板。大手門跡。大手門の堀。堀はよく残っ [続きを読む]
  • ◎ 城跡から見た風景37 久保田城 ◎
  • 城跡から見た風景、今回は秋田市の久保田城です。もう2年前になります。ちょうど紅葉の季節で、素晴らしかったです。実は久保田城、公園になっているわりには遺構がよく残っています。近世城郭好きは大満足すると思います。来てみて東北!御隅櫓。紅葉がすごかったです。南側。南西側。西側。西北側。北側。東側、公園内。紅葉の穴場ですよ。ぜひ、今年の紅葉は東北・秋田へ!************************* [続きを読む]
  • ★ 城郭探訪 福井城 ★
  • 県庁があることで有名な福井城です。ある意味現役の城ですな。去年見に行きました。いろいろと整備されつつあるようです。絵図のパンフレットもありました。こんな感じです。時間がなかったので、ものすごく駆け足で見ました。御廊下橋の復元整備中でした。たしかもう終わったはずです。見たかったですね〜**********************************応援のポチ、お願いします![https://history.blogm [続きを読む]
  • ◆ 『戦国の城の一生』近刊予定 ◆
  • 吉川弘文館の「歴史文化ライブラリー」というシリーズがありますが、その1冊として、『戦国の城の一生』という本を刊行させて頂くことになりました。9月18日の予定です。表紙が完璧ですね。理想通りの表紙で、大変ありがたいです。『応仁の乱』と同じくらい売れたら嬉しいです(笑)予約受付中とのことで、発売前重版といきましょう。ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。詳細は、吉川弘文館のHP、または各ネット書店へ。** [続きを読む]
  • 伊達市歴史文化講演会2 「南北朝・室町期の城館と北畠氏」
  • (写真は利府城。南北朝期に村岡城として登場するのは、この城か?)福島県伊達市で、北畠顕家生誕700年を記念した催しがいろいろ開催されておりますが、12月にシンポジウムがありますので、宣伝です。以下、伊達市HPからの情報です。伊達市歴史文化講演会2 「南北朝・室町期の城館と北畠氏」【日  時】  平成30年12月8日(土曜日) 13時〜17時【場  所】  伊達市梁川中央交流館(伊達市梁川町字南本町35)【駐車場】 [続きを読む]
  • ◎ 城跡から見た風景36 唐津城 ◎
  • 久しぶりの「城跡から見た風景」のコーナー、今回は、佐賀県の唐津城です。ここもようやく見ることが出来ました。JR筑肥線から撮影。川と海に囲まれた、ここぞという場所に城はあります。素晴らしい。もちろん、天守は模擬ですが、すっかり地域の風景に溶け込んでいますね。最近リニューアルされて、内部の展示も充実していました。で、これが見たかったのですよ、特別名勝虹の松原!絶景ですね!東側になります。東北側。海が広 [続きを読む]
  • ★ 城郭探訪 舘山城(米沢市舘山) ★
  • 5月に久しぶりに行ってきた、米沢市の舘山城です。伊達氏の城で、一時期こっちが本拠だったんじゃないか説もあり、でも発掘したらすごいのが出てきて、ここもいろいろ論争が起きていて、なんとも不思議な城なのです。上杉神社からレンタサイクルで。十分行けます。小高い丘程度なので、すぐに登れます。で、これが問題の枡形虎口です。以前見に来た時より看板も増え、整備されていましたね。でも、このへんの石は基本そのままかし [続きを読む]
  • ★ 城郭探訪 一乗谷朝倉氏遺跡その2 ★
  • ソフトバンクのお父さんのふるさと、一乗谷の続きです。ついに来ました、義景の館。この一帯、すべて遺跡ですよ、この雰囲気は素晴らしいものがありました。で、これですよ、細かいところまで全部残っている・・・。凄すぎる。史料も残っているから具体的に復元できる・・・。凄すぎる。しばらくデスクトップ画像にしました。裏山にある湯殿跡庭園。本当にすごかった・・・。これが復元された城下町部分。諏訪館跡庭園。特別名勝がごろごろ [続きを読む]
  • ★ 城郭探訪 一乗谷朝倉氏遺跡その1 ★
  • いろいろ前後しますが、去年の夏に行った一乗谷朝倉氏遺跡です。これがまた素晴らしかった。こんなにすごいところだとは思わなかったですね。もっと早くきちんと勉強しておくべきでした。これこそ世界遺産レベルだと思うんですけどね。福井駅から越美北線ですか、まさにローカル線でした。本数ちょっと少なすぎやしませんかね。自転車を借りて、まずは下木戸。ワクワクです。この石垣ね、これはすごかった。こういう城下町、屋敷の [続きを読む]
  • ★ 素晴らしかった!相馬野馬追 ★
  • 城じゃないけど、念願の相馬野馬追に行ってきました! 本当に、ようやくですよ。戦国時代やっている人間としては、一度は見てみたいと思ってました。当日は不安定な天気で、何回もズブ濡れになりながら、一通り見ることが出来ました。本当は、前後の日も見なければなりませんが、それはまた次の機会ですね。仙台駅から常磐線で原ノ町駅まで1時間20分。仙台からずっと満席です。原ノ町駅からは次々と送迎バスがやってきて、簡単 [続きを読む]