まろゆーろ さん プロフィール

  •  
まろゆーろさん: おやじ歳時記
ハンドル名まろゆーろ さん
ブログタイトルおやじ歳時記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/euro_euro/
サイト紹介文おやじの戯言、独り言。今日もせっせと書き連ねていい気分!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2009/01/16 00:00

まろゆーろ さんのブログ記事

  • 最近食レポみたい
  • ひと月前から左肩が痛くてデパス飲んで熟睡中の夜中も激痛で目が覚めることも。ちょうど大王さま大いに愉しんでおいでたご旅行中からわが身の不幸がはじまりました。10年近くになる左手の指先のしびれの原因が頸椎のヘルニアだとばかり思い込んでいたら、今回のこの痛みでハシゴした数軒のマッサージに行って初めて知りました。手のしびれはこの激痛の発生源と同じ肩甲骨からであると。どこのマッサージ師さんも同じことを言って [続きを読む]
  • 一気に寒くなったので
  • どうしちゃったの、この寒さ。夏の残照がたっぷりだった数日前のあの海とハイビスカスの様子がウソみたいな気温の急降下にびっくりしてしまいました。午後の外気温は17℃、秋らしゅうなってと軽装で出かけてあまりの寒さにビビリまくって震えあがって帰宅しました。「おこたの布団を出してちょうだい」ここんとこ世界バレーをテレビ観戦しているばあさん。昼間はほとんど傾眠状態。それでも今日はよほど寒かったとみえて早々とコ [続きを読む]
  • 精神安定のプチ旅をする
  • ご近所にキンモクセイが無くて。あの香りは姿がなくても、わずか一本の木さえあればどこからか香ってくるものです。所在の在り処が姿でなくても鼻腔の奥で所在を喜び秋を感じることのできるとっても存在感ある樹木です。毎年、秋だなと感じ、記憶さえ呼び覚ましてくれるキンモクセイ。ところが今回のこの新居の周りには一本たりともないみたいでどこからも匂ってきません。とっても寂しいというか明らかな季節の節目や移動が分から [続きを読む]
  • いろいろの10月6日だった
  • 築地市場が83年もの長い活躍を終え今日で閉場。83年といえば我が家のばあさまとほぼ同い年。天下の台所のお役目、激動の昭和初期から今に至るまでよぉ頑張りましたね。昭和ひと桁生まれのばあさまはまだ頑張ってくれていますが。大分で国民文化祭が今日からスタートです。ちょうど20年前にも大分でありました。あの当時は嫁への不信感と小さい若さまの相手で訳の分からない日々でした。あの時、住んでいた近くに皇太子ご夫妻 [続きを読む]
  • どんなことしても許される国会議員とどんなことでもする外国人
  • 今度の25号は九州をまたいで24号の反対側、西側を通って日本海に抜けるような進路みたい。わずか数日で東に西にと両方から攻め上げられてるみたいな。良い時に大王さま帰ってきたもんだです。しかし明日から大分では国民文化祭。台風の影響が、やっぱり少なからずあるかもしれません。最近、腹立たしいこと数々あれども出色なのが、今井絵理子。はよ辞めんか。国会議員を。こんなバカ女に税金を持っていかれてる我々国民って一 [続きを読む]
  • 食欲の秋です。物欲の秋です。性欲は冬です。爆
  • 台風24号の大きな影響が身近に起きていてびっくりの昨日でした。我が家の近くを通る国道10号線が陥没して横を走っている豊肥線の線路が枕木付けたまま宙ぶらりん。哀れにも国道は寸断。全国ニュースにまでなっていて「はて、どこやろか。また豊肥線がダメになって大変だわ」などとのんきなことを言って、まるで他人事みたいな私でした。ところが我が家がある住宅地のメインストリート、とっても閑静でたまの大型車両などはバス [続きを読む]
  • やっとこさ御用になりました
  • ■窓辺が定席のお嬢、今日は強くなっていく風雨を窺う■■だんだんとひどくなっていく風雨。窓辺から外を見入るろーま、初体験の台風の風景です■取り逃がした不手際払しょく、汚名挽回にかけて、警察の威信でもっての大捕り物。富田林の警察から脱走した男が遠く山口県周南市でやっとこさ捕まりました。逃げ回る姿をネズミとはよく言ったものです。盗んで食いつなぎ、逃げ延びていた幕切れはスーパーで1000円か何がしかの万引 [続きを読む]
  • 飛行機に乗れない空港
  • ■向こうの滑走路にあるのが到着便のANA。大王さまご搭乗機です■■ラグビーワールドカップ開催まで360日とな。盛り上がりませぬなぁ■ひと月に何度も飛行機に乗っていた私め、今では飛行機に乗るどころか空港に行くことすら間遠くなってしまって。かろうじてのここのところははお迎えかお見送りで瞬間的空港利用だけです。落ちぶれたもんです。恰好だけはよそ行きみたいなもんだからまるで陸サーファーか、昔をしのぶ岡河童 [続きを読む]
