みのたろう さん プロフィール

  •  
みのたろうさん: 行けばわかるさ
ハンドル名みのたろう さん
ブログタイトル行けばわかるさ
ブログURLhttps://ameblo.jp/mawom/
サイト紹介文明るい未来のために。霊性、思索、施術
自由文自身の原因不明症状を長年かかって克服し、慢性症状等を癒すべく各種施術に取り組んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2009/01/13 17:38

みのたろう さんのブログ記事

  • 富岡製糸から多胡碑へ。
  • 初めて富岡製糸場に行ってきました。高崎市街西方の実家から安中方面経由で向かいました。ママチャリで約一時間半でつきました。先ず目に入ったのは「かいこの王国」(チョコレート店)でした。イモムシ恐怖症の私は、どうしてもお土産にすることができなかったのですが、桑の葉と蚕の幼虫のカケラを試食させてもらいました。サクサクしていておいしかったです(笑)。シルク入り石鹸は「試洗」させてもらったので、綺麗なオネエサン( [続きを読む]
  • 中山道しのぶ安中杉並木
  • 実家の前は旧中山道です。と言っても子供の頃から知っていたわけではありません。多分中学生ころに「旧中山道」という表示が立てられたのです。以前は、八百屋さん、魚屋さん、パン屋さん、乾物屋さん、タバコ屋さん、酒屋さん、釣具屋さん、お好み焼き屋さん、お蕎麦屋さん、そして実家の食堂などがあったのですが、今はお米屋さん以外の商店は皆なくなってしまいました。父親はまだ商売がしたいらしいので、「じゃあ、中山道饅頭 [続きを読む]
  • ☆元極特別講習会 〜東京〜
  • ☆元極特別講習会 〜東京〜 〜米老師による特別貫頂と元極講座〜 日時;2017年 6月18日(日曜日) 午後1時〜4時まで場所;中目黒スクエア 目黒区中目黒2丁目10−1303−3719−0694 日比谷線;中目黒駅下車 改札を出て横断歩道を渡り右手方向、山手通りに沿って歩く、徒歩約7、8分東急バス;東京共済病院前下車、徒歩2分車;山手通り沿いに駐車コインパーキングあります。 心身ともに健康であることは、 [続きを読む]
  • しのぶけのくに
  • 昨日、高崎の実家の近くを探索するつもりで、「高崎 遺跡」で検索すると、保渡田八幡塚古墳、井出二子山古墳、八幡二子塚古墳がヒットしました。前二者が近くにあったので、こちらに行くことにしました。井野川を遡り暫く行くと、「かみつけの里博物館」という表示が有ったので、簡単な案内所があるのだろうと思いました。しかし現地に行ってみると立派な博物館で展示も素晴らしかったです。それからお目当ての埴輪と古墳を見 [続きを読む]
  • 中国元極功法・講習会
  • 2月20日から米強先生が来日されます。 各会場案内 大阪教室3月4日(土)13:30〜16:30 会場:阿倍野学習センター 和室 申し込み先: blog_genkyoku@yahoo.co.jp代表 車佳哉 高山教室3月5(日)午前の部09:30~12:00 午後の部13:30~16:00 申し込み先:yy_2002_yasuko@dokomo.ne.jp、saron.tomotomo@docomo.ne.jp 代表 四辻泰子(090-4157-4062),今村知子 東京教室3月11日(土)13:00〜16:00 会場;上目黒住区センター 第4 [続きを読む]
  • 元極講習会
  • 〜元極講習会のお知らせ〜宇宙の3元のエネルギーを取り入れ、大自然と調和とれる方向に心身を調整してゆきます。初めての方もどうぞお気軽にご参加ください。11月23日、午後1時〜3時まで中目黒スクエア(青少年プラザ)5階和室C中目黒駅、改札を出て横断歩道を渡る、山手通り、右側に沿って歩くとあります。7〜10分ぐらい、参加費、愛のカンパで、、タオル1枚、動きやすい服装で、、(テキスト希望の方は、1500円 [続きを読む]
  • 元極講習会
  • 川合さんより、下記の通りご連絡がありました。詳細は川合さんにお聞きください。 11月23日(勤労感謝の日)午後1時〜3時まで中目黒スクエア(青少年プラザ) 5階 和室 C東横線、日比谷線、中目黒駅、改札を出て正面の横断歩道を渡る、右側に山手通りに沿って歩く、徒歩7〜10分ぐらいです。    タオル1枚、参加費 カンパ程度で、お願いいたします。   感謝川合 弘記&未花mika kawaihttp://omapu.com [続きを読む]
