高嶺 さん プロフィール

  •  
高嶺さん: 1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ
ハンドル名高嶺 さん
ブログタイトル1DAY-25HOURS デザイン・フォー・ライフ
ブログURLhttp://ousia.livedoor.biz/
サイト紹介文美術・思想史・舞台芸術輸入住宅バラ園芸 英国大使館UKJAPAN2008ブロガー英国アンバサダー
自由文UK-JAPAN2008公認ブロガーとして活動。美術史、思想史、舞台芸術と輸入住宅インテリア、バラ園芸について。駐日英国大使館公認(UK-JAPAN2008)ブロガー。2010〜英国大使館広報ブロガー,2015年英国アンバサダーの活動も含みます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2009/01/15 10:15

高嶺 さんのブログ記事

  • TAZO のブレックファストティー The Westin Bonaventure Hotel
  • 一階ロビーフロアにあるLakeview Bistro で朝食ビュッフェ。LAといえばコーヒー...なのでしょうが、やはり朝はミルクティーとダージリンが飲みたいということで、Black Teaをお願いしましたところ、TAZOのティーセレクションを箱ごと出してきてくれました。ティーカップではなくてマグなのがらしい、たっぷりのめます(ポットにお湯をいれてサーブしてくれます。オレンジジュースも)スモークサーモンとエッグベネディクトが美味 [続きを読む]
  • LA ダウンタウン Westin (US/CA)
  • チェックインすぐに写真ととったので朝食やホテルの方とのお話しなどはまた別にPrime(最近リノヴェーションがすんでいるダウンタウンのホテルもあります大規模ホテル、ハイアットのようなホテルかな。立地はまあまあです。アメニティなどは少な目。ローブもお気に召したらギフトショップでどうぞ、という感じで二つありませんでした。お茶をベースにしたアメニティはいいと思いますが、2名で宿泊しているからこちらもふたつあって [続きを読む]
  • ”LA Prime” (Westin・ボナヴェンチャー・ダイニング)
  • ロス(US)を後にする前に、以前スタッフで10年近く仕事をしていた(当時日本在住・静岡から週二回以上同じ職場にいましたしよく話した。)F氏と日本人の奥様の息子さんがLAとパサデナに住んで仕事をしているということだったので、どうせなら!?とLAPrimeを予約して食事したときの写真です。ボナヴェンチャーのメインダイニングですが、一階下には同じく夜景がみえるラウンジもあるので、食事はかるくドリンクで話しをしたいと [続きを読む]
  • The Huntington; Library, Cilture. Science, and Bptanival garden
  • アメリカ、カルフォルニアのパサディナにある”ザ・ハンティントン”へ行きました(2018年3月19日)ロスから東の内陸へすこし行ったところにあります、学術教育の街として有名です。植物園が有名ですが、貴重書を多く保管し公開するライブラリー、絵画工芸をあつめた建築、自然・薬学・科学・天文学をテーマにした科学史のミュージアムもあります。写真はBEATIFUL SCIENCE の天文学に関するセクション。貴重書を補完するライブラ [続きを読む]
  • 朝倉彫塑館 特集「呉昌碩と朝倉文夫」屋上庭園のオリーブ
  • 台東区立朝倉彫塑館へ。展示のご案内をいただきまして、学友の陽子さんをお誘いして一緒にいってきました。2月上旬。2017年1月5日(金)〜3月7日(水)※東京国立博物館・書道博物館との3館連携事業です朝暘の間、書斎から続く部屋にこの期間だけの書画、書簡など展示されています。少し早目だったので中庭の梅はまだつぼみでしたが、今ごろは梅も開花していることでしょう。帰りに朝倉文夫<淡彩梅図>のポストカードを買って [続きを読む]
  • 万年青(おもと)をいけました 1月の記事一覧
  • おもとをいけました。古典園芸、古典花のひとつ。徳川家康入城の時期が最初ともいわれるもの。赤い実を霜から護るようにいけるという初春のならいにその他に沿っていけたものでお稽古の仕上がりはこちら。にほんブログ村https://www.facebook.com/ikebana.sogetsu/いけばな草月流 Sogetu FBいけるちゃん https://twitter.com/ikeru_chan1月は幾何の文庫を読んだり、雪も4年ぶりに関東都市部にもふり、年始の寒さも数十年ぶりと [続きを読む]
  • illyのカッフェー 京都拉麺小路 12月の記事一覧(2-5位,5-9位まで)
  • 京都駅で新幹線を待つ間に(なぜ新幹線は待合所がせまいのだろう...移動するなら飛行機派なのでもう少し京都駅のパブリックスペースは待ち合わせや時間まで過ごせるところを設けてほしい...)近鉄駅側にIllyのカッフェーがあるのでひとやすみ...イタリアのコーヒーはなかなか本格的なものは日本ではのめないのでillyは増えてほしいです...(赤坂サカス店はいつも混雑している・近鉄京都駅側はすいていました)久し振りに近鉄で奈良 [続きを読む]