  • 留守番終了まであと1日
  • 2週間にもわたる長い長い旅を終えて明日、大王さまが帰ってきます。やっとこさです。この2週間もの間には樹木希林さんが亡くなったり、安倍総理が3選されたり、そして来年年明けまで続く気忙しくて年には勝てん仕事のスタートになったりでした。この有難くも激しい仕事は今年1月の腸閉塞入院騒動の原因のひとつだったので、今年はどうしたものかと悩みましたが、お仕事を頂けるだけでも有難い当節。腸が閉塞になるよりもお仕事 [続きを読む]
  • 最近はツアー並みの彼岸行きが大盛況のようで
  • ■植物って季節を見極めることに敏感なのかもしれません。近くの土手に咲くヒガンバナ■明日はお彼岸。そして秋分の日。明日から冬至までつるべ落としの勢いで日ごとに日没が速くなってくれるはず。夕方が早くやってくるってとっても好きなんですが、それって私がネクラの証拠かもしれません。でも秋の夕暮れ、初冬の侘び寂び加減、あ〜〜日本人に生まれてよかったなとしみじみ感じるのです。それにどこからとも漂ってくる籾殻の焼 [続きを読む]
  • 樹木希林さん逝く
  • 樹木希林さんが亡くなった。力尽き、やっぱり駄目だったんですね。最近はふり絞っていたもの。寂しい。本当に寂しくてニュースを見た途端に涙が出た。久々にキッチンに立って夕飯の支度をしていたオフクロさまも逝去の一報に絶句していました。ここ数年は満身創痍のなかでの活躍ぶりでした。鬼気迫る、いや樹木迫る演技の数々でした。どれもこれも素晴らしい作品と、そして秀逸な演技力を余すことなく発揮されていました。今はすべ [続きを読む]
  • あ〜かいキツネとみどりのタヌキ、謎とけた!!
  • ■「外国人が多くて!!」、言いながら人けのない隙によい仕事してくれました。GJぢゃ!!■■せっかくゆえお札を受けてらっしゃいと頼んだ商売繁盛のお守り。おおよそ日本の企業の神棚にはこのお札が鎮座しておいでます■ただ今、日本列島を西から東に絶賛縦断大旅行中の大王さま、大分の雨を置き去りにして大阪へとまず飛び、大阪京都を満喫しましたとさ。こっちは大雨だったのに京都の伏見稲荷や清水ではピーカン照りであった [続きを読む]
  • 北海道の皆さん、つらいですね
  • 北海道の地震の様子は時間が経つにつれて被害の甚大さが尋常ではないことを思い知らされています。震度7なんて、どれだけ恐ろしい思いをなさったことか。山が崩れ、住宅街は液状化で家は傾き道路は陥没したり砂まみれだったり。快適な生活の裏側にはこんな恐怖が潜んでいるんだなと思いながら、突然の災害に見舞われた皆さんの気持ちを慮っています。これ以上はどうしようもないと思われるのも当然ですが、でもどうか頑張っていた [続きを読む]
  • 暴力コーチにびっくり!!
  • ■とっても元気な10才お嬢。きれいになって上機嫌。笑ろうております■体操の宮川紗江選手を平手打ちしている速見佑斗コーチの映像が流出し、ニュースに流れていましたが、恐ろしい人と言うか恐ろしい世界だなとつくづく思いました。なんて野蛮なとも。人の前であろうがああやって殴るんですか、スポーツの世界って。誰がどこで見ているどころか、誰がどこで撮っているか分からない今のこの超発達した文明の中にあって、撮られて [続きを読む]
  • 半分、青い。遅きに失してもうた!!
  • ■キッチン丸山の白身魚フライ。家庭料理みたいな飾りっ気なしも懐かしさに直結(笑)■もうかれこれ20数年ぶりになったキッチン丸山。こちらは大分市内でとり天発祥のお店とか。発祥のお店の多いこと。別府でレストランやってる友人のところもとり天発祥のお店。どうやら友人の店から派生していったんじゃないかともっぱらの雀談義ですが。どちらが発祥で元祖で本家なのか分からなくなってしまいそうですが、でも美味しいのであ [続きを読む]
  • 9月になりました
  • この暑さいつまで続くんかいで始まった平成最後の9月。あともう少しで平成が終わるという寂しさと両陛下がやっと世間並みのお年寄りの暮らしに戻れる、過ごすことがおできになるという安堵感もあります。両陛下とほぼ同年代である老いていく母を持つ息子の気持ちとしては正直な思いです。もう存分にお働きくださった。口ばっかりの政治家など足元にも及ばないくらいにお心を寄せ続けて下さり有難い30年間でした。我が家の30年 [続きを読む]
  • 珍夏と珍花
  • まっこてお暑うございますのまま8月も終わろうとしているところです。異常気象をはるかに超えた、もうこの酷残暑は何者かの仕業の超常現象かと思えるくらいです。これほどまでとはの珍夏であります。こんな暑さがエアコンもなければ扇風機だってなく、窓から入る夜風で涼を得ていた私の大学時代であったならばとっくに落命していたかもしれません。40年も前のあの当時の夏には昼と夜の区別の優しさや、夏をしのげる風情や手頃な [続きを読む]
  • 甲子園がいきなりステキになってる!!
