キャロットケーキ さん プロフィール

  •  
キャロットケーキさん: 樹木見て歩き
ハンドル名キャロットケーキ さん
ブログタイトル樹木見て歩き
ブログURLhttps://atrees.exblog.jp/
サイト紹介文現在見頃の樹木の様々な様相を写真で紹介します
自由文植物は春に芽生えて花を咲かせ・葉を展開し、結実して夏から秋にかけて育てて大きくし、秋には熟した実からいろいろな手段で「たね」を飛び出させます。落葉樹は秋には紅葉して人々の目を楽しませてくれます。冬の樹木の見どころは冬芽と葉痕跡です。
このような一年の変化の中から、その時々の樹木の注目点について写真を掲載して紹介したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/01/15 23:21

キャロットケーキ さんのブログ記事

  • フヨウの実
  • 「夏の花 実と同居して 目を惹いて 秋には二代で 光りの演技」フヨウはまだ白とピンクの花を咲かせて・来月初旬頃までは目を楽しませてくれるでしょう(写真上)、さらに、初期の花が作った多数の実が成熟してきたようで、今は果皮が枯れて茶色になり・五裂する気配が見えてきましたし(写真中)、緑色をした新しい実も多数混じって賑やかです。果皮表面の白く長い毛が目立つので(写真下)、枯れた果皮にはまだ網目状... [続きを読む]
  • ガクアジサイの実
  • 「花の跡 整然として 実が並ぶ 秋には種に 出会えるという」ガクアジサイの実です、公園に植栽されているこの樹は・花期が終わるとすぐに来季に備えて、伸ばした枝をバッサリと伐られてしまうことが多いので、実の姿を見ることは滅多にありません(写真上)。今年は珍しくこの時期まで枝を伐られずに残っていたガクアジサイの一群があり、緑色の小さな実を付けて元気に・かつ整然として育っていました、そういえば花も... [続きを読む]
  • モクゲンジの実
  • 「袋果の 中の構造 面白く 暑いこの夏 すでに成熟」モクゲンジの実が先月初旬には薄緑色の提灯状になって夏に清涼感を演出していましたが、早くも実が成熟したのか・果皮が枯色になり落果も多数見られます(写真上)。三角錐状の実は袋果で高さ3?・底辺の長さ2?ほど、果皮は薄い葉のようで全体に襞があって円錐果序にぶら下がっています(写真中)。三角錐の一面を剥してみると・袋果の中は面白い構造で、三室に分... [続きを読む]
  • ヤマボウシの実
  • 「緑濃い 葉の上の実は 相似色 秋を感じて 朱色に変化」瑞々しい緑色をして葉に紛れていたヤマボウシの集合果が、秋が近付いて朱色に変化を始めて・存在が目立つようになってきました(写真上)。大きさは直径2cmほどのほぼ球形を呈しており、表面には萼筒が癒合してできた五〜七角形の亀甲模様の区画が並び、盛り上がったその中心には雌しべの柱頭が残っています(写真下)。この時期はまだ果柄は直立して実を支え... [続きを読む]
  • ラクウショウの実
  • 「不可解な 模様を描く 丸い実は 果鱗重ねて 複雑怪奇」ラクウショウの実は今年も豊作で、背が高く見栄えの美しい樹の枝のあちこちに優美で大きな複葉に囲まれて、多数の実が鳥の巣の中の卵のようにも見えます(写真上)。成長した実の表面は白緑色を呈し・直径2.5cmほどで、「たね」を1個ずつ含んだ果鱗が集まり・結束して球果を形成し、実の表面には三〜五角形で縁取られた区画が10〜12ほどあり、果鱗は複... [続きを読む]
  • ゴンズイの実
  • 「緑濃い 葉の上・紅く 目立つ実は 早くも秋の 準備始めて」ゴンズイの実です、7月初旬に結実した実が成長して・果皮が早くも紅赤色になり、あちこちの枝先に盛り上がるように円錐果序を作っています(写真上)。実は袋果で一辺1cmほどの三角錐型で、果皮は肉厚で存在感があり・表面には長手方向に筋状の突起が多数あります(写真下)。元気に育った実は成熟に近付いたのか、まだ数は少ないのですが・二裂して中の... [続きを読む]
  • アオギリの「たね」
  • 「大の字に 開いた果皮が ぶら下がり 準備始めた 種散布の秋へ」アオギリの実が成長して大きな果序が垂れ下がってきました、豊作だった昨年より少ない数ですが、大きな緑の葉を押しのけるように点々と存在して目立っています(写真上)。先を急いでいるのか袋状に閉じられていた果皮は早くも二裂して、果柄から5個の船型の果皮が大の字状に拡がり、その端部には直径8?ほどの球形の元気そうな「たね」が姿を見せてい... [続きを読む]
  • アカメガシワの「たね」
