アメバレ さん プロフィール

  •  
アメバレさん: 輸入住宅一直線
ハンドル名アメバレ さん
ブログタイトル輸入住宅一直線
ブログURLhttps://ameblo.jp/mashima3953/
サイト紹介文輸入住宅最前線の後継版です。
自由文輸入住宅一直線 頑張ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2009/01/15 17:46

アメバレ さんのブログ記事

  • 軽井沢シリーズ
  • 軽井沢は太郎山別荘地というエリアで間もなく一棟竣工する。500坪近くある敷地なのに平らな部分が僅かしかなく、後は谷底の絶景。これが一般的な軽井沢の立地条件なのである。中はアメリカの家具付き。でかい吹き抜けが特徴。まだ芽吹いてないのだが、この風呂から眺める三角に突き出た窓の景色が美しい!(予定)こちらは前段のプロジェクト8の現況。「家の中に櫓(やぐら)」これが重要ポイント、どんな風になるかお楽しみに! [続きを読む]
  • Visions of China
  • やはり桜は散ってたか〜 しかし軽井沢方面は今が満開なので寂しがる必要はない。今日はChinaな話なのだが、例えばJapanは勿論「日本」だけど、その他の意味に「漆(うるし)」がある。Chinaは「中国」の他に「陶器/磁器」がある。その国を代表する製品から来たのだろうと思う。確かにその文化は秀でたものがある中国なので、ちょっと紹介してみよう。キッチンなどの取っ手、つまみはこうした陶器が多く 現在10元(170円)ほど。 [続きを読む]
  • プロジェクト 7 8
  • さてさて現在進行している軽井沢のプロジェクトに集中しなければならない。この二棟を夏までに竣工させる大プロジェクト、燃えていくのだ。Luxuryがテーマの大型別荘なので造作やキッチンなどはまた派手にいくつもりである。そして一階の床は大半をタイルで仕上げる予定なのだが、そのデザイン貼りにも注目して頂きたい。キッチンはこんな感じで行くのだが今回も中国工場に発注、明日から天板のデザインやらの打合せに大連に。 忙 [続きを読む]
  • 我が家はシンデレラ城 The private showing [Final]
  • 一ヶ月に渡って紹介してきた「我が家はシンデレラ城」のWEB内覧会は今日で最終回となります。実に大変な反響で、お引き合いも頂きました。 ってかまだまだ紹介する所たくさんあんだよな〜 レッツゴー。ここで登場のプリンセスヴァニティ、オリジナルキャビネットはパスタモールを金で着色し足も付けてエレガントに。カウンターは天然大理石だ。一押しのグレイのドライウォールに浮かびあがるは大連で買ってきたプリンセスミラー [続きを読む]
  • シンデレラを追え! The private showing 10
  • さてweb内覧会も大詰め、「我が家はシンデレラ城」なんでシンデレラの物語。魔法の解けた夜中の12時、王子との舞踏会を飛び出して家に帰るシンデレラ、階段の途中でガラスのクツを落としてしまう。  その階段を造ってみた。この家では多くのディスプレイニッチを造った訳だが、何と階段の蹴込にそれを造り、ガラスのクツを入れ変化するカラーLEDライトで演出するっていうアンビリーバボーな階段なのだ。 背景は暗闇をイメージし [続きを読む]
  • ベル(Belle)の厨房 The private showing 9
  • 美女と野獣リビングに接するは主役ベルの厨房だ。自分でデザインして何なのだが 凄い 凄すぎる。ここまでデコを徹底させたキッチンもそうは無いだろう。まあ企業秘密だらけなのだが どうぞご覧あれ。カップボードは装飾を沢山沢山使用、デザインはまあまあ勢いで早く作ったんだけど、施工図にするのは苦労したぜえ。大工さんもテンパってたなあ・・・汗。そのカップボードに負けない対面パネル。リビングに対」してる訳だから、 [続きを読む]
  • 美女と野獣のリビング The private showing 8
  • ではいよいよお待ちかねのリビングルーム! 題して「美女と野獣リビング」 配色はイエロー寄りのベージュにモールディングは多少赤寄りのベージュ、ボーダーは濃いエンジ・・・と 白は一切使わず! だ。 カーテンのバランス(勿論スワッグアンドテイル)は野獣のマントを模した濃いオーシャンブルーである。そこに野獣がいるよう・・・・じゃあベルは何処に?って それは貴女さあ。 マントルピースは壁にベタ付けの方法をと [続きを読む]
  • 我が家はシンデレラ城 外観編 The private showing 7
  • このブログで「ファンタジックハウスを創れ!」と叫んできて早10年、こんなファンタジーな家が出来て感慨無量である。(涙)勿論、まだまだ進化はするだろうが、これは実に集大成と言って良いだろう。比較的狭い敷地という悪条件の下では上出来なのである。古い街並みではあるが、近隣の皆様にも歓迎を受けるのだ。この家のデザインポイント。塔屋・・・下屋根の上乗せパターンは結構難しいのだが、うまくまとめた。そしてメンテ丸 [続きを読む]
  • 我が家にアトラクションを!その2 The private showing 6