  • 長いこと暑さ続きでしたが、ここのところ朝夕に秋の風が混じり始めたかなぁなんて思っています。昨日はずいぶん久しぶりにエアコンなしの終日を、めでたく過ごせました。一陣の涼風に風情を感じるはずの『極楽の余り風』も気休めどころか秋に突入の先駆けになってくれればと心底願っています。しかし少しの気温低下ながらもやっとここまでたどり着けた感が半端ありません。それでももう少し難行苦行の灼熱地獄が続くかもしれません [続きを読む]
  • 平成最後の終戦記念の日
  • 気付いたら台風接近中だったお盆2日目。もうこんなところにまで近づいていたとはと、暑い暑いの連日のニュースに気を取られてしまっていてまったく気づきませんでした。先日降った久々に有難く思った雨もほぼ焼け石に水みたいなもので、以来カラッッッカラッの地面だったのがようやく落ち着けた今回の雨降りに。しかしひどい暑さのこんな夏がこれから先もずっと続くようであれば植物の生態も変わってくるんじゃないかと、もはや案 [続きを読む]
  • 新しい家でお盆
  • 迷わずに帰ってこれたはずの父たち。今日からお盆です。7月にある東京のお盆がいまだに馴染めない私です。本当にひと月も前に東京では家々でお盆をやっているのでしょうか。東京でお盆をして、8月のこの盂蘭盆に改めてふるさとに帰省する人たちって大変だなと思うのですが。7月の東京?8月のふるさと?どちらに帰っていいのかわからない仏さまもいるんじゃないでしょうか。帰りそびれたら翌月があるからまっいいか。かもしれま [続きを読む]
  • お盆も近くなったので
  • 何日ぶりのことやら、ただ今大分では雨が降っております。結構な雨脚です。まさに慈雨、よいお湿りが庭木にも存分に命の水がいきわたるんじゃないだろうかと、日照り続きだった毎日を思い返しつつ嬉しく真夏の夜の雨を眺めています。■きっと早朝からの作業だったはずです。でもみなさんとても親切にしてくれました■何故だか知らないけれどお盆のお供えは「ぶどうを」と相成るオフクロさま。いつ誰からそのようなお盆の伝承を受け [続きを読む]
  • オフクロさま不在につきヤケクソ
  • 少しだけ吹く風に秋が混じっているのかななんて思えるようになった朝夕です。暦に則って立秋だと喜んでいいものでしょうか。それでもやっぱり暑いものは暑い。お盆から終戦記念日まで一連の仕事が入っているので今日から12日までは存分にオフ気分。今日はオフクロさまデイサービス日。それで思いついたのが先日行った佐賀関の『関あじ関さば館』の海鮮どんぶり。やはり気がかりというか心残りというか。本能のおもむくまま食いた [続きを読む]
  • 自祝の誕生日なんだけど
  • 「お祝いの言葉なんてもういりませんゆえ」オフクロさまと大王さまにはきつく伝えてひたすら自粛の誕生日の今日一日のつもりでした。ところがすっかり忘れていたオークションで落札したお品が偶然にも今日という日に届き、ひとり悦に入って満足感に浸るようなお祝いの日みたいに好き勝手して結構なことでと、大王さまからは満面の皮肉顔いっぱいに受け止められてしまって肩身の狭い思いをしました。自粛のつもりが自祝に化けてしま [続きを読む]
  • 打合せと夏の海
  • 暑いなか、どうしても行かなきゃならなくなった佐賀関町。自宅から車で40分そこらなので大層なことではありませんが、でもやっぱり暑いさなかの移動は一大決心を伴います。おそらく日本の津々浦々の皆さま方にはご存知の向きでしょう佐賀関。あの関あじ関さばの町です。仕事の打合せのお呼びがあり灼熱の日中に、酷暑の昼ひなかに行ってきました。地獄盆地だった日田の疲れも癒えないまま今度は海の方面に南下とは因果な夏なこと [続きを読む]
  • うなぎと避暑
  • ■戸山にて大王さまが注文したお初の「うなぎのせいろ蒸し」ね■■私は一辺倒のうな重!! シンプルイズベストっすわ■オフクロさまがデイケアに行っている水曜日と金曜日はまさしくオフ。リフレッシュ可能日であります。最近はこちらも要領を得て、水曜日と金曜日にはなるべく仕事を入れないようにして、自宅でこの暑さを堪えるか、お出かけするかのどちらかにしようと知恵が付きはじめております。とは言うもののオフクロさまの [続きを読む]