キャロットケーキ さん プロフィール

  •  
キャロットケーキさん: 樹木見て歩き
ハンドル名キャロットケーキ さん
ブログタイトル樹木見て歩き
ブログURLhttps://atrees.exblog.jp/
サイト紹介文現在見頃の樹木の様々な様相を写真で紹介します
自由文植物は春に芽生えて花を咲かせ・葉を展開し、結実して夏から秋にかけて育てて大きくし、秋には熟した実からいろいろな手段で「たね」を飛び出させます。落葉樹は秋には紅葉して人々の目を楽しませてくれます。冬の樹木の見どころは冬芽と葉痕跡です。
このような一年の変化の中から、その時々の樹木の注目点について写真を掲載して紹介したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2009/01/15 23:21

キャロットケーキ さんのブログ記事

  • ヒトツバタゴ満開
  • 「花蜜に 集まる虫は 羽音を 雪壁見上げ 人は嘆声」千葉・青葉の森公園のヒトツバタゴが満開になり、巷間云われるように・樹が雪を纏ったように真っ白な壁が出来上がり、今日は好天の日曜日とあって・見物の人達が嘆声を漏らして居られました。この樹は・雄花と両性花の雌雄異株で、四裂した花冠の花被片は細長く真白で、中央に雌雄のしべと花蜜があり、今日もハチやコガネムシが群がっていました。ヒトツバタゴの自生... [続きを読む]
  • オニグルミの雌花
  • 「幼葉の 薄い緑に 囲まれて 赤い雌花の 輝き目立つ」オニグルミの雌雄花が開花しています、この樹は雌雄同株・異花で、10日ほど前から雄花序が少し伸びて・今日は長さ8?ほどに垂れ下がっていました・そして同じ枝で雄花序より高い位置に新しく伸びた枝の幼葉の葉腋から、雌花序が立ち上がり開花していました。雌花序の高さは5?ほどで・単純な構成の雌花は長さ1?ほどの円錐体の子房先端に二裂した濃赤色の柱頭... [続きを読む]
  • ヒトツバタゴの花
  • 「雌雄花の 区別は虫に 任せよう 機能の高さ 人より優れ」千葉・青葉の森公園の名物・ヒトツバタゴが例年より10日ほど早く開花を始めて、一昨日から緑っぽいまま咲き進んで・満開に近付いた今日はモコモコと丸く盛り上がって少しずつ白さを増してきました。明日から土・日曜に掛けて気温も上がるようなので、その頃には花が白くなって見頃を迎えるでしょう。この樹は雄株・両性花異株で、花は一片の長さ2?ほどに四... [続きを読む]
  • コデマリの花
  • 「陽だまりに 眩しく白く 輝いて 初夏告げる花 次々に咲く」コデマリの花が10日ほど前に開花して・気温が上がった今日は満開になりました、出揃った散房花序の花々が白く浮き上がって眩しいほどに輝いていました。花径は1cm弱で、丸くて白い5個の花弁と、20個ほどある雄しべは・突き出した先端の黄色い葯が存在を主張しています。直径3cmほどの散房花序に10個ほどのその小さな花が重なり合って球面を形成... [続きを読む]
  • ハナズオウの実
  • 「春の花 期限なくても 早業で 魅せる樹木の 個性に惹かれ」4月1日には満開だったハナズオウがもう小さな実を多数付けています、花期を終えていない状態 (写真上)で・豆鞘が姿を見せて・長さ1?強・幅2?・厚さ1?弱ほどでした。それから5日経た今朝の状態(写真下)を比較すると、さすがに花弁はすべて萎れましたが・豆鞘は長さ2?弱・幅3?強・厚さ1?ほどになり元気よく成長しています。まだ、咢も形を... [続きを読む]
  • 牡丹の花
  • 「大輪の 花王爛漫 咲き群れて 艶美を競う 静かな庭に」千葉・青葉の森公園西口から徒歩10分ほどの海上山・千葉寺へ行ってボタンの花を見てきました、今日は特に牡丹色と白色の大輪の花びらがグラデーションを帯びて・艶やかに輝いていて堪能してきました。牡丹の原産地は中国西北部で、元は薬用として利用されていたそうですが、盛唐期以降は牡丹の花が「花の王」として、他のどの花よりも愛好されるようになったそ... [続きを読む]
  • ハンカチノキの花
  • 「野分き荒れ 枝失しなうも 回復し 花を咲かせた 気力の凄さ」千葉・青葉の森公園の名物・ハンカチノキは昨年10月に千葉市付近を通過した台風21,22号の強風で倒され、復旧作業が行われた結果・ここ数年と同じ時期に開花しました。樹の高さは元の2/3ほどになり・開花した花の数は少なくて、昨年までの姿とは比べようもありませんが、無事に生き残った姿を見上げて感動しました。開花して間もない花の総苞片が... [続きを読む]
  • アケビの実