  • TDL 誰もがその行列の少なさと、その割に充実したアトラクションに酔いしれる「カリブの海賊」 それが一階から二階に上がる階段で実現だ。既に一階ホールで「ブラックパール号」を眺め、妙な形のアーチには看板を見て 早く そこに行きたいんだぜ〜 と心がはやる。まあ仕上の事は考えず↓をご覧あれ。 カリブの海賊と言えば 最後の方で登場する 牢獄と鍵をくわえる犬のシーンが印象的だが、この階段も終盤にそれに会える。 [続きを読む]
  • 我が家にアトラクションを! The private showing5
  • TDLに来たら勿論アトラクションに行かなくてはいけない。私は行列系が苦手なのだが我慢我慢、最近はファストパスっつうものがあるから大丈夫なのだ。入場後に真っ先にファストパスをGETするのは やはり ホーンテッドマンションか!ホール編から何やら気になるこの扉、ホーンテッドマンション感を出しまくっている。まさか この扉を開けたらホーンテッドマンションが始まるってえ訳なのか??そうよ その通り、この家は徹底した [続きを読む]
  • かくして天蓋は現わるる!  The private showing 4
  • まずはこのため息が必ず出るキングサイズ・ビクトリアン・ベッドのお姿をご覧頂こう。ベッドヘッドにナイトテーブル、リネンに至るまで全て輸入を達成、そして何といってもこの「天蓋(てんがい)」と天蓋のファブリック。これを収めるにあたっては盛り立てる内装も一苦労。薄いベージュのドライウォールはエレガントに二重のガタガタコーナー、天井は協調するようなちょい濃いめのピンクベージュ。窓のカーテンは少し控えめのノー [続きを読む]
  • アリス・ワンダー・ホール The private shwing 3
  • さて前回に続いてホールだが、奥が気になるところだ。奥にはエレベーターとその奥に和室だ。 そしてそのエレベーターホールと言うべきか 悠然と現すのが とてもとてもワンダーな手洗いである。これから出現する沢山のアトラクションルームを予兆するかのようにゾクゾクさせてくれるのだ。コーヒーカップの陶器ボウルに円盤方のキャスケイド水栓、下台は小さくなったアリスが飛び出してきそうな木株の扉。イチマツ模様の床アクセ [続きを読む]
  • 我が家はディズニーリゾート The private showing 2
  • ではまずラムズヘッドに表札オブジェをくっつけた玄関ドアをくぐり抜けよう。この家の玄関はどうしてもラムズヘッドで行きたかった訳だが、当社で持ってた在庫の寸法が合わず、それなら切ってでも使ってやるう〜と 中間にデコパネルを作ってくつけたのだが、こりゃ正に怪我の功名。フルオーバルにシンメのサイドライトは豪華ですねえ。玄関を開けると この風景。おおお ぞわぞわするぜえ〜、これは一体・・・・・。TDLでは最初 [続きを読む]
  • 我が家はディズニーリゾート The private showing 1
  • それではお待ちかねの「我が家はシンデレラ城」のweb内覧会といきましょう。  シンデレラ城だけでは枠に収まらなくなりそうなので「我が家はディズニーリゾート」とダイナミックに変更してしまった・・・。(ま そのぐらい凄いので・・・) 実に見せ場が多いので、いつもの更新率でいくと二か月はかかってしまう。2〜3日で更新して参りますので乗り遅れずについてきてたもれ。今日は単なるイメージのみで、次回からディテール [続きを読む]
  • ワンダーだぜ! 「我が家はシンデレラ城」前振り
  • できはした。お引渡しもした。しかし、まだ全てをやりつくしていない「我が家はシンデレラ城」。施主様のインテリア小物が続々と入荷し、それらを付けるのも徹底追及って訳だ。 人質は勿論メンテ丸だ。そんな訳で全てが装飾されてから本格的なWEB内覧会といこう。今日はあくまで前宣である。 まずは組立図もなく奇跡的に組みあがった ヴェルサイユなベッド。「マジやばくね」という声が聞こえてきそうな超エレガントな代物だ。( [続きを読む]
  • 舞踏会を華やかに 「我が家はシンデレラ城」クライマックス
  • なかなかに忙しい毎日。それに加え株の大暴落。そして平昌五輪。今年の2月は熱いねえ。そして熱いのは「我が家はシンデレラ城」。細かい演出が多数ある為、なかなか終わらない。勿論焦って品質を落とすのもいかんので、正に2月は胸突き8丁って感じなのである。家のクライマックスを飾る「美女と野獣」コンセプトリビングは家具もカーテンも決まり、後はラグだけ って状況になって来た。目指すは・・・こんな感じそしてこんな感 [続きを読む]
  • 冬を駆ける男
  • それにしても中国は寒かった。-20℃に加え凍った海からの風で じっとしてれば脳みそまで凍ってしまいそうな大連、「また大寒波を連れて来たな・・・」と現地パートナー達だ。そして今回の出張はラグジュアリー別荘 2棟の ラグジュアリーキッチンの打合せだ。いつもは図面描いてMAILして終わりだが、そうはいかないんで飛行機乗って(寒波に乗って)来たって訳さ。お陰でかなりの収穫、きっと凄えキッチンになるはずさあ。↓これ [続きを読む]
  • My スイーツ HOME!