  • 立冬の養生とツボ
  • 立冬:寒を除き陽を守り、腎を補うを第一とする。毎年11月7日または8日〜しっかりと燥邪と寒邪を防ぎ、腎経の調整を主とする。養生保健のツボ:湧泉、太谿、腎兪、関元?立”は開始の意味で、?冬”は終わりの意味です。立冬は、冬季の開始であり、冬季の最初の節季で、毎年11月7日または8日です。立冬に入ると、昼は更に短くなり続け、夜は更に長くなって行きます。陽が減り陰が増え、陽気は収斂し、陰気は増大します。普通はまだ [続きを読む]
  • 久々の金縛り
  • 肩の柔軟体操をしながら眠ってしまい、目が覚めたら息が苦しくて、二の腕(上膊部)が口と鼻を覆ってました。 しかも金縛りになっていて体が動かず・・ここで慌ててはいけないのが金縛りの鉄則なので・・心を落ち着けて、細い息をしながら、手の動きを確かめると、指先がかすかに動いたので、そこから何とか動きを促して・・生還いたしました(笑)。 とにかく昔はしょっちゅう金縛りになっていました。昼寝などすればその晩は確実 [続きを読む]
  • 霜降の養生とツボ
  • 霜降:陰精を保養し、滋潤して正気を補うべき。毎年10月23日または24日。しっかりと寒邪を防ぎ、任脈の調整を主とする。養生保健のツボ:足の三里、血海、関元、中脘。「気が締まり凝結し、露は結んで霜となる」とされ、天気は冷え、霜が降り始めます。霜降は秋の最後の節季で、秋が冬へ移行する節季で、毎年10月23日または24日です。この時気候は既に寒冷になりつつあり、夜には霜が降り、早朝はどんよりと曇って寒いです。一日の [続きを読む]
  • 美しき緑の星
  • https://vimeo.com/129957744発禁になった覚醒映画なのだそうです。面白いです。考えさせられます。もしかしたら、近い将来本当にこんなことがあるかもしれません。 [続きを読む]
  • 寒露の養生とツボ
  • 【寒露の養生とツボ】 寒露:陰を養い燥を防ぎ、肺を潤し胃を補益する。毎年10月8日または9日しっかりと寒邪を防ぎ、任脈の調整を主とする。養生保健のツボ:腎兪、関元、足三里、神闕 寒露は露が寒さによりもうすぐ凍ることを指し、深秋に至ったことを意味します。この時気温は更に低く、気候は清涼から徐々に寒冷に変わり、朝晩の温度差は顕著になります。毎年10月8日または9日です。?北斗星が甲を指すのが寒露で、こ [続きを読む]
  • メシクワーナンダ
  • 夕食食べるの忘れてました! 私は元々一日二食なのですが、夕食が遅いことが多く、少しも健康的ではありませんでした。案の定数年前から血圧が高くなり、久々に献血に行ったら、お医者に叱られてしまいました。昨年の12月から今年の3月まで昼の一食だけで過ごし、血圧は下がったので、それから2食に戻した時に、夕食はなるべく早く食べるようにしました。とはいえ、基本的に健康食というよりも、ものぐさ食なので、どうして [続きを読む]
  • 六祖慧能
  • 米強先生と久々にお会いし、楽しい時間を過ごさせていただきました。水餃子は本来は生ニンニクをかじってから食べるというお話や、餃子の具にはニンニクは無いとか、そこから、先生が南宗の本山で精進料理を食べたお話しになりました。南宗の開祖(禅の中興の祖)である六祖慧能のお話しは特に勉強になりました。それで、慧能が語ったという六祖壇経を読んでみることにしました。六祖壇経https://www.amazon.co.jp/%E5%85%AD%E7%A5%9 [続きを読む]
  • 秋分の養生とツボ
  • 秋分:早寝早起き、暖を保ち湿を防ぐ。毎年9月23日または24日しっかりと寒邪を防ぎ、腎経の調整を主とする。養生保健のツボ:太谿、腎兪、関元、命門?分”は?半”の意、典籍《春秋繁露・陰陽出入上下編》には:?秋分は、陰陽相半ばなり、故に昼夜等しく寒暑も等しい。”と記載されています。秋分は昼夜を等しく分け、秋の第四の節季で、毎年9月23日か24日です。 秋分から、我が国の大部分の地域では爽やかな秋に入 [続きを読む]
  • サン・オブ・ゴッド
  • https://www.youtube.com/watch?v=qPBvpEMTvE4 この映画しりませんでした。CSでやっていたので見ています。「太陽の神」(←酷い英語力)かと思ったので、初めの方を見逃してしまいました。私が見始めたのは取税人マタイがイエスに招かれる場面で、マタイがポロポロ涙をこぼしたので私も泣いてしまいました。彼は自分が罪びとであることを自覚していたのです。人生最悪だった頃、新約聖書に救われました。必死に読みましたか [続きを読む]