  • 「散り終わり 花から実へと 変身し 厳しく長い 競争始まる」先月下旬には美しく咲いていたアケビの雌花が、咢が脱落して早くも実の状態になっています。大きさは花の時の雌しべと変わらず、長さ1?・最大部径1mm強ほどで、色は赤紫が薄くなり根元の方から緑色に変わりつつあります。雌しべは通常3〜9個あり、写真には6個の実が写っていて・縦方向に縫合線が認められます。雌しべの時は円筒状でしたが、今の形態... [続きを読む]
  • ホオノキの芽吹き
  • 「春色の 緑と緋色が 華やかに ダイナミックな 展開魅せる」ホウノキが10日ほど前から芽吹きを始めています、2枚の芽鱗が外れて・薄衣のような緋色の托葉に包まれた葉芽が姿を見せ始めてきました。姿を現した時の葉芽は主脈を中心にして二つ折りに畳まれていて、外側が葉の裏面で白い短毛が密生してキラキラと光ります。芽吹きが進むと主脈を軸にして葉縁から曲面を持つように開き、一つの冬芽から6〜9枚の若葉が... [続きを読む]
  • イチョウの雌雄花
  • 「新鮮な 緑鮮やか イチョウの葉 風そよぐ中 開花が進み」先月末から芽吹きを始めていたイチョウの葉が出揃って、勢いの感じられる新鮮な緑が清々しい時期がやってきました。イチョウは雌雄別株・異花で、雄しべのみからなる雄花が先行し・風を頼りに花粉を盛んに放出しており(写真上)、もう直ぐ樹の周辺に役目を終えた雄花が堆積して辛子色の絨毯が敷き詰められるでしょう。少し遅れて開く雌株ではいま開花が始まっ... [続きを読む]
  • シャクナゲの花
  • 「遠目にも 目立つ茜の 花開き 緑に浮かび 艶やかなこと」シャクナゲの花です、自宅近くの民家の庭で一週間ほど前から開花を始めて、総状花序に十数個の茜色の花が開いて・艶やかで美しい毬状の姿を披露しています。全体は直径10?ほどの球状で、花冠の径は4?ほど・先端は五裂しており、雄しべ14本と雌しべ1本が並んでいます。滋賀県・福島県の県花で、以前はハイキングで山へ出掛けた時に見る花あるいはわざわ... [続きを読む]
  • イロハモミジの実
  • 「若い実の 鶸色映える 春姿 担ぎ上げられ 踊り始める」イロハモミジが花期を終えてまだ3日ほどですが、両性花の雌しべの花糸の半ばから柱頭までが枯れて、花から鶸色の実に変わったばかりで・まだ花弁も退化した雄しべも残されています。これほど新しい実と出会うのは珍しいのですが、今年はどの樹種でも花期が短くなっている感じを受けます。これからすぐ先の注目点は、今は全体が鶸色をしている実が、実と翼に明瞭... [続きを読む]
  • ビワの実
  • 「ビワの実は 琥珀色の毛 薄くして 春を迎えて ゆっくり肥る」1月下旬に出来たビワの実が2カ月半を経てゆっくりと成長中で、5月末頃に成熟するので長い道のりです、それにしても果序の太い軸の逞しそうな姿が目立っており・径は8mmほどで栄養分がたっぷりと送られていそうです(写真上)。実は長さ1.5cm・最大部径1?ほどの小さな楕円体で、琥珀色の綿毛が少しずつ抜けて・実の表面の緑色が見えるようにな... [続きを読む]
  • キリの芽吹き
  • 「紫の 幼い葉芽に 腺毛が 白く輝き 成長促す」キリの樹は花芽と葉芽が別々に形成され、成木では5月初旬頃に薄紫色の花が開いた後に、葉が出てきて急成長して大きな葉になります。「たね」から育てて13年目を迎えた庭のキリの樹は、昨冬に幹だけ残して1m弱の高さでばっさりと伐っておきましたが、生命力の強いこの樹は幹の先端近くで冬芽のなかった場所から新芽を出してきました。その新芽が1週間ほど前から芽吹... [続きを読む]
  • ウワミズザクラの花
  • 「春風に 揺られる枝の 白い花 優雅な動きが 人目を惹いて」例年より10日ほど早く・ウワミズザクラの開花が始まり、今日はすでに満開に近くなっていました。長さ10cm・直径3?ほどの総状花序に白い小さな花が密集して付きますので、遠目には白い円筒が葉を蓄えた枝にずらり並んで、風に揺られている姿は優雅なものです(写真上)。花の径は1?・花序軸から1cmほど伸ばした柄の先に付き、花弁が5個・雄しべ... [続きを読む]
  • ドウダンツツジの花
  • 「壺型の 真っ白な花 美しく 限られた虫に 門戸を開く」ドウダンツツジの花が開き始めました、といっても小さな白い壷型の花で・下向きに咲きますから派手さはなくても可愛い感じです(写真上)。生垣として植栽されることが多くて・目の高さより低い位置で観察出来るので撮影は楽です。ところが、一つの生垣は長いのが多くて、花の咲く時期はずれるので斑に咲き始めるのが通例です・そして花の向きは下向きが多いので... [続きを読む]
  • ハナミズキの花
