キャロットケーキ さん プロフィール

  •  
キャロットケーキさん: 樹木見て歩き
ハンドル名キャロットケーキ さん
ブログタイトル樹木見て歩き
ブログURLhttp://atrees.exblog.jp/
サイト紹介文現在見頃の樹木の様々な様相を写真で紹介します
自由文植物は春に芽生えて花を咲かせ・葉を展開し、結実して夏から秋にかけて育てて大きくし、秋には熟した実からいろいろな手段で「たね」を飛び出させます。落葉樹は秋には紅葉して人々の目を楽しませてくれます。冬の樹木の見どころは冬芽と葉痕跡です。
このような一年の変化の中から、その時々の樹木の注目点について写真を掲載して紹介したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2009/01/15 23:21

キャロットケーキ さんのブログ記事

  • ナンキンハゼの「たね」
  • 「青空に 白く並んで 星のよう 手元を照らす 蝋燭になり」すっかり落葉したナンキンハゼの枝には黒くなった果皮が三裂して、中の白い「たね」が姿を見せて青空を背に光っています(写真上)。樹の実が鈴生りになる光景は大小取り混ぜてよく見かけますが、直径1?弱の白い「たね」が鈴生りというのは・言葉もそうですが姿も珍しいと思います。カラスがこの「たね」を好物にしていて、食べ方はダイナミックで枝ごとバリ... [続きを読む]
  • カツラの「たね」
  • 「細枝に 数多並んだ 小さな実 口を開いて 仕事の準備」カツラの樹はすっかり落葉し・成熟した実が細枝に2,3?間隔でずらり並んで黒っぽくなり・先端が二裂し始めて「たね」を風に乗せて散布する準備をしているようです(写真上)。翼付きの「たね」は筋状繊維で構成された網目構造になっており・細長い四辺形状で、長さ4mm・最大部幅1.5mm・右端のたね部が厚くて1mm弱で・翼部は薄く0.5?弱で、「た... [続きを読む]
  • ユリノキの「たね」
  • 「枯枝に 翼果が群れて 冬の花 今年最後の 仕事に励む」すっかり葉を落としたユリノキの枝には枯れた翼果の集合体(=「たね」)が群れて花のように目立ち、すでに半分以上の「たね」は飛び出していますが・残りが風を待っている状況です(写真上)。5月にはこれだけ多くの花を咲かせていたのかと改めて目を疑うほどの多さです、樹高20mほどの樹ですから・葉に紛れて判らなかったものと思われます。「たね」は全長... [続きを読む]
  • イヌシデの黄葉
  • 「冬近く 明るい柑子色 映える中 イロハモミジを 楽しみに待つ」今日は千葉でも冬を感じるほどの寒さになり・イヌシデの樹の葉が明るい柑子色になり、深まる秋の公園に如何にも落ち着いた雰囲気をもたらしています。この樹の黄葉はその年の気温によって変化するようで、今年のように赤みがかった柑子色になるものから明るい黄色を呈するものまで色々あって、様々な樹木の紅黄葉に混じって明るい感じの彩りを演じる役割... [続きを読む]
  • イチョウの黄葉
  • 「奔放に 拡げた枝の 黄葉は 野性味感じる この地の名士」千葉・青葉の森公園の中にある荒久古墳には立派なイチョウの樹があり、自由奔放に広げた枝の黄葉が朝の陽を受けて輝いていました。この樹は樹高25m・幹周4mという大木で、近くにある海上山・千葉寺の樹齢1000年のイチョウの樹とも比肩できるものかと思います。荒久古墳は解説板の説明によると、8世紀代に作られた古墳で・現状はかなり崩れていますが... [続きを読む]
  • ヤツデの花
  • 「冬の花 苦労の多い 虫集め 密溢れさせ 目立つ姿に」ヤツデが花期を迎えています、この花は両性花ですが自家受粉を防ぐため前半を雄性期・後半を雌性期に分けています。枝分かれした花序の高さは20?ほどになり、打ち上げ花火が開いた時のように・球状に多数の花を咲かせ目立っています(写真上)。雄性期の花は中央に半球状で玉子色をした花盤があり・その周りに白い花弁5枚・白い雄しべ5本を持ち、花盤の表面に... [続きを読む]
  • センダンの実
  • 「鈴生りの 金色の実が 美しく 冬へと向かう 空を賑わす」センダンの樹はまだ大きな複葉を残しており、枝のあちこちに大きな塊で房状に付けた実が陽を受けて美しい金色に輝やくようになってきました(写真上)。大きさは直径1〜1.3?ほどの偏球形で、先月末頃はまだ緑色を帯びていた果皮が、12月が近付いて気温が下がり・ここにきて急に黄色に変わりつつあり表面に少し皺が出始めています(写真下)。果皮の内側... [続きを読む]
  • クサギの「たね」