  • 「素晴らしい アイデア込めて たね育て 黒光りさせ 鳥に託する」アカメガシワの実の果皮が枯れ始めて3,4裂し、中に黒光りする径3?ほどの「たね」が見える時期になってきました(写真上)。枯れて弾けた果皮の内側には人間が梱包に使用するようなクッション材があって、「たね」は大事に抱かれて育成されていたようです(写真下)。このようなものを作りだしたアイデアは樹木の中でもこの樹が抜きん出ているように... [続きを読む]
  • マルメロの実
  • 「成長し 目立つ形の 達磨型 成熟する秋 さらなる変化」千葉・青葉の森公園の花博記念庭園には他の樹木に混じってカリンとマルメロも植栽されており、例年この時期にはは実が順調に成長していて存在感を増しています。今は長さ6?・最大部径4?弱に育っていて・達磨に似た二段の楕円体になり、表面には短毛が生え・琥珀色を呈しています。秋に成熟するとさらに変貌して果皮は明るい黄色になり良い香りを漂わせ、長さ... [続きを読む]
  • アオキの実
  • 「花の跡 受け継いだ実は そっくりさん 人目を惹かず 夏場を過ごす」アオキの実です・結実したのは4月末で・ほぼ1年掛けて例年2,3月頃に成熟するので、晩秋までは人目を惹かずにゆっくりと成長していきます。結実当初と現在8月上旬の状態を並べました(写真上・中)、果皮の色はこれから暫くの間は緑色で・秋から冬に掛けて実が大きくなるにつれて、果皮は薄くなり淡緑色・淡黄色・橙色・赤色の5系の色が混じり... [続きを読む]
  • ニセアカシアの「たね」
  • 「豆鞘を 高い枝から 振り撒いて 適地に着いて 芽生えも多く」ニセアカシアの樹はこの時期すでに実を成熟させて「たね」を飛ばす準備を終えていたのか、この樹の周辺には落果している豆鞘が多数見られ・落果させる時期は幅が広く、7月下旬から9月上旬に及びます(写真上)・緩急自在というのがこの樹の特徴のようです。豆鞘の果皮は焦げ茶色を呈し、長さ10?弱・幅1?弱・厚さ1?強で・中の「たね」の存在が一目... [続きを読む]
  • イスノキの実
  • 「角を持つ 珍しい実が 目を惹いて 花の印象 受け継ぎ見事」千葉市緑化植物園でイスノキの実が育っています(写真上)、3月下旬に樹の上部に両性花・下部に雄花を咲かせており珍しい花なので印象に残っていました。同植物園の管理センター入口の鉢植の樹に初めて出会い、花には花被片はなくて・雄花は茜色で偏平な楕円体の葯5〜8個を付けた雄しべと退化した雌しべがあり、両性花も葯5〜8個を付けた雄しべと丸い子... [続きを読む]
  • クスノキの実
  • 「植物が 暑さ対策 省エネに 知恵を絞れと 促しており」クスノキの実が灰緑色の葉に守られるように育っています、花被片の盃型の筒の部分をとんがり帽子のように被った苗色の実が丸く膨らんで大きくなりつつあるところです(写真上)。今の大きさは直径5?ほどの球形を呈し・液果と称されるように中はまだ液状になっており、針を突き刺してみると液体が溢れ出て樟脳の香りがします(写真下)。かつては防虫剤として使... [続きを読む]
  • コブシの実
  • 「暑い夏 常より早く 落果させ 省エネ図る 今年の樹木」この時期コブシの集合果は果皮が美しいピンク色になっており(写真上)、中の核果が熟成に近付いているようで、枝から落とされた果実は2日も経つと果皮が黒くなり・果皮が弾けて朱色になった核果が姿を見せるようになりました(写真中)。例年、枝に生ったままの状態で果皮が枯れて二裂するのが9月中旬以降なので、今年は成熟に近付いた実を早めに落果させて・... [続きを読む]
  • キリの花芽
  • 「キリの樹が 酷暑対策 考えて 秋を待たずに 省エネ進める」キリの樹は例年夏が終わる9月頃から枝先に円錐状になった花芽の集団を作りますが、酷暑対策でしょうか・今年は先月末から花芽の集団を樹のあちこちに立ち上げ・葉を早めに萎れさせ(写真上)・実も枯れて二裂させ始めて省エネを考えているようです。花芽の集団は高さ15cmほどになり・一つの集団には花芽が20〜30個付いて、大きさは長さ1?・最大部... [続きを読む]
  • メタセコイアの実
  • 「この酷暑 乗り切るために 実の一部 早めに落とし 樹命を守る」例年はメタセコイアの球果が樹の周辺に落ちるのは10月以降ですが、今年は酷暑に対応するための樹の知恵か・すでに飛び下りた実が樹の下に転がり(写真上)、開いた果鱗の間に残っている「たね」の姿も見られます。落下した実の果鱗は開いていても・「たね」は未熟のようで通常より白っぽい感じです(写真中)。ここの樹は高さ20mを超える天辺付近に... [続きを読む]
  • コノテガシワの実