  • 当の元請け様(アイビーハウス様)が記事upしてくれないので、私が上げておこう。現場は高崎、アイビーハウスさんとの共同プロジェクトだ。(まあ単なる下請けでもあるが・・) コンセプトは昔ウチの社員だった田中さんとお施主様による「カヴァードポーチを楽しむ家」。その辺りはアメバレの得意技なのだが、この家の特徴はパフェのような甘い香りのする家なのだそうで、 うむうむ チョコレートな雰囲気が楽しいね。ハーフティ [続きを読む]
  • ドムドムするぜえ〜 (我が家はシンデレラ城 エキサイト編)
  • 我が家はシンデレラ城、エンブレムに続きドーマーの巻だ。これは勿論TDLホテルの屋根だが、ドーマーにも色々ある訳で いつもやってるやつは・・・ ↓これ。 しかしやりたいのはこれじゃない・・・こっちの方だ。これは昔からやりたかったドーマーだが、一体どうやって造るってんだ。 ってデザインしたのは私なのに・・・相変わらず無責任にメンテ丸に押し付ける私。おお できてるじゃん まだ途中らしいが す すげえぜ。これ [続きを読む]
  • エンブレむ輸入住宅「我が家はシンデレラ城〜実現編!〜」
  • 「エンブレむ輸入住宅」という記事を書いたのは約3年前の事だ。日本家屋にも家紋があって家の何処かに装飾したりするように、西洋では特に王族のエンブレムがお城なんかには装飾されている。↓こういうやつ。その時は「いつかこれをオリジナルで実現しよう!」とくくったが、いよいよその時が来たようだ。「我が家はシンデレラ城」は当然シンデレラ城を創る事が主旨に決まっている。そのシンデレラ城には ほら エンブレムがある [続きを読む]
  • 平成30年 輸入住宅一直線!
  • 明けましておめでとうございます。平成も30年経ったなんて信じられない年月のスピード、その平成もあとわずかで終わってしまうと思うと急に寂しくなってしまい「ヘイセイ」という響きも結構美しいもんだったなあ・・・と 昭和ブルースに浸る私だ。それはさて置き今年も「輸入住宅一直線」一直線に参りますのでどうぞ宜しく! 既に仕掛かって竣工を目前にした案件2棟、軽井沢LUXURYシリーズ4棟に加え本格カントリー、リトルプリ [続きを読む]
  • 2017年輸入住宅一直線ご愛読ありがとうございました。
  • 気づいたら あと4日で今年が終わりです。色々な事がありましたね、特にロケットマンとトランプマン対決、国政の排除対決、そして大相撲現役OB横綱対決 と「対決」の年だったように思います。アメバレの輸入住宅対決も今年は結構多かったなあ という感じですが ご覧のように様々なものにチャレンジしてきました。軽井沢では7棟竣工させ、その内の3棟はラグジュアリー仕様。プリンセスハウス路線も絶好調。エイジングの挑戦も踏 [続きを読む]
  • 愛の二重奏(我が家はシンデレラ城)
  • さてさて伊勢崎市の我が家はシンデレラ城、造作が始まったよ〜。ちょっと一部を紹介しちゃおうかな。これはエントリーに施すクロスヘッドだが、クラウンモールディングはただでさえデカいH120程の下に一般的なH50程度のクラウンを合体、更に下にはデンティル(歯形模様)をも合体。二重構造+ONEだ。合計H200と「やるときゃやるぜ」の一撃、クロスヘッドではその下にも幕板とモールがあるから全部で5重構造なのだ。    でか [続きを読む]