  • 「金色の 光を放ち 人目惹く 時折そんな 表情魅せる」クサギの「たね」です、青い果皮とその中の薄くて青い果肉に包まれて4個の「たね」が入っており、形はカボチャを4等分したようなもので、高さ5?・半径3?ほどの偏球体を4等分した感じです。表面には葉脈状の細い筋が盛り上がり、その内側の表面も滑らかではなく・小さな凸凹が多数あって、子房が葉から出来ていたことを想像させます。そして偶々光が上手く当... [続きを読む]
  • ダンコウバイの黄葉
  • 「黄葉が 遠目に目立つ 小柄な樹 眩く光る 秋のひと時」千葉市緑化植物園ではダンコウバイが美しく黄葉しています、馴染みの薄い樹木ですが・クスノキ科クロモジ属の樹木で、同じ科・属のクロモジやアブラチャンも春に黄色の花を咲かせ・秋には黄葉しますが、その鮮やかさはダンコウバイが一番かと思います。この樹が植栽されている近くにはメタセコイアやラクウショウの大木があって、他の季節は圧倒されていますが・... [続きを読む]
  • ギンモクセイの花
  • 「純白の 清楚な花に 会う朝は 早くも冬の 気配感じて」ギンモクセイの花です、青葉の森公園へ向かう路傍にあるキンモクセイの生垣にギンモクセイが1本だけ混じっており・今朝は可憐な白い花を咲かせていました、この樹も雌雄別株異花で・写真の花は雄花です。キンモクセイと同じように葉腋に白い小さな花を多数付けて、花冠は四裂し・花径4?ほど・雄しべが2本あります。花には芳香があると云われていますが、キン... [続きを読む]
  • キリノキの花芽
  • 「冬を越す 大事な花芽を キリの樹は 幟のように 押し立て過ごす」樹高10mほどのキリの樹の今の姿です(写真上)、すっかり落葉して枝に残るのは「実の殻と来年の花芽」が付く円錐状の塔のみとなっています、こういう姿を呈するのは数多い樹木の中でも珍しい存在かと思われます。実の殻を付けた円錐状塔は高さ10?ほどで殻を十数個付けており、「たね」が一杯詰まった実の殻は長さ2.5cm・最大径部2cm弱で... [続きを読む]
  • ナンキンハゼの秋
  • 「逆光に 多彩な紅を 操って 幼樹演じる 秋を楽しむ」ナンキンハゼの紅葉です、この樹は11年前に「たね」から芽生えたもので・例年高さは2mほどに調整しており、いま紅葉の最盛期を迎えています。今年も最低気温が10℃を下回る日が何日かあって例年のようにカラフルに仕上がり、朝、起きて雨戸をあければモミジが飛び込んでくるという、贅沢を楽しませて貰っています。可愛いハート形の葉が秋の陽を受けて紅く輝... [続きを読む]
  • フヨウの「たね」
  • 「和装した 美しい殻 風を待ち 「たね」を見送る 冬来る前に」 渋紙色に枯れたフヨウの実の殻が五裂して、透かし彫り風の太い果脈と白い短毛が美しく、季節を表現するのに格好の光景を呈してくれます(写真上)。この実の殻の中を覗き込むと驚くほど多数の「たね」が入っていて、毛を生やした虫が蠢いている感じを受けます。「たね」は長さ4?・高さ3?・幅2?ほどの茶色の勾玉型を呈し(写真下)、上側頂部には実... [続きを読む]
  • ビワの花
  • 「晩秋に ひっそりと咲く 白い花 虫を集める 工夫重ねて」ビワの花です、10月下旬頃から琥珀色の毛を纏った円錐花序が目立ってきましたが、3,4日前から開花が始まり・来年1月中旬頃までの3カ月は続きます。10〜15cmほどに成長する花序に・多いもので合計100個ほどの蕾を付け、それらが徐々に開くので花期も長くなります。花径1cm強、花弁5枚・雄しべ約30本・雌しべ1本という構成で、写真にも写... [続きを読む]
  • トウカエデの紅葉
  • 「秋深く 競うモミジに 惑わされ 歩き疲れて 憶い出は馳せ」トウカエデの紅葉です、毎年この樹の紅葉を追っかけていますが、樹全体の葉が揃って美しい深紅になった姿にはまだ出会っていません。樹全体が深紅になると素晴らしいだろうと想像しながらも、単色より紅・黄・緑と多彩な色の取り合わせがあるのも深みがあって好い、とも思い惑わされます。「もみじ」という小学唱歌があり、秋の音楽の時間によく歌いましたし... [続きを読む]
  • サネカズラの「たね」
  • 「美しい 色形した 「たね」潜む 赤い液果は 鳥が連れ去り」サネカズラの「たね」です、直径7?ほどの丸くて赤い液果から取り出すと・皮を剥きながら葡萄を食べる時に嗅ぐのと同じ香りを発しつつ2個の「たね」が出てきます。「たね」の形は腎臓形で、長さ5?・幅4?・厚さ3?ほど、凹んだ所が臍と称されて栄養を受け取っていた器官の痕跡が見えます。小さいですが表面に光沢があって美しい香色を呈し、細工を施し... [続きを読む]
  • メタセコイアの実