  • クランベリーズ:The Cranberies
  • I Can't Be With Youクランベリーズのヴォーカル、ドロレスが亡くなったという報が。ドロレス(リスナーなのでドロレス嬢と呼んでいました高校―学生のとき) 通学時間はもちろん、遠出や旅行へ行くときにもよくCDを持って行ったし今も聴く。2ndリリース時から聴き始めていたので、アルバム収録曲はほとんど覚えているし歌える。SOMETHING ELSE [CD]CRANBERRIESRYKOD2017-04-282017年のアルバム。ベリー・ザ・ハチェット [CD]ク [続きを読む]
  • 京風雑煮 くみあげ湯葉御膳 (小倉山荘カフェ)
  • 西山日記の続きです。関東人なのでお雑煮はおすまし、角もちが定番です。ただし京風おばんざい お惣菜の料理本を10冊ほど持っていて季節ごとに作っています。そのためレシピはもっているのですがあまりいただく機会がない京風雑煮を西山でいただいたので記念に写真をとりました。小松菜のゼリー寄せは家でもつくってみたいです。くみあげ湯葉に、京風の丸餅と白みそのお雑煮があたたまりました。http://www.ogurasansou.co.jp/sit [続きを読む]
  • ローズヒップ 月桂樹 ノーベル文学賞・平和賞(スピーチ)Novel Price 2017 
  • のばら、ニュードーン、月桂樹、オリーブなど家にあるもので簡易的なリースを。東京新聞2017年12月12日朝刊に掲載されたノーベル平和賞授賞式 サーロー節子さん演説全文(日本語、英語 東京新聞は英語も掲載)をこちらにも。NHKはじめ私が知る限りでは地上波TVではほとんど掲載、報道されませんでした。(批判をうけて一日以上おくれてニュースで一部触れられた模様)複数の新聞、報道に触れる重要性を感じます。そして情報の格 [続きを読む]
  • 古民芸 遊さんへ (光明寺 西山 京都)
  • 京都西山、天王山から大山崎美術館で有元利夫展をみまして、光明寺へ。こちらも紅葉時は有名なようです総本山。その山門前にある古民芸 游 さんを紹介していただいて、立ち寄りました。店内をお写真とらせていただいたのでこちらにも。江戸期、人間国宝の方の作品、花器や酒器などなど近くへいらしたときには立ち寄ってみてはいかがでしょうか。私は江戸期の器と大正期の硝子のうつわを記念に選んで購入してきました。大学で日本 [続きを読む]
  • 奈良:東大寺 三月堂 二月堂 絵馬堂茶屋
  • こちらに不空羂索観音(ご本尊)と後ろに秘仏(12月16日のみ開帳)四天王、金剛力士像国宝8体の天平仏が。三月堂は700年代から現存する東大寺の中でもっとも古い建築で、そこに安置されている仏像と対峙するとき、自分が生きてきた時間はもちろんのこと、あらゆる厄災、戦争、困難、あるいは人人の日常、それらを時代をこえて見据えてきた存在を感じます。この世が調和を保ち、保つべき平衡を人の過激な感情で破壊されたり殺生が正 [続きを読む]
  • 鶴屋吉信 京都本店 お休み処
  • 12時半前には今出川へ戻らねばならいので、鶴屋義信さんへ(本店)へ。関東首都圏では日本橋などに路面店があります。お休み処は別の入り口をすすみ、エレベーターか階段へ二階へ。ぜんざいほか季節の生和菓子含むおしながきから選びます。私は、ここはやはり上生菓子を選びたくて本展限定の葉ボタン他の新春ものにしました。煎茶、そして抹茶とあわせていただきます。同伴した娘は、かねてより望みだった、ぜんざいを。にほんブロ [続きを読む]
  • 花器の色を考える Color of the Container
  • いけばなお稽古。花器の色を考える--花器の色を含むテーマということで普段使わない赤いモダンなデザインの花器にしました。赤系のしぼりのカーネーション、ブプリウム、クリーム色にパープルのカラーであわせてみました。クリスマス花にしてもよかったのですが、つるりとした質感の器なので、リューカデンドロンなどをあわせると質感があわないかもしれないと思い、この組み合わせに。お稽古でのしあがりはこちら。 https://www.f [続きを読む]
  • 札幌 大通り公園沿い ゴッホ展写真 12月記事一覧
  • 札幌滞在時の写真、載せ忘れているものがあるので少し追加します。ホテルリソルトリニティ札幌 アート空間を大切にしたロビー、部屋も滞在するのにちょうどよいデザインでした。予約したカテゴリーよりやや広めの部屋にしていただいたようです。大通り沿いなので便利ですし、窓からの眺めも◎朝食はレストラン一階のイタリアンで和洋イタリアンビュッフェ。サラダもたっぷりでした。(去年、京都モントレの記事を書いたら人気にな [続きを読む]
  • 奈良国立博物館ー猿沢の池 12月記事2-9位
  • 東京駅に戻る前に奈良へ。東大寺周辺をまわりました、奈良は二年ぶりですが東大寺周辺はさらに数年ぶり。三月堂にいきたくて行きました。別記事にしましょう。博物館は休館日で入っておりませんが外観。12月記事 エントリー分の2位―9位ですヴァニティ 模様替え 10月エントリー記事(2-5位まで)中林忠良 銅版画家展 ”腐蝕の海 / 地より光へ” (於:川越市立美術館 kawagoe city museum))川越Colors Contrast:色をい [続きを読む]