  • 「楽しみな 形が並び 想像を 掻き立てる実に 親しみが湧く」コノテガシワの実が育っています、6月初旬頃から目に付くようになり10月までは色は変わらず少しずつ大きくなります。果鱗が6個集まって表現しがたい形状の実を形成します、基本形は有るようですが・その大きさや形状はまちまちで、変形した実が面白くて例年念入りに見て歩いて探し出したのがこの画像です。両の側頭部に大きめの耳があり・二本の手を拡げ... [続きを読む]
  • 公園の木陰
  • 「射すように じりじり暑い この夏は 木陰求めて 歩く楽しみ」台風12号が本州を横断する形で逆走して・少し涼しくなったかと思いましたが、また全国的に暑さが戻ってきて・今日は千葉でも最高気温が36℃を超し、木陰が有り難い存在になっています。とくに、公園の樹木を見て歩く時には休憩のための貴重な存在で、よく利用している場所があります。千葉・青葉の森公園の南側入口には傾斜の付いた石畳の両側に約20... [続きを読む]
  • テイカカズラの実
  • 「朱色から 緑に変わり 育つ実が 二つ並んで 秋まで続く」5月中旬に驚くほど多数の花を咲かせていたテイカカズラが6月初旬に結実・成長していますが、例年稔る数は少なくて長さ50mほどもある生垣に合計6組でした。6月下旬には長さ3cm・直径2mmほどで・香色を呈していて(写真上)、7月初旬には長さ7?・直径3?ほど(写真下)・この時期には長さが10?ほどに成長しています。2年前にも結実直後の朱... [続きを読む]
  • ニイニイゼミ
  • 「公園の 夏に嬉しい 蝉しぐれ 繰り拡げられる 葛藤よそに」早くもツクツクホウシが鳴き始めました、千葉・青葉の森公園で・この夏に生息しているセミの種類は、ニイニイゼミ・ヒグラシ・アブラゼミ・ミンミンゼミ・クマゼミ・ツクツクホウシで、樹の枝に停まっている姿を目にするのはごく稀ですが、セミの抜殻は樹の幹や枝や境界に設置された杭などでよく見掛けます。特徴的なのはニイニイゼミの抜殻が泥まみれになっ... [続きを読む]
  • ドングリ集合
  • 「ドングリと 呼ばれる程に 愛されて 雑木林の 宝が稔る」日本には色々な樹木があります、その中で花でも身でも・人々に愛されて通称で呼ばれているものはそう多くはありません。そこでドングリに注目して千葉・青葉の森公園内見て回ると、マテバシイ・コナラ・クヌギ・スダジイ・シラカシの5種類が見付かり・この順で上から下へと写真を並べました。この5種類の中ではマテバシイの成長が最も早くて、長さ2?・最大... [続きを読む]
  • トチノキの実
  • 「野分き来て この涼しさが 秋呼ぶか トチノキの葉が 予測しており」今日は台風12号が房総半島の南海上を西北西へ進み・ほぼ一日中雨になりましたので、昨日観察したトチノキの状況を報告します。トチノキは樹木の中でも秋の準備をするのが早い方ですが・今年は一段と早くて、すでに実は丸々と太って直径4?強になり・色も明るいカーキ色を呈しています。実の外皮に小さな丸い凹みが多数出来てきましたので、成熟期... [続きを読む]
  • サンゴジュの実
  • 「華やかな 東雲色の 実が並び 紅みを増して 活気づく枝」サンゴジュの実です、枝先で上向きに並んでいた円錐果序が少し垂れ下がるようになり、果柄も実も紅みを帯びてきました(写真上)。そして、今月初めまでは目立っていた花の残骸がなくなり形がすっきりして、東雲色の実は少し光沢を帯び始めました。実は長さ7?・最大部径5?ほどの先端の尖った楕円体で、この後はこれ以上大きくならず・色は紅みを増して深紅... [続きを読む]
  • シマサルスベリの花
  • 「襞のある 小さく白い 花が群れ 黄色の葯が 爽やかな夏」シマサルスベリの花です、枝先の高さ20?程の円錐花序に小柄な白い花を咲かせ、風に揺られて・昨日までとは違う爽やかな夏らしさを演出しています(写真上)。花の構成はサルスベリと同じで、五裂した咢から花弁5個・雄しべ多数と雌しべ1個が伸び出ています。花弁の下部は直径0.5?ほどの糸状で長さ約5?・上部は団扇型で襞があり・花径は2?弱、雄し... [続きを読む]
  • ノウゼンカズラの実
  • 「花期続き 暑さも続く その中で 小さな緑の 実が姿見せ」ノウゼンカズラの花は先月初旬から咲き始め、今年の酷暑にも負けずに咲き続けています。そして一つの花が枯れ散った跡には・咢から伸びた花糸と柱頭が並び、その咢の内側に入る子房の先端が細長い実になる前兆のような形状に見えたのが先月下旬でした。その後も観察を続けていて、花は咲き続けているので・花が散った跡に咢から伸びた花糸と柱頭が並ぶ姿も新し... [続きを読む]