  • 「大柄で 長く地球に 生きる樹が 実を育てつつ 花も咲かせて」メタセコイアの球果です、枝に残っている実のほうが圧倒的に多いのですが、果皮が褐色になり・「たね」を飛ばしつつ落果したのも散見されるようになりました。高さ20mを超える樹の天辺付近に生る小さな実で・5?ほどの果柄にぶら下がるので無風状態でないとレンズで捉えるのに苦労します、実の大きさは長さ2?・最大部径1?強の楕円体で、枝に残って... [続きを読む]
  • イチョウの黄葉
  • 「天高く 万葉で埋めた 枝を張り わずか二色で 魅せる秋の日」ようやくイチョウの黄葉が進み、千葉・青葉の森公園でも今日はイチョウ達が青空を背に秋の陽を浴びて金色に輝いていました。写真の手前側にある雌株は葉全体が黄色になっていますが、奥に見える雄株では一枝ごとに趣向を変えて緑から黄に変化しており・また樹の上の方から下の枝へと緑から黄へと変化していて、そこに見える微妙なグラデーションが美しく感... [続きを読む]
  • ナンキンハゼの紅葉
  • 「公園の 秋を彩る 樹木たち 動かぬ主役を 巡る楽しみ」千葉・青葉の森公園の秋の楽しみの一つ・ナンキンハゼの紅葉が始まり、遠くから見ると全体が橙色に揃ってきたように見えます、この後・紅葉が進むと・多彩でさらに美しい姿が見られるでしょう。公園樹・街路樹などで馴染みの樹木ですが、紅葉の最盛期にはハート型の葉が苺色・ワインレッド・紅色・臙脂色・緋色・深緋色・黄色・緑色などを混じえ、順光でも・逆光... [続きを読む]
  • モクゲンジの黄葉
  • 「意図的か 裾広がりの 目立つ樹を 黄色の衣装で 飾る夏秋」千葉市緑化植物園も今は秋たけなわで、菊花展が開催され・そしてモクゲンジ・ユリノキの黄葉・コマユミの紅葉などで賑わっています。モモクゲンジの樹が鮮やかに黄葉させ、裾広がりに枝を拡げた樹全体を明るくして目立つ存在になっています(写真上)。この姿で想いだすのが・例年6月下旬から7月上旬に満開を迎える花の光景でして(写真下)、秋と同じ黄色... [続きを読む]
  • シラカシの実
  • 「夏秋と 成長魅せて 賑わした 今年のドングリ 枝に見送る」10月中旬頃にスダジイのドングリが枝から落果して・樹の周辺に多数転がっているのが見られましたが、10月下旬からはシラカシの落果が始まり・おそらく一番遅くまで枝に残った今年のラスト・ドングリの姿です(写真上)。長さ2?弱・最大部径1?ほどで、艶々した褐色の地にチョコレート色の縦の筋模様があります。先端には枯れて黒くなった柱頭の名残と... [続きを読む]
  • クサギの実
  • 「瑠璃色と 赤の対比が 美しく 丸と大との 組合せも好し」クサギの実です、大の字に拡げた赤系の萼と青系の実が対照的で、美しい姿を呈しています。図鑑によると花期は7〜9月・実が成熟するのは10〜11月とされているので、ここのクサギ達は遅い進行を楽しんでいるようです。場所は千葉大学・薬学部棟に近い西入り口で、交通量の多い道路沿いなので気温は高めかと思われます。実の大きさは上から見た直径が1?弱... [続きを読む]
  • ケヤキの秋色
  • 「落ち着いた 雰囲気つくる 常連は 雑木林の 秋に調和し」街路樹や公園の樹として色々な場所に植栽されているケヤキが一斉に秋色に変身中です、その秋色は黄色系と紅色系だけではなく中間色の多彩さがケヤキの個性的な処です。写真の樹は千葉・青葉の森公園の中央広場の雑木林にある樹高15m弱の樹ですが、黄色系でも紅色系でもない中間の丁子色で・扇形に拡げた枝は落ち着いた雰囲気の秋を演出しています。ケヤキは... [続きを読む]
  • アカメガシワの黄葉
  • 「黄葉が 横に拡がり 人目惹き 今年も進む 美しい秋」千葉でもこのところ最低気温が10℃を下回るようになり・樹木の紅黄葉が一気に進んだ感じで、アカメガシワの黄葉も一段と美しさを増してきました。それほど大きな樹ではありませんが、枝を横に拡げて・何層にもなる特徴があり、葉は比較的大きいので・その黄葉は遠くからでもよく目立ちます。近付いてよく見ると多数並ぶ大きな葉は一枚一枚の緑や黄色が少しずつ異... [続きを読む]
  • ユリノキの黄葉-続
  • 「ユリノキの 黄色い半纏 風に揺れ 動く姿は おう万華鏡」予想通りに台風一過の快晴になった今日は、黄金色・山吹色・黄土色をしたユリノキの葉が、強い風に揺られて青空を背にキラキラ光る様子を見上げていると・万華鏡を覗いている気分になりました(写真上)。ユリノキは明治8,9年頃に渡来した種から育った1本の苗木が現在地に植えられて、以来・東京博物館の歴史を見守り続けていて・同博物館は「ユリノキの博... [続きを読む]