  • 不純パパジ批判
  • パパジの本を読んで腹を立て、放り出してから、また読んで、暫くしたら、「やっぱり静かじゃなきゃダメだよなあ。」と思い、それから、良い気づきがいくつかありました。感謝です。さて、しかし、パパジがこのyoutubeで言っているようなものって本当に悟りなんでしょうか?というより、パパジが言う通りにできるでしょうか?思考を観る→私を観る→私も思考も消える→大いなる静寂・平安・大いなる源が現れる≒悟り・・・としてい [続きを読む]
  • 白露の養生とツボ
  • 白露:肺の呼吸機能を改善し痰を取り除く。陰液を滋養し気を補う。 毎年9月7日或いは8日しっかりと燥邪を防ぐ、脾経と胃経の調整を主とする。 養生保健のツボ:三陰交、膏肓、関元、復溜白露の時期、夜或いは早朝から草木の上にいつも白い露を見ます。古くから白露と呼ばれ、露が結び白くなります。これは秋の第三の節季で、毎年9月7日または8日。南北の景色の様相には差があり、北方では蒸気が露を結びますが、南方では [続きを読む]
  • 我に安んず
  • ここ数日の試行錯誤の末にようやく中心が定まり、「我に安んず」という言葉が浮かんできました。どこかで聞いた言葉なのだと思いますが、これまで思い浮かんだことはありません。 私の感覚では「我」に意識が定まって静かになったという感じなのですが、元の意味は「自分自身に満足する」という意味なのかもしれません。 この自分が単なる「私」なのか「私は」なのかでずい分意味が変わってしまいます。 私の愛読書 [続きを読む]
  • 一生の内で自由を得るには?
  • 最近、たまたま「ルーツ」を見ました。改めて、アメリカ黒人の偉大さを感じています。白人の酷さは見るに堪えませんが、ただ、当時の白人もそれなりに生き残るために必死だったのだろうとは思います。 さて、「ルーツ」では、三代かけて自由への道を辿りますが、初めはとても自由を望める状況ではありませんでした。それでも、子孫が親の意志を継ぐことで、もちろん時代の変化もあるわけですが、ついに自由を得たのです。&nbs [続きを読む]
  • スピリチュアル本を読んで腹を立てる。
  • スピリチュアル本は買わないと決意してから10年近く経ちます。何をすればいいかはっきり分かったのでそうしたわけですが、ちょっと気の迷いで一冊買ってしまいました。私は勝手に、ラマナ・マハルシ師とニサルガダッタ・マハラジ師をアドヴァイタの師と仰いでいるのですが、このプンジャジという方は覚醒後に在家生活に入ったそうなので、何か表現上に理解の助けになるものがあるかな?と期待したのです。もう学ばなくていいという [続きを読む]
  • 埋蔵経
  • 昨晩ふと、自分の(霊的な)適性を知りたくなって本棚をひっかき回していると、思いがけずイニシエーションという神智学系の本が出てきました。 http://www.meditations.jp/index.php?main_page=product_music_info&products_id=1573 この本の前訳を20数年前に紹介されたのですが、全く頭に入らなくて「ついてゆけない」と言ったら、「潜在意識に入るだけでも将来役に立つから、分からなくても読むといいよ。」と言われま [続きを読む]
  • 実感
  • むかし神霊的な気功を習っていた時、相当一生懸命やったので、たぶんリップサービスだと思うのですが、治療効果の高い気がでていると評価されました。 でも、自分にはその実感はまったくないので、結局、気功治療というのはほとんどやったことがありません。 大昔、鍼灸治療というのは統計に基づいた科学だと聞いたことがありました。だから、このツボを使えばこうなるというパターンを沢山知っているほど良いのだと聞き [続きを読む]
  • 我あり、故に我思う。
  • デカルトが言ったという「我思う、故に我あり」というのはどんな意義があるのでしょう?確か中学生頃習うんでしたっけ?で、「ああそうだよな。」と思った程度で特に追及したわけではないのです。で、いまだにどういう意義があるのか分かりません(笑)。かれこれ10年近く前に、「自分の意識を先入観なく眺める」という作業を続けて結局失敗し、途方に暮れていたときに、ふと、何も考えていなくても「我」という感覚があることに新鮮 [続きを読む]