  • 「華やかに 白く輝く ハナミズキ 魅了するのは 脇役の方」ハナミズキが総苞片を開き樹全体が白くなってきました、以前はゴールデンウィークの頃にこの花を愛でたものですが、最近・とくに今年は見頃がずいぶん早くなってきました。開き始めて一週間ほどで・ハナミズキの総苞片の白さが増して、華やかな雰囲気を盛り上げています、愛好家が多く・公園の他に民家の庭にもよく見かけます(写真上)。千葉市の中心街には通... [続きを読む]
  • カリンの花
  • 「薄紅の 花・春の陽に 誘われて 路傍の枝で 優しげに咲く」カリンの樹が先月末から若い緑の葉に囲まれた濃い紅色の蕾を膨らませ・2,3日前からの暖かさに誘われて開花が始まりました。カリンの樹には雄花と両性花が混生します、2本の樹で花を観察し・一方の花は先に咲いていた両性花で(写真上)・雌しべの柱頭が五裂しており、他方の樹で見た花は雄花で開花して間もない花です(写真下)。均整のとれた花は、平開... [続きを読む]
  • サトザクラ一葉・満開
  • 「花びらが 和装のような サトザクラ そぞろ歩きの 楽しみな時期」今日はソメイヨシノが花吹雪を盛んに舞わせていました、千葉・青葉の森公園ではそれにとって代わって現在さくら山周辺では多種類のサトザクラが植栽されており、一週間ほど前から先頭を切って一葉が咲き始めて・今日は満開になっていました。そのサトザクラとは、一般的にオオシマザクラがもとになり・ほかのサクラが自然交雑したり人為的に交配したり... [続きを読む]
  • イロハモミジの雌雄花
  • 「色が増す 雑木林は 賑やかで 色合いも好く 春を演出」イロハモミジの芽吹きが始まって二週間が経ち・花が賑やかになってきました、花は雌雄同株異花で・雄花と両性花が混生し、雄花が先に開花し・遅れて両性花が開きます。今日の時点ですでに雄花・両性花ともに咲いており、一つの花序に十数個の花が付き、先端に蕾を付けた花柄を伸ばして・花が開く頃には花柄は赤くなります。雄花には花弁と萼片が5個・雄しべが8... [続きを読む]
  • ブナの芽吹き
  • 「陽を跳ねて 白く光る毛 浮き上り 眺める人の 心も弾む」ブナが芽吹きを始めています、シデ類に続いてケヤキ・エノキ・クヌギ・コナラ・ミズキなど雑木林の主力組に混じって・つい10日ほど前まで枯葉を枝に残していたブナの樹が目を覚ましたようです。冬芽から托葉に包まれた状態で先頭を切って伸び出てくるのは、主脈・側脈を軸にして折り畳まれた2枚1組の柳色の葉芽です(写真上)。今の葉は大きいものでも長さ... [続きを読む]
  • ハナズオウ満開
  • 「艶やかな 春の模様の 花びらが 枝を飾って 異彩を放つ」ハナズオウが満開になっています・公園や古い民家の庭にあって、遠目にも濃いピンクに飾りたてた枝が目立ち・一段と彩りの豊かさを増してきた春を感じます。枝に直接花が付いているようにも見えますが・短い柄があり枝に束生しており、満開時の枝は太くなって・枝振りによってはピンクの棒が組み合わされて面白いオブジェのようになります。花はマメ科特有の蝶... [続きを読む]
  • イスノキの花
  • 「鮮やかで 目立つ雄しべの 茜色 印象深い 初めての花」千葉市緑化植物園でイスノキの花が開花していました、この樹は雌雄同株で葉腋から円錐花序を伸ばして、上部に両性花・下部に雄花を咲かせます。図鑑によると日本では静岡県以西に分布するとされていまして、同植物園の相談センター入口に置かれた鉢植の樹に初めて出会い・ソメイヨシノと同じ時期に咲いていました。花には花被片はなくて、雄花は茜色で偏平な楕円... [続きを読む]
  • ヤマブキの花
  • 「鮮やかな 黄色の花弁 眩しくて 色を換えれば ソメイの花か」ヤマブキが開花しています、鮮やかな黄色の花が細く・長く伸ばした枝や葉の緑との組み合せもよく好い雰囲気を醸し出しています。千葉・青葉の森公園の「わんぱく広場」から渓流園へ下っていく道沿いに群落があり、目を楽しませてくれます。花弁が5枚・雄しべは多くて50個ほど・雌しべの花柱は5〜8個あります、萼は浅く五裂した杯形で・後に実を載せる... [続きを読む]
  • アケビの花
  • 「咢の中 雌しべの尖を 光らせる 簡素な花の 姿に見入る」久し振りに千葉市緑化植物園へ行ってみると、春の花達が多数咲いていて・明るく感じられました、そんな中でエノキの枝に巻き付けた蔓に、アケビの雌雄の花が咲いていた光景が目に留まりました。花が開く順序は、雌花が先に開いて・雄花が続きます、雌雄の花とも咢と蕊のみという簡素な構成で、雌花は咢を2?ほどに開き・雌しべの花柱は薄色の円柱状で・柱頭を... [続きを読む]